マリンバとハープの曲作ったよ(=´∀`) 

2019, 04. 14 (Sun) 08:09

そろそろピアノメインに戻ろう、と思いつつ、作曲が面白くてはまってた。

今回は、飽きる前に作り終えられたぞ。
https://youtu.be/CBLOxk0-Oak

最後の方、音程間違えたので差し替え( ;´Д`)


★作り方
調を決める(これはFマイナー)

メロディ4つ作って適当に縦横組み合わせる

後半は音とリズムが細かくさせる

おしまい


連続5度とかの禁則系は、チェックするの超あほくさくなってきたので、普通に使ってる。


本当はフーガを作りたかったんだけど、あれはさすがにハードル高かった( ;´Д`)
それでも、対位法の使い方は結構分かってきたので、駆使したつもり。

なお、和声とかコード進行は、あんまり覚えられなかった。
あれは、本当に和声とかコード進行そのものに強い興味がないと途中でどうでも良くなってくる可能性が高いかも。
対位法は、作ってみると、勝手に納得できる事が多いので、だいぶハードルが下がる。
和声より先にまとめられただけあって、分かりやすい。
でも、中世の本物の対位法は、本当に古語みたいだな、と思った。
あれはまた別世界だわ( ;´Д`)


何曲か作って気が済んだので、またピアノメインに戻りたい。
最近、新しい曲全然覚えてないし。

夏までに、ラベルさんとショパさんの曲を1曲ずつ暗譜して、あとレパートリー復活させねば。


- 完 -
スポンサーサイト



室内楽作ったよ(=´∀`) 

2019, 03. 26 (Tue) 22:34

medlyめっちゃ面白い。
DTM自体の面白さは、まだよく分からんけど、楽器演奏とプログラミングに似た面白さが混ざってるよ。

バロック時代の曲のつもりで作ったけど、何かが結構だいぶかなり違う。
https://youtu.be/BfWvZQenE6U

最後は面倒臭くなってしまったので、適当に和音を鳴らして終わせた。
とはいえ、曲を作るのは結構面白い。
特に作り始め。

そういえば、こういう事を始める前は、自分の好きな音やフレーズをかき集めて作って弾けば物凄く効率良いんじゃないかと思ってたんだよね。
自給自足素晴らしいでしょ、と思ってたんだよね。

でも、大事な事を忘れてたんだ( ;´Д`)

そう、自分で作った曲を練習すると物凄く不毛な気持ちになるの法則。

しかも、作り終わる頃には、その曲にかなり飽きるので、なおさら弾く気が起きない。

とはいえ、結構勉強にはなるね。
和声とかコード進行は、どっちかって言うと人の作った曲を解析する用途なんだな、と思った。
作る場合、こういうイントネーション的な物は、普通は今まで聴いた曲の記憶から直感的に選んでくだろうし、不快な音は勝手に避けるから、よっぽど芸術方面の野望でも無い限り、特に必要にはならなさそう。

でも、人の曲をアレンジするなら必要か。
対位法は、少しかじった方が良さそう。
あと、教会音階?の方が長調短調よりアナログな響きを作りやすそう。


- 完 -

混声四部合唱曲作ったよ(=´∀`) 

2019, 03. 09 (Sat) 17:01

去年の秋ごろから、ずっと激務( ;´Д`)
大量の尻拭いと出張で、へろへろ。
毎月誰かが入院したり休職したり失踪したり、ほんと、ろくでもない会社だ。
まぁでも、自分で選んだ道だ、それはしょうがない。
金はむしり取るけどね!!( ;´Д`)

問題は、おピアノタイムが激減した( ;´Д`)
特に出張中は、1秒も弾けない。
これは、物凄いストレスだ。

何とかならないか考えた。


・ロールピアノ
ボツ( ;´Д`)
センサーがクソ過ぎる。
子供騙しにもならんぞあれ。

・ミニキーボード
ボツ( ;´Д`)
小さくても移動の邪魔だし、音域的にも使い物にならん。

・MIDIキーボード
ボツ( ;´Д`)
手軽さが意外とない。

・iPhoneアプリ(擬似ピアノ系)
弾きづらい。ボツ( ;´Д`)

・iPhoneアプリ(DTM系)
打ち込み→再生、のサイクルが意外と楽しい事が判明。
しかも、どこでも遊べる。
採用(=´∀`)


で、1番簡素で感覚に合ってたのが、medlyっていうアプリだった。


色々鳴らしてみるうちに、フレーズが3つできた。
それを組み合わせて、4声になるように音を足して、変奏させながらリピートさせてったら、意外と綺麗な曲ができた。
音源の楽器を変えて、一丁上がり。
https://youtu.be/EUg_NOp_y2c

3/12:打ち込み直しますた( ;´Д`)


これ、めっちゃ面白いわ。
しかも、音楽理論は曲作った方が理解しやすいね。

今後の課題。
素人は、音域が狭くなりやすい。
何も仕掛けを作らずに転調させると、フレーズが劣化しやすい。
コード進行を覚えないと、雰囲気を変えづらい。
対位法を覚えないと、どこかで散々聴いて食傷気味な音しか作れない。


出張中は作曲編曲、家にいる時はおピアノでクラチック。
これで、生活状況に左右されない音楽環境が確立した(=´∀`)


- 完 -

ブルさん祭りに参加したよ 

2019, 02. 12 (Tue) 20:00

みなさん、大変ご無沙汰( ;´Д`)

去年の秋頃から、物凄い労働時間だよ。
何なのこの企業体質は。。
もっとおピアノやおブログに興じたいのに、ずっとへろへろ( ;´Д`)

まぁでも、久しぶりに更新するぞ。


ブルグさん生誕213周年として、素直な心の改造大会が開催されたので、参加させてもろた。

先月は月の大半が出張先だったりして、アップにこぎつけられるか怪しかったんだけど、何とか完成した。
https://youtu.be/v3ItumlD3UE


それにしても、参加された方たち、みんなセンス良いね( ;´Д`)
アイデアが冴えてたり組み立て方が洗練されてたりして驚いた。
自分の出来が少々恥ずかしくなった( # ´Д`)

出発点は同じ曲なのに、みんかゴールが違うのも面白かった。
何回もリピートして聴いちゃったよ。


今回は原曲を素直に編曲したつもりなのに、またしてもあんまり原型をとどめてないのは、なぜだろう( ;´Д`)
しかも、どこかで聞いた事あるようなフレーズばっかり。

冒頭は、ちょうどコード進行とかをお勉強してるとこだったので強引にカノンコード(C→G→A→Em→F→C→F→G)にしてみた。

中盤は、主題のメロディは音の距離を広げて、途中から逆行させてアルペジオの層にした。
そしたら、思いっきり平均律もどきになってしまった( ;´Д`)
まぁ、この曲の行き着くところのひとつは平均律ハ長調なんだろうと思うので、仕方ない( ;´Д`)

最後まで転調させない予定だったんだけど、気づいたらイ短調みたいな響きで終盤を迎えた。
なので、諦めて半音階でアラベスクの位置まで動かして合体させた。

そんなこんなでこねくりまくった結果、何かの練習メニューみたいなシゴキ曲になってしまい、またしても演奏困難になった( ;´Д`)
特に終盤の半音階。
いくらなんでもヨタつきすぎだろこれ。笑
片手だけにすれば良かった。
何度でも書くけど、自分で捻くり出したフレーズの部分練習とかするのは、物凄く空虚な気持ちになる。笑


曲の出来は、前回のヅラベスクの方が良かった気はするけど、持ち技自体は一応向上してるつもりなんだ( ;´Д`)

そうそう、後々忘れても一応再現できるように、初めて楽譜を書いたよ(=´∀`)

(↑最後の方のラドミラ×4はラドミラ×2の間違い)

もう弾きたくないから存在価値ないんだけど。笑


なお、ハゲバチが当たったようで、最近おでこの面積が広くなった気がする42歳の冬


- 完 -

挫折三昧 

2019, 01. 08 (Tue) 00:39

何かこう、苦痛を感じながらがっつり練習してやっとへろへろ通せるようになったぜ、みたいな気分を味わいたくなって、何曲か手を出してみた。


・ラベルさん:ハイドン何とかメヌエット

終盤で心がベキっと折れた( ;´Д`)


・ベトさん:ソナタ17番3楽章

1年振りにリトライしてみた。
前半パートはへろへろっと通せるようになって、暗譜もできた。
古典は頭に入りやすい。

音的に頭に入りやすくても、指がついてこれなくなると、なかなか定着には至らない。
中盤の悲劇っぽいとこで、心がバキバキっと折れた( ;´Д`)

暗譜中、この曲を検索して色んな記事を漁ってた。
ピアノの練習や音並びの分析をしてる記事が目当てだったんだけど、女に振られた後に聴いてしんみりしましたとか、思い込みの激しいクラオタ評論だったりとか、そんなのも結構あった( ;´Д`)
そうか、俺はベトオタの能書きがかなり嫌いなんだな、と自覚した。

そして、そんな文章を、しょうもねーあほくせーくだらねーとか思いつつも、全て熟読してそれなりに快い満腹感を得てしまうおれ( # ´Д`)


・バッハ様:インベンション2

ハ短調の曲は好きなのが多い。
しかし、これ13番より更にむずいのね( ;´Д`)
速攻で心がメキメキボキッベチャっと折れた。


・バッハ様:BWV601の讃美歌

コラールって言うんだろか、バロック合唱曲はとても好きだ。
でも、声が多すぎて激むず( ;´Д`)

まだ折れてない。


・ブルさん:素直な心

びこさんのアレンジ企画に参加させてもらうので、弾き直してみた。
初心者の頃は必死こいて弾いてたので、耳に意識を割く余力があんまりなくて分からなかったけど、これ本当によく出来てて響きも綺麗で、ブルさん凄いね、と思った。

曲の完成度が高すぎて、どうやってアレンジしようか思案中。
心がつるっと折れないように頑張ります。

復活させたお曲たち 

2018, 12. 16 (Sun) 20:10

少し仕事が落ち着いてきた。
とはいえ、心身疲れてるので、完全に新しい曲をやるのは来年かな。。

なお、急成長したと思ったけど、それはよくある三歩進んで二歩下がる的な時期の三歩フェーズだっただけの模様。
現在、二歩下がり中( ;´Д`)


・バッさん:フランス組曲3のメヌエット

バッハさんの曲が1曲もないので復活させた。
インベン13もまだ覚えてるけど、バッハさん2曲は負荷が高すぎるので、少し難易度低くて短いこっちにしといた。

バッハさんの曲はリズムも音程もかなり規則的なので、自分的には暗譜しやすい。
でも、これを暗譜した当時は、指回りの難易度がもっと高く感じてた。
なので、そういう規則性を踏まえる余裕がなくて、とりあえず反復して叩き込んでた。
指の感覚にかなり依存してたので、弾く環境が変わると、すぐに暗譜が飛ぶ。
おピアノ会でことごとく失敗してたけど、当然の結果だわ( ;´Д`)

どうせ再開するなら、音の位置関係をもうちょぃ意識して覚え直しとかねば。
あと、装飾音は大事ですな( ´Д`)


・ベトさん:エリーゼ

久しぶりに弾いてみたくなったんだけど、主題以外は根こそぎ忘れてたので、覚え直した。
これも、当初は指の感覚に依存して覚えてたので、今のやり方で覚え直してみたら、結構新鮮だった。

テンペスト3楽章(挫折済み)って、やっぱエリーゼにそっくりだな、と思った。
循環系?


・ラベルさん:ハイドンメヌエット

何かメヌエット大好き人間みたいになってきたけど、たぶん難易度の問題だと思う。
メヌエットが何なのかも知らない。
ワルツもそうだけど、古舞踏とか興味なさすぎて、調べる気も起きない。

この曲は、めっちゃ音が多い。
ラベルさんらしい重ね方。
むず過ぎて過去に2回程、暗譜すらままならないで挫折してるけど、2ページしかないし、粘ってれば何とかなる範疇だと思う。

ラベルさんの曲でいずれ何とかなりそうなのは、あとはせいぜいボロチン何とかくらいかな。。
亡き王女はさすかにハードル高いというか、一定以上の才能が必要そうに感じる。
まぁでも、ラベルさんの曲は、近現代曲にしては譜読みのハードルが少し低めだと思う。
ドビュッシさんの曲とか、かなりキツそう。

そういえば、この曲練習してて気づいたんだけど、いつの間にか9度の和音を掴めるようになってる。
両手共、オクターブぴったりだったんだよね。
嬉しい反面、副作用で鍵盤感覚みたいなものが、ちょっとズレちゃってる。
今までは、8度の移動や和音は鍵盤見なくても手を目一杯広げるだけで良かったから楽だったんだよね。


- 完 -

残す曲たち 

2018, 12. 09 (Sun) 19:53

会社がだいぶブラック化してきた。
さすがにあんまりピアノ弾いてばっかりはいられなくなってきたので、新しい曲を仕込むのはストップして、手持ちの曲を整備する事にした。

なお、こないだのおピアノ会で色々触発されたからか、いきなり急成長中。


・ギロさん:ジプシーキャンプ

ギロさん曲で、飽きないのはこれだけだ。
しかも、こんなに簡単な曲は、ギロさんでも珍しい。
更に、簡単なのに音に水気があって弾き映えする。
メロディもやかましくなくて、ペダルで遊べる余地も多いので、もう暫く続行かな。

注意点は、遊べる余地を見つけやすいので、人前で弾く時に格好つけて家でもやらないような弾き方をすると、順当にバチが当たる。


クーペさん:L

こいつは暫く捨てられないと悟った。
どんな時でも簡単にできて、済んだらササっと距離を取れる。
他で遊んだり本気になったりして暫く放っといても面倒臭い事にならない。
しかも久しぶりだと、あぁやっぱり綺麗じゃん、と思ってやりたくなる。
何て都合が良いんだ。
キープしとこう。


・グリさん:Op.3-1

最初、叙情15番のワルツをやってみたけど、速攻で飽きた。
やっぱこっちの方が断然面白い。

結構弾けるようになったと思ってたんだけど、先日のおピアノ会で全く弾けなくて、落胆した。
この難易度になると、ある程度の時間の厚みを要するんだな、と思った。

関係ない話になるけど、時々ドビュッシさんとかラベルさんが印象派とか書かれた解説を時々目にする。
でも、技法的にも時代的にも、印象派にこじつけるなら、せめてこっちじゃないの?( ;´Д`)


サチーさん:ジムペ

飽きてきたけど、寝る前に弾くと癒されるんだよね。
和音の使い方というか出し方が、市井の世捨て人っぽくて面白い。

短時間の弾き合い会で、人がまじまじと聴いてる中で弾くような曲ではないかな。
BGMだねこれ。

…と思ってたけど、クラシックをあんまり聴かない人にはやけに受けが良いんだよね。
便利だから、もう暫くキープしとくかな。


シューマンさん:キアリーナ

久しぶりに弾いてみたら、面白かったので再開。
ただでさえ難しいのに、記憶しづらい和音がちらほらあって、覚えてもすぐ忘れる( ;´Д`)
この人の世界は歪んでるね。
物理的な意味で、視界すら怪しく感じる。
それこそもう、例えばりんごを見せて、それが一般的に認識されてるりんごの形と色と大きさで見えてたのか、とか。
でも、そんな状態で大成するんだから、よっぽど才能があったんだろう。
この人の曲は、本当に面白い。

シューマンさんは、他にも弾きたい曲(ポニョじゃないよ)がたくさんあるんだけど、これ以外はむずすぎて、手が出ない。


・ショパさん:マズルカ11番

これも、久しぶりに弾いてみたら面白かったので再開。
マズルカにしては取っつきやすいけど、マズルカ成分も意外と濃い。

この曲は辛気臭さがずば抜けてて、弾いてると、生きる事がとても面倒臭く感じてくる。
でも、物凄く疲れてる時に弾くと、頭の冷却効果がある。


・ショパさん:ワルツ10番

飽きてるけど、たまに弾きたくなるので、一応キープしとく事にした。
前よりは上手くなった気がする。
本当はもっとこう、全体的にふわっと弾きたいんだけど、まだ力が入りがち。
でも、この曲の技術レベルに近づいてきてるぞ。


・ショパさん:12の練習曲2番

文字通り練習曲として、再度引っ張り出した。
結構忘れてたので、暗譜し直しだわ( ;´Д`)
シューマンさん程じゃないけど、ショパさんの曲はパターンが多くて暗譜しづらい。

あと、各フレーズ内のニュアンスが極端に繊細で、しかも、ちょっと誘導的なものを感じる。
イソップの金の斧的な。
なので、ブレずに弾くのが難しく感じる。
ショパンコンクールとかの演奏を聴いてると、かなり上手い人でも、演奏プランをミスりやすいんだな、って思う。
金の斧って言っちゃった、みたいな。笑
まぁでも、そういうのは、演奏の良し悪しとは別の話だし、どんな解釈で弾かれようが、聴けるものはありがたいと思うよ。


・ベトさん:6バガテル1番

いい加減、仕上げたい。
技術が少し向上したので、前より楽に弾けるようにはなった。
手持ちのベト曲の中で1番好きなので、継続。
ベトさんの魂は本当に神々しいね( # ´Д`)
そんな事を思うのは、ベトさんくらいだ。
バッハ大王様は、ほぼ御神体みたいなもんなので、そんな事すら思わないけど。


・ベトさん:6バガテル5番

好不調の波が出やすい曲で、しかも結構飽きてて部分練習する程、新鮮味もない。
なので、もうちょぃ実力が上がるまでさよならしようと思ったけど、嫁さんが気に入ってる曲なので、踏み止まった。笑

まぁ、弾き合い会とかでも結構重宝するし、キープしといて損はない。
数少ない長調のレパートリーだし。


・ベトさん:11バガテル1番

たまに弾くと意外と楽しいので、練習曲としてもう暫くキープしとく事にした。
そして、練習曲として弾いてたら、前に録音した時よりも仕上がりが2段くらい良くなった気がする。


・ラベルさん:豆ロワ1

ソロで弾いてもそんなに難しくないけど、音が少なくて音同士の間隔が長いせいか、緊張すると碌でもない響きになる、と身を持って知った( ;´Д`)
鍛え直し中だけど、だいぶ指に馴染んできた。

なお、この曲は、ラベル全集の楽譜を使ってる。
で、その全集の同じ冊子に、かの有名な亡き王女のためのパバーヌも入ってる。

マメルロアのパバーヌも、亡き王女のパバーヌも、どっちも「何とかババーヌ」って覚えてた。
なので、時々間違えて亡き王女の方の楽譜を開いて練習を始める事があった。
違う曲だし、亡き王女の方はとんでもなく難しいのですぐに気づくけど、マメルロアのパバーヌの練習のつもりで弾き始めると、あまりの難しさにギョッとする。笑


・ラベルさん:前奏曲

指が浮きやすい曲なので、緊張すると崩壊しそうな怖さを感じてたけど、そうでもないと判明した。

メロディがちょっと強いので、歌わせる的な誘惑があるけど、だからと言って抑揚や強弱緩急を意識すると、非常にださくなりそう。
でも、サラッと弾くのが良いのよ、みたいに意識すると、それはそれで非常にださくなりそう。
なので、濃淡だけイメージして弾いてる。


・ラベルさん:ト短調のメヌエット

とても好きな曲なんだけど、終盤が結構むずくて、ラベルさんの想定技術レベルでは弾けない。
どのくらいむずいかと言うと、まともに弾きたいならもう2年くらい他の色んな曲で腕を磨く方が賢明だと思うくらい。

とはいえ、誤魔化し曲想を綿密に作って練習したので、人前でもそんなに無理矢理感もなく自信を持って弾けるようになった。
原曲知ってる人はブチ切れるだろう。
でも、よっぽどのラベルマニアでもない限り、この原曲を知ってる人は殆どいないだろう。

マミさん上京おピアノ会 

2018, 11. 25 (Sun) 18:26

みなさま、お久しぶり( ;´Д`)


マミさんがコンクールで東京にいらっしゃったので、マミさんと付き合いがある人、あと微かに繋がってそうな人を呼んで、おピアノ会を開いた。


しかし、開いておきながら、行けるかわからん状態になった。
うちの会社、酷い炎上が起きたの。
少なくとも、俺の会社員生活史上では、ぶっちぎりの酷い炎上っぷり。

で、その対応をヘルプしつつ、自分自身の仕事に飛び火しないようにしてたら、久しぶりに、残業100時間を余裕で超えた。
しかも2ヶ月連続で( ;´Д`)
IT業界も近年はこういうブラックなの減ってるんだけどね。。

金曜日に嫁さんの教室の弾き合い会があって、それも出たかったんだけど、叶わず( ;´Д`)

まぁでも、おピアノ会は死守できたぞ( ;´Д`)


☆おメンバー★

マミさんねむぴさん夕さんいもコンさんびこさんおれさん


☆おスタジオ★

門前仲町のシンフォニーサロンってとこにしてみた。
スタジオってより、ピアノ付きマンションって感じだった。
キッチンも食器もあるし、そのまま暫く暮らせそうな感じ。
広さもちょうど良いし、理想的なとこだと思った。
シンフォニさん、目黒~代々木あたりにも店舗作ってよ(=´∀`)

ピアノも、ベヒシュタインってメーカーのグランドピアノで、めっちゃ綺麗な音のするピアノだった。
ここのメーカー、弾き手の欠点も炙り出すような先入観があったけど、偏見でしたね( ;´Д`)
鍵盤は最初、ちょっと浅すぎるような感触だったけど、慣れると軽くて弾きやすかった。
あと、部屋が広いからか、音量も音色も耳に優しく感じた。


☆弾いた曲

・ラベルさん:眠りのうんたらかんたら
前半と終盤に計2回弾いた。
この曲は緊張してる時に弾いちゃ駄目だと思った( ;´Д`)

・ラベルさん:ト短調のメヌエット
これも2回弾いた。
2回目はまぁまぁ。

・ラベルさん:前奏曲
これも2回弾いた。
レパートリーが激減しちょる( ;´Д`)
1回目はまぁまぁ。2回目は、思いっきり間違えてるとこあったけど、上出来。
意外と上達してるじゃないか、と思った。

・ギロさん:ジプシーキャンプ
今までギロさんの曲は沢山弾いてみたけど、結局残ったのはこれだけだったな。。
舐めすぎてて、微妙に失敗演奏になった( ;´Д`)

・クーペさん:L
ピアノ弾く時の精神安定剤みたいになってる。
これだけは、どんなコンディションでも俺の味方(=´∀`)
でも、この曲の演奏は、どんなに成功しても特に達成感はない( ;´Д`)

・グリーグさん:ポエチックトンピクチャ1番
全然思い出せないから中断した。
一時期結構弾き込んでたので、若干ショックを受けた( ;´Д`)

・ベトさん:11バガテル1番
これも最初、ごっそり忘れてた( ;´Д`)
でも、弾き直したら完走できた。
途中まで結構良く弾けた気がするけど、終盤になってプレッシャーを自覚した途端にグシャった( ;´Д`)

・ベトさん:6バガテル5番
まぁまぁだった気がするけど、忘れた。


今回は、今までで1番ピアノに触れてない状態が続いてて、前日に慌てて曲を解凍した。
最初は緊張でグシャったけど、そんな状態でも途中からは割と普通の出来になってた。
場所の雰囲気に助けられたのもあるけど、リカバリーする力が増えてきたのも感じた。
それなりにやる気を持って継続してれば、何らかの上達を定期的に自覚できるもんだ、と改めて思った。


★みなさまの演奏

・マミさん
スパルタ寄りな印象の先生についてて、かなり鍛えられてるお方で、細かい部分まで、とてもクリアな演奏。
曲の流れの作り方も自然だし、上手すぎてびっくりした。笑
レパートリーもかなり多くて完成度高いし、実力者ですな( ;´Д`)
あと、選曲もかなりセンスが良いと思った。

・ねむぴさん
このお方も相当な実力者。
ってか、いつもみんな上手すぎて、圧倒されまくってるよ( ;´Д`)
でも、ピアノやってると、上手い人の生演奏を近くで聴けて良いね、と改めて思った。
聴いててオケの演奏も浮かぶような厚みのある演奏だった。
ベトさんって、古典と言いつつ、色んな方向に展開するから、弾きこなすの大変だと思うんだけど、凄いわぁ( ;´Д`)

・夕さん
本番を控えてるようで、かなり気持ちが入った演奏で、弾き込んでるのが伝わってきた。
バッハさん?の曲が特にストライクで、グランドピアノの綺麗な音を引き出してるなぁ、と感嘆した。
猫ワルツも完成しましたね。笑
この曲、仔犬より好きなので、生で初めて聴けて嬉しかったです。
あのスクラッチ装飾音みたいなのを絶妙に弾けてて、あぁこの人も上手いなぁ、と思った。

・いもコンさん
緊張してるといいつつ、指はめっちゃ回ってて、柔らかく弾けてるのが凄いなぁ。
これがキャリアか、と思った。
みんなが手に注目するくらい凄かった。笑
編曲やアドリブも自在だし、プロみたいだ( ;´Д`)
びこさんとの連弾でのアドリブも良かった。
俺がノクターンだと思ってた曲、また弾いてくださいな。

・びこさん
成人過ぎてからピアノ始めた仲間で、9割以上の弾き合い会で、一緒に来てもらってる。笑
実力は、もはや再開者の3年目くらいの人と遜色ないんじゃなかろうか。
レパートリーも我が道を行く感じで新鮮だし、音色というか音質に才能が宿ってるよ。
でも、ライバル心を持って、そろそろ距離を縮めようじゃないか、と思ってます。笑


☆おランチ★

飲食OKなとこだったので、そこでそのままランチも兼ねた。
ピザとパスタとサラダの配達を頼んで、あと皆さんが持ち寄ってくれたお菓子をパクパク(=´∀`)

楽しい時間は、あっという間に終わってまうね( ;´Д`)


みなさん、お疲れさまでした。
では、またの機会に!!!!!


- 完 -

おピアノステータス 

2018, 11. 01 (Thu) 00:00


究極の脱力でナマコを表現するモル作師匠


下線が引いてあるタイトルは、演奏動画に強制送還します。


☆★ 手持ちの曲 ★☆

・ギロックさん (William L Gillock)
ジプシー キャンプ

・クーペさん (Felix Le Couppey)
ピアノの練習 L (Op.17 No.11)

・サチーさん (Eric Satie)
ジムノペディ1番

・シューマンさん (Robert Alexander Schumann)
キアリーナ (Op.9 No.11)

・チョピンさん (Fryderyk Franciszek Chopin)
マズルカ11番 (Op.17 No.2)、ワルツ10番 (Op.69 No.2)

・ベートーベン様 (Ludwig van Beethoven)
6つのバガテル1番 (Op.126 No.1)、6つのバガテル5番 (Op.126-5)11のバガテル1番 (Op.119 No.1)

・ラベルさん (Maurice Ravel)
マ・メール・ロワ1.眠りの森の美女のパヴァーヌ、前奏曲、メヌエット嬰ハ短調


★☆ 練習中の曲 ☆★

・グリーグさん (Edvard Hagerup Grieg)
詩的な音の描画1番 (Op.3 No.1)

・チョピンさん (Fryderyk Franciszek Chopin)
12の練習曲2番 (Op.25 No.2)

・バッハ大王 (Johann Sebastian Bach)
Herr Christ, der ein'ge Gottessohn (BWV601)、フランス組曲3番5.メヌエット (BWV814)

・ベートーベン様 (Ludwig van Beethoven)
エリーゼのために (WoO.59)


☆★ 忘却の彼方 ★☆

・オースティンさん (Glenda Austin)
ゆらゆら雲

・カバレフさん (Dmitri Borisovich Kabalevsky)
はじめての曲 (Op.89 No.1)、はじめてのエチュード (Op.89 No.2)、しずかな歌 (Op.89 No.3)、休み時間 (Op.89 No.4)、はじめてのワルツ (Op.89 No.5)、オクターヴの歌 (Op.89 No.9)ワルツのように (Op.89 No.33)、ワルツ (Op.39 No.13)、ゆるやかなワルツ (Op.39 No.23)、エチュード (Op.27 No.3)、ソナチネ (Op.27 No.18)、風変わりなワルツ (Op.88 No.5)

・ギロックさん (William L Gillock)
さあ、ワルツを踊ろう、のろし、道化師たち、塔の鐘、小さな羊飼い、スイレン、スクエア・ダンス、おばけの足あと、新しいローラースケート、ガラスのくつ、のぼっておりてキーボード、小犬、サーカスのピエロ、スノーマン、ハロウィンの魔法使い、リトル ブラス バンド、おとうさんのロッキングチェアー、ガラスのビーズ、ステイト フェア、空とぶじゅうたん、柱時計と腕時計、冬の風、竹にそよぐ風、インディアンの雨乞いダンス、サマータイム ポルカ、グレーの小さなロバ、インディアンの戦いのうた、パリの花売り少女、小川で水あそび、帆船、アルゼンチン、夏の夜空の星、ミュゼット/ガボット、真夜中のふくろう、漂う雲、雪すべり、女王様のメヌエット、サーカスを見に行って…、インディアンの踊り、おもちゃのダンス、サマータイム ブルース、東洋の市場、ブルー・ブキ、王様の狩り、小組曲 ト短調 ←2曲目から勃起演奏してるように見えるけと、勃起してないよ!!( ;´Д`)、フランス人形、祭り、サラバンド、エチュード、クラシックカーニバル、まぼろちの騎士、ブルー・ムード

・クーペさん (Felix Le Couppey)
ピアノの練習 (Op.17) A、ピアノの練習B、C、D、E、F、G、H、I、T

・グリーグさん (Edvard Hagerup Grieg)
アルバムのページ (Op.12 No.7)、叙情15番 (Op.38 No.7)

・コルトーさん (Alfred Cortot)
ピアノメトード No.1a、1b

・サチーさん (Eric Satie)
ジムノペディ1番 (ヴァイオリン演奏用のピアノ伴奏譜)

・チョピンさん (Fryderyk Franciszek Chopin)
春 (Op.74 No.2)、前奏曲4番 (Op.28, No.4)、ワルツ9番 (Op.69 No.1) 、ワルツ15番 (KK.IVa No.12)、ワルツ19番 (KKIVb No.11)

・トンプソンさん (John Thompson)
ピアノのくに、きちんとね、町かどのおまわりさん

・トンクソンさん (John Thomkuson)
おまわりさんの幻聴

・バイエルさん (Ferdinand Beyer)
1~5番くらい

・ハチャ鳥さん (Aram Il'ich Khachaturian)
小さな歌 (イワンは歌う)スケルツォ (イワンは今日外に出られない)、エチュード (イワンはとても忙しい)

・バッハ大王 (Johann Sebastian Bach)
インベンション8番、インベンション13番 (BWV772)

・バス珍さん (Bastien Family)
ピアノライブラリー 初見の練習 レベル1:1~96番

・ピシュナさん (Josef Pischna)
リトルピシュナ1~4番

・ブルクさん (Johann Friedrich Franz Burgmuller)
素直な心 (Op.100 No.1)、アラベスク (Op.100 No.2)、牧歌 (Op.100 No.3)、清らかな小川 (Op.100 No.7)、優美 (Op.100 No.8)、やらしい花 (Op.100 No.10)、シュタイヤー舞曲 (Op.100 No.14)、バラード (Op.100 No.15)、タランテラ (Op.100 No.20)、天使の合唱 (Op.100 No.21)、つばめ (Op.100 No.24)、帰途 (Op.100 No.23)、貴婦人の乗馬 (Op.100 No.25)、うちあけ話 (Op.109 No.1)、ボヘミアン (Op.109 No.4)

・ブルグソさん (Johann Friedrich Franz Burgusomuller)
ヅラベスク (ハゲワルツ)

・ベートーベン様 (Ludwig van Beethoven)
モルモット (Op.52 No.7)、11のバガテル9番 (Op.119 No.9)

・モツさん (Wolfgang Amadeus Mozart)
マエストロ対位法氏の葬送行進曲 (K.453a)

・daiさん
you

・植松伸夫さん
ローズ・オブ・メイ

・作者不明
ねこふんじゃった
La Partida (Venezuela Waltz - Trad Venezuela) (ヴァイオリン演奏用のピアノ伴奏譜)


★☆ 挫折した難曲 ☆★

・オースティンさん (Glenda Austin)
奇妙な客

・カバレフさん (Dmitri Borisovich Kabalevsky)
手回しオルガンのおじいさんのお話

・ギロックさん (William L Gillock)
夜の旅行、ウィーンの想い出

・クーペさん (Felix Le Couppey)
ピアノの練習K

・チョピンさん (Fryderyk Franciszek Chopin)
マズルカ1番 (Op.6 No.1)、マズルカ4番 (Op.6 No.4)、マズルカ14番 (Op.24 No.1)、マズルカ19番 (Op.30 No.2)、ワルツ7番 (Op.64 No.2)

・トンプソンさん (John Thompson)
さらさら小川

・バイエルさん (Ferdinand Beyer)
6~7番くらい

・バウムガードナーさん (Eric Baumgartner)
野うさぎのラグタイム

・バッハさん (Johann Sebastian Bach)
G線上のアリア (BWV1068)

・ブルクさん (Johann Friedrich Franz Burgmuller)
風の精たち (Op.109 No.15)

・ベートーベン様 (Ludwig van Beethoven)
ピアノソナタ17番第3楽章 (Op.31 No.2)

・ヘルベルさん (Johann Pachelbel)
3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ

・ヘンデルさん (Georg Friedrich Handel)
パッサカリア

・ラベルさん (Maurice Ravel)
ハイドンの名によるメヌエット

・植松伸夫さん
踊る人形カルコブリーナ

・根津栄子さん
こどものスケール・アルペジオ

・作者不明
トロイカ (ロシア民謡)、扉の間 (ゲーム曲)

音楽語おノート 

2018, 10. 12 (Fri) 01:32

こういうのは、自分の思考回路でトレースできるようにしないと、いつまで経ってもぼんやりしたまんまだね。

なので、根こそぎ自分の言葉に変換してく事にした。


★変換方法★
・楽典用語の日本語訳で、音程に関わる用語は、度数以外は全部やっつけのクソ訳と認定する
・スケール上の音の並びは、度数で測る
・スケールの構成は、鍵盤の距離で測る
・和音の構成も、鍵盤の距離で測る
・鍵盤の距離は、スタート地点を0にする
・鳴らす音を()で括る

☆スケール★

★メジャー
起点はC

(0)(2)(2)(1)(2)(2)(2)(1)

★ナチュラルマイナー
メジャースケールの6度からスタート

(0)(2)(1)(2)(2)(1)(2)(2)

★ハーモニックマイナー
ナチュラルマイナーの7度を半音上げる
コードはこのスケールを基準にする

(0)(2)(1)(2)(2)(1)(2+1)(2-1)
=(0)(2)(1)(2)(2)(1)(3)(1)

★メロディックマイナー
上りはハーモニックマイナーの6度を半音上げる
下りはナチュラルマイナー

↑(0)(2)(1)(2)(2)(1+1)(3-1)(1)
=↑(0)(2)(1)(2)(2)(2)(2)(1)

↓(0)(2)(2)(1)(2)(2)(1)(2)


★コード☆

☆メジャー
メジャースケールの1、3、5度

(0)2(2)1(2)221
=(0)(4)(3)

☆aug
メジャースケールの1、3、5(+半音)度

(0)2(2)1(2+1)2-121
=(0)(4)(4)

☆-5
メジャースケールの1、3、5(-半音)度

(0)2(2)1(2-1)2+121
=(0)(4)(2)

☆sus4
メジャースケールの1、3(+半音)、5度

(0)2(2+1)1-1(2)221
=(0)(5)(2)

☆メジャー7th
メジャースケールの1、3、5、7度

(0)2(2)1(2)2(2)1
=(0)(4)(3)(4)

☆7th
メジャースケールの1、3、5、7(-半音)度

(0)2(2)1(2)2(2-1)1+1
=(0)(4)(3)(3)

☆マイナー
マイナースケールの1、3、5度

(0)2(1)2(2)131
=(0)(3)(4)

☆dim
マイナースケールの1、3、5(-半音)度

(0)2(1)2(2-1)1+131
=(0)(3)(3)

☆マイナー7th
マイナースケールの1、3、5、7(-半音)度

(0)2(1)2(2)1(3-1)1+1
=(0)(3)(4)(3)

☆マイナーメジャー7th
マイナースケールの1、3、5、7度

(0)2(1)2(2)1(3)1
=(0)(3)(4)(4)

☆dim7th
dimに7(-半音)度を加える

(0)2(1)2(2-1)1+1(3-1)1+1
=(0)(3)(3)(4)

☆6
メジャーまたはマイナースケールの1、3、5、6度

(0)2(2)1(2)(2)21
=(0)(4)(3)(2)

(0)2(1)2(2)(1)31
=(0)(3)(4)(1)

☆add9
メジャーまたはマイナースケールの1、3、5、9度

(0)2(2)1(2)221(2)
=(0)(4)(3)(7)

(0)2(1)2(2)131(2)
=(0)(3)(4)(7)

☆9
7thまたはマイナー7thに9度を加える

(0)2(2)1(2)2(2-1)1+1(2)
=(0)(4)(3)(3)(4)

(0)2(1)2(2)1(3-1)1+1(2)
=(0)(3)(4)(3)(4)

☆omitNum
Numに指定した度数の音を各コードから抜く


☆スケール上のコード★
ルートから2度ずつ加算してく

★メジャースケール
1度:(0)2(2)1(2)221=(0)(4)(3)=メジャー
2度:0(2)2(1)2(2)21=(0)(3)(4)=マイナー
3度:02(2)1(2)2(2)1=(0)(3)(4)=マイナー
4度:022(1)2(2)2(1)=(0)(4)(3)=メジャー
5度:0221(2)2(2)1(2)=(0)(4)(3)=メジャー
6度:02212(2)2(1)2(2)=(0)(3)(4)=マイナー
7度:022122(2)1(2)2(1)=(0)(3)(3)=dim

★マイナースケール
1度:(0)2(1)2(2)131=(0)(3)(4)=マイナー
2度:0(2)1(2)2(1)31=(0)(3)(3)=dim
3度:02(1)2(2)1(3)1=(0)(4)(4)=aug
4度:021(2)2(1)3(1)=(0)(3)(4)=マイナー
5度:0212(2)1(3)1(2)=(0)(4)(3)=メジャー
6度:02122(1)3(1)2(1)=(0)(4)(3)=メジャー
7度:021221(3)1(2)1(2)=(0)(3)(3)=dim

☆トニックコード
その調のスタート地点のコード
=1度

☆ドミナントコード
トニックの1番上の音をルートにする
=5度

☆サブドミナントコード
トニックの1番下の音を1番上に持ってく
=4度