がしょう 

2020, 01. 02 (Thu) 22:37

お庭の初収穫



去年は、良い事も色々あったけど、とにかく忙しかったから、何か常に追い立てられてるような日々だった。


ここ1年で、入院2人、ドクターストップ3人、消息不明1人。
なんちゅう会社だ( ;´Д`)

俺も夏ごろ、超過勤務の累積がどうのこうの言われて、親会社に産業医面談というのを受けさせられた。


産医「夜、眠れない事はありますか?」

おれ「毎日爆睡してます」

産医「…食欲はありますか?」

おれ「あります」

産医「…突然、動悸や目眩がしたりする事はありますか?」

おれ「ないです」

産医「…我々を通して、ワンクッション挟む形で、何か会社に伝えたい事はありませんか?」

おれ「どうせ回り回って私が怒られるだけの気がするので、ないです( ´Д`)」


…で、回り回って上司から、身も蓋もない事言うなと怒られた。笑


★今年の目標

・5ヶ月分、繰上げ返済
・お庭をネモフィラ畑にする
・ピアノに深入りしてみる
・余力があったら英語力を元に戻す


初詣の道中、綺麗な林があったので、入ってみた。

東京とは思えない。笑


湧き水スポットになってた。



おせち。嫁さんがすんごいのを作ってくれた。


そして、生徒さんからのお歳暮でもろた、激うま茶。


すっかり嫁の七光りの人生になった。
謳歌してるぜ!!笑


ジャンボ鯛。うちで魚を食う時は、必ず丸焼きにして、猫と亀も交えて山分けする。



ぬくぬく生活で、野生をほぼ失ったおツン


意外と人との対話を重んじる良子とチビ作


嫁さんの実家で、35歳のおペカ殿。
飼いきれなくなったら引き取ってくれ、と言われてるので、そのうち俺一族に加わるかも。



んじゃ、みなさん、今年もよろしくです。
スポンサーサイト



おバカラのイルミネーション 

2019, 12. 21 (Sat) 17:19

ガーデンプレイスのイルミネーションを観てきた。
https://gardenplace.jp/sp/special/2019christmas/baccarat/


道中の広告



入口



奥以外は、よくあるとうでもいいイルミネーションの通路だったので割愛。


奥に佇む特大シャンデリア様


スタインウェイのフルコンサートグランドが、こんなイメージ。


裏側から



電気が消えて、下から照らし始めた。



青緑色



赤色



チアノーゼ色



これが1番綺麗だった。



帰り道のどうでも良いイルミネーション




- 完 -

おい、ヒキガエル( ;´Д`) 

2019, 10. 20 (Sun) 17:42

昨夜、家の入口にヒキガエルがいて、幸い無事だったんだけど、危うく踏み潰しそうになった。
15cmくらいあったかな。

いくら郊外とはいえ、こんな無力そうなのが住宅街で生きてけるのか?と思ったので、プラスチックケースにでも入れて飼おうか迷った。


ひとまず調べてみると、エサはコオロギとか小さい虫。
水生じゃなくて、普通に陸で暮らす。
って事は、泳げる程の水を必要としてるわけでもないのか。
きっと、向かいの家の庭にでもいたのかもね。

じゃ、まぁ勝手に生きてくだろう、と思って、放っとく事にした。


で、今日。

近所に出かける道中、ヒキガエルがアスファルトの上でぺちゃんこになって干からびてた( ;´Д`)
うちの至近距離だし、まぁ昨夜の奴だろう。
昨夜捕まえて近所の緑地まで運んどいてやれば良かった、と後悔した。


こういうのを、一々助けてたらこっちが圧迫されて疲れちゃうから、もちろんそんな事するつもりはないとはいえ、気になっちゃったんだったら、ちょっとくらいは力を貸してやらんと後悔するね( ;´Д`)
無言で自力で生きるのみ、ってのを見ると、尚更。


あ~あ( ;´Д`)

おピアノ中断( ;´Д`)→再開(=´∀`) 

2019, 09. 23 (Mon) 23:39

みなさん、お久しぶり。
まだみんな、おブログ書いてるかな。。


先月、おうちを買ったの。


買った途端にとんでもない台風が来て、超びびった( ;´Д`)



ただでさえクソ忙しかった上に、購入に伴うしょうもない手続きや作業が想像以上に多くて、疲弊した。

まぁそれも、落ち着いて来た。
あとは、音楽室の工事が済んだら、本格的におピアノ再開だ。

音楽室作り中



リビングもシャンデリーやで(=´∀`)



なお、↑このシャンデリは通販で買ったんだけど、100本以上のガラス棒がビニールとテープでぐるぐる巻きになってた( ;´Д`)


気をつけながら1本ずつ引っぺがすと、針金のフックが全部こんがらがってる。笑


↑こんなのが数セットありやがった。

で、繊細すぎるガラス棒を割れないように気をつけながら1本1本引っぺがして、本体にぶら下げてくのが、超面倒臭かった。


お亀ズも元気だよ。

ここは、どこや?


野生児ツン殿も、新しい住処に無事、適応してくれた。

何じゃここは?



以降、暫くの間はピアノと全然関係ない、おうち購入記録になりマンモス。


- つづく -

おだら、だら(=´∀`) 

2018, 10. 02 (Tue) 00:40


2日目のお宿で(=´∀`)


旅行から帰って、亀たちのお水替えをした。

亀は長生きするだけあって、とても代謝の遅い動物だ。
エサは1日置きでも支障ないくらいなんだけど、普段は毎日やってるので、旅行中は、親に来てもらって、餌やりと空調を頼んだ。


紫外線ライトを浴びる時、人が側にいないと暴れる良子さん


チビ作君は大量のタマゴを産んで、メスだと判明



旅行の為に、溜まってた有休の一部を使って丸1週間休みを取ってた。

で、旅行後は超だらだら過ごした。

ダビデシーシャでだらだら(=´∀`)



おピアノは、ラベルさんのマメルロワ1番をソロアレンジし直した。
そろそろレパートリーになりそうな仕上がり。

そして、グリーグさんのOp.3-1を暗譜して、休みを締め括った。
こっちは指回りが結構複雑なので、のろのろ演奏中。


アンチークジュエリ館でカメラマンに撮ってもろたお写真は、オプションの額縁にぶちこんだ(=´∀`)



- 完 -

オルゴル館 

2018, 10. 01 (Mon) 02:45

アンチークジュエリ博物館を出たら、更に雨が強くなったので、観光は諦めて、オルゴール館に行った。


事前にホームページを見て、地雷臭がしたので、当初はパスしようと思ってた。笑


…でも、とても面白そうだったので、やっぱり行く事にした( # ´Д`)


…行って良かった( # ´Д`)


到着早々に、コンサートが始まった。

そう、オルゴール館では、定期的にオルゴールのデモをやってる。
それを、コンサートと呼んでる模様。
https://ynbs.jp/izu/concert.htm

敢えてコンサートと呼ぶところにオルゴール愛を感じた。
そして、それ以上に、ここのオーナーは面倒臭い性格してるんだろな、と思った。笑

ホームページでもやたら「高級」を多用したり、何かこう選民思想がとても強そうだ。


とはいえ、展示もコンサートも、めっちゃ良かった。








特にコンサート。







30分くらい色んな巨大オルゴールを実演してくれるんだけど、バロック曲とかもあって、ちゃんと多声になってて奥行きも迫力もあるんだ。

オルゴールマニアみたいな人は、絶対行った方が良いよ。
オルゴールっていうか、演奏装置だね。
腕時計好きな人には、機械式演奏装置って言えば分かるかな?

これは、ちんどん屋みたいで面白かった。



ピアノ勢にとっても、早々お目にかかれないような興味深い代物が幾つかあった。






ロールピアノ


ブゾーニさんってピアニストの演奏を再生してくれた。
ショパンバラードの1番だった。

自動演奏面白いね。
昔の汎用機みたいな感じでピアノロールを読み取って鍵盤がカタカタ動いて、確かにオルゴールだな、と思った。
うちのピアノの自動演奏もたまには活用しようと思った。

演奏自体も面白かった。
この人、かなりパラっとした弾き方するんだね。
主にピアノ以外の楽器を頭で鳴らしながら弾いてるような。
そういえば、コルトーとかいうおっさんの演奏もそんな印象だったなぁ。
今の演奏基準からすると、レッスンで「ショパンはうんたらかんたら」とか怒られたりコンクールで落とされかねないな、と思った。
こういう記録が残ってて、鍵盤の動きを見ながら聴けたのは、本当に貴重な体験だ。


手回しピアノ


こんなの初めて見たよ。笑

とりあえず、回してみた。
https://youtu.be/qRNhqfx_QAA

おもちろぃ( # ´Д`)


スタインウェイ様のアンチークピヤノ


一般客でも弾いて良い、という事だったので、遠慮なく遠慮がちに弾いた。
https://youtu.be/CmpSlj_vBSA

ホームページに記載されてる体験条件↓


・ピアノを習ったことがある方限定でお願いしております
・大変貴重なピアノなので、1曲まででお願いいたします
・他の来館者様もいらっしゃいますので、習いはじめの方はご遠慮ください


「他の来館者様もいらっしゃいますので、習いはじめの方はご遠慮ください」がじわじわ来る。笑

まぁ、言いたい事や目的は、そりゃぁ分かるよ。
ピアノに特に思い入れのないような来館者が、ド初心者且つ赤の他人のピアノ演奏なんか聴かされたら、たまったもんじゃないだろう。
ここは拷問博物館ですかって言われちゃうもんね。
いつの時代の拷問ですか?って言われちゃうもんね。

とはいえ、文章稚拙すぎでしょ。笑
ネジが飛んでるのはオルゴールだけにしてくれよ、と。
まともに世の中で揉まれてない人なんだろな、と思った。

まぁでも、ここはオーナーの敷地で、展示品もオーナーの資産なんだろう。
何の義理もない客に気を使ったからって、それが売上に繋がる保証なんてないんだから、持主の人の勝手だよね、とも思ったり。
こうして一般に開放してくれて、しかもあんな貴重で良質なピアノを、たとえ1曲でも弾かせてくれるなんて、大変ありがたい事だ。

あのピアノは、本当に良かった。
良すぎて3曲弾いた。

アンチークジュエリ博物館 

2018, 09. 29 (Sat) 23:19

3日目。

伊豆高原のお宿を出て、観光して帰った。

本当はサボテン公園でカピバラ観たりロープウェイに乗ったりしたかったんだけど、雨降ってたので、パスして屋内の施設だけにした。


まずは、アンチークジュエリ博物館。
https://www.antique-museum.com/

俺はこういうの大好きなんだ。
現代物と違って、アンチークジュエリはお店のショーウィンドウとかでも見る機会がないので、めっちゃわくわくした。

この世界は結構面白いんだよ。
https://ameblo.jp/yellow-egg-blog/entry-12185151933.html
https://ameblo.jp/yellow-egg-blog/entry-12191644313.html
https://ameblo.jp/yellow-egg-blog/entry-12210939396.html
https://ameblo.jp/yellow-egg-blog/entry-10458436363.html

今みたいな設備も照明も無い時代のジュエリーは、正確性も輝きも劣ってるはずなのに、綺麗さの次元が全然違うんだ。
こういうのは、その時代を生きてた人達限定の技術なんだろね。


エントランスのある庭園。


館内。大量のジュエリーが( # ´Д`)


入場する時にルーペを渡される。


ドレスまである。


カメオは特に凄かった。



オーナーさんは大層な資産家ですな( ;´Д`)

営業妨害したくないので、展示品は載せられないけど、どれもきめ細かくて、見た事ないような綺麗なのがうじゃうじゃあったよ。

クラシックピアノやってる人は、こういうの結構好きな人多そうだけど、どうなんだろ?


そして、ここの1階には、なぜか仮装写真を撮るコーナーがあった。
結構賑わってて、入場料よりこっちで利益出してるんじゃないかってくらいだった。笑

もちろん撮った。


しかも、更に課金してカメラマンに撮影してもらって額縁に入れた。
しかも、嫁さんは後日それを年賀状用にスキャンした。

伊豆高原(=´∀`) 

2018, 09. 27 (Thu) 23:07

2日目。

修善寺のお宿を出て、まずは、うんこを目に焼き付けた。


伊豆高原のお宿に到着。


綺麗なとこや( # ´Д`)


ここも、ベランダに露天がついてる。


ベランダから大島が見える(=´∀`)


お夕飯。








富士山の溶岩で作ったプレートだそうな( # ´Д`)



こっちは、前日のお宿より新しくて、ザ・今時って感じだった。
お部屋の設計が良く考えられていたり、掃除やアメニティが行き届いてて、従業員も現代の接客方法を叩き込まれてる感じ。

前日のお宿は、伝統的な老舗の旅館って感じ。
江戸時代に創業したみたい。
サービスやメンテが行き届いてる訳ではないので、レビューとかブログでは、割と辛い評価を受けてた。

まぁでも実際のところ、どっちが良いかって言うと、どっちも他とは比べられない良さがあった。

結果的に、趣旨もサービスも全然違うお宿をそれぞれ堪能できた。


お夕食後、ベランダで足湯(=´∀`)

修善寺(=´∀`) 

2018, 09. 25 (Tue) 23:49

まとまった休みが取れたので、結婚1周年のお旅行をしてきた。


去年は2人とも、籍を入れる事以外はどうでも良いやって感じだったので、とにかく最低限のルートで事を済ませたんだ。
新婚旅行も行かなかった。

入籍してから何ヶ月か経つと、嫁さんが旅行に興味を持ち始めたらしく、どこが好きかとか、ちらほら話題に出るようになった。

結婚記念日、嫁さんかにお誕生日プレゼントをもろた。
そういえば、誕生日だった。
入籍した日は覚えてるけど、自分の誕生日は忘れかけてた( ;´Д`)

お誕生日プレゼントは、何と旅行資金だった。
稼ぎの一部を、旅行用としてコツコツ貯めたらしい。
何とまぁ( # ´Д`)
しかも、豪遊できるくらい貯まってる。笑

んじゃぁ、どこに行こっか?

嫁さんは、帰国して教室を開くまで、オケで海外をあちこち回ってた。
むしろ、国内旅行で何も考えずに過ごしたいそうな。
俺はとにかく、人がいないとこが良い。

て、あんまり遠くないけど空いてて海鮮系が美味しそうなとこ、という事になった。

都内からの客の大半は、箱根とか熱海、せいぜい湯河原あたりで散ってくだろうし、その少し先まで行けば、平日なら大丈夫だろう。

で、伊豆に行く事にした。


1泊目。
行き先は修善寺。

差を楽しむために、まずは都会の、きったない風景を目に焼き付ける。


しかし、修善寺駅に到着すると、いきなり気色悪い看板が視界に飛び込んできた( ;´Д`)

…まぁ世の中に因縁つけたってしょうがない。
きっと、それなりに経済効果があるんだろう。


よし、頭を切り替えるぞ!!( ;´Д`)


修善寺たん、こんちくわ~(=´∀`)



その後、宿に近づくにつれて、風景が緑化してきたので、目を消毒した。


綺麗なとこに来たなあ。


お宿に到着(=´∀`)


受付のフロア。


何と、ピヤノがあるじゃないですか( ;´Д`)


早速、弾かせてもろた( # ´Д`)

河合のアップライトで、年季が入ってるけど普通に弾けるし、落ち着いた音色だ。
河合のアップライトは、少しグランドっぽい響きがするの多いね。

通路から。


このお宿は、川の上に立ってる。
なので、ずっと川の音を聴きながら眠れるのさ。

お部屋。


ベランダに露天がついてる。




ひとまず、貸し切ってあるという大浴場でリフレッシュ(=´∀`)


お部屋のある5Fのロビーにも、アップライト様が。


もちろん、弾いた。

中庭(=´∀`)




お夕飯。






以降のメニューは、貪り食ってたため写真無し( ;´Д`)

お夕食後、なぜか岡本太郎ギャラリーがあったので、観賞。






太郎さんが生前、この宿によく来てたらしい。

他にも、黒澤明さんが来てたらしく、影武者の執筆がどうのこうの書いてあった。

太郎さん、昔は太陽の塔の印象しかなかったけど、著作を読んだら、めっちゃ本質的というかまともな事ばっかり書いてあって驚いた事あるんだ。
絵も、実物で観ると本当に良かったよ。

なお、嫁さんはこの絵がとても好きな模様。笑


その後、別の貸切風呂に行った。


この奥にある露天はさすがに写真撮ってないけど、天井が開放されてて良かった( # ´Д`)

夜中、5Fのロビーで。










この旅行中に3台のピアノを弾いたけど、俺が1番好きなのは、このAPOLOのピアノだった。
鍵盤ギチギチで音も狂ってるし、錆びてる弦もあるしで、朽ち果てる寸前みたいなピアノだったけど、元の音が綺麗なんだよね。
APOLOって良いメーカーなんだな、と思った。

HANA-BU 

2018, 08. 05 (Sun) 18:29

江戸川の花火大会に行ってきたよ。


この花火大会は、うちのじぃちゃん(96歳で何とまだかなり元気)が役人やってた頃に企画したのが始まりなのざんす。

オイルショックの時期に、花火大会を復活させて町興しして景気付けるぞ、と言ったものの、誰も賛同してくれないので、ひとりでしつこくスポンサーかき集めてくうちに周りが折れて、開催にこぎ着けた。

で、始めてみたらかなり好評だったんだけど、川を挟んで隣にある千葉県の市川市がクレームを入れてきた。
曰く、お前らのせいで交通渋滞が起きて警察の人件費が嵩んだから弁償しろ、と。
で、だったら千葉県の奴らは観に来れないように条例でも作っとけよ、と正式に回答したらしい。笑

その後、市川市の市長が代わって挨拶に来た。
曰く、前の市長がすいませんでした、ところで、共同開催って事にしませんか?と。
じぃちゃんは怒り狂ったらしい、というか今でも怒り狂ってるけど、予算が増えるので区としては快諾した。

なお、じぃちゃんは結構根に持つ性格で、大平洋戦争で出兵する時、昔の大家族の末っ子だったからか誰も見送りに来てくれなかった、って事を今でもぶつくさ言ってる。笑
で、俺が、もう良いじゃんって言うと、こっちは特攻隊の順番待ちで死ぬとこだったんだぞ軍隊大変だったんだぞコノヤローって更に怒って、そのまま戦争前後の話を1時間くらい聞かされる。
嫁さんはこういう話聞くの好きらしいけど、俺はじぃちゃんの人生ダイジェストを全部ハモれるくらい聞かされ続けてるので、さすがにうんざりしてる。


まぁとにかく、8月第1土曜日は、俺が地元を誇りに思う唯一の日なのざんす(=´∀`)

江戸川の花火大会は、かつて隅田川の花火大会にめっちゃ対抗意識を持って目の敵にしてて、差別化を徹底した。
隅田川は、都心の住宅密集地なので、花火の大きさが規制されてる。
なので、それよりも大きく。笑
あと、予算が敵わなくて本数が少ないので、短時間で惜しみなく大量に打ち上げる。
煙が出すぎて隠れようが、その煙を突き破るくらいまた大量に上げれば問題ない、と。
最初の5秒間で1000発も打ってるらしい。

そんな対抗意識丸出しの策が実ったのか、今では動員数を大きく引き離してる。
俺的には、知名度上がって観客が増えすぎて勘弁なんだけど( ;´Д`)


前日、場所取りする為に、17:30に会社を出る準備をして気配を消した。

にも関わらず、パソコンをシャットダウンする直前に、偉い上に話が長い人に呼ばれた。
なんつー、くだらない議題だ( ;´Д`)
相変わらず、ピントがブレまくってる。

しかしだ、組織の中で働く人間たるもの、全体の仕事の流れが円滑に保たれるよう配慮し、自分の仕事と、自分の仕事が影響を及ぼすものに対して、責任感を持って取り組む必要がある。

なので、その人のパソコンでややこし目の資料を開かせて、混乱したタイミングを見計らって、すり足気味に立ち去った。
ハンターハンターを愛読してたのが役に立ったぞ。


江戸川を挟んで、東京の河川敷と千葉の河川敷が会場になる。
それぞれ広大なので、場所選びは大事だ。
打ち上げ場所は篠崎。
それより北側の小岩方面エリアは、東南から吹く風に煙が乗って、観づらい事が多い。
かと言って、篠崎の近くは当日混み過ぎて、辿り着くのも帰るのも困難極まりない。
なので、対岸の千葉県市川市側の、なるべく花火に近くて煙が去りやすいエリアが結局は快適だ。
じぃちゃん、寝返ってごめんそ( ;´Д`)


で、ベストゾーン。


まだ場所取りの余地がある。
これより南側は、何と有料エリアで、しかも超ぼったくってる。
さすが市川市だ。笑
江戸川区はこんなセコイ真似してないぞ。
もし俺が運営してたら3万くらい取るだろうけど。


こっち側は、駄目な場所が多いゾーン。


花火からちょっと遠ざかるし、便所に並んでる奴らが障害物になる。


…よし、取るか( ;´Д`)
ベストゾーンに行って、場所を定めた。

当日の人混みでも、自分が敷いたシートをすぐに判別できるよう、派手なシートを2枚用意してた。
ピンクのクマみたいなやつと、迷彩柄のやつ。
それをカバンから取り出した。
取り出して、唖然とした。

ち…ちっちゃぃ( ;´Д`)
90cm × 60cmを2枚用意したので、周りから白い目で見られず、かつ最低限の快適さのある大きさなはずだったけど、ピンクのクマが丸っこすぎる。
確かに直径は確かに90cm × 60cmなんだろうけど、何か違うぞ( ;´Д`)


周りの連中「見てあのサラリーマン、変なシート開いて呆然としてる。笑」


…ぬぅ。。とりあえず敷いた。

で、場所を遠巻きに撮影して、当日の道しるべを記録しとこうと思ったんだけど、豆つぶ過ぎて、全然分からん( ;´Д`)



当日。
保守対応で出勤だったので、最寄りの市川駅に着いたのは18時。
最悪の時間帯で、改札を出るまで10分近く掛かった。
人が多すぎてどこからが階段なのか全く見えないなんて、生まれて初めてだ( ;´Д`)

何とか改札を出て、嫁さんと合流。
会場まで長蛇の列に続くのは嫌なので、土地勘を活かして、誰も通らない道からショートカット。


到着。間に合った(=´∀`)


おらのシートどこや?( ;´Д`)



何とか見つけた( ;´Д`)

ちっちゃすぎて無くなってないか心配だったんだけど、何と、隣に陣取ったカップルが保守してくれてた。
曰く、前日から場所取りしてたにしては、随分控え目なシートでかなり心配してました、と。笑

ほんと、何が幸いするか分からん( ;´Д`)



お花火スタート(=´∀`)


一度、がっつり記録しとこうと思って、無粋は承知で写真やビデオを撮りまくったんだ。


でも、どうしても明るくなっちゃうな( ;´Д`)



花火は、年々カラフルになって、先っぽまで変化したりする。




これなんか全部乗せすぎて、何が何だかわからん。笑


噴火しちょる


俺はこういうレガシーな単色べろ~んってやつが好きだわ




でも、ブロッコリー型は好きだわ( # ´Д`)


ひとだま


そして祟り


ハイジュエリ


超新星爆発?



お動画
https://youtu.be/JsS7LwvamqY


映像だと明るくて煙モクモクで微妙なんだけど、実際は東京の空でもちゃんとコントラストあるんだよ。



- 完 -