ラベりずむ?…( ;´Д`) 

2018, 08. 15 (Wed) 01:51

ラベルさんに傾倒中。
齢41にしてやっと、この人の音楽の良さが分かってきた。

しかし、この人の曲、俺には高度すぎて亀の歩みだよ( ;´Д`)


・ラベルさん:メヌエット

1ページの癖に暗譜するのに丸1週間掛かった。

序盤は簡単、後半は激むず( ;´Д`)
予想では、何とかなる範疇内の難易度に聴こえたんだけど、この人の曲って、聴いた時の感触と弾いた後の感触が偉く乖離してるの多いよね。
隣接する音が多めに埋め込まれてるせいか、一体化して聴こえて、音の数が少なく感じるのね。
弾いてびっくり。
しかも、やけに音が多い上に、大抵今まで弾いた事ないようなセットになってたりして、なかなか脳みそに定着しなかった( ;´Д`)

更に、これはimslpでダウンロードしてiPhoneで拡大しながら譜読みしてるのもあって、心的負荷が高かった。

まぁでも、そんな事はどうでも良い。
これで弾き込みに専念できるぞ。
幸い、指を痛めそうな類ではないし、粘ってれば何とかなりそうな感触。


・ラベルさん:前奏曲

何かの初見演奏用の課題曲として作られたらしい。
少し変則なとこはあれど、だいぶ弾きやすくできてる。
しかも、メヌエットがむず過ぎて感覚が一時的に麻痺したようで、弾いてる時に左右の音程や鍵盤の場所を、先読みして弾けるようになってきた。
大体そういうのは時間が経つと実力通りに戻っちゃうんだけどね。
とはいえ、2歩下がる前に3歩進んだと考えれば良いか。


・ラベルさん:眠りの森の美女の何とか

連弾用の曲で、1、2年前に適当にソロ用にアレンジして弾いた事あるんだけど、また弾きたくなってきた。
メヌエットが頭に入ったので、再開予定。
今となっては、かつてどうやってアレンジしたのか殆ど思い出せない( ;´Д`)
思い出したところで、駄目だろこのアレンジって思いそうだから、この際、やり直した方が良いか。


・ラベルさん:ハイどんの名前がどうのこうの

むずすぎ。やっぱむり。


- 完 -
スポンサーサイト

チンゲンダイ!!( ;´Д`) 

2018, 08. 08 (Wed) 20:57

バッ君ベトさんに没頭してたら、近現代曲に飢えてきた。
でも、今まで弾いてたやつはさすがに飽きたので、入れ替え中。


・カバレフさん:うんたらワルツ

頭の中では既にレパートリーから除外してるんだけど、何となく手癖で弾く時がある。
そして、更に飽きる( ;´Д`)

なので、別の曲で上書きする事にした。


・ラベルさん:前奏曲

アップライト入手する前後に弾いてたやつ。
その後、忙しくなって弾かなくなった。
改めて覚え直してみると、やっぱり綺麗だわこれ( # ´Д`)
しかも、ラベりんの曲とは思えないくらい、取っ付きやすい。


・カバレフさん:かんたらワルツ

これも既にレパートリーから除外してるんだけど、何となく手癖で弾く時がある。
しかも、既にうろ覚えと化してる( ;´Д`)

なので、別の曲と差し替える事にした。


・ギロックさん:エチュード

レッスン受けてた頃にやってた曲。
合格はもろたけど、だいぶ消化不良感があったんだよね。
1年以上放置してたら鮮度が復活した。

ギロさん、近現代の曲なんてビタ一文残してないように見えるけど、まぁでも、そんな事はどうでも良いんだ。
近現代曲に飢えて、その飢えを満たそうとして弾く曲が近現代曲かどうかなんて、どうでも良いんだ。
だって、だってなんだもん( # ´Д`)
ギロさんの全曲の中で、俺はこれが1番好きなんだ。

中盤にギロック節が少し混入しつつも、そこまでギロすぎないし、高音部にパチンって到達するところが綺麗(=´∀`)
高音部にパチンって到達する曲っていうと、俺は真っ先にショパさんの前奏曲12番が浮かぶんだけど、あんなのに手を出したら、指がだいたい20本くらい折れそうなので、さすがに自重してる( ;´Д`)
達人級っぽい人でも血管切れそうな顔して弾いてたりするし。

放置してる間にちょっとは指が進歩したようで、前よりは弾きやすくなってた。
がんばって弾き込めば、レパートリー化できなくもないかな、くらいの感触。


・ハチョトリアンさん:スケルチョ

1度、レパートリーから除外したんだけど、人前で弾く時に心細くなって呼び出す事が多いので、再度仕上げてレパートリー化させた。

そして、その途端に飽きた( ;´Д`)


なので、新しい曲と差し替える事にした。


・ラベルさん:メヌエット嬰ハ短調

これ。
https://youtu.be/zfcXyjpADQM

遺作らしい。
知ってるのはクラオタくらいかも。
かなり真っ当と思える解説も見つけたので、そのリンクも貼り付けたかったんだけど、その解説ページは、楽曲分析の内容は面白いものの、文体から醸し出すヒステリックオーラがやばくて、俺の地雷センサーのメーターが振り切れた。
なので、リンクは自重しといた。
ああもったいない( ;´Д`)

ひとまず、半分まで暗譜した。
今日か明日で、とりあえず詰め込みは終わるだろう。
前奏曲よりはむずいけど、短いし、アルペジオアルペジオべろべろべろ~ん、みたいな難所はないので、粘ってれば何とかなりそうだ。

この人の曲はほんと、水を連想するのが多くて好きだ。
しかも、メロディが溶けてるっていうか、あんまり前に出てなくて聴き心地良いよ。
本人が読んだら、水なんか表現してねーよこのボケナスってブチ切れると思うけど。


・ラベルさん:ハイどんの名前がどうのこうの

むり。むずすぎ。むり。


- 完 -

ただいバ~(=´∀`)σ)))´Д`) 

2018, 07. 30 (Mon) 19:27

大阪でチェンバロで遊んでた時、チェンバロの脇に、バッハ様の楽譜が置いてあった。
そういえば、バッハ様の曲、暫く何もやってなかったな。。


・バッハ大王様:チンベンション13

1年くらい前に練習してた曲。
他の曲にしようかとも思って2番の譜面も見てみたけど、やたら難しそうだったのでパス。
13番も指回り的にはややこしいとこあるけど、音程の移動や往復が物凄く規則的だし、しかも、イ短調の曲って何か覚えやすいんだよね。

バッ君、ただうま~(=´∀`)σ)))´Д`💢)


久しぶりに弾いてみて、やっぱり指回りは難しかったんだけど、左手の指使いを変えてみたら、そこそこハードル下がった。
あと、片手ずつにバラさないでも左右それぞれ記憶できようになった。
タッチの使い分けはまた別問題だから部分練習はしなきゃだ。
俺の手のサイズと可動範囲で、これまで指使いに何の疑問も持たなかった俺は本当にあほだと思った。笑

バッハさんの曲って、その曲を好きだろうがそうでもなかろうが関係なく、弾くのが止まらなくなる傾向を感じるんだけど、何なんだろねこれ。
今日は3曲弾くか、とか思って最初の曲をバッハさんの曲にしちゃうと、その日は他の曲に移るタイミングというか気分が来ない。
マタタビでも入ってるのか?

そうそう、久しぶりにバロック弾いてみると、めっちゃピコピコしてるね。
この時代にだって減衰する楽器は普通にあったはずだし、全曲チェンバロだけで作曲してた訳でもなかろうに、殆どの曲をチェンバロで作ったかのようにピコピコしてるね。
まぁ緩やか系は少しクネクネしたとこもあるけど、特に2声は、ピポピポのピッポピポだね。
楽器の制約ってより、この時代の発想なんだろうか。

バロックピッポピポで思い出した。
だいぶ前にブロ友さんから、バロック曲をステンドグラスみたいって感じた理由を解説しちくり、と要望があったので、自分が持った印象を説明しとこう。
大した話じゃないけど、分かりづらかったらごめんそ( ;´Д`)

ショパさんの時代の曲とか、グニャっと曲線を引くように音程を通って、フレーズを作ってるように聴こえるけど、バロックって、音程と音程を直線で結んで、その次の音程方向に角度をつけてまた真っ直ぐ線を引いて、フレーズ内に破片を作る、みたいな。

13番の出だしだと…

☆右手
ミ↑ラ↑ド↓シ↓ミ↑シ↑レ
ド↑ミ↓#ソ↑ミ

★左手
ラ↑ラ↓ソ
ラ↓ミ↑ラ↑ド↓シ↓ミ↑シ↑レ

…こういう破片を声の数だけ作るのを繰り返す。
それぞれの破片は、感情とか込めてるのとは違った原色の透明さがある。
あの頃の人達はたぶん感情じゃなくて信仰だろうし。

で、一曲が終わる頃には、複数の透明な破片が合わさってステンドグラスみたいなのができるぞ、みたいな。
4声とかだと、ちょっとキュービズムアートっぽいぞ、みたいな。
以上。笑

おぺら:魔弾の射手 

2018, 07. 24 (Tue) 20:26

去年の夏に、フィガロのケツ婚のリハーサルを観賞した。
http://morusaku.blog.fc2.com/blog-entry-455.html


そして、今年もオペラの時期がやってきた。
http://www.gcenter-hyogo.jp/freischutz/

あらすじ
http://www.geocities.jp/wakaru_opera/derfreischutz.html

またリハーサルの券もろたので、行ってきた。



会場の最寄り駅の広告


相変わらずお綺麗な会場( # ´Д`)



1年ぶりのうんこ




おパンフ



おホール



観やすそうな席を確保してからお便所に行った。

帰ってきたら、おばちゃん軍団が俺の左右の席を確保してて、俺が挟まれる格好になった。
まぁ、それは良いんだけど、俺を挟んで喋り始めて、非常に暑苦しくなったので、譲って後ろの列に移動した( ;´Д`)


オペラは前半部と後半部で計3時間くらい。
休憩は25分。
毎回思うけど、役者もオケも大変だなぁ。。

そして前方のおばちゃん軍団。
めっちゃ身を乗り出したり動いたりして、すげー邪魔。笑
しかも、うるせーよ。笑

とはいえ、本番と違って客席がまばらなので、俺が移動すれば良いだけの事。
文句垂れるより席替えた方が早い。
で、軍団も俺も双方、心置きなく過ごせるわけだ。

…という事で、休憩タイムに別の絶景スポットに移動した。
そしたら、何よあのおっさん、さっきから失礼ね、みたいな顔しやがった。笑
何なんだよ放っといてくれよ。笑

とりあえず、満面の笑みを返しといた。


つま発見( # ´Д`)



後半スタート。
オペラの演出って本当によく出来てるね。
舞台セットもリアルだし、映画より全然面白いよ。
嫁はん、来年もオペラの仕事受けてくらはい。


あと、上の席でオケを観てると、奏者達の動きがよく分かる。
みんなプロだから超上手いんだろうけど、嫁さんの動きが1番無駄がないというか水流のような動作で、やっぱずば抜けて上手いんだな、と、脳内で惚気た( # ´Д`)


さよなら、うんこ。



- 完 -

マニョロケ!!( ;´Д`) 

2018, 06. 24 (Sun) 21:36

新しい曲を試し弾きしてたら、面白くなってきたので、そのまま続ける事にした。


・ショパさん:マズルカ19番

かなり難しそうに聴こえて躊躇してたけど、11番に近い難易度だった。
よっぽど雑に弾かなければ、割と平坦に弾いてても、リズムが少し助け船を出してくれる感じ。
まぁでも、まともに仕上げるなら、mpスタッカートを少し挟んだり、音色のメリハリも入れてみたいかな。

暗譜はかなりしやすい方か。
フレーズの方向(←→)がはっきりしてるので、忘れづらくて思い出しやすい。

あと、重音の位置が親切で、ミスタッチしづらくできてる。
手にカチッと嵌って安定しやすい。
とはいえ、それに依存してるとアクセントがカクカクしちゃうから、それなりの習熟度は必要か。

そうそう、最近ブログ村で、手の故障に触れてる記事を見つけて、その時にふと気づいた。
この曲、音の数というか運動量がかなり右に偏ってて、終わりまでそれなりに右手が忙しい。
左手は跳躍中心で、あんまり指をパラパラ動かすわけじゃない。
ようするに、左右の運動のバランスがかなり偏ってるように感じるので、脱力がイマイチなまんま弾きまくってると、手がおかしくなりそうだ。
手が痛くならなくても、スポーツのセオリー的には、左右の偏りって故障を招きやすいんだよね。
野球のピッチャーなんかその典型で、大して球数放ってなくても肩を壊すピッチャーは、現代でもたくさんいるのです。
日本の野球のレベルはとんでもなく高くて、学生でも故障したら速攻で淘汰されちゃうから目立って問題にならないだけで。

ピアノはあんな過酷じゃないけど、日本人は筋肉が固いし、神経の負荷が高くなりやすいと思うので、左右のバランスは少し配慮して練習した方が良いだろな。
具体的には、部分練習は左を多めにするのが手っ取り早い自衛の手段になるんじゃなかろうか。

まぁ、そんな事言ってたら携帯もおちおち弄ってられないけど、携帯弄り過ぎで手がおかしくなった奴とかいるだろうし、身体が社会や道具の変化に合わせていきなり適応するわけないもんね。

明日ラファエル・ゲーラさんのおコンサート 

2018, 06. 23 (Sat) 20:51

ちょっと前に行ったコンサート
http://morusaku.blog.fc2.com/blog-entry-531.html

この時のピアニストのゲーラさんが明日15:30から、デュオのコンサートするみたいで、よだっと音楽館さん(クラシックのコンサート情報サイト)から連絡をもろた。

俺も嫁さんも明日は予定入っちゃってるので、もし他に行ける人いたら、下記にどうぞ連絡してみてくださいな。

先着1組ペアチケット無料、との事。
http://yodatmusic.blog.fc2.com/blog-entry-341.html

カバのモツ!!( ;´Д`) 

2018, 06. 19 (Tue) 23:07

過去に仕上げた事がある曲を幾つか召喚したけど、まだちょっと心細い。
当社の安全基準を満たしてない感じ( ;´Д`)

本当は、安全性がずば抜けて高いルクペさんのLも召喚したいんだ。
でも、あの曲があると、開始早々に頼ろうとして、しかも弾き終わると「ああ大事なカードを速攻で切ってしまっておれピンチ( ;´Д`)」みたいな心理に陥る。
依存しすぎなので、暫くあの曲は卒業だ。


…え~と、他に何があったかな。。


・カバレフさん:ンナツネ

89-33のワルツのようにも前述の理由で卒業だす( ;´Д`)

カバレフさん、何曲かソナチネ残してるよね。
俺が引っ張り出したのは、前にレッスン受けた事のある27-18のやつ。
そろそろ、仕上げ直す頃合いじゃなかろうか、と思って引っ張り出してみた。

レッスンはあっさり合格だった。
けどそれは先生があんまりカバレフさん好きくなくてさっさと終わらせたからだ。笑
何かしっくり来なかったし、ペダルも納得感がなくて、弾けてる感じがしないまま、速攻で弾かなくなった。

でも、この曲はめっちゃ好きなんだ。
色々中途半端な感じがたまらん( # ´Д`)
全体を通してちょっと雑で投げやりな響きがするのに、妙な精密っぽさまで感じる。
カバレフさんってちょっと性格壊れてるのかな。。
まぁ、どうでも良いやそんな事は。

最初、全然思い出せなくてびっくりした。笑
でも、楽譜見て何度か通したら頭に定着した。
やっぱ、1度やっとくと再開するのも楽だね。
課題は終盤のアルペジオが一発入るとこか。

これからは、こいつに依存…じゃなくてスターターになってもらおう。


・モツさん:お葬式

和音の癖に空振りを誘発するとこがひとつあるけど、他は集中さえしてれば概ね弾きやすい感じ。
暗譜も飛んでなかったので、そのまま仕上げ期間に入った。

モツさん、この曲は相当手加減して作ったんだろうな。
他にも興味ある曲が幾つかあるんだけど、弾けそうな曲はビタ一文ない。
練習が成り立ちそうな曲すら見当たらん( ´Д`)
なんつー難儀な作曲家だ。


- 完 -

捨てたけど都合の良い時だけ呼び出す 

2018, 06. 18 (Mon) 00:55

来月、おピアノ会をする事になった。
よ~し、何弾こっかな(=´∀`)




…あり?
おれ、何弾けるっけ?( ;´Д`)

人前で、指がちょっとぷるぷるしても弾けるのあったっけ?


…あああ召喚しないと( ;´Д`)


・ベトたん:6バガテル5番

ちょっと飽きてたので、さよならしてた。
でも、相性良かったし、まだ大丈夫だよね(=´∀`)




バチコーン!!
≡ ∧_∧  ∧_∧
≡(#`Д´)⊃ ;;;)Д`)あいたっ
≡/つ  /  ⊂ ⊂/


…ちゃんと集中して練習し直さねば。


・ベトたん:11バガテル1番

達成感あったしちょっと飽きてたので、さよならしてた。
でも、結構親密だったし、大丈夫だよね(=´∀`)




ボグッ!!
≡ ∧_∧  ∧_∧
≡(#`Д´)⊃ ;;;;;)Д`)ギャッ
≡/つ  /  ⊂ ⊂/


…頑張ろうっと。


・ハチャちゃん:うんたらかんたら

割と誰にでも親切だし、大丈夫だよね( ;´∀`)




スコーン!!
≡ ∧_∧  ∧_∧
≡(#`Д´)⊃ ;;;;;;;;;;;;)Д`)あいや~
≡/つ  /  ⊂ ⊂/


…舐めたらあかんね( ;´Д`)


- 完 -

練習モード 

2018, 06. 13 (Wed) 00:27

弾き込み期間中。
暫く暗譜を控えとこうっと( ;´Д`)


・サチーさん:ジムペチ

めっちゃ、だれてきた( ;´Д`)
だれると和音が超汚くなる。
集中すると、ちょっとマシになる。

だったら、1音1音を大切に、常に集中して弾くよう心掛ければ良いのではないか。




 * い や で す+
    n ∧_∧ n
+ (ヨ(* ´∀`)E)
    Y     Y *


…い~や、もっとちゃんと弾き込みましょう。
というか、結局は普段の弾き方が定着するんだから、せめて練習期間くらいは集中しとこう。


・ショパさん:マズルカ1番

中盤と後半も、少し指が馴染んできたか。
とはいえ、こいつはあと半年くらいは掛かりそうだ。
まぁでも、この類の曲の基本型な気がするので、仕上がらなくても粘るぞ。
何か色々面白いんだよねこの曲。
分解練習してるうちに、テンポの考え方が少し伝わってきた。


・ベトさん:6バガテル1番

レパートリーになる手前くらいまで来たぞ。
バガテルとか名付けられてるけど、自分的には結構な大曲だ。
ベトさん晩年の頃の曲らしい。
カテゴリー的には古典だけど、時代の狭間の色んなお顔が見える。


・ショパさん:ワルツ7番

これも相当長い付き合いになるだろな。。
棒読み感満載だけど、練習と成果が割と比例しやすい曲ではあると思う。

この曲、洗練しすぎてるようにも見えるというか聴こえる時があって、なおかつそれが少し欠点みたいに思える時もある。
まぁそういうのは大体ちょっと疲れてる時だったりするから、聴く方の脳みその問題100%だと思うけど。
でも、隅々まで綺麗な曲だね。
中盤の転調部分は、弾いてみる前に持ってた印象よりもずっと綺麗だと思った。


・ショパさん:ワルツ10番

何か仕上がってきた気がするけど、そうなると無駄にテンポが上がって、ろくでもないミスを誘発する。
テンポを抑えるように意識を保つ練習をしとこう。
ペダルもちぐはぐになるし。
完成形への道が見えてきた。


・ショパさん:マズルカ11番

これは頑張ればレパートリーにできそうだな。

感傷系のメロディなので、あんまり雰囲気に流されないように弾いた方が良いのかな。
なんて言うかこう「あっそう」みたいな割り切った感じ。
「あっそう良かったね」みたいな。

もしくは、逆に感情を近づけて、少し悲しい心情になった方が適切なのかな。
ランチメニューがあると思ってたら1番安いのでも1500円だった的な。

ほんと、参ったよ( ;´Д`)


- 完 -

あんプ( # ´Д`) 

2018, 06. 05 (Tue) 20:06

マズルカ11番の暗譜やり直し完了。


こんな曲。
https://youtu.be/JcshfyJdMZg

奏者は、森に住んでる森さんというおピアニスト。
リズムがちょっと変わってて面白い。
っていうか、森に住んでて名字が森さんって凄いね。笑
こういう人、結構いるのかな?
山に住んでる山田さんとか、農場を経営する畑さんとか、グランドピアノの中に籠城する…ぬぅ、思いつかない( ;´Д`)


そうそう、マズルカ11番だ。
この曲、3か月くらい前に1度覚えたんだけど、弾き込んだ期間が少なくて、しかも散漫にやってたからか、結構忘れてた。

とはいえ、そんなに期間も開いてないし、2度目だったから、割とすんなり思い出せた方か。

今回は、コルとんさんが編集した楽譜を使った。
こっちのが運指が合理的というか自然体に近くて、だいぶ弾きやすくなったぞ。
全音さん、さようなら( # ´Д`)

なお、前回、思いっきり間違えて覚えてた和音があった事が判明した( ;´Д`)
やけに弾きづらかったとこなんだ。
頻発する和音なので、見直す前にさっさと気付けよって感じだけど。

どうりで、汚い音だと思ったよ。
ショパンって随分汚い音を使う時があるんだな、とか思っちゃったよ。
ピアノの詩人の考える事は訳がわからんぜ、とか思っちゃったよ。
一体どんなろくでもないテーマを盛り込んだんだよ、とか邪推しちゃったよ。

ショパン様、ごめんね~(=´∀`)=σ))Д`💢💢)


…そんな状態だけど、一応これでも、楽譜の読み方や覚え方に進歩というか変化はあるんだ。

ド初心者の頃は、それこそ指の感覚と響いた音のセットだけで暗譜してた。

その後、目の記憶、楽譜じゃなくて鍵盤の位置もセットに加わった。

その後、和音とか分散和音と、メロディで使われてる音程の関わりとか、和音同士の関わり方も、そこそこ情報として把握できるようになってきた。
断片的だけど。
まちかどのおまわりさんと、アラベスク改造企画が良かったんだと思う。
あれで、音楽の文法というか文脈に少し想像が及ぶようになった。
音楽も言葉みたいになってるんだな、と思った。
最終的な出口と加工方法が違うだけで、音楽もやっぱり出力技法の一種なんだな、と。
ITやってる人なら、標準出力の切替とかリダイレクトの話を思い出すと、速攻で腑に落ちるんじゃなかろうか。

たぶん、こういうのを、ちゃんとはっきり整理したのが、和声とかコード進行なんだろね。
当初は、和声とかコード進行って、単なるパターン認識だと想像してたけど、その背後に、もっと身体的な土台があるのね。

とはいえ、この辺はまだまだまだぼんやりしてる。
今回だって、思いっきり間違えて繰り返し弾いてた和音があったくらいだ( ;´Д`)
あんまり音楽を理解してない証拠だ。


腹を括ってお勉強してみれば、だいぶすっきりするんだろね。
なるべく音楽以外の経験と本能を頼りに、遠回りでも辿ってきたいって願望もちょっとあるんだけど、そういう拘りは、結局は単なる幼稚な言い訳になりがちな気がするし、まぁどこかのタイミングで本腰入れてお勉強する事になるんだろうな。


願望としては、この辺が進歩して、楽譜を読むスピード上げるのに役立って、いちいち暗譜しないでも練習が成り立つようになるのでは、と期待してる。


…むぅ、つまらぬ記事を書いてしまった( ´Д`)


- 完 -