ゴキャキョクメ!!( ;´Д`) 

2018, 05. 25 (Fri) 20:34

パンツ7番が大層むずくて負荷も高いので、5曲目は既存曲を召喚する事にした。


・ショパさん:ワルツ10番

☆安全性:70点
★自己満:70点

そういえば、最初にこれ暗譜したのって3年前なんだよね。
暗譜し直してみると、いつの間にか、和音の記憶が改竄されてたよ( ;´Д`)
当時は和音の規則性なんて分かんなかったら、神経衰弱みたいな覚え方してたもんな。

今回は、何でそこでその和音なんだ?とか、何でこんなメロディになってるの?とか、理由と推測されるものを記憶に混入させるよう心掛けたので、時間が経ってもさすがに大幅には改竄されないで済むだろう。

演奏面でも、この曲は長らく停滞してた。
ギリギリ忘れないくらいのペースで時々弾いて、あとは練習会みたいなイベントの前日に引っ張り出して、終わったらまた放置、みたいな。

暫く放流してから、今回、新しい曲を覚えるつもり、というかフローで頭に入れ直してみたら、そこそこ安定して弾けるようになってた。
かつて苦戦しまくった重音も特に難所って感じでもなくなったので、身構えないで終わりまで流せるぞ。
頭への負荷も低くなった。

ただ、さすがに他の曲よりは飽きやすいので、ダラッとしないように、ペダルの踏み方にバリエーション持たせる事にした。

もうちょぃで、普通のレパートリーくらいの感触になりそうだな。
長かったぜ!!( ;´Д`)


そして、今度は7番が、かつての10番と同じ道を辿るんじゃないかと予想してる。
スポンサーサイト

ヨンキョカキョクメ!!( ;´Д`) 

2018, 05. 20 (Sun) 13:08

スーパーとかコンビニのお菓子って、結構美味くなったと思うけど、なんでシュークリームだけあんなにまずいの?( ;´Д`)
駄菓子の時代から全く進歩を感じないぞ。
パン屋のシュークリームとか、昔から美味いのに。

皮は適当に再生紙とかでも良いから、生クリームとバニラエッセンスと砂糖だけ、もっとたっぷり練り込んでくれないないかな。。


・ショパさん:ワルツ7番

☆安全性:7点
★自己満:80点

ベタすぎ。
むずすぎ。
繊細すぎ。
ショパすぎ。

まぁでも、これは昔から好きな曲なんだ。
特に、ギリギリ音源が残ってるくらい昔のピアニストの、ペダル短めで乾き気味な演奏が好きなんだよね。
乾き気味なのは、演奏がどうこうってより、モノラルだからだとは思うけど、昔のモノラル音源って結構良くない?
俺がじじぃだから?
俺の耳が腐ってるのか?( ;´Д`)

…まぁ良いやそんな事は。。

ショパさんの3拍子曲は、いつも中盤で振り落とされそうになる。
こいつも、真ん中の転調パートで難儀してる。
聴いてる分にはシンプルながらも、思いっきし3声なのね( ;´Д`)
って事は、仕上げの選択肢が一気に増えるのね。
そういえば、プロの演奏でも、主役の声を入れ替えたりとか、かなり個性が出やすい曲だったなこれ。
なるへそ、こういうのがプロのレパートリーになるんだな、と思った。
単純に、売れ筋ってのもあるとは思うけど、それはそれとして。笑

中盤の転調パートで難儀してるとはいえ、曲全体として和音は結構、規則的だ。
といいつつ、和声的に規則的なのかは全然分からないんだけど、ショパさんの曲を何曲か弾いた事あれば、音の選ばれ方のパターンというか発想が一緒なので、頭に入りやすい。
なので、バリエーションの多さにびびったり混乱したりしなければ、演奏の難しさの割には暗譜しやすい部類に入ると思う。

何となく、ショパさんとベトさんの文法なら、理解の取っ掛かりを見つけられるようになってきたぞ。
本当に興味あるのは、バッハ様なんだけど、バロックむずすぎ( ;´Д`)

なお、メインフレーズっぽく、何度も出てくる↓のやつ。


ピポポポポポ↓
ピポポポポポ↓
ピポポポポポ↓
ピポポポポポ↓
ピポポポポポ↑
ピポポポポポ↑
ピポッポポポ↓
ピポポポポポ↑


スピードを考えるとかなりむずいというか無理だけど、ショパさんの脱力の発想とか合理性がよく分かる造りになってるので、練習メニュー用の曲としてもかなり良いと思うよこれ。

あと、出だしの装飾混じりのフレーズ↓も、人体としての手の構造面に視野を向けて弾くのに適してる。


ピッポーッポー
ピポッポポー
ピポッポポー
ポーッポー
ピポッポポー
ピポッポポー


そういえば、だいぶ前の事だけど、ワルツ10の後半の重音の弾き方を習った時、人体の仕組みに沿った音の配置やルートと、響きの良さが、当たり前のように両立してる事に感銘を受けたのを思い出した。

ショパさん、さすがおピアノのスペシャリストですな( # ´Д`)


そうそう、ベトさんのソナタは、ベトソナとか呼ばれてるよね。

だとすると、ショパン様のワルツは…




略して!!!!!








パンツ( # ´Д`)


- 完 -

サンキョクメ!!( ;´Д`) 

2018, 05. 19 (Sat) 21:11

どんなに忙しくても、おピアノは弾いてるよ(=´∀`)
今、5曲目を暗譜中。

でも、おピアノの事をまとめる時間と余力を、なかなか持てないよ( ;´Д`)

曲の進捗と記録がズレると落ち着かないので、更新しとかねば( ;´Д`)
ひとまず、3曲目まで。


・サチーさん:ジムペチ
☆安全性:70点
★自己満:60点

ちょっと飽きてきたけど、そろそろレパートリーとして認識できそうなくらいにはなってきた。

この曲、誰でも知ってて、しかも人気あって便利だね。
先月、友達がうちに来た時に、ジムノペディだけは好きだ、あれ弾けるなら弾いてくれ言われて弾いた。
その前も、おっ母がうちに来た時に弾いてたら、この曲は好きだって言ってた。

まぁ2人とも、子供の頃にピアノ教室に通ってた、ってのもあるのかな。

余談だけど、おっ母はバイエル100曲やった後、チェルニー100曲やる羽目になって教室やめた。
友達も似たような感じで、しかもピアノ教室のお陰で今でもクラシックは嫌いだぞ、と前に言ってた。笑
そういえば、知り合いとか同僚とか友達とか元友達とか元XXXXとかで、昔ピアノ習ってたってのが何人かいるけど、殆ど全員が、クラシックは嫌な事を思い出すから嫌いだ的な事を言ってたぞ。
ピチナ関係者とかは、大人になってもピアノ続けてたり再開する人達の情熱や音楽愛に、ちょっとは感謝してるんだろうか。笑


・ショパさん:マズルカ1番
☆安全性:30点
★自己満:80点

想像以上にむずい( ;´Д`)
なので、分解練習を普段より多めにしてる。

なお、この曲は嬰ヘ短調らしいけど、(#ド)が主役をだいぶ喰ってる。
そして、後半の(#ド)を3オクターブでバチコーンって鳴らすところは、嫁さん曰く、割と神々しい音響らしい。
でもって、案の定だけど、そこは特に難しいんだ( ;´Д`)


・ベトさん:6バガテル1番
☆安全性:60点
★自己満:90点

やった事あるやつの中で、今でも特に好きな曲は、時々差し込んで仕上げ直そう。

こいつは去年は、むずくて棒読み演奏しか出来そうになかったけど、寝かせてるうちに、曲に聴こえる程度になった。
よそ行き用のレパートリーにもできそうだ。

今まで体験したベト曲の中で、これが1番好きだ。
ベトさん、悟りでも開いたのか、と聞きたくなるような曲だ。

でも、もし本当にベトさんに「お、聞きたいか?聞きたいだろ(=´∀`)」って言われたら、ベトさんって話が超長そうだから「あ、大丈夫です( ;´∀`)」って答えるだろう。

ラホジュル!!( ;´Д`) 

2018, 05. 17 (Thu) 19:55

ラホロルジュルネ行ってきたよ(=´∀`)
https://www.lfj.jp/lfj_2018/



☆5月3日★

起床。

ワクワク(=´∀`)








…あり?夕方だ( ;´Д`)


あ、やぢまさんからメール来てる。

「今日、うちらは丸の内に行くよ~。クソさんは?」

…うぅ、うんこしてるよ( ;´Д`)


★5月4日☆

起床。

よし、前日にたっぷり寝たし、行くぞ(=´∀`)








…あり?夕方だ( ;´Д`)


21時の部だけ観に行く事にした。


バルトクさん、ごめんね。


…池袋に着いた。

まず、気合いを入れるために、駅構内でクリームパンを買った。
おいひ~(=´∀`)

次に、公園の屋台で豚串を買った。
おいひ~(=´∀`)


ホールに向かい中。綺麗なとこだね( # ´Д`)



失礼しま~す(=´∀`)



おらの席から



ピアノ近すぎたな( ;´Д`)
しかも、ヴィオラ勢はピアノに隠れて見えないぞこれ。
まぁ音楽聴きに来たんだし、いっか。


この21時の部は、完全におピアノ勢向けな感じ。
パデレフさんなんて、よっぽどショパン大好きすぎて辛い人じゃなきゃ知らんだろう。

…といいつつ、普通に良い曲だった。
近現代の人になるのかな。
展開予想を促しつつ、ちょっと別の方向にヌルっと進むので、最後まで楽しかった。
じゃぁCD買えとか言われたら、もちろん断るけど。


ピアノ奏者は、レミ・ジュニエって人。
紹介ページの写真だと微妙なお顔に見えるけど、現物は、ザ・エンジェルマンって感じ。
現れた時、俺は正直「キャーッ!!( ;´Д`)」って黄色い発声をしたくなった。
本当に俺が発したら、黄色いってより黄印っぽい絶叫になっちゃうけど。

みんなお行儀良く座ってるので、俺も郷に従っといた。


メインイベントの、ショパン様コンチェルト(=´∀`)
この人、ショパさんの曲がよく似合うわ( ;´Д`)
今まで生で聴いたプロ演奏の中でも、かなり柔らかめの弾き方だったよ。
音量もかなり意識して抑えてる様子だった。

コンチェルト1番はちょっと食傷気味だったので、2番で良かった。
特に3楽章が好きだなこれ。
ショパンさんは、オケのスコア作るのヘタクソ説を読んだ事あるけど、そう?
ピアノ以外の構成も結構、耳を引きつけるように組まれてるんだなぁ、と思ったよ。


最初は近過ぎと思った席も、音量的にちょうど良かった。
むしろ、後部席の人達には聴こえてるのか心配になるくらいに。

ふと、ピアノの下を見ると、後ろで弾いてるヴィオラ勢の手が見える。
で、注目してみると、見覚えのある手がニョキっと生えてきた。
演奏中は写真撮っちゃ駄目だから自重したけど、良い光景だった。笑


アンコール演奏は、マズルカ13番だった。
さすが、クラシックの祭典だなぁ。
どうせノクたん2番とか20番とかじゃないの?とか思ってたから、得した気分になった。


そうそう、最後の何度も引っ込んだり出て来たりする、あのテンプレ儀式みたいなやつ、あの空気には、いまだに慣れない( ;´Д`)
異国の慣習を否定するつもりはないし、サービス提供者に金銭以外でも賞賛の意をはっきり伝えるのは、とてもまともな文化だと思うので、単に自分の慣れの問題なんだけど。


☆5月5日★

起床。


…あり?嫁さん帰ってきた( ;´Д`)


なので、このひは、おさんぽしました。


かつて

ごみやしきだった

いえも

みました


- 完 -

ラホジュルネ!!( ;´Д`) 

2018, 05. 02 (Wed) 22:28

ふ~、まともに休めそうになったぞ( ;´Д`)

来週はデスマーチが聴こえて来そうだけど、ひとまず何も考えないで、休みを堪能するぞ!!( ;´Д`)


明日から3日間、嫁はんがクラシック音楽祭の池袋舞台に参加する。
https://www.lfj.jp/lfj_2018/


☆あした★


★あさって☆


☆しあさって★



ほほぅ、なかなか面白そうな曲目( # ´Д`)

嫁様曰く、おすすめは3、4日のやつで、5日のはどっちかと言うと子ども向け、とのこと。
5日はちょっと混みそうだね( ;´Д`)


おらもどれか観に行く予定やで~(((=´∀`)


- 完 -

まだ2曲目( ;´Д`) 

2018, 05. 02 (Wed) 01:13

毎日へばってるうちに、おピアノ様が遠のいてしもうた( ;´Д`)


・ジョイチュンさん:Simply Piano

全然やってない( ;´Д`)
俺の輝かしい挫折リストに加わりそうだなこれ。。


・サちんさん:ジムぺち

さすがにこれは忘れてなかったけど、レパートリーと捉えるのには、まだ心許ない感じ。
飽きそうな気配もあるので、ペダルに変化を付けて自分を誤魔化してる。


・パンショパさん:マズルカ1番

暗譜途中の時期に忙しくなって、暫く放置してる間に逆戻ってた( ;´Д`)
気を取り直して、やっと全部暗譜したとこ。

この曲、後半に進めば進むほど難度が上がる( ;´Д`)

★前半
5→4の装飾音でリズムを外すと、マズルカっぽくなくなるので、そこは注意。
それ以外は概ね平易。

★中盤
オクターブの直後の細かいところ、指に気を取られるとリズムを見失いやすい。

★終盤
装飾音だらけ。
リズムを保てない。
だいぶむずい( ;´Д`)


…う~ん、おピアノ会とかでレパートリーとして弾けるようになるのは、もう半年くらいは掛かりそうだな。。
次の曲を始めるのは、もう暫く反復して、手と頭に染み込ませてからにしとこうっと。

まぁでも、今年に入ってから、結構良いペースで上達してる感触があるぞ。
このくらいの難易度の曲の暗譜が楽になって、心理的な負担が目減りして、弾くのに没頭しやすくなった感じ。


- 完 -

2曲目スタート!!( ;´Д`) 

2018, 04. 09 (Mon) 18:58

サチーさんのジムノペチー、略してサチーに慣れてきたので、次の曲の暗譜を始める事にした。
こういう選曲の時期は、かなり楽しいね(=´∀`)


・ショパさん:マズルカ1番

メロディ自体は結構ピシッとしてるけど、クラシックにしては目線が低いというか土埃が舞ってて面白いねこれ。

前にも書いたけど、マズルカシリーズは、ピアノ始めるまで聴いた事なかったんだ。
で、初めて聴いた時、最初から最後まで再生してみたんだけど、この1番の響きが、いかにも民族音楽って感じで印象に残って、そのせいか他の曲も全部1番の変奏に聴こえた。
さすがに今は違いくらいは分かるけど、1番の強い印象が、いつまでも頭に残ってる。
こういう、耳にこびりつく曲は結構好きなんだ。

録音された音源を聴いてみて微妙な印象の曲でも、自分で弾いてみると和音とか音のセットが綺麗で驚く、って事は他の人もよくあるんじゃなかろうか。
この曲は、結構印象には残ってたものの、弾きたい程じゃないし、何か難しそうだったから覚えるつもりはなくて、試しにちょっと弾いてみただけだったんだけど、冒頭でそういう和音に当たって、おぉ~と思ったので、そのまま続ける事にした。

半分くらい暗譜したとこ。
初期のマズルカだからなのか、伴奏の造りも、ショパさんにしては単純というか規則性がはっきりしてる。
中盤あたりのヘタクソ撲滅フィルターも、ちょっと緩めな感じ。


他、過去挫折したり、試しにチョロ弾きしてみたりしたマズルカたち。


・2番 (Op.6-2)

メロディがかなり前面に出てるように感じるので、だいぶ好き嫌いが出そうだなこれ。
聴いた時の印象よりだいぶムズそうなので、パス( ;´Д`)


・4番 (Op.6-4)

1ページだし、暗譜しやすい。
左手が届かない和音があったので、右手で補った。
結構速く軽く弾かないと、ださくなる。
そこそこ弾き込んだけど、全然良く聴こえないので諦めた( ;´Д`)


・11番 (Op.17-2)

ムズい事はムズいけど、マズルカシリーズの中ではかなりとっつきやすい方だと思う。
マズルカは大抵、装飾音でリズムを見失って諦めるんだよね( ;´Д`)
あと、中盤あたりでいつの間にか3拍子に聴こえなくなったり。
この曲は、装飾音の差し込み方が比較的親切で、音の響きも他のマズルカよりノーマルなせいか、あれこれ粘ってれば何とかなりそうだった。
これは仕上がりそうだったんだけど、レパートリー組み直す事にしたから一旦捨てた。
まぁでも、曲調(特に「ピーポポッポッポ」ってとこ)もかなり好きだし、多分またやるなこれは。


・14番 (Op.24-1)

これも、右手で補った和音があった。
譜読みはしやすい方。
1番程じゃないけど、民族っぽさが強くて好き。
弾いてる最中にショパさんの声が聴こえてくるような曲だ。
「ヘタクソ~、お前ほんとセンスねぇなぁ~ヘタクソ~、ヘタクソ~( ´Д`)」って。
自分の演奏にげんなりして終了。


・19番 (Op.30-2)

意外と音符ビッシリ( ;´Д`)
技術もセンスも努力も全部問われてそうな曲。
こんなの無理( ;´Д`)


・43番 (Op.67-2)

装飾音に幻惑されて速攻で諦めた( ;´Д`)


・45番 (Op.67-4)

見てくれが良くてなおかつ簡単に何とかなりそうだと思って手を出してみて、馬鹿にしないでよ的なしっぺ返しを喰らうという、非常にチャラい出会いと結末でした。
だいぶ感傷的な曲の印象だけど、音量抑えめに弾ければかなり綺麗に響きそう。
もう1年くらいしたらリトライするかも。

お指ならしバキベキボッキッ!!( ;´Д`) 

2018, 04. 05 (Thu) 22:28

こないだのおピアノ会で、せっかく嫁さんがプロなのに、合奏とか連弾とかしないの?って聴かれた。

現状は、それぞれ弾こうと思ったタイミングで、好き好きに弾いてる感じ。
今は、嫁さんの次のオケが近づいてきたので、嫁さんはオケの速い曲のビオラパートの練習を、俺はジムノペチーを超ゆっくり弾いてる。

同じ時間に同じ部屋でそれぞれ弾いてる。


よめ「( ´Д`)シャカシャカシャッシャカキコキコキコキコジャコジャコジャコジャコ…」

おれ「( ´Д`)ベ~~~ン、ベ~~~ン、ベ~~~ン、ベ~~~ン、ベ~~~ン…」


側から見て聴いてたら、よくこれでどっちも弾けるな、と思うかもだけど、どっちも特に差し支えない。

そのうち合奏してみたい曲は幾つかあるんだ。
マメルロワとかドビュ小組曲とか。
あと、春畑野菜って人の連弾本を持ってるので、幾つかやってみた事はある。

なんだけど、俺がもっと譜読み早くならないと話にならんな、とちょっと思った。
嫁さんはピアノをソロで弾く事には全然興味ないみたい。
にも関わらず、ピアノも嫁さんのが遥かに上手いんだよね( ;´Д`)

とはいえ、「いつか上手くなったら××を~」みたいなぼんやりしたのって、死ぬまで到達しないパターンだな( ;´Д`)

こういうのは消極的になるだけ損だし、アンサンブルでもせめて何か具体的な目標作っといた方が良いな、と思い直し始める兆しがキラリチラリと見え隠れする春のそよ風ぴらりん、みたいなとこ。


・ジョイチュンさん:Simply Piano

前に書いたiPhoneアプリ。
めっちゃボリュームあるよこれ。
結構頑張っても、1~2年掛かるんじゃなかろうか( ;´Д`)
基礎1が終わって、今は基礎2をやってる。
アイオブザタイガーが終わって、次はハレルヤ。

電子ピアノのスピーカー越しでiPhoneのマイクに音を認識させてるんだけど、小さい音でやってるからか、特定の音程だけ、割れまくったクソフォルテで打たないと採点が辛い音程がある。
で、よく連続失敗して、強制メトロノームモードに飛ばされる。
音量上げるかUSBで音拾わせれば良いんだろうけど、手癖が原因で音量やリズムがバラついてる可能性も考えられるので、このままアプリの指示を信じとこうかな、って感じ。


・サチーさん:ジムぺ1

暗譜が済んで反復してるとこ。

(シ)(レ)(#ファ)の和音と(ラ)(#ド)(#ファ)の和音は、直前のメロディが(#ファ)のオクターブ下りで終わるので、その響きが継続されるように(#ファ)をほんの少し出し気味にした方が良さそう。
まぁ、和音の最高音を前に出すのはセオリーなんだろうから、意識しなくてもそうなるもんなのかもだけど。

いつもだったら、この辺りで他の曲の暗譜を始めるんだけど、今回からはせっかく0から積み上げてくんだから、少し自重して、もうちょぃの間、この曲に集中しとこう。


今までのパターンは、極端に書くと↓こんな感じだった。


1曲目の暗譜

1曲目の指慣らしと2曲目の暗譜

1曲目の仕上げと2曲目の指慣らしと3曲目の暗譜

1曲目の復習と2曲目の仕上げと3曲目の指慣らしと4曲目の暗譜

1曲目の復習と2曲目の復習と3曲目の仕上げと4曲目の指慣らしと5曲目の暗譜


それを、↓こんな感じにズラそう、と。


1曲目の暗譜

1曲目の指慣らし

1曲目の仕上げと2曲目の暗譜

1曲目の復習と2曲目の指慣らし

1曲目の復習と2曲目の仕上げと3曲目の暗譜


まぁ、実際は、こんなに図式的にはならないけど、ようするに、指慣らしが終わるまでは次の曲を我慢するぞ、という事ざんす。

レパートリー、全部さようなら( ;´Д`) 

2018, 04. 02 (Mon) 20:29

最近は、副業が面白くなってきて、だいぶ忙しく過ごしてマンモス( ;´∀`)

更に、漫画サイトに課金しまくって「今日の恋のダイヤ」と「今日の婚のダイヤ」と「御手洗家、炎上する」と「凪のお暇」と「ミトコンペレストロイカ」を通勤中に読んだりしてる。
そういえば、学生の頃、電車内でジャンプとか熟読してるサラリーマンを見て「ああいう大人にはなりたくないもんだ( ;´Д`)」とか思った事があったなぁ。
別に漫画なんか老若男女問わないと思うけど、スーツ着た人が電車で漫画読んでる姿は、何か無様っぽく見えたんだよね。
なので、学生の子達は、俺をしっかり見て、駄目な大人の例を脳裏に刻んで欲しい。
その為にも、俺はこれからも通勤中にスマホばっかり見てて乗り過ごしたりせねばならんのだ!!( ;´Д`)


…あれ、おれ何書こうとしてたんだっけ?( ;´Д`)

そうそう、そんな毎日だけど、ピアノはピアノでよく弾いてる。
何だかんだで、もう4、5年やってるんだなぁ。
もう、完全に生活の一部だ。


最近は、Simply Pianoにはまってる。
基礎1が終わって、基礎2に入った。
両手でピアノ弾けるようになって、和音も出てきた(=´∀`)
どのメニューも、超つまんない曲ばっかりなのになぜかやってて楽しい。

これはこれで、細々続けるとして、レパートリーはどれもこれも鮮度が薄れてきた。

これまで、常時15~20曲をキープして、並行してずっと弾いて、良い感じになったのを人前でも弾く、みたいにやってたんだけど、この辺で一旦0クリアして、また積み直すのが良さそうだな、と思った。

何が良いのかというと、その方が面白そうってだけなんだけど。


…という事で、全部忘れるぞ!!

はい忘れた。忘れました。
忘れたので、頑張って何か曲を弾けるようになりたいと思います。


ひとまず、↓の2方向のどっちかの観点にヒットした曲をバランス良く積み上げてこうかな、と思います。


1.安全性
理由:サラリーマンだから。

2.自己満足度
理由:俺だから。


よし、1曲目を始めるか。


・サチーさん:ジムノペチー1番
安全性70点、自己満足度60点くらいを予想してます。

ほんとはグノジェンヌ1番をやってみたかったんだ。
「ぷり~ん、ぷり~ん、ぷりんぷりんぷりんぷりん、ぷり~ん、ぷり~ん」ってやつ。

でも、おピアノ会とかでグノジェンヌを毎回聴かされる人達を想像して、こっちにしといた。
あと、発表会で会ったバイヨりんの人がこれ弾いてて、生で弾くと結構良いものだな、と思ったの。

中盤の和音が結構頭に入りづらい。
あと、メロディ側の音の間隔が長いので、全部の音に母音をつけたりしないように、弾いてる間は頭から日本語を締め出した方が良さそうだと思った。

ベベベベスト発表会!!( ;´Д`) 

2018, 03. 19 (Mon) 19:41

嫁さんの教室で、発表会があった。

会場はいつも、お茶会をするような部屋になってる。
演奏プログラムもなく、弾く心の準備ができた人から弾く。
弾きたくなかったら飲食だけでも良い。
更に、付き添いの父兄や伴奏者、生徒の友人等、生徒じゃなくても弾きたければ弾いて良い。笑
俺も過去2回とも弾かせてもらった。


前回までの会場は潰れちゃったので、今回は別のところ。



もう店仕舞いするらしいけど、超綺麗なとこだったよ( # ´Д`)

そして、スタート。

生徒さんと父兄や友人、全部合わせて25人前後。
体験レッスンの申し込み者で、見学希望の人もいた。
教室の雰囲気を知るのに打ってつけのタイミングだな、と思った。

とりあえず、受付とカメラマン的な事をしつつ、生徒さん達の演奏を聴いた。

2年以上前から発表会に出てた生徒さん達がめっちゃ上達してる( ;´Д`)
おぉ、これが全体の底上げってやつかぁ。
みんな、弾き終わった後の表情がすっきりしてた。
この教室の発表会形式にも慣れてきた感じがする。

成人と児童の生徒さんでそれぞれズバ抜けて上手かった人がいて、感嘆の声が上がった。

子供の生徒さん同士は、ライバル心も結構見えて、そのライバル心を集中力に変えてズバッと弾ききる様は、結構ドラマちっくだった。
過去2回の時とかなり変わってて、みんな吹っ切れてる。
発表会の場で成長するとは、大したもんだな( ;´Д`)


あと、俺は伴奏者の人達に圧倒された。

ひとりは嫁さんの同級生で、今は尚美の先生をやってる人。
前々回に続いて、みんなの伴奏者として来てくれた。
プロ中のプロですな( ;´Д`)
伴奏上手いって、こういう事か、とよく分かった。
威圧感なく、リズムやテンポ、音量の調節が速くて自然。
奏者の演奏を促せるって凄いなぁ( ;´Д`)
あと、ペダルの踏み方を見てたら、足でリズムを取ってるのに気づいた。
リズムの取り方も、色々バリエーションがあるのね。
こういうふうにピアノ弾けたら気持ち良いだろうなぁ。

もうひとりは、生徒さんの友人で、その生徒さん用の伴奏者の人。
嫁さん達の先輩に当たるみたい。
上手さや音の迫力はそりゃぁもちろんだけど、やっぱりリズムの取り方に目が行った。
その人のリズムの取り方が確立されてて、色んなバリエーションがあるんだよね。
教室に通ってた頃は、こういうの、あんまり気づかなかったなぁ。
当たり前だけど、とても音楽的な身体の使い方をしてると思った。
かなり勉強になったよ。

ってか、今更だけど専門家って凄いねぇ( ;´Д`)
技術の厚みを実感できた。


後半、ピアノが空いたので、俺も弾かせてもろた。

なお、この日は、如何にもピアノが上手そうなハッタリコートを着て会場入りしてた。
これで超ヘタクソだったら、結構なインパクトありそうだな、と思った。

会場のピアノは、ヤマハのグランドで、中くらいのサイズ。
長年、直射日光に晒されてたっぽく、音は少し乾燥気味。
なんだけど、小慣れてるというか、均質にまとまりやすくて、そこまで綺麗な音じゃないのに綺麗な演奏に聴こえやすいという、不思議なピアノだった。

あと、鍵盤。
何か薬品掛けたのか直射日光で溶けたのかは知らないけど、ケロイド状になってから固まったような跡が付いてて、ちょっと茶葉んでた。
そして、そんな状態も演奏には良い方向に働く奇跡のピアノだった。


弾いた曲。

・クーペさん:L

緊張時にいつも頼る心強い曲。
弾きやすい。コケにくい。聴き映えかなり良い。そして、自分の好きな曲調。
何て至れり尽せりな曲なんだ( # ´Д`)

いつも碌に弾けない曲ばっか弾いてる癖に、発表会になると、安全性の事しか考えられない雑魚キャラな俺( # ´Д`)

例えば「あなたは今回の演奏を通して、聴衆に何を伝えたいですか?何を表現したいですか?」って聞かれたら、迷わず「安全性です。この曲に込められた安全性を引き出したいです!!( ;´Д`)」って答えるだろう。

で、演奏は無難に進んだ。
緊張して手もプルプルしてる癖に自信はある、みたいな心境だった。

でも、そんな心境を得た途端に、順当な事故が起きた。


ゆび「つるっ」

おれ「あ、やば( ;´Д`)」

白鍵「キュキュッ、ぴとっ」

おと「ポーン(正しくて美しい和音)」


…ケロイド状の塊にコーティングされた鍵盤が、俺の指の滑りにブレーキを掛けて、正しい音を正しい強さで鳴らすよう、勝手に軌道修正してくれた。
しかも、2回ほど。笑

結果、ノーミスで、音の鳴りも納得行く出来になった。
何て高性能なピアノなんだ。
ローランドの電子ピアノよりも親切だぞ。笑


・ギロックさん:ジプシーキャンプ

終盤、ピアノが空いてたので弾いた。
まだちょっと緊張してたけど、今日は適当に弾いても不思議なピアノが何とかしてくれる、アンアンアンとっても大好きヤマハさん、と思うと心強かった。
あと、ペダルの有無を細かく切り替える練習をしてたのも功を奏して、集中して弾けた。
この曲も非常に便利な曲だ。


・ラベルさん:前奏曲

気分を良くして続けて弾いた。

保険にしてたギロさんのサラバンドは出さずに済みそうな感触だったので、本当に弾きたいこっちにした。
サラバンド、聴くと良い曲だと思うんだけど、弾くとあんまり面白くないんだ( ;´Д`)

2回くらいミスはしたけど、予想より良い感触だった。
これも、1年後くらいには超安全曲になりそうだな。

・ベトさん:11バガテルの1番
生徒さんたちが引き上げて、俺と嫁さん、同級生のピアニストとその旦那さんとお子さんの5人だけになった時に、ピアノが名残惜しくなって弾いた。
ちょっと雑になったか( ;´Д`)


…全体的に、俺の分際にしては上出来だな( ;´Д`)
催しの手伝いをしに来たって意識で、いそいそしつつ、合間に弾いた感じになったのが良かったのかな。


これで、発表会での成功率が5割になったぞ。

・バイヨりん教室1回目
→))Д`;;;)

・バイヨりん教室2回目
→)´Д`;)

・ピヤノ教室
→))´∀`)

・バイヨりん教室3回目
→)))´∀`)


解散時間が近づいてきた頃、ズバ抜けて上手かった人と話しながらピアノ弾いてたら、その人も弾きたくなったようで、交替した。
その人はジムノペディを弾いた。
上手い人は、最初の腕の移動だけですぐ分かる。
ってか、ピアノも弾けるのか。笑
曲自体はうろ覚えで途中までなんだけど、ジムノペディってこんなに良い曲なんだな、って伝わる演奏で、俺もこれ弾きたいわ、と思った。


鍵盤をコーティングしてた謎の塊は、何となく正体が分かった気がする。
汚いのでご想像に任せます。


- 完 -