上野のおピアノコンサート 

2018, 06. 07 (Thu) 22:39

奥様がコンサートに招待されたので、俺もおこぼれに預かった。



結婚して以降、本当にわらしべ長者みたいになっちょる( # ´Д`)


おピアニストは、ラファエル・ゲーラさんというメキシコの人で、日本の音大で教えてたりもするみたい。
http://www.toppanhall.com/concert/artist/GUERRA_Rafael.html


ほほぅ、メキシカンですか。

俺はこの日まで、メキシコといえば当然、マルコ・アントニオ・バレラさんだよね、と思ってた。



ハメドさんに唯一の黒星をつける(=´∀`)



我らがパッキャオさんに徹底的にボコられる( ;´Д`)



なお、奥様的にはメキシコといえば、大昔に落ちた隕石が浮かぶらしく、この記事を書いてる今、ユカタン半島のクレーター画像を一生懸命調べてる。笑


コンサート当日。

夕方になると社内の空気が張り詰めてきたので、定時になる直前に気配を消した。

にも関わらず、パソコンをシャットダウンした直後に、偉い上に話が長い人に呼ばれた。
なんつー、今更すぎる質問なんだろう( ;´Д`)
しかも、全然要領を得ない。

しかしだ、組織の中で働く人間たるもの、全体の仕事の流れが円滑に保たれるよう配慮し、自分の仕事と、自分の仕事が影響を及ぼすものに対して、責任感を持って取り組む必要がある。

なので、その人が自席のパソコンのモニターを見てブツブツ言いながら自分の世界に入ったタイミングを見計らって、すり足気味に立ち去った。
昔習ってた剣道が役に立ったぞ。


会場に到着。




古風なホール。



後ろの方の席だと高音が反響して悪目立ちしたので、後半は前の方に移動した。
ピアノの裏っ側は、手が見えないせいか人気がないので、結構良い場所に座れた。


おコンサート開始。

クラシックのピアニストにも色んなタイプがいるけど、良くも悪くも、ザ・純粋培養、って空気を纏ってるように感じる事が多い。
ゲーラさんの演奏は、そういう感じが全くしなかった。

曲目自体もかなり新鮮というか聴いた事ない曲だらけだった。
http://yodatmusic.blog.fc2.com/blog-entry-324.html

無理やりねじ込まれたかのようなショパンマズルカとバラードがとても場違いに感じた。

そして、その場違い感を演出するかのように、少し居心地が悪そうな演奏。
特にバラード。
速くて立体的で綺麗に弾くんだけど、本当はあんまり弾きたくなさそうで、それをあんまり隠してないような演奏だった。笑
異論ある人もいただろうとは思うけど、絶対直前に急いで仕上げたと思うぞ。笑
ショパンをちょっと嫌そうに弾くクラシックピアニストって面白いな。

その後、マヌエル・ポンセという作曲家の曲を弾いたんだけど、何というか、ショパンが終わってホッとしたような、同じ達者な演奏でも、自信満々で全開って感じの演奏に変わった。
かなりあからさまに。笑

会場にいた殆どの人がそう感じたと思う。
なぜなら、後半はどの演奏も、終わった後の拍手が倍くらい盛大だったし、結構な歓声が上がってた。
う~ん、めっちゃ楽しいなこのコンサート。

テンポ速い。
リズム強い。
なのにタッチは軽くて高音は水面を滑るように澄んでたりして、スペシャリストっぷりをかなり発揮してた。

最後のロッシーニさんリストさんのウィリアムテルは特に楽しそうで、何かこう、高笑いしながら弾いてるように錯覚するようなリズムで、俺は何度もつられて笑いそうになった。
馬鹿にしてるように見えたら不本意なので必死に堪えたけど( ;´Д`)

70歳くらいに見えるけど、身体も技術も頭も上り調子に感じさせる、ってのも凄い事だね。
めっちゃ元気なんだよね。

アンコールは、メキシコ産の小曲を3曲くらい弾いてた。

俺はショパンさん大好きだから、ショパンさん得意なピアニストの、思い入れを感じるような演奏はもちろん良いと思うけど、ショパンさんを気乗りしてない感じで弾くプロの演奏も、それはそれで良いものだな、と思った。笑
あと、ウィリアムテルとか全然好きな感じの曲じゃないけど、演奏自体にかなり惹かれた。
ポンセさんの曲は、曲単体としてもかなり好きな部類だった。
この人のコンサートがあったら、また行こうと思った。


帰り道、上野で見つけた近未来ガジェット。
https://youtu.be/SPa2Lwjr-C0


- 完 -
スポンサーサイト

をんてゐ!!( ;´Д`) 

2018, 01. 04 (Thu) 18:54

楽典も和声もコード進行も、この音程は何とか何度だから~、って話が出ると、途端に何言ってるんだか分からなくなる。

で、色んなサイトの説明を読むんだけど、どれも増とか減とか出たあたりで、前提を全く理解できない。

むぅ…一体、どこから増やしたり減らしたりしてるんだ?( ;´Д`)


で、嫁さんにヘルプしてもらって、やっと理解できた。
読み返せばすぐに思い出せるよう、さっさとメモっとかねば( ;´Д`)


★☆★ 2つの音程の度数の数え方 ★☆★

☆★☆ 前提 ☆★☆
・長調の開始音(ハ長調ならド)を起点に数える
・長調のスケールの音程の距離と一致したら「長×度」
・でも長1、4、5、8度は「完全×度」
・「長×度」や「完全×度」の半音上は「増×度」
・「長×度」の半音下は「短×度」
・「短×度」の半音下は「減×度」
・「完全×度」の半音下も「減×度」

☆1度
・ド:ド →完全1度
・ド:♯ド →増1度

★2度
・ド:レ →長2度
・ド:♯レ →増2度
・ド:♭レ →短2度

☆3度
・ド:ミ →長3度
・ド:♯ミ →増3度
・ド:♭ミ →短3度

★4度
・ド:ファ →完全4度
・ド:♯ファ →増4度
・ド:♭ファ →減4度

☆5度
・ド:ソ →完全5度
・ド:♯ソ →増5度
・ド:♭ソ →減5度

★6度
・ド:ラ →長6度
・ド:♯ラ →増6度
・ド:♭ラ →短6度

☆7度
・ド:シ →長7度
・ド:♯シ →増7度
・ド:♭シ →短7度

★8度
・ド:ド →完全8度
・ド:♯ド →増8度
・ド:♭ド →減8度

網羅はしてないけど、↑の答えが迷わずに出れば、理解に齟齬はないと思われる。
重増と重減も同じ発想で、単に拡張しただけなので、割愛。

…なるへそ( ;´Д`)


前は↓の違いが分からなくて混乱してた。

・ド:♯レ →増2度
・ド:♭ミ →短3度

でも、音程の距離は基本、楽譜と調性ありきで考えるので、そもそも♯か♭の片方しか付かない。
混乱してる時点で前提を理解してないんだ、と分かった。

やっとスタート地点かいな( ;´Д`)


- 完 -

穴リーゼ!!( ;´Д`) 

2017, 12. 11 (Mon) 19:52

だいぶ前だけど、和声の本の前半部分を読んでみた。
その後、メタクソ忙しくなったので、投げ出したけど( ;´Д`)

ひとまず、根こそぎ忘れる前に、復習と実践を兼ねて、楽曲分析しときましょう。

題材はもちろん、ギロックさん渾身の問題作、ブルー・ブギ。


以下、曲の時系列。

------------------------------
・右:(ソ)(ファ)(ソ)(♭ミ)(ソ)(レ)(ソ)…バロック風の往復メロディ
・左:(ドソ)…重量感を出してるっぽい
------------------------------

------------------------------
・右:(ドー)(レ)(ミ)(ファ)(ソ)(ラ)(シ)(ドー)…いきなりハ長調に転調してスケール
・左:(ド)(ミ)(ソ)…ハ長調の基本的な伴奏音
------------------------------

------------------------------
・右:(ソ)(ファ)(ソ)(♭ミ)(ソ)(レ)(ソ)…何事もなかったようにバロックメロディ
・左:(ドソー)…いきなりロック混入
------------------------------

------------------------------
・右:(ドー)(レ)(ミ)(ファ)(ソ)(ラ)(シ)(ドー)…また何事もなかったようにハ長調のスケール
・左:(ド)(ミ)(ソ)…ハ長調の基本的な伴奏音に戻る
------------------------------

------------------------------
・右:(ソ)(ファ)(ソ)(♭ミ)(ソ)(レー)…ハ長調は存在してなかったかのように、バロックの繋ぎ的な転調を示唆する
・左:(ソレー)……ロックの癖に右に烏合して転調する
------------------------------

------------------------------
・右:(♭ミ)(レ)(♭ミ)(♭ド)(♭ミ)([ナチュラル]ドー)…バロックの繋ぎ的な転調
・左:(ファドー)…右への完全降伏を示す切ない和音
------------------------------

------------------------------
・右:(ドー)(レ)(ミ)(ファ)(ソ)(ラ)(シ)(ドー)…ハ長調の存在を思い出してスケール
・左:(ドー)(レ)(ミ)(ファ)(ソ)(ラ)(シ)(ドー)…思考停止したかえるのように輪唱する
------------------------------

------------------------------
ここは分からなかったので、嫁さんに聞きますた( # ´Д`)

・右:(シ♯レー)(♭シ([ナチュラル]レー)…突然ブルース
・左:(ファソー)(ミソー)…じゃぁ俺もブルースにしとこうっと的な和音
------------------------------

------------------------------
・右:無し
・左:(ドー)…ハ長調使ったし、ルート音でそれっぽく終わらしとこう的な
------------------------------


- 完 -

てんポ!!( ;´Д`) 

2017, 10. 24 (Tue) 07:57

テンポとは、4分音符を刻む速さの事です。
指定テンポの数字は、1分間に4分音符を何回刻むか、を表してます。
メトロノームも、四分音符が基準になるのです。






…あ、そうなんだ( ;´Д`)


- 完 -

コード振って演奏したい!!( ;´Д`) 

2017, 07. 04 (Tue) 19:01

ピアノを始めてからかねがね、音楽理論とかコード進行とかを理解したら、メロディに和音とかアルペジオを割り振って、アレンジ演奏をしてみたいと思ってた。

…思ってたけど、面倒臭くて何もやってなかった( ;´Д`)
そろそろ、ちゃんとお勉強してみよっかな。

過去に、びこさんとの企画で2回ほど、適当アレンジした。
http://www.youtube.com/playlist?list=PLb99rFuDK0kYswibfhXpgA1qvhPo1WMMg

けどあれは、原曲に寄り掛かってたから何となく曲っぽくなっただけで、しかもメロディも原形を全然留めてないので、アレンジというより、単に変えただけだ。
和声とかコードの進行がどうなってるかを知った後で聴いたら、きっと恥ずかしくて消したくなるんだろな、と予想してる( ;´Д`)

メロディ以外の音を割り振れるようになったら、弾きたすぎて狂おしい曲がある。


1.とおりゃんせ

いきなり趣旨を超えてるんだけど、2声にしてインベンションみたいにピッポピポにしたい。

「とおりゃんせ~(ピポピポ)」

…みたいな。

いきなりハードル高いので、だいぶ先だろう。


2.サトちゃんムーバーの歌

自分でも理解に苦しむんだけど、この曲が異様に好きだ。

なぜか、たまたま近所のサトちゃんムーバーの動画がアップされてた。笑
https://youtu.be/veVrk3pWjIc

このサビの部分、特に最後の「サトウのクスリのよこでと~ぶ~う~う~う~う~うう~うう~」のところが受ける…じゃなくて、美しい。

なお、製造元がご丁寧にメロディ部分の楽譜を提供してる。笑
https://www.satochan-studio.jp/house/song/

変ト長調?( ;´Д`)

なお、残念ながらサトちゃんムーバーは、40歳のおっさんが乗るのは禁止されてる( ;´Д`)


3.トップシークレット

これは、ピアノで弾いて動画アップした人第1号の座を狙ってる。笑
今のところ、弾いてる人はいない。
たぶん誰もやらないとは思うけど、念のため、できるまで曲名は書かないようにしとこう。


- 完 -

ピアノもしくは何かを歌わせる!!( ;´Д`) 

2017, 06. 22 (Thu) 23:48

記憶から消滅しちゃったままにするには勿体無い曲を順次思い出しつつ、てんこ盛ってるとこ。

古典熱が高まってるので、まずこいつを引っ張り出した。


・ベトさん:6つのバガテル5番

2年近く前にやった曲。
当時はちょっと練習しないでいると速攻で劣化するので、一旦頭から追い出してた。
再暗譜にちょっと難儀した。

今やっても、難所は相変わらず難しく感じるけど、当時よりは手を強引に動かさなくても何とか音が繋がるようになったかな。
成功率も高くなってきた。
いい加減、弾き合い会とか人前でピシピシピシッシャララララ~っと弾けるようになりたいもんだ。
るるるるる~っと弾けるようになりたいもんだ。

る~るるるる~っ…そうだ。ようするに、歌うように弾くんだ。
いや、むしろ俺が歌うんだ。

で、歌詞をつけた。


~ 参考クソクソクソ音源 ~
https://youtu.be/rs7TcHC7LcY

♬あほあほ~■■さ~ん
♬あほあほ~□□さ~ん

♬君ら~超~老~GAI~

♬人の仕事
♬邪魔すんな( ;´Д`)

♬それから~社長~
♬お前は~
♬ジャンピーング
♬土下座ー
♬しろー
♬いまー

♬でも俺は
♬クソリーマン
♬ごまをす~る( ;´∀`)

~ リピート ~

♬■~■~さ~ん
♬その~件~は
♬は~い( ;´∀`)

♬□~□~さ~ん
♬すば~らし~い
♬で~す( ;´∀`)

♬社長~
♬おーまえーは
♬親会社ーに
♬失・せ・ろ!!

♬なんてね~
♬嘘です( ;´∀`)
♬ネクタイ
♬渋いですね( ;´∀`)

~ リピート ~

♬渋いですね( ;´∀`)
♬渋いですね( ;´∀`)

♬大人の~事情~で
♬チームは~ばらば~ら

♬これは~しお~どき~ね
♬さっさと転職だよ~( ;´Д`)


- 完 -

ピアノの技術体系について 

2017, 01. 28 (Sat) 15:27

ちょっと真面目に書くので、退屈だったらごめん。


ピアノにおける基本技術は、各調のスケールと和音とそのアルペジオを往復して弾く事が該当するのかな。
ハノンみたいなやつ。

で、その応用が生の曲って事になるのかな。

そして、更に上級編が↓かな。


寝っ転がってアラベスク。
https://youtu.be/FYFFhJZgBKQ

寝っ転がって2台ピアノでタランテラ。
https://youtu.be/eYoO0oAZ2b4

2台ピアノでポロネーズ。
https://youtu.be/ihyOyHmIia4

寝っ転がって弾き語り。
https://youtu.be/3QhksLUPwkY

寝っ転がって英語で弾き語り。
https://youtu.be/HJGI6VxgiFM

リコーダー2本でポニョ。
https://youtu.be/-8dQruBBXbc

なお、普通の体勢でも弾ける模様。
https://youtu.be/DbEXg8GOAvc

この人、有名なのかな。
みんな知ってた?


- 完 -

教会旋法のスケール 

2017, 01. 09 (Mon) 02:55

教会旋法というのを調べてみた。

長調を「移動ド」、短調を「移動ラ」って考え方で理解してる場合、各旋法のスケールは↓のように捉えれば概ね良いっぽい。
和音は、よく分からんちんこ。


★☆★ 参照用の鍵盤画像 ★☆★


★移動ド:イオニア旋法 (Ionian) → 現代の長調そのもの
(ド) (レ) (ミ) (ファ) (ソ) (ラ) (シ)

★移動レ:ドリア旋法 (Dorian) → 短調寄りの響き
(レ) (ミ) (ファ) (ソ) (ラ) (シ) (ド)

★移動ミ:フリジア旋法 (Phrygian) → 短調寄りの響き
(ミ) (ファ) (ソ) (ラ) (シ) (ド) (レ)

★移動ファ:リディア旋法 (Lydian) → 長調寄りの響き
(ファ) (ソ) (ラ) (シ) (ド) (レ) (ミ)

★移動ソ:ミクソリディア旋法 (Mixolidian) → 長調寄りの響き
(ソ) (ラ) (シ) (ド) (レ) (ミ) (ファ)

★移動ラ:エオリア旋法 (Aeolian) → 現代の短調そのもの
(ラ) (シ) (ド) (レ) (ミ) (ファ) (ソ)

★移動シ:ロクリア旋法 (Locrian) → 短調寄りの響き
(シ) (ド) (レ) (ミ) (ファ) (ソ) (ラ)


ようは、イオニア旋法が長調、エオリア旋法が短調として表舞台に定着したって事なのね。
他の旋法も、近現代あたりからまた使われる事が増えたみたい。


- 完 -

コードめも 

2017, 01. 08 (Sun) 23:42

以前にも調べた事あるんだけど、自分としてはちょっと覚えづらかったので、書き直し。

自分の捉え方は「移動ド」と言うらしい。
なので、cメジャーとaマイナーを基準として、↓こう覚えとけば、他のルート音も分かる、って事か。


★☆★ 参照用の鍵盤画像 ★☆★


★M or maj (major triad)
(ド) (ミ) (ソ)

★m (minor triad)
(ラ) (ド) (ミ)

★aug (augmented triad)
(ド) (ミ) (#ソ)

★dim (diminished triad)
(ド) (♭ミ) (♭ソ)

★sus4 (suspended 4)
(ド) (ファ) (ソ)

★7 (7th)
(ド) (ミ) (ソ) (♭シ)

★M7 (major 7th)
(ド) (ミ) (ソ) (シ)

★m7 (minor 7th)
(ラ) (ド) (ミ) (♭ソ)

★mM7 (minor major 7th)
(ラ) (ド) (ミ) (ソ)


- 完 -

閻魔帳の田所政人さん、合掌 

2016, 02. 18 (Thu) 19:39

ピアノ始めた頃から、曲集とか曲を選ぶ時に、ピアノ教材閻魔帳をよく参考にしてた。

ピアノ曲の難易度は、もちろん個人差とか表現がうんたら、とか考えたら数字なんかまやかし、って事はあるんだろうけど、参照する側としては、基準がブレてなくて練習の目安になれば良いな、って観点だし、その観点として、この閻魔帳はバランスが良くて充実感あるな、と思って重宝してた。
閻魔帳、全部1人で弾いて確認して作ってるんだよね。
ベートーベンのピアノソナタ全曲全楽章とか、凄か( ;´Д`)

その閻魔帳を作った田所政人氏が、去年亡くなっちゃって、閻魔帳のサイトは息子さんが↓に移行した。

あるピアニストの一生
http://mathemarimo.bird.cx/public/enma.html

田所政人さん、ありがとうございました。
今後もお世話になります。
安らかに。