をんてゐ!!( ;´Д`) 

2018, 01. 04 (Thu) 18:54

楽典も和声もコード進行も、この音程は何とか何度だから~、って話が出ると、途端に何言ってるんだか分からなくなる。

で、色んなサイトの説明を読むんだけど、どれも増とか減とか出たあたりで、前提を全く理解できない。

むぅ…一体、どこから増やしたり減らしたりしてるんだ?( ;´Д`)


で、嫁さんにヘルプしてもらって、やっと理解できた。
読み返せばすぐに思い出せるよう、さっさとメモっとかねば( ;´Д`)


★☆★ 2つの音程の度数の数え方 ★☆★

☆★☆ 前提 ☆★☆
・長調の開始音(ハ長調ならド)を起点に数える
・長調のスケールの音程の距離と一致したら「長×度」
・でも長1、4、5、8度は「完全×度」
・「長×度」や「完全×度」の半音上は「増×度」
・「長×度」の半音下は「短×度」
・「短×度」の半音下は「減×度」
・「完全×度」の半音下も「減×度」

☆1度
・ド:ド →完全1度
・ド:♯ド →増1度

★2度
・ド:レ →長2度
・ド:♯レ →増2度
・ド:♭レ →短2度

☆3度
・ド:ミ →長3度
・ド:♯ミ →増3度
・ド:♭ミ →短3度

★4度
・ド:ファ →完全4度
・ド:♯ファ →増4度
・ド:♭ファ →減4度

☆5度
・ド:ソ →完全5度
・ド:♯ソ →増5度
・ド:♭ソ →減5度

★6度
・ド:ラ →長6度
・ド:♯ラ →増6度
・ド:♭ラ →短6度

☆7度
・ド:シ →長7度
・ド:♯シ →増7度
・ド:♭シ →短7度

★8度
・ド:ド →完全8度
・ド:♯ド →増8度
・ド:♭ド →減8度

網羅はしてないけど、↑の答えが迷わずに出れば、理解に齟齬はないと思われる。
重増と重減も同じ発想で、単に拡張しただけなので、割愛。

…なるへそ( ;´Д`)


前は↓の違いが分からなくて混乱してた。

・ド:♯レ →増2度
・ド:♭ミ →短3度

でも、音程の距離は基本、楽譜と調性ありきで考えるので、そもそも♯か♭の片方しか付かない。
混乱してる時点で前提を理解してないんだ、と分かった。

やっとスタート地点かいな( ;´Д`)


- 完 -
スポンサーサイト

穴リーゼ!!( ;´Д`) 

2017, 12. 11 (Mon) 19:52

だいぶ前だけど、和声の本の前半部分を読んでみた。
その後、メタクソ忙しくなったので、投げ出したけど( ;´Д`)

ひとまず、根こそぎ忘れる前に、復習と実践を兼ねて、楽曲分析しときましょう。

題材はもちろん、ギロックさん渾身の問題作、ブルー・ブギ。


以下、曲の時系列。

------------------------------
・右:(ソ)(ファ)(ソ)(♭ミ)(ソ)(レ)(ソ)…バロック風の往復メロディ
・左:(ドソ)…重量感を出してるっぽい
------------------------------

------------------------------
・右:(ドー)(レ)(ミ)(ファ)(ソ)(ラ)(シ)(ドー)…いきなりハ長調に転調してスケール
・左:(ド)(ミ)(ソ)…ハ長調の基本的な伴奏音
------------------------------

------------------------------
・右:(ソ)(ファ)(ソ)(♭ミ)(ソ)(レ)(ソ)…何事もなかったようにバロックメロディ
・左:(ドソー)…いきなりロック混入
------------------------------

------------------------------
・右:(ドー)(レ)(ミ)(ファ)(ソ)(ラ)(シ)(ドー)…また何事もなかったようにハ長調のスケール
・左:(ド)(ミ)(ソ)…ハ長調の基本的な伴奏音に戻る
------------------------------

------------------------------
・右:(ソ)(ファ)(ソ)(♭ミ)(ソ)(レー)…ハ長調は存在してなかったかのように、バロックの繋ぎ的な転調を示唆する
・左:(ソレー)……ロックの癖に右に烏合して転調する
------------------------------

------------------------------
・右:(♭ミ)(レ)(♭ミ)(♭ド)(♭ミ)([ナチュラル]ドー)…バロックの繋ぎ的な転調
・左:(ファドー)…右への完全降伏を示す切ない和音
------------------------------

------------------------------
・右:(ドー)(レ)(ミ)(ファ)(ソ)(ラ)(シ)(ドー)…ハ長調の存在を思い出してスケール
・左:(ドー)(レ)(ミ)(ファ)(ソ)(ラ)(シ)(ドー)…思考停止したかえるのように輪唱する
------------------------------

------------------------------
ここは分からなかったので、嫁さんに聞きますた( # ´Д`)

・右:(シ♯レー)(♭シ([ナチュラル]レー)…突然ブルース
・左:(ファソー)(ミソー)…じゃぁ俺もブルースにしとこうっと的な和音
------------------------------

------------------------------
・右:無し
・左:(ドー)…ハ長調使ったし、ルート音でそれっぽく終わらしとこう的な
------------------------------


- 完 -

てんポ!!( ;´Д`) 

2017, 10. 24 (Tue) 07:57

テンポとは、4分音符を刻む速さの事です。
指定テンポの数字は、1分間に4分音符を何回刻むか、を表してます。
メトロノームも、四分音符が基準になるのです。






…あ、そうなんだ( ;´Д`)


- 完 -

コード振って演奏したい!!( ;´Д`) 

2017, 07. 04 (Tue) 19:01

ピアノを始めてからかねがね、音楽理論とかコード進行とかを理解したら、メロディに和音とかアルペジオを割り振って、アレンジ演奏をしてみたいと思ってた。

…思ってたけど、面倒臭くて何もやってなかった( ;´Д`)
そろそろ、ちゃんとお勉強してみよっかな。

過去に、びこさんとの企画で2回ほど、適当アレンジした。
http://www.youtube.com/playlist?list=PLb99rFuDK0kYswibfhXpgA1qvhPo1WMMg

けどあれは、原曲に寄り掛かってたから何となく曲っぽくなっただけで、しかもメロディも原形を全然留めてないので、アレンジというより、単に変えただけだ。
和声とかコードの進行がどうなってるかを知った後で聴いたら、きっと恥ずかしくて消したくなるんだろな、と予想してる( ;´Д`)

メロディ以外の音を割り振れるようになったら、弾きたすぎて狂おしい曲がある。


1.とおりゃんせ

いきなり趣旨を超えてるんだけど、2声にしてインベンションみたいにピッポピポにしたい。

「とおりゃんせ~(ピポピポ)」

…みたいな。

いきなりハードル高いので、だいぶ先だろう。


2.サトちゃんムーバーの歌

自分でも理解に苦しむんだけど、この曲が異様に好きだ。

なぜか、たまたま近所のサトちゃんムーバーの動画がアップされてた。笑
https://youtu.be/veVrk3pWjIc

このサビの部分、特に最後の「サトウのクスリのよこでと~ぶ~う~う~う~う~うう~うう~」のところが受ける…じゃなくて、美しい。

なお、製造元がご丁寧にメロディ部分の楽譜を提供してる。笑
https://www.satochan-studio.jp/house/song/

変ト長調?( ;´Д`)

なお、残念ながらサトちゃんムーバーは、40歳のおっさんが乗るのは禁止されてる( ;´Д`)


3.トップシークレット

これは、ピアノで弾いて動画アップした人第1号の座を狙ってる。笑
今のところ、弾いてる人はいない。
たぶん誰もやらないとは思うけど、念のため、できるまで曲名は書かないようにしとこう。


- 完 -

ピアノもしくは何かを歌わせる!!( ;´Д`) 

2017, 06. 22 (Thu) 23:48

記憶から消滅しちゃったままにするには勿体無い曲を順次思い出しつつ、てんこ盛ってるとこ。

古典熱が高まってるので、まずこいつを引っ張り出した。


・ベトさん:6つのバガテル5番

2年近く前にやった曲。
当時はちょっと練習しないでいると速攻で劣化するので、一旦頭から追い出してた。
再暗譜にちょっと難儀した。

今やっても、難所は相変わらず難しく感じるけど、当時よりは手を強引に動かさなくても何とか音が繋がるようになったかな。
成功率も高くなってきた。
いい加減、弾き合い会とか人前でピシピシピシッシャララララ~っと弾けるようになりたいもんだ。
るるるるる~っと弾けるようになりたいもんだ。

る~るるるる~っ…そうだ。ようするに、歌うように弾くんだ。
いや、むしろ俺が歌うんだ。

で、歌詞をつけた。


~ 参考クソクソクソ音源 ~
https://youtu.be/rs7TcHC7LcY

♬あほあほ~■■さ~ん
♬あほあほ~□□さ~ん

♬君ら~超~老~GAI~

♬人の仕事
♬邪魔すんな( ;´Д`)

♬それから~社長~
♬お前は~
♬ジャンピーング
♬土下座ー
♬しろー
♬いまー

♬でも俺は
♬クソリーマン
♬ごまをす~る( ;´∀`)

~ リピート ~

♬■~■~さ~ん
♬その~件~は
♬は~い( ;´∀`)

♬□~□~さ~ん
♬すば~らし~い
♬で~す( ;´∀`)

♬社長~
♬おーまえーは
♬親会社ーに
♬失・せ・ろ!!

♬なんてね~
♬嘘です( ;´∀`)
♬ネクタイ
♬渋いですね( ;´∀`)

~ リピート ~

♬渋いですね( ;´∀`)
♬渋いですね( ;´∀`)

♬大人の~事情~で
♬チームは~ばらば~ら

♬これは~しお~どき~ね
♬さっさと転職だよ~( ;´Д`)


- 完 -

ピアノの技術体系について 

2017, 01. 28 (Sat) 15:27

ちょっと真面目に書くので、退屈だったらごめん。


ピアノにおける基本技術は、各調のスケールと和音とそのアルペジオを往復して弾く事が該当するのかな。
ハノンみたいなやつ。

で、その応用が生の曲って事になるのかな。

そして、更に上級編が↓かな。


寝っ転がってアラベスク。
https://youtu.be/FYFFhJZgBKQ

寝っ転がって2台ピアノでタランテラ。
https://youtu.be/eYoO0oAZ2b4

2台ピアノでポロネーズ。
https://youtu.be/ihyOyHmIia4

寝っ転がって弾き語り。
https://youtu.be/3QhksLUPwkY

寝っ転がって英語で弾き語り。
https://youtu.be/HJGI6VxgiFM

リコーダー2本でポニョ。
https://youtu.be/-8dQruBBXbc

なお、普通の体勢でも弾ける模様。
https://youtu.be/DbEXg8GOAvc

この人、有名なのかな。
みんな知ってた?


- 完 -

教会旋法のスケール 

2017, 01. 09 (Mon) 02:55

教会旋法というのを調べてみた。

長調を「移動ド」、短調を「移動ラ」って考え方で理解してる場合、各旋法のスケールは↓のように捉えれば概ね良いっぽい。
和音は、よく分からんちんこ。


★☆★ 参照用の鍵盤画像 ★☆★


★移動ド:イオニア旋法 (Ionian) → 現代の長調そのもの
(ド) (レ) (ミ) (ファ) (ソ) (ラ) (シ)

★移動レ:ドリア旋法 (Dorian) → 短調寄りの響き
(レ) (ミ) (ファ) (ソ) (ラ) (シ) (ド)

★移動ミ:フリジア旋法 (Phrygian) → 短調寄りの響き
(ミ) (ファ) (ソ) (ラ) (シ) (ド) (レ)

★移動ファ:リディア旋法 (Lydian) → 長調寄りの響き
(ファ) (ソ) (ラ) (シ) (ド) (レ) (ミ)

★移動ソ:ミクソリディア旋法 (Mixolidian) → 長調寄りの響き
(ソ) (ラ) (シ) (ド) (レ) (ミ) (ファ)

★移動ラ:エオリア旋法 (Aeolian) → 現代の短調そのもの
(ラ) (シ) (ド) (レ) (ミ) (ファ) (ソ)

★移動シ:ロクリア旋法 (Locrian) → 短調寄りの響き
(シ) (ド) (レ) (ミ) (ファ) (ソ) (ラ)


ようは、イオニア旋法が長調、エオリア旋法が短調として表舞台に定着したって事なのね。
他の旋法も、近現代あたりからまた使われる事が増えたみたい。


- 完 -

コードめも 

2017, 01. 08 (Sun) 23:42

以前にも調べた事あるんだけど、自分としてはちょっと覚えづらかったので、書き直し。

自分の捉え方は「移動ド」と言うらしい。
なので、cメジャーとaマイナーを基準として、↓こう覚えとけば、他のルート音も分かる、って事か。


★☆★ 参照用の鍵盤画像 ★☆★


★M or maj (major triad)
(ド) (ミ) (ソ)

★m (minor triad)
(ラ) (ド) (ミ)

★aug (augmented triad)
(ド) (ミ) (#ソ)

★dim (diminished triad)
(ド) (♭ミ) (♭ソ)

★sus4 (suspended 4)
(ド) (ファ) (ソ)

★7 (7th)
(ド) (ミ) (ソ) (♭シ)

★M7 (major 7th)
(ド) (ミ) (ソ) (シ)

★m7 (minor 7th)
(ラ) (ド) (ミ) (♭ソ)

★mM7 (minor major 7th)
(ラ) (ド) (ミ) (ソ)


- 完 -

閻魔帳の田所政人さん、合掌 

2016, 02. 18 (Thu) 19:39

ピアノ始めた頃から、曲集とか曲を選ぶ時に、ピアノ教材閻魔帳をよく参考にしてた。

ピアノ曲の難易度は、もちろん個人差とか表現がうんたら、とか考えたら数字なんかまやかし、って事はあるんだろうけど、参照する側としては、基準がブレてなくて練習の目安になれば良いな、って観点だし、その観点として、この閻魔帳はバランスが良くて充実感あるな、と思って重宝してた。
閻魔帳、全部1人で弾いて確認して作ってるんだよね。
ベートーベンのピアノソナタ全曲全楽章とか、凄か( ;´Д`)

その閻魔帳を作った田所政人氏が、去年亡くなっちゃって、閻魔帳のサイトは息子さんが↓に移行した。

あるピアニストの一生
http://mathemarimo.bird.cx/public/enma.html

田所政人さん、ありがとうございました。
今後もお世話になります。
安らかに。

ABC監修した人 

2016, 02. 12 (Fri) 00:07

前回弾いた練習曲の日本語版は、全音と音友ってとこから出てる。

実は最初、全音版を買った。

全音版は、よくあるあの青い表紙のやつで、ピアノのアルファベットってタイトル。


音友版のピアノの練習ABCのが、デザインが幼稚園児的。


幼稚園児なら良いけど、小学生とかだと恥ずかしがって、ABCを嫌がるらしい。
逆に言うと、大人だったら、恥ずかしい方を選ぶよね。
ごめん、当たり前の事を聞いちゃった( ;´Д`)

なので、この曲集のレッスンを始めるに当たり、音友版のピアノの練習ABCを買い直してた。

ABCはレッスンの最初にやるので、俺の前の生徒と入れ替わるタイミングで、前の生徒の目にABCの表紙が映る事だろう。
そいつが児童の場合、ちょっと勝ち誇ったニヤけ面を隠し切れない事だろう。
俺は「ぐぬぬ…( ;´Д`)」と胸糞悪い思いを味わう事だろう。

ああ楽しみだ…
極力、目立つようにABCを出そう…




だが!!




しかし!!!!!




ABC、でかすぎてカバンに入らなかった( ;´Д`)




なので、レッスンでは全音版を持ってってるんだ。
でも、家では音友版を使ってて、先生も音友版を持ってきてる。
なので、音友版の運指を正として、指導してもらってるの。
やっぱりちょこちょこ違うとこがあるんだ。
まぁ、どっちを使っても特に支障はないだろうけど、ABCのが表紙が恥ずかしい。
タイトルもちょっと恥ずかしい。
解説も、俺でも読めるような文字数と語り口になってる。
つまり、どう考えてもABCを主体にするのが音楽的に正しいはずだ。
まぁ全音版も、ちゃんと花丸帳として使ってる。

ABCの監修者として、運指を検討したり解説をしてるのは、安川加寿子さんという人です。

この人は、国内の女性ピアニストの開拓者的な人だったみたい。
ドピュッシーさんのベルガマスク組曲の日本語版の楽譜も、この人が俺の為に監修してる。

安川加寿子さんは、こんな人だったらしい
概要的なやつ
エピソード的なやつ

安川さんの演奏。
モツさんのピアノソナタ
シューマイさんのトロイメライ

昔の人の演奏って、何か良いね。
めっちゃ綺麗に感じる。