今月のおブ活 (おランチおピアノおカヘ) 

2017, 03. 24 (Fri) 10:59

今月は下旬に弾き合い会が3回ある。
1発目は、平日の昼間に集まった。

今回は、ね~みさん、ふくうめさん、いもコンさん、大竹真子ちゃん、おれちゃん、の5人。
ふくうめさん、いもコンさんとはこれが初対面。


☆おランチ★

ロコモコとかが出る、ハワイアンなお店にした。
6人部屋を予約したんだけど、その割には、ちょっと結構かなり相当だいぶ非常に狭かった));´Д`(((
すんません( ;´Д`)

初対面且つ後ろに演奏が控えてて、ちょっと緊張気味にスタート。
まぁでも、それぞれの雰囲気が何となく分かって良かったかな。。


☆ピアノスタジオ★

今回はヤマハのグランドのお部屋。
人数的に、もうちょぃ広い部屋にした方が良かったかな( ;´Д`)

おれ→大竹さん→ね~みさん→ふくうめさん→いもコンさん

…の順に2時間弾いた。


☆弾いた曲

・クーペさん:ピアノの練習L
緊張しすぎ( ;´Д`)

・カバレフさん:ワルツのように
うんこ

・ギロックさん:レハーサル
これはまぁまぁ。
そりゃ、そうだ。
死ぬほど簡単だし。

・バッハさん:フランス組曲3番のメヌエット
出だしでトチって、弾ける気がしなくなった。
俺はいつになったら、バッハの曲を人前で弾けるようになるんだ( ;´Д`)

で、曲を変更( ;´Д`)

↓↓↓

・ハチャトリさん:小さな歌
微妙( ;´Д`)

・ショパさん:ワルツ19
・ブルグさん:ボヘミアン
・ショパさん:ワルツ9
全うんこ。一体何弾いてるんだ、と思った。

…過去最低の出来で、後悔の多い演奏に終始してもうた。
あと、何曲でも暗譜し続けられると思ってたけど、綻びを感じた。
自分に甘々とはいえ、碌でもなさにげんなり( ;´Д`)
まぁ、音楽なんだから早急に結果を欲しがってもしょうがない。
今年もがっつり場数をこなす事を心に誓った。
そして帰ってから2時間ほど、反省ピアノを弾いた。


・大竹さんの演奏
馴染みのあるドラクエ曲を弾いた。
動画と遜色ない指回りで、音色は生演奏の綺麗良さが出てて、素晴らしい出来映え。
あと、練習を始めたばっかりのクレメンチのソナチネ(ドーミドソッソ、のやつ)を、既に完璧に弾けてた。
会う度に上手くなってるねぇ。
もうチェルニー30も行けるんじゃないかな。

・ね~みさんの演奏
バッハさんのシンフォニアやトッカータが特に綺麗だった。
バッハさんやショパさんの曲が似合うのは、本当に羨ましか。。
リストさんのため息も、完成度が高くて、弾き込んでる感じがした。
この人の演奏は、本当に音色が綺麗だ( ;´Д`)
俺が出したいなぁ、と思ってる音色に極めて近いので、かなり勉強になりました。

・ふくうめさんの演奏
スクリャビさんやショパさんリストさんのかなり繊細そうな曲を、滑らかに弾いてた。
演奏に華があって、プロ級ですね。笑
まさかスクリャービンの曲を、弾き合い会で生で聴けると思わなかった。
あと、後ろから見てたら、鍵盤の沈みの深さもかなりコントロールしてて、上手い人は、こんな弾き方ができるのか、と衝撃だった。

・いもコンさんの演奏
ゲーム曲やショパさんの曲を連続でメドレー的に弾いたり、引き出し満載の自由自在な演奏。
ピアノを身体の一部みたいに弾くってのはこういう事か、というのを実感した。
凄い人だとは聞いてたけど、噂以上の実力者ですな( ;´Д`)
ノクターン13番の演奏は、好きな曲って事もあり、かなり感動的だった。
世の中、凄い人がいるわ( ;´Д`)
去年、吉瀬さんの演奏を始めて聴いた時みたいな衝撃があった。


☆ケーキは飲み物★

駅に戻る道中にある、お上品カッヘーに入って、お紅茶おケーキタイム。
ふくうめさんは、所用でひと足先に解散。

2時間くらい喋った。
ピアノ繋がりの集まりだと、初対面でも特に話題を探さなくても、会話が弾みますな( # ´Д`)


みなさん、遠路ありがとでした。
全体的に、狭苦しい場所ばっかりで、すんません( ;´Д`)
改善しときます。
またタイミングが合う時にご一緒してくださいな。


- 完 -
スポンサーサイト

今月のおブ活 (優雅な女子会編) 

2017, 01. 23 (Mon) 16:39

あやしいおじ子ちゃんが都民を撲滅させに来た日に合わせて、おっさ…女子会を開いた。


☆おピアノ会(おっさん率100%)★

おじ子ちゃんび子ちゃんりお子ちゃんモルサ子ちゃん

りお子ちゃんはおじ子ちゃんのツイッター友達。


☆ピアノスタジオ★

何度も使ってる、スタンウェイのグランドの部屋。
今回は時間の都合上、1時間。

びこさん→おれ→おじさん→りおさん

…の順に、やっぱりハイペースで弾いた。


☆弾いた曲

・クーペさん:ピアノの練習L
(≈ ギロックさん:コラールプレリュード)

無難な出来。
しかし、こんなので最後にミスタッチ( ;´Д`)
意外と緊張してるぞ。。


・ハチャトリさん:小さな歌

一部しくじったけど、まぁまぁ上手く行った。


・バッハ大王様:フランス組曲3番のメヌエット

調子に乗って弾いてるうちに、いきなり我に帰って緊張してしまい、後半の暗譜が飛んだ。

どうしよっかな…












…よし!!!!!








おれ「やっぱ他の弾きます( ;´Д`)」


・カバレフさん:ワルツのように

1番簡単で便利な曲に差し替えて、何事もなかったかのように弾いた。

バッハさんを人前できっちり弾く、ってのが当面の課題だな( ;´Д`)


・ギロックさん:サラバンド

うんこ


・ギロッコちゃん:まぼろしの騎士

雑( ;´Д`)


・ソパンさん:ワルツ19番

1番大事な前半のアルペジオを、意識したらミスった( ;´Д`)
でも、全体的には綺麗に弾けたような気がする。


・びこさんの演奏

FFの曲2つ、久石さんのサマー、残りは即興。
暫くレパートリー増えてない、との事だけど、その分、仕上がりが良く、弾き続ける大切さを再認識した。
確実に成長してますな。
技術的にも表現力的にも、ブルグさんはもうエチュードとしては必要ないんじゃないかな。
二次会で色々と話を聞いて、何であんなに完成度の高い即興ができるのか、プロセスというか頭の持ってき方をやっと理解できた。


・おじさんの演奏

ブルクさんの25の練習曲、夢見るピアニスト、クーペさんのABC、あとバウムガードナーさんのジャズ曲集。
自分以外のABCの演奏を生で聴くのは新鮮。笑
緊張してる状態でも指回りをかなりキープできてたので、おじさんもこの1年で着実に前に進んでるんだな、と思った。
みんなピアノをスタートした時期が似たようなもんなので、自分自身はもちろん、他のメンバーの前進も嬉しい。


・りおさんの演奏

音ゲー曲を弾いてた。
譜面がないので自力でコピーして仕上げたみたい。
かなり複雑な曲を弾きこなしてて、ペダルの区切り方も綺麗だった。
ピアノ始めてまだ1年で、独学でキャサリン・ロリンさんの練習曲をやってるらしい。
しかし、かなりポテンシャルが高いっぽく、既に超上手いよこの人。


‥1時間の弾き合い会が終わった。
ちょっと弾き足りない感はあったけど、それよりも、調子上げるのに時間がかかるのを改善したいな、と思った。
今後の課題にしよう。
あと、いい加減レパートリーを半分くらい入れ替えようと強く思った( ;´Д`)

スタジオ代は、おじさんの奢りだった。
ありがと!!!
強引に会議費で落として下さい( ;´Д`)


☆二次会★

バイヨリン組の吉瀬さんとmomoさんが、おじさんとツイッターで知り合いになったので、ご招待。
今回は普通の居酒屋にした。
時間は結構あったけど、色々と話が盛り上がって、あっという間だった。
しがらみのない音楽仲間の集まりは楽しいね。

おじさんと吉瀬さんが、お土産にお菓子を大量にくれた。
ありがと!!!!!

写真撮るの忘れてもう食っちた( ;´Д`)


- 完 -

今月のおブ活 (おピアノコンサート編) 

2017, 01. 21 (Sat) 18:54

おブログ友達のくろみっち
一度、ピアノのコンサートに行ってみたいんだけど、クラシック系のああいう催しは、ハードルが高くてひとりで行けない、との事。
よしきた任されよ!!!!

で、ちょうど良さげなやつが見つかった。

ミハウ・ソブコブィアクさんというポーランドのピアニスト。
https://youtu.be/n5j03-q3IGg

クラシックとジャズの演奏家で、日本の大学で教えたり、ショパ君コンクールとかの予選で審査員やってたりする人。
https://www.piano.or.jp/enc/pianists/detail/65

10歳でピアニストデビューしてたりとか、凄い世界の人ですな( ;´Д`)

会場は桜木町にあるカワイの小ホール。
想像以上に小ぶりなとこだった。
収容人数は、せいぜい50人か。
こないだ俺が出た発表会の会場と大して変わらんような。。

このコンサートは実は、横浜にあるピアノ教室が主催したイベントだったらしく、過半数はその生徒と親だった。
生徒や保護者にプロの生演奏を聴く機会を与えたい、って思いで何とか開催したらしい。
そこに、我々が乱入した模様。笑

満員のギュウギュウだったけど、空調が良くて結構快適だった。

ピアノは、シゲちんカワイとかいうグランドピアノで、めっちゃ音が澄んでた。
スタンウェイより綺麗に聴こえた。


コンサート開始。

ソブコブィアクさん、日本語も流暢で、自分で司会しながら進めてる。


・ショパンさん

ノクターン2番

犬ワルツ

猫ワルツ

マズルカ22番

マズルカ23番

マズルカ24番

マズルカ25番

部屋が狭くてピアノの超でかいからか、最初のノクターンは、室内の音響を確認しながら強弱を調整してるような様子が見えた。
以降、フォルテになりすぎないよう気をつけながら弾いてる感じだった。
プロならではの叩き上げテクニックだなぁ、と驚いた。

ピアノ習ってる児童客が多い事を考慮してるっぽく、ノクターンや犬猫ワルツでは、弾き方を提示するように、かなり丁寧に音を響かせてた。

どのワルツも、バックグラウンドの音を一部、びよ~んと前に出してた。
緩急の幅もかなり広くて、めっちゃ溜めてたりしてるので、ピアノやってる日本人に文句言われないかこれ、とちょっと心配になった。笑


・ソブコヴィアクさんオリジナル曲

ファンタジー・オン・ショパン2番

ファンタジー・オン・ショパン3番

CDも出してるみたい。
最初はマズルカっぽいけど、途中からは現代爽やか系の曲調。
ノクターン2よりこっちのが好きかも。


・リストさん

愛の夢

ラ・カンパネラ

カンパネラを生で聴いたのは初めてで、曲や演奏の奥行きに圧倒された。

そういえば話飛ぶけど、以前どっかのブログで、リストさんが編曲したこの曲は、演奏するパフォーマンス込みじゃなきゃメロディ以外はうんこだ、みんな難易度に惑わされてるんだ的な事を遠回しに、でも確信を持ったニュアンスで断定してた。笑
しかし、自分はピアノ曲なんか興味なかった小学生の頃に、リスト版カンパネラを映像無しで聴いて、音の広がりがめっちゃ綺麗だと思った。
なので、その記事を読んで、どの世界でも人気が高すぎる物は、妙な評論家に絡まれるものなんだな、と思った。笑


ここまでが、前半。

休憩になったので、トイレに行ったら、ソブコヴィアクさんが先におしっこしてた。笑


で、後半。


・サチーさん:ジムノペディ1番

・ドビュッシさん:月の光

「ポーランド人はショパンしか弾かないと思われてそうなので、フランス人の曲も入れてみました」と言ってた。笑

めっちゃ弱音で丁寧に弾いてた。
早速俺は影響されて、ジムノペディ1番をちゃんと覚え直そうかな、と思った。笑


・ショパンさん

ポロネーズ6番(英雄のやつ)

ポロネーズ5番(短調の超激しいやつ)

ポロネーズ?番(うんたらかんたら大ポロネーズ)

この3連ちゃんが特に凄かった。
ポロネーズって特に好きではなかったんだけど、どれも聴き応えがあって良かった。
特に5番が好きになった。


最後に、アンコール2曲弾いた。

ひとつは、ノクターン2番のアレンジ曲で、ポーランドのクリスマス曲と混ぜたらしい。
発売予定の曲らしく、超色々と説明してた。笑

ラストは、ジャズ曲で格好良く締め括ってた。


当たり前なのかもだけど、プロのスタミナと集中力は凄いね( ;´Д`)
あと、部屋の音響を考慮して、音量を抑えながら激しい曲を弾き続けてたのには本当に驚いた。
この人のコンサート、また行きたいと思った。


その後、中華を食べながらおピアノ談義。
こういうブログ繋がりの人達とはピアノの話をたくさんできるのも良いよね。

くろみさんにお土産としてもろたハンドクリーム。


ありが10匹!!!!!( ;´Д`)
ピアニストは手が命だね!!!


- 完 -

今月のおブ活 (ぶんごろさんを囲み囲まれ会) 

2016, 11. 14 (Mon) 13:47

ぶんごろさんがこちらへ遊びに来てくれたので、女子会(40%のおっさんを含む)を開いた。


☆メンバー★

ぶん子ちゃんねみ子ちゃんやぢ子ちゃん真子たんモルサ子にゃん

び子ちんは、お仕事の都合で今回は不参加に。

真子たんはレディースデイにつき、一次会のみ参加する事になった。
‥と思いきや、当日のお通じが良かったので、二次会にも来てもろた。


☆ピアノスタジオ★

何度か行った事があるスタジオ。
今回は8畳のお部屋で、たっぷり3時間。

最初はみんな緊張してたけど、1時間も経った頃には、かなりリラックスした空気になった。


☆弾いた曲 (順番は忘れた)

・クーペさん:ピアノの練習L
1発目なのに意外と無難に弾けてる‥と思いきや、ラストになって和音を忘れる( ;´Д`)

・カバレフさん:ワルツのように
やっぱ緊張しちょる( ;´Д`)

・ギロックさん:小組曲ト短調
1.レハーサル:おれ上手いじゃん!!( # ´Д`)
2.踊りの先生:一部、グシャった( ;´Д`)
3.皇女様:弾けない予感に従ってスキップ( ´Д`)
4.仮面舞踏会:ド初心者臭い演奏( ;´Д`)

・ハチャトリさん:小さな歌
途中までは調子良かったけど、終わりで急に我に返って崩壊( ;´Д`)

・ハチャトリさん:スケルツォ
忘れかけちょる( ;´Д`)
まぁでも、そんなに悪くはなかったかも。

・ブルグさん:ヅラベスク
劣化しすぎ( ;´Д`)
弾けてるところも、編曲者の深遠なる意図を無視した独りよがりな演奏。
この曲を弾くには人生経験(ハゲなど)が足らん。

・ギロックさん:サラバンド
俺にしては上出来(=´∀`)

・ギロックさん:ジプシー キャンプ
うんこ

・バッ君:フランス組曲3番のメヌエット
最悪。うんこ。うんこ組曲。
こいつは練習し直しだ。

・ギロックさん:まぼろしの騎士
ちょっとグシャったけど、まぁまぁ。

・ソパンさん:ワルツ19番
おれ頑張った( ;´Д`)
もちろん上手くはないけど、ここ1年で地力が上がってきた気がする。

・ラヴェルさん:眠りの森の美女のパヴァーヌ
ちょっと散漫( ;´Д`)

・ソパンさん:ワルツ10番

おれ「弾けるとこまで弾くので、弾けなくなったら、ぶんごろさん交替してください!!( ;´Д`)」←ピアハラ

ぶん「ぇ‥?は、はぁ‥( ;´Д`)」

‥結局、完走した。
覚え直したばっかりだったので、自分で意外だった。
力づく演奏にも程があるけど( ;´Д`)

そして、この直後に、ぶんごろさんにお手本演奏を強要した。←ピアハラ

ぶん「は、はぁ‥じゃぁ弾きま~す( ;´Д`)」

予定外の無茶振りだったのに、素晴らしい演奏をありがとです。
レッスン以外でこの曲の他人の演奏を間近で聴いた事がなかったので、弾き方をかなり観察した。
上手い人は、ここをこう弾くんだな、と凄く参考になった。


☆ぶんごろさんの演奏

弾き始めて10秒くらいで、圧倒的な演奏力に、大竹ちんと顔を見合わせた。笑
とても華のある演奏をする人だと思った。
ショパンちんのレパートリーが多くて、ノクターン2やワルツ7、10、黒鍵エチュードまで、どれも完成度が高くて、聴き応えがあった。
あと、ギロックさんの雨の日のふんすいとかアラベスク(本物の方)みたいなアルペジオ主体の曲の仕上げがゴージャス。
さすがですな( ;´Д`)


☆ね~みさんの演奏

とても落ち着いてて丁寧な演奏をする人だと思った。
バッハさんのレパートリーが、鍵盤曲からピアノアレンジまで超充実してた。
バッハさんの曲があんなに似合うってのは、凄い感性だと思う。
あと、ショパンさんのノクターン1で、アマチュアでこんなに完成度高く綺麗に弾けるものなのかと驚いた。
上手いのはもちろんなんだけど、何か潜在能力も高い人なんだろな、と思った。
曲の好みがそこそこ被るので、目標としてかなり意識してます。


☆やぢまさんの演奏

柔らかく澄んだ音色で、アベマリア(本物の方)やグリーグさんの曲が似合ってた。
ドボルさんのユーモレスクは、前半の明るい箇所も良かったけど、転調した箇所の演奏も格好良かった。
自分のベースの音色があった上で、曲調に応じて(しかも人前の演奏で!!)変化させられるというのは、凄いですな( ;´Д`)
あと、ぶんごろさんが持ってきた、サザエさん曲集のタラちゃんのテーマを初見で美しく弾いてた。笑


☆大竹っちの演奏

一緒に弾くのはもう3回目なんだけど、更に上手くなってて驚いた。
端正な演奏に磨きが掛かってますな。
コンクールや演奏会にたくさん出たり、鍛えられてるのがよく分かる。
そして、レパートリー1番多い。笑
しかも、バロックやソナチネからドラクエまで、幅広い。
ピアノ始めた時期が似たようなもんなのに、追いつける気が全くしない( ;´Д`)


★感想

グランドピアノと部屋の広さがマッチしてたのか、ピアノの音がめっちゃ良かった。
ナイスおれ( # ´Д`)

今までは、ピアノ歴が近い人複数+上級者1人、みたいな感じが多かった。
今回は女性陣が根こそぎ上級者だったので、そういう人達の演奏を連続で聴いてたら気づいた事が。
上手い人はちょっと緊張してる位なら殆ど崩れないで、テンポや強弱をかなり制御できてる。
ミスタッチも少なくて、そのミス自体も目立たない。

自分自身については、今年何度も弾き合い会をやったり、人前で弾く機会があって、緊張しつつも普段の家での演奏に少しは近づいてきた。
それでも大して弾けないのは、そもそも下手くそなので仕方ない( ;´Д`)
人前演奏への慣れも必要だし、あとそれ以前の問題として、実力自体の向上ももうちょぃ意識しよう、と改めて思った。
そして帰宅後、寝る前に1時間くらい反省ピアノした( ;´Д`)

なお、女性率が高かったからか、場の雰囲気が薄ピンク色で、癒された( # ´Д`)


☆二次会★

ちょっと落ち着いた感じの居酒屋に。
お肉は美味しかったけど、コースにデザートが入ってない事に後で気づいた。すまんです( ;´Д`)

普段、ブログでやり取りしてる人達なので、あんまり初対面な気がせず、かなり打ち解けた感じで盛り上がった。
楽しすぎて、あっという間に時間が過ぎた。

ぶんごろさんがみんなにお土産をくれた。うまうま( ;´Д`)
ありがとです。



みなさん、おつでした。
そしてぶんごろさん、来てくれてありがとです。


- 完 -

先月のおブ活 (ヴァイオリン・ヴィオラ教室のハロウィン練習会) 

2016, 11. 06 (Sun) 01:00

吉瀬さんの教室で、ハロウィンパンティ兼練習会があった。

場所は、3月の発表会と同じ会場。
ちょっと舞浜ちっくな建物。


今回も中の写真を何枚か撮ったけど、全部生徒さん達が写ってるやつなので、吉瀬さんに全部お渡しして、全削除しますた。

今回も、20人くらいの人が来た。
そして、吉瀬さんの生徒の人で、このブログ読んでる人が少しいる事が判明。
結果、俺は対面でも「モル作さん」と呼ばれるのが普通になってきた( # ´Д`)

会場のグランドピアノは、糞高いおドイツ物。
http://www.pianofactory.co.jp/piano/sauter/

生徒さんがまだ10人くらいしか来てない時に、適当に数分弾かせてもらった。
う~ん、相変わらず、ピアノと場所が変わった途端に緊張感が走るおれ( ;´Д`)
ピアノの弾き合い会にはちょっと慣れてきたけど、今日は、普段ピアノ弾かない人達が聴くんだな、とか余計な事を考えてしまった。

とはいえ、この日は、弾きたい人は弾いて、弾きたくなかったら適当に歓談してよう、みたいな緩い雰囲気だった。

バイオリンを演奏したのは、出席者の1/3くらいだったけど、どの人も偉いレベル高かった。
ピアノで聴くような小品は全然なくて、コンチェルト系のがっつりな曲を、すらすらすらすら弾いてた。

時々このブログにもコメントをくれるクレモナ親父さんは、プロジェクタを使って、練習に使ってるソフトを説明しつつ、実演してた。
生で初めて聴いたけど、長年弾いてるだけあって、めっちゃ綺麗な演奏だった。

ピアノを弾く人もいて、ショパさんのノクターン20番を弾いてた。
丁寧でメリハリのある弾き方で、緊張しつつここまで見事に弾けるものなのかと驚いた。
その人とは帰りの電車が一緒になったので、色々聞いてみた。
まだ再開して何年もやってないと言ってたけど、仕上げ方に妥協がない感じがした。
そして、やっぱりインベンション大変だったと言ってた。笑

で、その人の演奏の後に、話の流れで俺も弾く事になり、2曲弾いた。
緊張はしたけど、前よりは気分がマシだった。
演奏もグダったけど、予想通りくらいの範囲で済んだ。
いい加減、もうちょぃマシに弾けるようになりたいんだけど、まぁ焦らず経験値を稼いでこう( ;´Д`)

最後にパッヘルカノンの合奏タイムがあり、簡単な楽譜で伴奏をした。
が、1回目、ミスタッチして、それを境に伴奏がズレてしまい、みんなに弾き直しさせてしまった。
すまんです( ;´Д`)

なお、ハロウィンなので、殆どの人が仮装してた。
俺は、無難にドラキュラマントを着けた。

本当は、ちくわの仮装をして「こんちくわ」って言いたかったんだけど、ちくわの衣装なんてどこにも売ってなかった( ;´Д`)


- 完 -

アラベスク祭りに参加したよ 

2016, 10. 11 (Tue) 23:23

もうすぐ、ブルグさんが210歳になるので、公式な前夜祭として、アラベスクこねくり回し大会が催されました。


発端は去年。
びこさんと、町かどのおまわりさんという糞曲をアレンジして披露し合った。
http://morusaku.blog.fc2.com/blog-entry-233.html

以降、びこさんは即興や作曲を覚えて、弾き合い会や動画で何度か聴かせてもらってた。
これがめっちゃ楽しそうで、聴きながら、ちょっとうずうずしてた。

そして今回、アラベスクをアレンジして披露し合おう、と声を掛けてもろた。
http://morusaku.blog.fc2.com/blog-entry-317.html#community

でもって、今度は他の人にも声を掛けようという事に。

びこさんの企画記事
http://bikosuke.blog.fc2.com/blog-entry-167.html


アラベスクは、かつて俺にピアノの洗礼を浴びせた、ブルクさんの練習曲。

こんな曲
https://youtu.be/CA-Vs4tGqrM

‥あ、めんご。
演奏がクソすぎて、原曲分かんないや( ;´Д`)

ちゃんとした演奏
https://youtu.be/takFqr3iaHA

俺はかつてこの曲を2000回くらい練習した結果、夢でもこの曲を弾く羽目になった。
以来、この曲に強い恨みを持っている。

なので、改造しまくってやろうと思った。
そして、この曲に別テーマを被せた。
まるで、ヅラを被せるように。

髪の毛が昇天してく様子は、メロディに込めた。
ハゲとヅラという因果関係もしくは二面性は、なんちゃって対位法で表した。
ラストは、解釈の余地を作った。
今まで弾いてきた曲で得た事を、かなり活用できた気がする。

‥ぁはん、熱く熱く語っちゃった( ;´Д`)


で、改造したのは良いんけど、こねくり回しすぎた結果、またしても演奏困難になってしまった。

は?自分で作った癖に弾けない?部分練習するの?( ;´Д`)

物凄くあほ臭い気持ちに耐えながら練習して、がんばって弾いた。
https://youtu.be/uI0V7reNDw8

まだちょっと弾き込みが足りず、グダってるけど、各々、心の耳で補正してくらはい( ;´Д`)


他の人の演奏も含め、びこさんが記事でまとめてくれてる。
http://bikosuke.blog.fc2.com/blog-entry-173.html

☆★ 参加者の方々へ ★☆

・to びこさん
面白い機会をありがと。
またやりましょう。笑
びこさんが使ったその音源、予想外すぎて面白かったです。
編曲自体も、さすが洗練度が高いと思いました。

・to おじさん
アラベスク使って出来るギャグで、先を越された気分です。
俺も何かこういう事をやれば良かった!
悔しい!!( ;´Д`)
アレンジも様になってて、演奏も余裕を感じました。

・to ゆきなぎさん
先日、フライング気味に先に聴いてみて、超テンション上がりました。
マジで尊敬します。
こういうアレンジが出来るようになりたい!!

・to 真由子さん
充実した基礎力に裏打ちされたアレンジ力と、あと表現力にも感銘を受けました。
センスも素晴らしいですな( ´Д`)
しかも、1日も掛からないうちにアップしてるのに、クォリティ超高くて驚きました。


- 完 -

今月のおブ活 (おっさんだけで女子会編) 

2016, 09. 06 (Tue) 13:49

あやしいおじ子ちゃんが東京にタックルする日に合わせて、おっさんまみれ祭‥じゃなくて、女子会を開いた。

ピアノを弾いてチーズフォンデュ食べて、楽しかったナp(^_^)q


☆メンバー★

おじ子ちゃん大竹真子ちゃんび子ちゃん、モルサ子ちゃん

真子ちゃんはレディースデイにつき、二次会から参加する事になった。


☆ピアノスタジオ★

何度か使った、スタンウェイのグランドの部屋。
みんな悔いどころかケツの毛一本残さないよう、たっぷり3時間確保した。

おじさん→びこさん→おれ

…の順に、ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる、超ハイペースで弾きまくった。
それこそもう、最後はみんな酸欠になった( ;´Д`)


☆弾いた曲 (順番はさすがに忘れた)

・ギロッコちゃん:まぼろしの騎士

微妙な出来だったけど、スタートにしては悪くない感じ。
このメンバーだともう、最初からそこまで緊張しないで集中して弾けて快適だ。


・バッハ大王様:フランス組曲3番のメヌエット

俺的にもう仕上がってる‥はずなので、さっさと披露しようと思った。

人前でバロック弾くのは要注意、というのを完全に忘れてた( ;´Д`)
うんこみたいなミスが出て、しかも記憶が揮発した。


おれ「えと‥やっぱ他の弾きます( ;´Д`)」


・ギロックさん:ジプシーキャンプ

良い感じで弾けた。
そりゃ、そうだ。
これは、あほみたいに簡単だし。


・ギロックさん:サラバンド

うんこ


・ギロックさん:クラシックカーニバル 2.聖体行列

終盤、どこかが破綻した気もするけど、概ね上手く行った。


・ブルクさん:バラード

直前におじさんがブルクさんの帰途を弾いて、和音の同音連打の仕方が話題になったので、連打する曲として弾いてみた。
見事に三人三様だった。

演奏自体の出来はまぁまぁ。
でも、この曲は自分仕様に少しいじくってるので、それを披露できて満足。


・ハチャ鳥さん:小さな歌 (イワンは歌う)

前日に練習した成果が出た。


・クーペさん:ピアノの練習L
(≈ ギロックさん:コラールプレリュード)

無難な出来。
何となく、自分の成長を感じた。


・カバレフさん:ワルツのように

舐め腐って弾いてたら、ミスが出た( ;´Д`)


・ギロックさん:小組曲ト短調

1番のレハーサルは、思い出しながら弾いた。
2番の踊りの先生は、概ね成功。
3番の皇女様は、存在を忘れててスキップ。
4番の仮面舞踏会は、まぁまぁ。


・ソパンさん:ワルツ19番

この日の曲目の中では、かなりどうでも良かった。
その心持ちが幸いしたのか、今までの弾き合い会で、1番良い出来になった。
ちょっとショパンさん的な音になった気がする。


・カバレフさん:エチュード

ちょっと散漫だったけど、大体こんなもん、って感じの出来。


‥この辺で、レパートリーが枯渇してきて、弾けるんだか弾けないんだか不明の曲を弾く感じになってきた。

文字通り、練習会になってきた。


・ベトさん:6つのバガテルの5番

終盤、暗譜が飛んでた( ;´Д`)
去年とか散々練習したのに、ちょっと弾かないとこれかよ!!と思った。


・ベートーベン様:エリーゼのために

とりあえず弾きました的な出来だけど、覚えてて良かった( ;´Д`)


・ギロックさん:エチュード

ちょっと重音が潰れちゃったけど、意外と良い出来だったかも。


・びこさん:即興曲

おじさんや俺が左でシンコペーションみたいなのを弾いて、びこさんが右で即興した。

こっちは単調に弾いてるだけだから楽なもんだけど、これに即興を合わせるのは大したもんだと思った。
しかも、綺麗な曲になってるんだよね。
ほんと、プロみたい( ;´Д`)


・ソパンさん:春

雑魚曲だと思って暫く弾いてなかったら、殆ど忘れてる( ;´Д`)
早々に諦めた。


・ソパンさん:ワルツ10番

お察しの出来( ;´Д`)
これも、微妙に暗譜が飛びかけてる。
また練習コースにぶち込まねば。
こんな複雑なの暗譜し直したくないぞ( ;´Д`)


・カバレフさん:風変わりなワルツ

終盤の大きく動くとこで暗譜が飛んでた( ;´Д`)


・カバレフさん:ソナチネ

レッスン中の曲なのになぜか暗譜が飛んだ。
無理やり思い出して完走した。
完走した事だけが良かった点、みたいな出来( ;´Д`)


・ブルクさん:アラベスク

疲れてきたので、口直しに糞単純な曲を引っ張り出した。
場が和んだ気がする。笑


・ギロックさん:クラシックカーニバル 1宮廷のコンサート

ゆっくり弾いた。
どんな出来か忘れた( ;´Д`)


・バッハ大王様:フランス組曲3番のメヌエット →2度目

何度か弾き直して何とか弾き倒した。←糞Jラップ調

ノーミスで余裕で弾けるつもりだったので、ちょっと場所が変わっただけで崩壊した事にショックを禁じ得なかった。
まぁでも、練習し直せばいっか( ;´Д`)


・ギロックさん:まぼろしの騎士 →2度目

もうちょぃ綺麗に披露したかったので、弾き直した。
そこそこ満足な出来。


・ハチャ鳥さん:小さな歌 (イワンは歌う) →2度目

この曲、めっちゃ好きだ。
自分的には完璧な出来だった。
良い感じに締め括れた。


・おじさんの演奏

ブルクさんの25の練習曲から、20曲近く弾いてた。

スタンウェイの綺麗な音を弾き立てるような演奏が何度もあって、堪能した。笑
おじさん、音色綺麗っすね( ;´Д`)

似たようなピアノ歴で似たような練習曲をやってるので、間近で見てて参考になる事が多々あった。
あと、純粋にブルクさんメドレーって感じで聴いてて楽しかった。


・びこさんの演奏

FFの曲2つ、ポップスのコード弾き、弾き語り、即興‥凄い引き出し。笑
全部良かったけど、中でもローズオブメイをスタンウェイの生演奏で聴くのは最高だった。

びこさんと弾き合い会をするのは、もう5回目くらいかな。
音色はもちろんの事、弾き方の特徴も覚えた。笑


‥そろそろスタジオを出る準備するか、って頃に、二次会から参加予定だった大竹さんが、スタジオに到着した。
走って来たみたい。


大「ぜぇぜぇ、やっと着いた。。( ;´Д`)」

モ「おぉ、間に合った!ギリギリ1曲弾けるから、早速おながいします!!」

大「ぇ、え?‥え、え、、と( ;´Д`)‥じゃぁ、王宮のメヌエット弾きます。ぜぇぜぇ‥」


・大竹さんの演奏

ドラクエ4のライアンの章のお城の曲を弾いた。
いきなり弾いたのに、めっちゃ上手かった。笑

締め括りに相応しい、素晴らしい演奏だった。
無茶振りに応えてくれて、ありがと。笑


‥3時間の弾き合い会が終わった。
かなりがっつり弾けて、満足感があった。
みんなそれぞれ、等身大に近い物を出せたんじゃないでしょか。


☆二次会★

前に、びこさんこのみさんと行ったチーズフォンデュが出る居酒屋。
おっさん4人だったからちょっと席狭かったけど、飯はウマウマ。

おじさんが、お土産に夕張メロンゼリーを配る。
ありがと!!!!!

かなり気楽な面子で、楽しいひと時でした。


みなさん、お疲れさま。
またね。


- 完 -

今月のおブ活 (パイプオルガン鑑賞) 

2016, 07. 26 (Tue) 19:03

今月頭に、大竹ちんとオケ鑑賞に行ってきた。
奏者は、上野浅草フィルハーモニー管弦楽団って人たち。

場所は、すみだトリホニ。
ここの壁には、パイプオルガンがぶっ刺さってる。
パイプオルガンなんて普段全く縁がない楽器だけど、大学がミッション系のとこだったので、チャペルで生演奏を聴く機会があった。
この時の印象が強烈だった。
音色はもちろん超綺麗なんだけど、とんでもない楽器だね。
楽器っていうか、建物だよね。
建物って弾けるんだ、みたいな。

春頃に、すみだトリホニでパイプオルガンが建ってるのを見て、その頃の事を思い出した。
で、また、パイプオルガンの生演奏を聴きたいと思うようになった。
で、大竹ちんにパイプオルガンの話をしたら、後日、サンサンスさんのオルガン付き交響曲が演奏される日を調べてくれたので、そのままチケット取ってもらっちた。ありがとです。

この会場は、2階と3階の前方に、めちゃめちゃ良い席がある。
その中で、1番快適そうな席に座った。
オケの挙動がよく見えて、面白い。


・ショタコンビッチさん:祝典序曲

この日のメイン曲ではなかったけど、余りの演奏の綺麗さに、のっけから感動した( ;´Д`)


・レスピーギさん:ローマの祭り

全然好きな曲じゃないけど、オケの人達がやりやすそうに見えた。
会場の空気も1番良かった気がする。


・サンサンスサン:交響曲3番オルガン付き

これ目当てで来た。。
目の前で超でかいパイプオルガンの演奏を名曲で聴く、みたいな。
この曲、生で聴くとすんごいね。笑


演奏的には、オルガン付き交響曲が1番お見事だった。
曲的には、ショスタコさん綺麗だ、と思った。
あっという間だったけど、また聴きたいわ( ;´Д`)

そういえば、フルコンサート仕様のグランドピアノって、結構いびつな背景や設計理念を感じなくもないけど、パイプオルガンは、だいぶ真っ当な楽器って印象が強まった。
建物だけど。


- 完 -

今月のおブ活 ~ おっさんの想いは800kmを超えてしまって胃液がこみ上げる( ;´Д`)編 ~ 

2016, 06. 13 (Mon) 19:20

先日、北のおっさんと東のおっさんが2時間ほど念を飛ばし合った。

・北のおっさん:あやしいおじさん
・東のおっさん:クソ作さん

あやしいおじさんは、俺のピアノ曲のレパートリーはもちろん、パンツのレパートリーまで把握してる。
更には、ここには書けない酷い個人情報まで脳裏に刻んでる。

当然、ツイッターもフォローし合ってるし、LINEでもメッセを送り合う。
酷い時は、モルモット語で話しかけて来たりもする。

↓のコメント欄参照
http://morusaku.blog.fc2.com/blog-entry-189.html#community


地球上に存在するピアノブログの中で、1番どうでも良い情報な気がしてきたのと、あと書いてて具合が悪くなってきたので、話を戻します。

IP電話は普通の電話機能よりも、人の声以外の音も大きく拾うっぽく、LINEの通話越しで弾き合い会が成り立つんじゃないかと思って、リモート弾き合い会を試してみた。

最初に通話しながら、お互い電子ピアノの音量を調節した。
何か大丈夫そうだったのでスタート。
俺は、スピーカー音声にしてた。

おれ演奏→雑談→おじさん演奏→雑談

…って進行だった。


★俺が弾いた曲

・クーペさん:ピアノの練習L (≈ ギロックさん:コラールプレリュード)

ひとまず、調子試し。
ペダルが大雑把だったけど、出だしにしては良かったかな。
ラストの和音をなぜか間違えて短調にしてしまった( ;´Д`)
やっぱブルクさんのアベマリアより、こっちのが好きだ。


・ハチャトリさん:小さな歌

間違えて予定よりも速いテンポでスタートしちゃったので、しょうがないからそのまま弾いた。
この曲はミスしづらい造りで音色が綺麗なので、使い勝手良い。
概ね、綺麗に弾けた気がする。

でも、ラスト付近の和音を押さないでスルーする、という意味の分からないミスをする( ;´Д`)


・ギロックさん:サラバンド

ちょっと左がでかくなったけど、出来は良かった。
この曲の聴き映えは素晴らしい。
自分が2段階くらい上手くなった錯覚を持たせてくれる。


・カバレフさん:ワルツのように

まだ指の動きが重かったので、この曲で小休止。
この曲は、いつでも俺の味方。
気分良く弾けた。
何か完璧だった気がする。


・ギロックさん:小組曲ト短調

1番のレハーサルは、調子こいて散漫になった( ;´Д`)
2番の踊りの先生は、そこそこ良かった。
3番の皇女様も、上手くいった。
4番の仮面舞踏会は、調子こいてテンポ上げすぎてミス多発( ;´Д`)


・ギロックさん:まぼろしの騎士

訳の分からないミスも出たけど、曲自体の聴き映えが腕をカバーしてくれた気がする。


・ベトさん:6つのバガテルの5番

もうちょっとミス減らしたかったけど、曲の良さはそこそこ出た。


・ソパンさん:ワルツ19番

理想の速いテンポでトライ。
左のミスがちょっと多め( ;´Д`)
でも、曲想崩れずに弾けて、装飾音も軽く綺麗に出せた。
ここ半年の成長分は出せたぞ。


・ベトさん:エリーゼのために

まだ暗譜し直したばっかりなんだけど、見切り発車。
出だしとラスト、した事がないようなミスが出て急激にテンション下がったけど、そこそこ軌道修正できたか。


☆おじさんの演奏

ブルグさんの25の練習曲メドレーだった。

・天使の合唱

本人曰く緊張してたらしいけど、ミスタッチが少なくて調子自体は良さそうだと思った。


・素直な心

テンポ速めでブレない演奏。
おじさん、指が慣れて来た感じ。


・シュタイヤー舞曲

お見事( ;´Д`)
めっちゃ上手いぞ。
ピアノに興味ない人が鑑賞できるレベルの仕上がりじゃん。
俺はこの曲にコンプレックス産業なんだけど、おじさんは得意そうね。
羨ましいぞ。


・タランテラ

おじさん絶好調。
速いテンポで弾き切った。
俺の電子ピアノの電源落として、おじさんの演奏に合わせて鍵盤押してみたんだけど、テンポに着いて行けずに脱落( ;´Д`)
実力の差が明確になった瞬間だった。


・別れ

おじさん、バテてきた。笑
しかし、ミスしてもテンポがブレないまま、上手く軌道修正するもんだね。
この辺が年季の差かな。

多分この曲の演奏後、俺がメトロノーム使わない言い訳をおじさんに必死に説明し始めた。


・アヴェマリア

卒なく演奏。

終わってから、俺のレッスンの話題になって、習った内容を少し情報共有。
勉強会ちっくになった。笑


・天使の合唱

おじさん、さっきの演奏に納得行ってなかったらしく、リトライ。
さっきのも良かったけどね。
この曲、休憩がない感じなんだけど、強弱の綾つけて、余裕のある演奏だった。


・アラベスク

さらさらっと弾いて、全演奏完了。
かつて、俺がビリっケツだった速弾き対決の話題になった。
あれは面白かった。
そのうち、チェルニー100の何か使って競争してみようかと思った。


★中年男性の女子トークタイム☆

ピアノやらブログやらツイッターやらの話をしつつ、雑談して終了。


知った仲でサシだったからか、お互い過度の緊張がなく、手持ちの曲や表現傾向を等身大に近い状態で披露し合う感じになった。
双方、そこそこ爽快に締め括れた印象。
かなり楽しい時間だった。

LINEの音声は、最低限、ピアノ弾き合いが成り立つと思った。
Skypeとかも行けるか。

リモート弾き合いをやってみたい人がもしいたら、誰でも気軽にお声掛けしてくらはいな。
短時間でも弾数少なくても、おっけーす。
これは、結構楽しいわ。

おじさん、時間の調整ありがと。
また、レパートリー増えた頃にやりますか。


- 完 -

先月のおブ活 (うんたらかんたら音楽祭り編) 

2016, 06. 02 (Thu) 12:04

おピアノ音楽祭に行ってきた。
コンクールらしい。

エリージェ音楽祭
http://www.elise-music.com/

チアラ江東
http://www.elise-music.com/festival/index.html

墨田トリホニーとか今回のチアラ江東とか、この辺ってクラシック音楽に優しい施設もあるのね。
若い頃ずっと下町の方ばっかりに住んでたせいか、山手線より東側の地域は根こそぎ、碌なイメージがない。
自分の名前書けないとか、楽器なんて武器としか思ってないだろ的な。

しかし、俺も人の事言えない。
数字は1桁までしか数えられない。
13cm程度の計測を13.5cmと間違えるし、おととしあたりは、自分の歳も間違えてた。

ピアノ始めて以降は1桁の数字すら怪しくなってきて、音符の長さとか拍とか数えられない。

よくよく考えると、関係ないので話を戻します。

この音楽祭、大竹ちんが前回、ドラクエ曲で審査員特別賞を受賞してる。
今回は大竹ちんは参加してないけど、相当に異色なコンクールで面白いので観てみなよ、との事だった。


午後いちに到着。
大竹ちんは開始時刻に着いてたみたい。

ピアノは、ベヒうんたらかんたらのグランドで、こいつがめっちゃハードル高そうなピアノだった。
感度が良すぎて全然丸めないというか、細い音は細いまんま減衰してく感じ。
スタンウェイのやつよりだいぶ音が繊細そうな感じ。
音色自体は相当に鮮やかだったので、ようは弾く人をスーパー選ぶって事なんだろね。
スタンウェイのピアノは、色々細やかながらも、初心者クラスが弾いてもそれなりに楽しめる造りだった。
ここのピアノは、初心者クラスが弾いてもストレスのが勝りそうな印象。
でも、ある程度鍛えた人が追求するには、こういう打てば響く、みたいなのが打ってつけなだろね。

最初は、クラシック部門から。
習熟レベル別にグループ分けして募集してる模様。
中盤以降は、ベトさんモツさんのソナタやショパさんバラード1とか3とかポロネーズとか、本格派御用達みたいな曲が連発してた。
音大出た後に一般企業に勤めて少しブランクがある人やら、ガチな感じの実力者も複数いた。

服装も、弾くのに差し支えなさそうな位の正装から、発表会のラスボス的なドレスまで、幅広く許容してる感じ。
カジュアルもいた。
観客も、身内や参加者関係以外の人もチラホラ混ざってるようで、開かれた印象。

その後、ポヒュラージャズその他何でもあり部門みたいなのが始まった。
クラシック部門で既に弾いた人も、何人かエントリーしてた。
これが超カオスだった。
ポヒュラー曲をピアノアレンジして弾いてる人もいれば、洋楽弾き語りな人、自作の強烈な曲を弾き語りする人もいた。
中には、伴奏者を連れてきて本人はピアノ弾かずにひたすら熱唱とか、本当に何でもありな感じだった。
しかも、どの参加者も腕に自信あるだけあって、ピアノはもちろん、歌まで超上手いの( ;´Д`)
前回、この部門に参加して賞まで持ち帰った大竹ちんはスケールで大きい人だと思った。

エリーゼ弾いてる人も数人いた。
大半の人がよく知ってる曲だし、弾く方もかなりプレッシャーを感じてそうな空気だった。

そういえば後半、ワルトシュタイン弾いてる人がいた。
しかも、プロのコンサート級の演奏で、終わってから会場が騒然としてた。
さすがにこんな凄い人まで混ざってると想像してなかった。

大人からピアノ始めた人も経験者も、大人になってからこういうのにエントリーする人は、本当に凄いわ。。

驚きの多い1日ですた( ;´Д`)


- 完 -