ぐぉぉぉおおいでやす!!( ;´Д`) 

2018, 02. 18 (Sun) 21:18

羽生選手が華麗に舞う少し前に、アプ様がうちに滑り込んだ。
めっちゃ思い出しやすい日に来たな。笑


やけに安い配送業者だったけど、特にトラブルもなく、3人掛かりでご丁寧な設置。
これで商売成り立つの?( ;´Д`)
ピアノが無事に届いたのは嬉しいけど、ちゃんと給料払ってるのか心配になった。


まずは、全体を拭き拭き( ;´Д`)よっ、はっ


おぉ、輝いちょるばい( # ´Д`)



そして、防音パネルを、ダイソーで買ったマジックテープで貼り付けた。


おっさん「では、着いて早々だが脱いでもらおうか( ´Д`)」


ぴらりーん(=´∀`)



ヤマハのMX100Rというらしい。
当時の販売価格80万( ;´Д`)

調律記録を見ると、最初の調律が1987年だから、たぶん製造もそのちょっと前くらいなんだろう。
何となく、バブル崩壊前の国産品は、材料も人もケチってないイメージ。

最後の調律は、去年の6月だった。
とりあえず、オクターブで全部の音を鳴らしてみたけど、移動後も音程狂いはなさげ。

大事にされてたんだなぁ( # ´Д`)


自動演奏装置エリアはどうなってんだろ。


ほほー。



高音域の弦の近くに取り付けてある。
ダンパーペダルを踏んだら弦を開放するハンマー?
高音域の部分は、そのハンマーを付けないで、自動演奏装置のスペースにしてる。笑

確かに、ここから先はダンパーペダルを踏んでなくても波紋が生まれる。



ヤマハ、思ってたよりもだいぶ頭おかしいな。笑笑

とはいえ、こういう素っ頓狂な特色は嫌いじゃない。
それに、ピアノブログで書く事じゃないかもだけど、本当は演奏における音色なんてどうでも良いんだ。


…と言った舌の根も乾かぬうちにその口で、1曲だけ懸念が。

ショパさんのワルツ19の(ミ)(♯ソ)(シ)を3オクターブ走らせるとこ。
2周目は、↓こう弾くようにしてるので、多少差し支えるか。。


(ミ)(♯ソ)(シ)1:ペダル踏んで速めに
(ミ)(♯ソ)(シ)2:ペダル踏まずに減速減音
(ミ)(♯ソ)(シ)3:ペダル踏まずに減速スタッカート気味のpで最後の(シ)だけやっぱりペダル踏んどこう的な


…自分では格好良い弾き方だと思ってやってるから、突っ込まないでね( # ´Д`)

で、弱音ペダルありと無しの両方で弾いてみた。
弱音ペダル無しは、↑のアルペジオを含む数フレーズのみにしといた。

おぉ、全然問題ないじゃん。
というか、予定通りの音の流れだった。
pなので残響が目立たないのと、あとスタッカートとはいえ、別にとんがった音にしたいわけじゃなくて、水面に投げ石するみたいな印象を望んでたから、むしろ勝手にちょっとぼやけてくれるのはありがたい。笑
雑味のない綺麗な音色だこと( # ´Д`)

他の曲も、特に影響はなかった。
よし、何か録音してみるか。

…と思ったけど、弱音ペダルで録音って成り立つのか?( ;´Д`)
でも、さすがにこの部屋で全開は無理だし、弱音ペダルで試してみるか…

で、ラベルさんの前奏曲を弾いた。

聴かれる方は、ボリューム全開にして耳を澄ましてくらはい( ;´Д`)
https://youtu.be/cl1B7ZxyooQ


う~ん、全然聴こえないな。。
これでも、弾いてる時は音抜けはなかったつもりなんだけど、録音すると、何も聴こえないとこもあるね( ;´Д`)
まぁ、そっちはスキルの問題もあるか。

でも、音自体は綺麗でしょ(=´∀`)
弱音ペダルを外すと、もっと弦のシャラ~ンとした音に変わって、その音がかなり中毒性高くて好きなんだよね。


そうそう、生のピアノの音を自宅で聴くと、スタジオや教室で聴く印象よりもずっと爆音だ。
特に低音は凄いわ( ;´Д`)
弱音ペダルやパネルで音量自体は抑えられても、全開で弾くのを躊躇うくらい、空気が音の振動でビリビリ言ってる。
そりゃぁ、各地でトラブルが絶えないわけだ。
ネット上でも、ピアノの音漏れネタって、あほみたいに荒れてるよね。

徐々に、引っ越しが視野に入ってきたな。。


まぁ、ひとまず名前つけるか。

そして、その為には、性別を確認せねば。


これは、どう見てもオスだね( ;´Д`)



と言うことは、名前も決まったような。。
嫁さんは今日まで大阪でオケの仕事なので、帰ってきたら了承を得よう。


- しつこく、つづく -
スポンサーサイト

今月のおブ活 (おピアノ怪) 

2018, 02. 12 (Mon) 19:08

ここ1年弱で、生活環境や勤務形態がかなり変わって、おピアノ会に行ったりする余力がなかった。

最近はだいぶ頭も身体も慣れてきて、手持ちの曲も復活してきたので、そろそろ外でも弾きたいな、と思ってたタイミングで、大竹ちんがおピアノ会を開催した。

で、土曜日に行ってきた。


☆おメンバー★

大茸ちんhttp://pianopia.jp/、大岳ちんのおピアノ仲間3人、ことさんhttp://pianonokoto.blog.fc2.com/、いもコンさんhttp://uncomal.blog27.fc2.com/、びこさんhttp://piano-bikosuke.hatenadiary.com/、しぼカスさんhttp://morusaku.blog.fc2.com/


☆おランチ★

大竹ちん御用達の中華屋さんで、あんかけ定食を食した。


おれ「うっっ!!!!!( ;´Д`)」










おれ「うま~(=´∀`)」



エビとキクラゲ、タケノコの量のバランスが非常に良い。
そして、餡から魚介の風味がよく香り、塩分がそれを引き立てる。
歯応えや舌触りも滑らか。
様々な角度から綿密に計算された相乗効果が、私を楽園へと誘う。
正に、料理界のネズミーランドと言えよう(´Д`)


びこさんから、結婚祝いのお菓子をもろた。



ありがと~(=´∀`)


☆ピアノスタジオ★

前に、ね~みさんの弾き合い会でも来た、おベーゼン様のグランドのお部屋。

今回は、何と計4時間半。笑


☆弾いた曲

・モツさん:お葬式
緊張する前にさっさと弾いちまえ!と開始した。
よしよし、全然緊張してないなおれ、と余計な事を考えた途端に、緊張してきた( ;´Д`)

・クーペさん:L
多分これは、死ぬ1分前でも弾けるだろう。
鐘の音みたいな音響を狙って弾いてみたけど、若干フォルテすぎた気もする。
まぁでも、そこまで悪くはないかな。。

しかし、早くも、切り札を使い果たす( ;´Д`)

・ベートーベン様:11のバガテル1番
動揺した。

・ギロックさん:ジプシー キャンプ
無難。
この曲は、その辺のおっさんに楽譜の読み方教えればすぐに弾けるぞきっと。

・ベートーベン様:6つのバガテル5番
うんこ

・チョピンさん:ワルツ19番
まぁいっか、って感じ。

・ハチャさん:スケルツォ
まぁまぁ。

・バッハ大王:フランス組曲3番5.メヌエット
どんなに仕上がったと思っても、人前で一向に完走すらできないバッハさん( ;´Д`)

・カバレフさん:ワルツのように
ピンチヒッター。
しかし、この曲に飽きてるのが前面に出てしまった( ;´Д`)
そろそろこれは、卒業したい。

・ハチャさん:小さな歌
装飾音がしょぼくなって落胆し、尻すぼみ( ;´Д`)


…ラヴェル前奏曲は、まだ危険な気がして避けちゃった。
まぁ、4曲くらいは自分の許容範囲で弾けたから、いっか。
やっぱ、緊張しても手が滑りづらい曲を増やしとこう、と改めて思った。
グノシェンヌかジムノペディの中から見繕ってみよっかな。。


★大竹ちん
いきなり、持ち時間の30分を全ツッパして、リサイタルタイムに。笑
曲数と演奏時間やテンポをちゃんと計算できてる冷静さに驚いた。
演奏力も確実に上がってるし、リカバリーも上手い。
鍛えられてる人の実力だな、と思った。

★大竹ちんのお友達
舟唄を初見っぽいスタンスでがっつり弾ける人がいて、びっくらこいた。
こういう人って、何弾いても、音の出方が全然違うね。。
速攻で、かなりの実力者だと分かった。

エレクトーン出身の人もいた。
レパートリーもそうだけど、アレンジとか伴奏等、引き出しが柔軟だし、聴かせる演奏だった。
ショパンワルツ10も弾いてたので、お手本にさせてもらった。笑

もう1人も、めっちゃ心が安定してる人だな、と思った。
古典やFF、ドラクエ曲等、どれも弾き込んでる感じがして、こういう弾き方を目指さないとなぁ、と思った。

★ことさん
普段の練習の質の高さが分かるテクニックと表現力だ。
指回りは良いし、音の響かせ方も自然ですっと伸びる。
上手すぎて、みんなびっくりしてた。笑
誰も殆ど完走できないというチェルニー100を完走手前まで来てるのは、伊達じゃないですな。
二つのレントラーと、大田桜子さんの曲、いずれ俺も弾きたいと思いますた。

★いもコンさん
かなりの人がご存知の自在な演奏力と引き出しを持った人ざんす。
真の天才肌ですな。
今回も、ひと際輝いてました。笑
大竹さんの伴奏をいきなり引き受けて、即興で合わせたり、プロのピアニストみたいな対応力だな、と今回も驚いた。

★びこさん
1年振りくらいに会ったけど、着実に完成度が上がってますな。
即興も普通の曲みたいに弾けるし、レパートリーも表現の幅や安定性が倍増してた。
あと2、3年したら、どんな演奏をしてるのかな、と想像しながら聴いてますた。


最後に、大竹ちんからバレンタインチョコが配られた。笑
ありがとー、貴重な体験だった。笑


☆二次会★
駅近くのカフェで。
最近アップライトを買った人、ピアノの音トラブルを経験してる人、ピアノの防音を相談される側の人、の3人の話を聞けて、めっちゃラッキーだった。笑
ピアノの音トラブルは、予想の256倍くらい壮絶で、よく病まなかったな、と驚いた。


大竹ちんからのチョコ



ホワイトデーの事を考えるととても複雑だけど、ああありがとう( ;´∀`)


いもコンさんの大阪土産



びこさんからのお祝い





お三方、ご馳走さまでした。
美味しかったよん(=´∀`)


- 完 -

アピプ!!( ;´Д`) 

2018, 02. 07 (Wed) 20:21

アプりんを迎え入れる準備が出来たので、先日の日曜日に、嫁さんの実家を再訪した。

リビングに上がると、シュークリームとコーシーが。
しかし、あんまりがっつくのはお行儀悪いので、3個だけ胃に直送させて頂いた。
シュークリームは、飲み物だ。

コーシーも飲み終わると、今度は青い色の珍しいお紅茶が。
青いのって台湾の烏龍茶だと思ってたんだけど、お紅茶もあるのね。
うまうま~(=´∀`)

ごっそさまです~(=´∀`)


こちら、オウムのペカ殿。



義父さんの会社に迷い込んできて、そのまま連れ帰ったらしい。
もう34歳なんだけど、お色も鮮やかだし、身体が柔らかくて健康そうだ。

口癖は「おはよう」と「美味しいか?美味しいよ」


かわえぇ~(=´∀`)









鳥、かわえぇ~(=´∀`)









…あ、そうだ、ピヤノ( ;´Д`)



フロッピードライブ内蔵。



なんと言う斬新さ。笑

このフロッピーに入ったデータを使って、自動演奏できるらしい。


ほほぅ!!( ;´Д`)




…ぽちっ

カコンカコンカコカコパコン…
ちゃらららら~るるる~たらら~…


超面白いこれ。笑

飲食店とかでも使えるね。
お店にピアノ置くと、ジャスラックソに恐喝されると思うけど。

プロの演奏データの自動演奏で、しかも奏者の手や顔芸が視界に入らないで鍵盤が動くので、レッスンとはまた違った視点で勉強にもなるね。
プロって、鍵盤の沈みの深さもめっちゃ綺麗なのね。


よ、よよよし、俺も弾いてみよっと( ;´Д`)


ここもマンソンなんだけど、防音設備が強固で、隣近所にはビタ一文、音が聴こえないそうな。

うちは、弱音ペダル無しではさすがに無理だから、今のうちに堪能しとかねば。

と言う事で、ガツガツ弾いた。


うっひょ~、弾きやすいぞこれ(=´∀`)
弱音ペダルのON/OFFでのタッチの違いは、殆ど感じない。
響きもさっぱりしてて、かなり良いぞ。

久しぶりに、嫁さん以外も聴いてる中で弾いた。
最初の1曲目は若干緊張したけど、ピアノの良さに引っ張られて、すぐに絶好調になった。

弾いてて気づいた事。

おれの持ち玉、辛気臭いのばっかりだな( ;´Д`)
はっきり言って、自分で聴いてて疲れてきたよ。笑

しかも、今日は、嫁さんに加え、ご両親ですよ。
このピアノの演奏を少なくともここで聴くのは、これがラストになるだろう。

何かしながら聴いてるので、そこまで堅苦しく考えなくてもだけど、そうは言っても完全な第三者が聴いてるなら、曲内のメリハリだけじゃなく、曲目自体にもメリハリはあった方が良いよね( ;´Д`)


…という事で、数少ない長調や、短調でも清涼感の多めな曲は、連続演奏して使い果たさないよう、短調の合間にケチケチと挟むようにした。


★辛気臭いグループ
・カバさん:ワルツのように、風変わりなワルツ
・ギロさん:ジプシーキャンプ、まぼろしの騎士
・シュさん:キアリーナ
・ショさん:ワルツ10、19
・ハチさん:小さな歌、スケルツォ
・バッさん:組曲のメヌエット
・ブルさん:ボヘミャン
・ベトさん:エリーゼ、11バガテル1
・モツさん:なんまんだぶ

☆リア充グループ
・クペさん:L
・ベトさん:6バガテル5
・ラベさん:前奏曲


…結構頑張ったぞおれ。
頑張ったを通り越して、人んちで弾きすぎた気がしなくもない( ;´Д`)

まぁでも、今まで自分の部屋以外で弾いた中では、割と出来が良かった気がするぞ。


どやーーー!!( ;´Д`)







ペカ「美味しいか?美味しいよ。美味しいか?美味しいよ」



そうかそうか、俺の演奏は、そんなに美味いか。笑

今後は、誰が何と言おうが、俺は動物からも高い評価を獲得したピアニストだと言い張ろう、と誓った。

故モル作君は、俺がピアノを弾くと、超どうでも良さそうな反応してたけど( ;´Д`)


…まぁ、そんな事より、もう一個、確かめときたい事が。

このピアノは今、背中をリビングの壁に向ける形で置かれてる。
この壁の向こう側は洗面所になってるんだけど、そっちから聴くと、どうなんだろ。

なので、自動演奏を掛けて、洗面所から聴かせてもらった。
やっぱり、背面越しは音がそのまま貫通するね。
弱音ペダルをONにしても、同じように壁を越えてそのまま音が運ばれちょる。

うちに来たら、どの部屋とも隣接しない方向に背を向ける形で置く予定ではあるけど、やっぱ防音パネル買っといて良かったわ( ;´Д`)


そして、もうひとつ確認しとかねば…

義兄のお子さん達、2人ともピアノ習ってるらしい。
しかも、弟さんは結構上手いらしい。
今は電子ピアノだけらしいし一軒家だし、この2人、本当にこのピアノいらんの?
客観的には、婿なんかより孫に上げた方が有意義というか甲斐がある、って気がしなくもない。。

で、義母さんに聞いてみた。

えー、あげなくて良いんじゃないの、持ってきなよ( ´Д`)

…みたいな答えだった。笑
まぁ、俺は嬉しいけど。笑


こうして、正式に遠慮なく頂戴する事に決まった。


- まだつづく -

カミングアッぷ!!( ;´Д`) 

2018, 02. 06 (Tue) 01:02

ぁぁぁああああああああっっップライトピアノがうちに来る!!( ;´Д`)

俺に残った唯一の大きな物欲が、木っ端微塵に消滅する時が来た。


おれ「( ;´Д`)んごがぁぁあああ!!(よっしゃー)

よめ「まずは、お部屋片そうか」

おれ「い!?( ;´Д`)」

よめ「置く場所が、ね」

おれ「( ;´Д`)ぶぼぉおおおおおおををを!!(やったるで!!)」


いらない物を処分して、アプ様をお迎えする場所を用意する事にした。


・カシオの49鍵キーボードとごっついスタンド
モル作君が死亡する前後に血迷って衝動買いしたものの、3回くらいしか弾かずに、洗濯物干しと化した。
嫁さんにメルカリで売っ払ってもらい、さようなら。

・TV
昔、うちの親に新しいのを買った時に、引き取った。
でも、全然観なくて超邪魔なので、クローゼットで眠ってる。
嫁さんも全く観ない。
2人とも世の中に興味がなさ過ぎて、もはや繋ぎ方すら分からん。
近所のディスカウントショップに売っ払って、さようなら。

・本棚からはみ出た本類200冊くらい
さすがにもう読み返さない本や、電子で良いや、って漫画達。
amazonのリコマースで売っ払って、さようなら。

・CD
マイケルシェンカー、ディープパープル、ツェッペリン、カーペンターズ、アバ、チャカカーン、ゲンスブールとバーキン、TLC、林檎さん、バッハ、ヘンデル、モツ…もう全部Apple Musicで良いや。
amazonのリコマースで売っ払って、さようなら。

・もみもみマシーン
同僚達を見てて、サラリーマンの腰はガラスの腰なんだな、と危機感を募らせて、ヘルニア予防として購入。
http://morusaku.blog.fc2.com/blog-entry-222.html

もはや、全く使わない。
メルカリで売っ払い中。

・Amazonのチンドル
派閥争いに負けて会社を追い出された役員にもろた。笑
結局、全然使わん( ;´Д`)
ピアノに夢中になってから、全然本読まなくなった。
こいつも、メルカリかな。。


…よし、場所空いたぞ!!( ;´Д`)


次に、防音だ。
弱音ペダルとはいえ、音が貫通しないよう対策が必要だな、と感じた。
こういう、本末転倒な事ばっかり考えるのは、結構楽しい。


・足
ごっついゴム足(インシュレーターと言うらしい)が付いてて、これが音響面でかなり良かった。
ピアノは、主に聴いてる人達の耳を念頭に置いてるっぽく、弾いてる身としては、結構疲れる音の大きさだ。
相対的にかなり優しめの音量だったとしても、なかなかでかい。
それが、ゴム足があると結構、クリアな響きになる。
余計な反響が減って、部屋が揺れない、みたいな。

このゴム足だけでも何か大丈夫そうだったけど、調べた感触だと、床の防振は万全を期した方が、防音として効率が良さげ。
なので、遮音等級L-35です、とかいうペルシャ絨毯よりも胡散臭い絨毯を購入。

・裏っ側
アップライトは、裏の響板ってとこが天然スピーカーになってる模様。
先日、嫁さんの実家で確かめたけど、確かに背面越しの部屋に、全くボリューム下がらずに貫通してた。
なので、防音パネルってやつを購入。
静音DXというやつ。
こいつを背中にペタッと密着させると、20デシベルくらい減るらしい。
それって本当なら超凄い事だね。

で、業者の宣伝ページのグラフを見てみた。
どの製品も低周波音(ピアノの音域をがっつり含んでるよ)を華麗にスルーしてる。笑
せっかく良い物作ってるんだから、もうちょっと自信を持ってマシなデータ取ってくれよ、と思った。笑
まぁでも無いより遥かに良いだろう。
YouTubeで幾つか実証動画を漁ってみると、確かに効果が高そうだ。
でも、よくこんな製品発明したな、と思った。
考えた人は、めっちゃ頭良いね( ;´Д`)




なお、俺は買わなかったけど、吸音材はおバンドマン御用達のサウンドハウスもかなり充実してると思った。

このページの下にある動画とか、めっちゃ面白い。
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/157559/

これとか、高いけど凄いなぁ( ;´Д`)
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/201132/

アフィリじゃないよ( ;´Д`)


…よし、準備が整ったぞ!!( ;´Д`)

で、改めて嫁さんの実家に伺う事になった。


- つづく -

アプピ!!( ;´Д`) 

2018, 02. 04 (Sun) 21:31

嫁さんの実家のリビングには、アップライトピアノがある。
ヤマハの、フロッピーディスクがついてるやつ。
元々は、おじいさんのすんごいピアノがあったらしいけど、メカ大好きな義父が、フロッピーディスクに釣られて買い換えたらしい。
超もったいない。笑

で、以前、あちらの両親と話してる時に、そのピアノを持ってけば、と言われた。
今はもう誰も弾かないので持ち腐れなんだそうな。

え、まじで!?( ;´Д`)

前に記事に書いた事があるけど、アップライトの音がめっちゃ好きなんだ。
あの、シャンシャンびよ~んシャン、とした音がたまらん( # ´Д`)
古楽器の残り香も仄かに。

…しかし、うちは生ピアノの音なんか想定外の造りをしたマリリンマンソンだ。
今時、楽器の音漏れなんか許容されないだろう。

まぁ、そのうちまた引っ越す時にまだ誰の手にも渡ってなかったら、ちょうだいって言ってみよっかな、と思った。
次に引っ越すとしたら多分、弾きたい放題の環境を選ぶし、こういうのは、巡り合わせだもんね。


でも、嫁さんがバイヨリンにミュートってのをつけて弾いてるのを見てるうちに、考えが変わってきた。
バイヨリンは、そのミュートをつけて弾いても、結構音がでかい。
なので、ベランダ越しとドア越しに聴いてみた。
おぉ、全然聴こえないじゃん( ;´Д`)
結構しっかりした建物だなここ。

…そういえば、アップライトって、弱音ペダルとかいうのがあったな。。
あれなら、振動対策さえすれば大丈夫なんじゃないの?

でも、弱音ペダル経由の音色って、どうなんだろ。
篭ってあんまり良くない音なのかな。
弾きたくなるような音色なら、電子ピアノと併用できるな。
タッチは別にいっか。
重かったら軽くすれば良いし、そもそもピアノだろうが鍵盤ハーモニカだろうが光るキーボードだろうが、鍵盤の上に画鋲が巻かれてたり毒が塗られたりしてなければ、何だって良いんだ。

よし、お正月の三が日に、嫁さんの実家に行く事になってたので、その時にちょっと弾かせてもらうか。


おしょうがつ。
嫁さんの実家にお邪魔した。

玄関に入ると、美味そうな匂いが漂ってきた( # ´Д`)
そういえば、お正月はめっちゃ豪華だって言ってたな。。
むっひょ~(=´∀`)

おれ、いくらでも食えますよ~(=´∀`)


…あ、そうだ。ピアノ、ピアノ、ピアノだよ( ;´Д`)
弾かせてくらはい。


2曲くらい弱音ペダル付きで弾いてみた。

おおおおお、何だこれめっちゃ澄んだ音がするじゃないか。こりゃ、ええわ~( # ´Д`)

その後、弱音ペダルを戻して普通に弾いてみた。


アプ「ドゴーン!!!!」

おれ「ぐぁぁああああ!!( ;´Д`)」


そうだ、生ピアノは爆音マシーンだったな。。
ちょっと音量を下げてみた。


アプ「ピコーン」

おれ「ぬぅぅぉおおお!!( ;´Д`)」


瑞々しい音が響いた。。
随分とまぁ、落ち着いた音がするじゃないか。
寒暖のバランスが理想的だわ( # ´Д`)

むぅ、、このピアノ、めっちゃ良いなぁ。。
しかしこんな高級品、本当にもらって良いのか( ;´Д`)


…義兄一家の到着。

義兄さんも昔、バイオリンも習ってたみたい。
今は金融のとんでもないエリートさんで、しかもいけめんのスポーツマンで、性格も優しく話もしやすい、という高スペックなお方。
奥さんも人当たりの良い美人さんで、お子さん達も明るく礼儀正しい、という、凄まじい一家だ。

で、一緒にメシ食った。うまうま(=´∀`)

甥っ子姪っ子が次々とゲームを出す。

人生ゲーム→大富豪→テトリスのバーみたいなの使ったやつ、を順番にやった。
久しぶりにこういうのをやると、結構楽しいな(=´∀`)

その後、オウムのペカ君を愛でた。
何と、もうじき34歳だ!!( ;´Д`)


で、帰路についた。


…帰宅。




…あ!!ピヤノ!!( ;´Д`)


おれ「ぐぁぁあああップライト!!( ;´Д`)」

よめ「え、な、な、なに?あのピアノが気に入ったの?」

おれ「いえす!!アイキャン!!( ;´Д`)」

よめ「あ、そ、そう…じゃぁ、こっちに持ってこようか」

おれ「ぐぉおおおおお!!!!( ;´Д`)」

よめ「音はどうだった?」

おれ「( ;´Д`)むがぁぁあああ!!(訳:とても綺麗な音でした)」

よめ「あ、そう。良かった」

おれ「( ;´Д`)ぐぇぇええげぼぁぁああ!!(訳:なぜか新品みたいな音がしました)」

よめ「殆ど弾いてないからね~。あと、一応ずっと調律してるみたい」

おれ「ぐんんぬぁぁああああああ!!!!( ;´Д`)」

よめ「…えーと」


義母さんも、昔オケで演奏してたらしく、楽器は使わない時期でもちゃんと大事にしよう、って考えで、ずっとメンテしてたみたい。
そういえば、外観も綺麗だったなぁ。
電子ピアノにも速攻でシールを貼る俺とはえらい違いだ( ;´Д`)


…そして、嫁さんが実家にお電話した。

持ってって良いぞよ、と。


うっひょ~(=´∀`)


あ、そうだ、先に書いとこう。

「電子ピアノはピアノじゃない」
「いやいや、最近の電子ピアノはアコースティックと遜色ない」

…この、延々と垂れ流され続ける稚拙な二元論。

前者は、残念な人生経験と精神状態の持ち主だと言わざるを得ない。
後者は、人の評価に惑わされ過ぎと言わざるを得ない。

持ってる楽器や環境を間接的にでも攻撃する展開になるような記事を書かないようにしたいな、と思うわけです。


- つづく -

ベーチョー便:11のバガテル1番 

2018, 01. 25 (Thu) 01:54

めっちゃ久しぶりに録音した。
https://youtu.be/bZ7qiFJ1X0o


録音も、期間が空くと緊張するね( ;´Д`)
なので、リラックスするよう、普段通りに足を組んで弾いた。

でも、そうするとだらけ過ぎるので、譜面台にピアノの半神達の絵を置いて、厳かな気持ちを取り戻した。

でも、そうすると今度は萎縮してしまうので、ネズミの神様にもご一緒願った。


このベトちんの曲は、確か半年くらい前に暗譜して、それ以来ずっと好きで弾き続けてる。

バガテルちゃんシリーズの中では弾きやすい方で、指回りはOp.126-5とかエリーゼと似たようなもん。
音がちょっと細かいので、リズム感の粗を聴き取りやすいかもしれない( # ´Д`)

古典初期っぽい音並びの曲なので、元々の曲想は、もっと音の歯切れが良いんだよね。
自分的には緩さとカーブが欲しかったので、こんな感じの音繋ぎに。
でもって、古典でよく出てくるターンがあんまし好きくないので弄っちょります。滑ったけど( ;´Д`)
ペダルもちょこちょこ。

ベトちん、怒んないで~(=´∀`)=σ))´Д`💢)



本当は、後半の重音のとこは、pで始めてクレッシェンドにして途中からペダルも入れる、って風にしたかったんだけど、それは熟練の制御力が必要そうなので、5秒くらい苦悩した結果、諦めますた。


なお、この曲の後半~終盤は、悲劇的な曲調らしい。


おれ「あ、そうだったんだ…( ;´Д`)」

嫁様「うん…え、どんなイメージで弾いてるのここ?」

おれ「あの辺は…『(=´∀`)うひょひょひょ、うひょひょひょ、うっひょ、うっひょ、うひょひょひょ~』…みたいな」

嫁様「…」


- 完 -

地獄の鐘が鳴る!! ( ;´Д`) 

2018, 01. 15 (Mon) 21:37

のんびりやってこうじゃないか、と常に思ってる

結果、心に余裕が生まれる

結果、曲がてんこ盛られる

結果、余裕がなくなる

結果、のんびりやってこうじゃないか、と思い直す

結果、心に余裕が生まれる

結果、曲がてんこ盛られる


そして、思った




ちゃんちゃららっ

らららっ

ららららららら(=´∀`)




・ヘルベルさん:パッヘルベルのカノン

ベトさんのソナタは、死ぬほど時間が掛かりそうな上に、曲調も壮絶なので、リフレッシュ効果の高そうな曲として追加。
長さもあるし、ベトさんと裏表のセットとして機能してくれるだろうと期待してる。

北半球の住人でこの曲を知らない人は殆どいないんじゃなかろうか。
ピアノ始めた頃から意識してた曲のひとつ。
現存してる曲の中では世界一綺麗だと思ってる。

大量のアレンジが出回ってるのに、なかなか好み且つ弾きやすそうなのが見つからなかった。
全音ピースは、音の配置的には原曲に忠実なんだろう。
でも、俺はあのアレンジを聴いて、昇天前のラオウが浮かんだ。
そのままピアノに移行したら、いくら何でもゴツすぎでしょ、と思った。笑

結局、kmpってとこのアレンジがちょうど良く感じた。
しかも、難しい版、簡単版、連弾用の3種類が入ってて、簡単版もかなり良い感じ。
簡単版を使う事にした。

そういばこの曲、ピアノ始めてから演奏動画を観て驚愕したよ。
ピアノ始める前は、そんなに難しそうには聴こえなかったけど、めっちゃむずいね。
乖離しすぎて届かないヘ音が散見してるので、右がやたら忙しい。
まぁ、ピアノアレンジの宿命ですな。
遅々とした進捗ざんす( ;´Д`)

なので、ちょくちょく気晴らしに、


レ→ラ→シ→♯ファ→ソ→レ→ソ→ラ

…を

レ→ラ→シ→♯ファ→ソ→レ→ソ→♯ソ


…みたいに不協音を混ぜて遊んだりしてる。笑
奥様に好評だ。


なお、簡単版には「ブルグミュラー程度」って書かれてる。
人の名前を使って「◯◯程度」とか、絶対バチ当たるぞ。笑
しかも、まるでブルグさん自身がめっちゃピアノヘタクソだったかのような書き方。笑

をんてゐ!!( ;´Д`) 

2018, 01. 04 (Thu) 18:54

楽典も和声もコード進行も、この音程は何とか何度だから~、って話が出ると、途端に何言ってるんだか分からなくなる。

で、色んなサイトの説明を読むんだけど、どれも増とか減とか出たあたりで、前提を全く理解できない。

むぅ…一体、どこから増やしたり減らしたりしてるんだ?( ;´Д`)


で、嫁さんにヘルプしてもらって、やっと理解できた。
読み返せばすぐに思い出せるよう、さっさとメモっとかねば( ;´Д`)


★☆★ 2つの音程の度数の数え方 ★☆★

☆★☆ 前提 ☆★☆
・長調の開始音(ハ長調ならド)を起点に数える
・長調のスケールの音程の距離と一致したら「長×度」
・でも長1、4、5、8度は「完全×度」
・「長×度」や「完全×度」の半音上は「増×度」
・「長×度」の半音下は「短×度」
・「短×度」の半音下は「減×度」
・「完全×度」の半音下も「減×度」

☆1度
・ド:ド →完全1度
・ド:♯ド →増1度

★2度
・ド:レ →長2度
・ド:♯レ →増2度
・ド:♭レ →短2度

☆3度
・ド:ミ →長3度
・ド:♯ミ →増3度
・ド:♭ミ →短3度

★4度
・ド:ファ →完全4度
・ド:♯ファ →増4度
・ド:♭ファ →減4度

☆5度
・ド:ソ →完全5度
・ド:♯ソ →増5度
・ド:♭ソ →減5度

★6度
・ド:ラ →長6度
・ド:♯ラ →増6度
・ド:♭ラ →短6度

☆7度
・ド:シ →長7度
・ド:♯シ →増7度
・ド:♭シ →短7度

★8度
・ド:ド →完全8度
・ド:♯ド →増8度
・ド:♭ド →減8度

網羅はしてないけど、↑の答えが迷わずに出れば、理解に齟齬はないと思われる。
重増と重減も同じ発想で、単に拡張しただけなので、割愛。

…なるへそ( ;´Д`)


前は↓の違いが分からなくて混乱してた。

・ド:♯レ →増2度
・ド:♭ミ →短3度

でも、音程の距離は基本、楽譜と調性ありきで考えるので、そもそも♯か♭の片方しか付かない。
混乱してる時点で前提を理解してないんだ、と分かった。

やっとスタート地点かいな( ;´Д`)


- 完 -

エツード更に追加!!( ;´Д`) 

2017, 12. 30 (Sat) 15:43

新たにメニューを組んだんだけど、休日に入ってピアノ弾く時間が増えたので、もうちょぃ補強する事にした。


練習と言えばチェルニーさんの100とか30のシリーズが代表的な模様。
俺はこの2つのシリーズに、やりたい曲があるんだ。
特に30のやつ。
しかし、これ、むずいね( ;´Д`)

そういえば、チェルニーさんの曲をみっちりやると、後々ベトさんのソナタとかの曲を弾く時に役に立つらしい。
何か似てるらしい。




ほほぅ!!!!!( ;´Д`)




なるへそ!!!!!( ;´Д`)




って事は!!!!!( ;´Д`)




つまり!!!!!( ;´Д`)




ベトさんのソナタをみっちりやると、後々チェルニーさんの曲を弾く時の役に立つって事だな(=´∀`)


よし!曲決まったぞ!!


・ベトさん:ピアノソナタ17番:第3楽章

10ページあるわこれ( ;´Д`)
まだ1.5ページ。

最初は、エリーゼと似たような難易度。
その後、いきなり下手くそを嵐のように撲滅してやる的な、振り落としに入る。
もちろん、振り落とされまくってる。笑
ムズすぎて笑ってしまう。
まぁでも、意外と暗譜しやすくできてる。
2ページ目が山ですな。


なお、このソナタのタイトルは、弟子とか全然関係ないおっさんがつけたらしい。


弟子「この曲、何て言うんすか?」

ベト「うるせー!テンペスト読んどけバカヤロー!!」

弟子「ひーすいません( ;´Д`)」


ベトさん、シェイクスピア好きなのね。
おらもやで(=´∀`)

この楽章の出だし、エリーゼみたいに左のアルペ音と右の開始音、終端音がひたすら循環してて、しかも本当の会話よりも規則性をはっきりさせてて、確かに戯曲っぽさを感じる。
切れ目のなさと区切りの存在を両方同時に意識させられるなんて、作曲家は凄いね( ;´Д`)

ベトさんのソナタ曲を調べると、やたらニーチェさんが出てくる。笑
この人たち、セットで語られやすい模様。
確かに、偏見の持たれ方がそっくりだよ。笑
でも、ニーチェさんの本、誤読の落とし穴がめっちゃ多いし、ベトさんの曲を解析する目的で読むのは、固定観念に繋がる可能性大だと思う。
耳が良い人や音楽的に培った物がある人は、それを信じた方が良いんじゃないかな。


さすがに、この曲は仕上がらないだろな( ;´Д`)
まぁでも、何かの足しにもなるだろう。
何の足しにならなかったとしても、あんまり音楽を踏み台扱いするのもね、って気もするし、まぁ何だって良いさ。笑
気長にやるぞ。

エツード!!( ;´Д`) 

2017, 12. 20 (Wed) 20:27

何曲か曲を仕込んだので、弾き込み期間に突入。

よし、じゃぁ新しい曲を追加するか…




…あり?( ;´Д`)
曲が見つからん。

大体いつも、何かしらあるんだけどね。。
何とかなりそうな範囲で、弾いたみたかったやつは根こそぎ、心の自撮り棒に突き刺した模様。
そこそこ充実してきたし、腕のキャパ的にも、このくらいが限度かな。

ひとまず、既存の曲達を弾き込んで、一体化を目指す事にした。
そのうち、自分と曲との区別もつかないようになるだろう。




更に!!!!!




なおかつ!!!!!!!!!!( ;´Д`)








クラチックは便利だ。
目先を変えたい時は、トレーニング系統のものがたくさんある。


まずは、↓これやるかな。

・根津さん:こどものスケール・アルペジオ

レッスン受けてた頃に使ってたやつ。
半分くらいやったような。
やってるうちに、他の曲の暗譜が結構楽になった。

あと、やってみると意外と曲っぽい響きだったので、そういう曲だと思って弾いてた。
そりゃ、そうか。
大昔に選別された音階、音のセットだもんね。
音階やアルペジオ、和音が単体で何も感じるものがなかったら、作曲家達だって曲に組み込まないか。
そして、挿絵もすんばらしい( # ´Д`)


その後は、どうしょかな。。
読解力を上げたいので、量が欲しい。


ハノンさん、根津さんのやつより難しそう。
誤用注意の劇薬臭もぷんぷんするので、除外。

コルトーなんちゃらと、何とかピシュナ、音が不気味すぎて挫折済み( ;´Д`)

ブルクさん25、やりたい曲がなくなったので、おしまい。

ブルクさん18、曲を単体で弾きたいので、除外。

チェルニーさん、特異な人ですな( ;´Д`)
未来の極東の地で、何十年間も同じ論点で延々と議論され続ける事になるとは、夢にも思わなかっただろう。笑
ブルクさん18と同じく、曲を単体で弾きたいので、除外。

バッハさん、バルトークさん、同じく、曲を単体で弾きたいので、除外。

バイエルさん、10分くらいで挫折済み。

トンプソンさん、15分くらいで挫折済み。


…そして、残った候補↓

・名無しさん:メトードローズ
・クーペさん:ピアノのアベシ
・三善さん:教本か作品集
・バスちん:なるべく挿絵が多いやつ


メトードローズは、ピアノ始めた当初から気になってた。
ピアノのアベシは、Lを弾いて満足したけど、その後も面白い曲がちらほらある事が判明して、また興味出てきた。
三善さんは、嫁さんの母校の校長先生だったらしい。
この人が残した曲の音楽性は、嫁さんのお墨付きだ。
バスちんの挿絵と誤記には高い芸術性を感じる( ;´Д`)


…う~ん、根津さんが終わる頃に決めよう。


- 完 -