ソパンさんが即興で伴奏した時の再現 

2015, 01. 19 (Mon) 00:40

ソパンさんのワルツ3番は「Grandes valses brillantes (華麗なる円舞曲)」の1つだけど、「華麗」ってよりも、まぁ言われてみればちょっと優雅かなって感じ。

・ソパンさん:ワルツ 第3番 (華麗なるワルツ) イ短調 Op.34-2
https://m.youtube.com/watch?v=9IcP_6iwdcw

嫌いじゃないな、くらいに思ってた。

で、ソパンさんがこの曲を生徒に教えてた時に、伴奏した旋律が記録として残ってるそうな。
その伴奏が混ざると、ちょっと明るくなって良い感じなんだよね。

↓の2分過ぎのとこ
https://m.youtube.com/watch?v=exRa1dRndTU

このおっさん(Cyprien Katsarisさん)、とても高名なピアニストらしい。

おっさんのWikipedia

ヤマハのおっさん記事

いかにも向こうの音楽家って感じの指導が面白い。
序盤、生徒がちょっとうんざりしてるし。

でも、この指導を観てたら、この曲も覚えたくなった。
結構な無茶振りをしてるけど、レッスンの中でどんどん上達してく感じが面白い。
おっさんの笑顔が眩しい。
スポンサーサイト