ソパンさんワルツの演奏者 

2015, 01. 28 (Wed) 11:33

ソパンさんのワルツは色んなピアニストに弾かれて、ほんと、弾く人によって、速度もアクセントもタッチも様々。

で、ワルツ10番は、iTunesで色々物色したけど、↓この人の弾き方が1番、好みというか、自分的に完成形はこのピアニストの演奏だわ、って思った。
https://m.youtube.com/watch?v=DJqJLH3lm34

…あれ、音質悪くて、ぺなぺなしてる( ;´Д`)
iTunesから落としたやつは、もっと大分かなり鮮やかだったんだ。

まぁ、いいや。
弾いてるのは、レギーナ・住めんじゃんか(Regina Smendzianka)っていうポーランドの人で、ソパンさんコンクールの審査員をやってたおばーちゃん。

おばーちゃんのWikipedia

残念ながら、もう他界してる模様。

19番も、この人の演奏が1番しっくり来た。
https://m.youtube.com/watch?v=7ARo7urp6Q4

ピアノ始めるまで、同じ曲でもピアニストによってこんなに違うなんて、知らなかったよ。
っていうかソパンさん、同じ曲の楽譜も複数あるとか。
特にワルツ10番は、版によって結構な違いがあるとか。

そういえば、前に書いたCyprien Katsarisのおっちゃんの10番演奏も、良い感じ。
https://m.youtube.com/watch?list=PLnZiPJDqwdQRqoW3kGc0iQmpMspUZyhWK&v=_J88UWhZCWo

3番と12番は、ブーニン(Stanislav Stanislavovich Bunin)って人の演奏が1番美しく感じる。
動画は見つからなかった( ;´Д`)
7番は、日本人のピアニストの演奏が1番綺麗に感じた。
でも、誰だか忘れた。
まぁ、練習するようになったらまた探すよ。
スポンサーサイト