ワルツ19番のペダルと左手の打鍵 

2015, 02. 01 (Sun) 00:29

この類のワルツ曲は、3拍子の頭で踏んで、3拍子目で離す、みたいに、3拍子のリズムを取るように踏むのが、基本らしい。
確かに、10番とか、そういうふうに指定されてる。

でも、19番の楽譜には、ペダルの指示は書かれてない。
で、レッスン受けたら、楽譜にペダルの指示を書いてくれた。

この曲は、最初の1拍目だけペダルを効かせて、2拍目のタイミングで離すのが良さそう、との事。
細かくは、2拍目と同時に離すんじゃなくて、打鍵よりやや遅らせて離すのが良いんじゃないか、と。

左手の打鍵は、1拍目は気持ち強めに、2と3拍目は軽く、スタッカート気味のが良いかも、と。

この曲、最初に持ち込んだ時、先生は存在を知らなかった。
多分、遺作の中でも発見が遅かったらしいから、日本語版の古い楽譜に追加されるまで時間が掛かったのかも。
つまり、初見で曲想を理解して指示を書き込んで、更に模範演奏までしてくれた。
更に、前にゆにくあさんにコメント返して思い出したんだけど、模範演奏の時に、iPhoneに曲が入ってたら再生してくれって言われて、Regina Smendziankaさんの演奏を再生したんだ。
そしたら、速いわねこれ、とか言いながら、概ね同じ速さで弾いてた。
楽譜を目で追いかけながら。
しかも、演奏自体も綺麗なんだよね。
さすがに、たまげた。
プロの講師の演奏力は、俺には判断不能だけど、底知れないというか、凄いわ~、と思った。

少し話変わるけど、今は↓こんなのもあるのね。凄い世の中だ。
https://m.youtube.com/watch?v=LRe8d9wnX3w

猫ふんじゃったは、楽譜だと結構複雑なので、確かこんな感じのチュートリアルで覚えた。

おまけ。↓こんなのもあった。格好いい。
https://m.youtube.com/watch?v=j1Kl_ROm-DY
スポンサーサイト