最近の練習 

2015, 03. 14 (Sat) 23:14

ここ3ヶ月くらい、ソパンさんの曲の練習ばっかりしてた。
ソパンさんの曲は、初心者用の練習曲じゃないので、練習効率的に体系的とは言えないんだろうけど、それでも単純に、楽譜読んで手を動かして、って事を繰り返して、得る物が結構あった気がする。

・ソパンさん:ワルツ10番

ミス率がだいぶ減って、弾き方も、俺上手くない?って陶酔する時が増えてきた。
曲想を考えて弾く余力も出てきた。
だがしかし、暫くはこれ以上、この曲は上手くならない気がする。
他の練習曲を色々やって、またこの曲に戻って来る頃には、またマシになるだろう、と。
なので、次かその次のレッスンあたりで、OKを取りに行かねば。

・ブルクミュラーさん:清らかな小川

こんな保持音だらけの曲は初めてで、右手に力が入りやすい。
なので、あんまり何時間も根詰めると、指を痛めそう。
久しぶりに、腕が張った。
脱力できるまで、もっと馴染ませなきゃなぁ。。
でも、もう暗譜もしたし、ミスタッチも殆どしない。

この曲は、弾いてびっくりする。
常に保持音を押してるから、普通の和音とは違った音の混ざり方で、少し速めに弾くと、急に響きが変わる。
水の流れる音って、こうやって作るんだー、って驚いた。
あと、何度も練習してるうちに、調子が上がると、手の動きが変わる。
サッサッ、っで瞬時に動くようになる。
どの曲でも慣れればある程度、無駄な動きは減るもんなんだろうけど、この曲に慣れた時の手の動きは、明らかに他の曲と違って、最短距離で移動する。
で、俺上手くなっちゃったじゃ~ん、と思って他の曲を弾いてみると、あれ?今までと大して変わらない。
不思議な曲。
でも、この動きを身体に叩き込めば、何かが少し変わる…かも。
まさに練習曲、って感じ。
スポンサーサイト