カバレフスキーさん:Op.89-33 ワルツのように 

2015, 04. 26 (Sun) 23:15

自由ヶ丘に貸しスタジオがあって、アップライトピアノも置いてあるそうなので、行ってみた。
予約しないでいきなり行ったら、夜まで空いてねーよ、と。
で、隣の都立大学駅の店舗にはピアノ専門のスタジオがあるので、そっち行け、と。
で、そっちに行って、2時間弾いてきた。

都立大学駅のスタジオには、グランドピアノの部屋も複数あった。
グランドピアノはレッスンで弾けるので、アップライトにしてみた。

生ピアノ、音でかっ!
軽く押しただけでめっちゃ響いて、びびった。
レッスンだとそういうもんだって慣れてて、あんま気にならないんだけど、何かびっくりした。
グランドと比べると、アップライトは、何かもっと、弦楽器って感じの音だね。

で、せっかくだからと、録画してみた。
ちょっと緊張するね。

自分の演奏をまじまじと聴いたの初めてだけど、あまりの糞っぷりにiPhone握りつぶしたくなった。

間違えない事ばっかり気にしてるとこうなる、という例
https://m.youtube.com/watch?v=3mgfm7us4lA

これは、カバレフスキーさんの「ワルツのように」という曲で、去年の10月に練習してたやつ。
地味で簡単すぎて、この曲の演奏動画は誰もうぷしてないっぽかったので、ひとまずこれをうぷした。
カバレフスキーさんの「ワルツのように」は、同じ名前の別曲があるみたいで、そっちはよくYouTubeに上がってる。
でもね、これも本当は良い曲なんだよ。
こっちのが簡単だし。

上手くなったら撮り直して、こいつはなかった事にしてやる!

あと、また気が向いたらスタジオに行って、グランドで他の曲も撮ってみる。
出来が悪すぎたら、うぷはしないけど。
スポンサーサイト