指先ぱっくん 

2015, 06. 26 (Fri) 23:40




先月、レッスンに行く30分前に、寝ぼけながら出掛ける準備をしてた。
そしたら、右手の親指と中指の先っちょをスパッと切って、血が噴き出た。鮮やかだった。

ひとまず絆創膏で傷口を無理やり押さえつけて、レッスンに行った。

レッスンで弾いても、痛くなったり傷が開いて、鍵盤を染めたりする事はなかった。
絆創膏をつけてると、ちょっと鍵盤滑る。
けど、集中してれば支障ない程度だった。

家の電子ピアノの鍵盤だと、滑る滑る。
特に中指。
親指の方がぱっくり切れてて、ちゃんとくっつくまで時間掛かったけど、中指のが打鍵に影響出やすかった。

なので、練習の趣旨を変えて、ミスタッチしても弾き直さないで、リズムを保つ事を優先する、みたいにしてみた。

…とか何とかやってるうちに、傷口が塞がって乾ききった。

指先切ると、洗い物とかお風呂とか、あらゆる事に支障が出るね。
モル作にメシ食わせるのすら、微妙に気を使った。
モル作をなでなでする事には支障がなかった。(避けられてるから)

先生は、アマチュアでもピアノを弾く身なら、お手々の怪我にはなるべくで良いから気をつけようね、と言ってた。みんなも気をつけてね。

最近の練習。

・クーペさん:ピアノの練習C

ハノンとかピシュナみたいな運動に特化した類じゃなくて、チェルニーの練習曲みたいに、技術的な課題を曲にしました的な曲集。
簡単に言うと、チェルニーの練習曲から強迫神経症的な要素を抜いた感じ。
技術自体は、チェルニーさんシリーズのが断然伸びると思う。

こっちは曲名がA~Zになってて、それぞれExerciseとPracticeの2曲で1セットになってる。
Jだけないので、25の予備練習曲と25の本ちゃんの曲で、計50曲。

Jだけないのは何でだ。
2つ説明があった。
どっちも歴史的、文化的な背景からの推測で、証明材料はなし。

1.大昔のアルファベットにJがなかったから説
http://wedder.net/kotoba/letters2.html

2.ユダヤ人(Judas?)が迫害されてた時代だから説
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/64839.html

レベルはブルクさんの25の練習曲と、どっこいどっこい。
こっちのがちょっと簡単かな。
良い曲揃いで弾きやすいし、最近はこの曲集が1番楽しい。

・ブルクミュラーさん:シュタイヤー舞曲

指がよく動く曲。
練習不足すぎて、どんどん下手クソになってく。

・カバレフスキーさん:風変わりなワルツ

この曲は、譜読みでめちゃめちゃこんがらがった。
去年の年末に、何か難しめの曲をやろうと思って、ソパンさんのワルツ10、19、それからこの曲を候補にした。
で、この曲が1番弾きやすそうだったけど、譜読み自体は1番難しかった。
なので、ワルツ10と19をやった。
とはいえ、覚えちゃえば運指自体は大した事ないので、ひとまず無理やり暗譜した。
でも、リズムが狂う。

最近は、あんま練習できなくてストレス溜まる( ;´Д`)
スポンサーサイト