打鍵打鍵 

2015, 08. 13 (Thu) 19:58




手の形とか指の進め方、あと手首の使い方みたいな奏法的なのは、その時の習熟具合や弾いてる曲に応じて、レッスンで口出ししてもらうようにしてる。
今のところ特に支障とかは感じてないんだけど、一個、方針決めよっかな、と思いつつもレッスンで質問し忘れてた事。

だいぶ前にどこかのページで「一瞬でも良いから鍵盤に指が触れてる状態を確認してから弾く」というのを推奨してた。
当時はブルクさんの素直な心をやってたので、素直に実践してみた。
変なとこ押して、いやん( ;´Д`)間違えちゃったってならなくなったし、リズムとテンポも安定した。

でも、めんどくさかったので、それ以降はそんな弾き方してない。
指が到着した瞬間に突いてる。
もしくは、鳴らすだいぶ前から指を置きっ放しにして、機が熟したら、うっしゃ押すぞコノヤロー!と思って押す。

時々だけど、この「一瞬でも良いから鍵盤に指が触れてる状態を確認してから弾く」って弾き方を推奨してるページを見かける。
あんまり気に留めてなかったので、どこに書いてあったか忘れた。

最近、もしやこれ当たり前のようにやった方が、精度とかリズム合わせとか良くなるのかな?と思い始めた。
次のレッスンで聞いてみようかな、と。
レッスン時間外でもこっちから質問すると、めっちゃ濃厚な説明を返してくれて申し訳なくなるので、なるべく当日に質問したいの。
なのでとりあえず、今日とか試してみようかな、と。
ブルクさんのバラードは、近い場所をうろちょろするだけなので、あんまり参考にならなさそうなので、やりづらそうなスツリアンヌとエリーゼ君で試してみる。

そして、アンケートでございます。

「一瞬でも良いから鍵盤に指が触れてる状態を確認してから弾く」←これって、皆さんやられてたりしますか?
めっちゃ知りたい。狂おしい程、知りたい( ;´Д`)
暇だったらで良いから教えて。

知恵袋で青ロボットに聞けとか言わないで( ;´Д`)
スポンサーサイト