来週やっとレッツン 

2015, 08. 21 (Fri) 20:19

抱えてる曲達が良い感じに育ってきた。

・クーペさん:ピアノのアルファベットのC

仕上がった。
良い曲だから、レッスンでOKもらった後にペタル入れしてみようかな。

・クーペさん:ピアノのアルファベットのD

他の曲ばっかりやってて忘れてた。
そろそろやってみようかな、と。
本当は1番重要なのはこの曲集だし、殆との曲が好みだから、もっと比重置いた方が良いんだよね。

・ブルクミュラーさん:シュタイヤー舞曲

暫く放置してたけど、再開したら課題点がだいぶ直ってた。
結局何かしらの曲を練習してるので、指と音感は成長してる、って事なのかな。
たぶん次のレッスンでOKになりそう。
この曲は、のたのた弾いてると、あぁしょうもない曲だ( ;´Д`)って思う。
でも、スピード出て軽い感じで弾けると、なかなか艶っぽい曲だなぁ、と思う。

・ブルクミュラーさん:バラード

ちょこちょこ弾いてるうちに良くなってきた。
スピード上げると、必ずどこかが破綻するけど、レッスン1発目としては上々の仕上がり。

・エリーゼたん

これも、レッスン1発目としては上々の仕上がりだと思う。

中盤のターンを無視してたとこを覚えた。
直前の気色悪い和音も何とか。
中盤を綺麗に軽やかに弾くのは、結構な実力が必要だな、と思った。
まだまだ左が汚いわ( ;´Д`)

終盤の左連打と右和音のとこは暫く辿々しくて、ペタルの繋ぎも何かブツ切れになるので、重点的にやったら、マシになった。

ラストのとこは、アルペジオ↑にクレッシェンドを掛けてみたら、何か違う人の曲みたいになった。
しかも、自分に酔いすぎて失敗する。
脳みその問題なので、ピアノ教室じゃ治せない。

エリーゼのためには、恋愛の始まり~終わりのサイクルが詰め込まれてる的な解釈を読んだ事がある。

★原曲にストーリー当てはめ

・主題が頻出する
ベートーベンさん、彼女を讃える。

・中盤の速くて軽やかで明るいとこ
キャッキャうふふ。。

・後半の連打と重音
貴族じゃないし、お前40歳だろ、みたいな現実に打ちのめされる。

・終盤のアルペジオ↑
何かこみ上げてる。

・半音階で↓
失恋しちゃった( ;´Д`)

・ラストで主題再現
追憶的なやつ。

・タイトル
バガテル(小さな思い出的な)

★俺の仕上がり具合

・主題が頻出する
ベートーベンさん、早くも粘着性を発揮。
エリーゼたん、やつれ始める。

・中盤の速くて軽やかで明るいとこ
痴話喧嘩で言葉をカミ始める。
エリーゼたんもブチ切れて、早口で反撃。
めっちゃ怒ってて、呂律が回らない。
18世紀のウィーンにパトカー到着。サイレン4回。

・後半の連打と重音
お互い言っちゃいけない事を言いまくって険悪さが極まる。

・終盤のアルペジオ↑
泥酔して踊り始める。

・半音階で↓
こける。あらららららら~( ;´Д`)

・ラストで主題再現
急に思い出す。

・タイトル
記憶が怪しくなる。
「エリーゼちゃんだっけ…テレーゼちゃんだったかな?エリザベートたん?え、と…バ…ガテルちゃんだった気がする( ;´∀`)」
スポンサーサイト