モル作どんとの会話 

2015, 08. 27 (Thu) 22:20


ヘンゼルとグレーテルを地で行くモル作さん


モル作どんは、糞ペットショップでの2年間の暗黒時代、人に慣れる機会を持たなかった模様。
人はあくまで捕食動物、食い物を落っことしてくので、奴らか立ち去ったら食おう、みたいな考え方で、コミュニケーションを取る発想がなかった。

野生のモルモットは、群れで草原に行って各自で食事する。
群れからはぐれないよう、時々歯を擦り合わせて、チャッティングノイズという音を出して、それぞれの居場所を教える。

★参考:モル語学
http://morusaku.blog.fc2.com/blog-entry-34.html?sp

飼い始めてから少し経った頃、これを使って、俺とモル作は遠巻きに会話するようになった。

おれ「モル作くん」

モル「…」

おれ「元気かね?」

モル「…」

おれ「…チッチッチッチッ(舌を口内の上に当てて弾いて鳴らす)」

モル「…」

おれ「チッチッチッ…」

モル「…シュクシュクシュクシュク」

おれ「チッチッチッチッチッチッ…」

モル「チキチキチキチキチキチキチキ…」

おれ「チッチッチッチッチッチッ…」

モル「チキチキチキチキチキチキチキ…」

おれ「チッチッチッチッチッチッ…」

モル「チキチキチキチキチキチキチキ…」

おれ「チッチッチッチッチッチッ…」

モル「キチキチキチキチキチキチ基地…」

どっちかが飽きるまで続く。

- 完 -
スポンサーサイト