間を置かずレッスン 

2015, 08. 30 (Sun) 19:38


アナリーゼに興じるモル作さん


来月は、久しぶりに月2回。
直近は明後日。
前回から1週間しか空いてないけど、成果はそこそこ出そう。

・クーペさん:ピアノの練習のD

Cが終わったので、手をつけ始めた。
楽譜から目を離さないでやる趣旨なので、辿々しい。
でも、他の曲と練習方法が違うお陰で、進歩が分かりやすい。
曲自体もかなり面白い。
この曲集は、奇抜とかじゃないんだけど、どの曲も独特の味わいがあって飽きづらい。
ピアノ曲以外のを思い出しても、あんまり似た曲が浮かばない。
ル・クーペさん、練習曲以外の小曲集みたいなの出してないのかな。
出してて欲しい。
→追記:ソナチネとか出してた

メカニカル観点ではかなり温い類だと思うんだけど、それでも25曲×2→50曲あるからね。
きっちり仕上げながら進めれば、相当な蓄積になるだろうと、かなり期待してる。
期待で、色んなところを膨らませてる。

・ブルクミュラーさん:シュタイヤー舞曲

こないだのレッスン以降、3回くらい弾いた。
どんどん悪化してるので、やる気を注入し直さねば。
速度上がると絶対楽しい曲だからね。

・ブルクミュラーさん:バラード

こっちは、指定速度でも破綻しなくなってきた。
なぜなら、本読んでる時とかも読みながらコル作の前に座って左手だけで、ずーっと出だしのデロデロデドロロ、ってとこを繰り返し弾いてたから。
アラベスクやってた頃に比べると、かなりの進歩を感じる。
ギロックさんのしょぼしょぼバロックも結構良かったんだと思う。

・エリーゼたん

これ本当、綺麗な曲だね。
メロディとか飽き飽きしてるのに、弾いてる時の酔い具合が目減りしないや。
教室のグランドで弾いた時の響きが忘れられない。
スポンサーサイト