次のレッスンまで2週間近くある 

2015, 09. 11 (Fri) 21:54

・クーペさん:ピアノの練習ABCのD

この位の難易度の曲なら、殆ど鍵盤見ないで弾けるようになってきた。
初見ですらすらすら~、は無理だけど、楽譜見ながら弾いて演奏チェックだぜおらー!みたいな。

その代わりというか、和音が変わる時のタッチが不揃いになった。
特に移動直後の一発目の和音が不揃いになる。
レッスンでは、左の小指が弱くて押してない、という指摘だった。
和音の指が不揃いとか、めっちゃ退化した気分( ;´Д`)
とはいえ、次のレッスンまでにはOK出るようにはできそう。

・ブルクさん:シュタイヤー舞曲

リズム狂ってた原因が分かったので、改善中。
しかし、既に曲に飽きてるので、あんまり身が入らない。

・ブルクさん:天使の合唱

この曲からは、ABCと同じように、なるべく楽譜見ながら弾くようにしてる。
左右でアルペジオのキャッチボールをする曲は、今まで1曲しかやった事なくて、それはレッスンには持ち込まないで、単に目先を変える目的でやってたんだけど、いつの間にか忘れてた。
なのでこの曲は最初、かなり取っつきづらかった。
ようは和音のポジショニングで良いんだ、ってのをはっきり意識したら楽になって、何度かやってるうちに、弾けるようになってきた。

レッスンまでにはそれなりに仕上がりそうだけど、たぶん音のコントロールで指導が入るだろうな。
それなりに長引くだろうけど、結構気に入った曲なので、暫く弾き続けてても良いかな。

これが弾けるようになったら、似たような技術の曲として、ギロックさんの叙情小曲集に入ってるまぼろしの騎士ってやつも覚えたい。

↓これの1曲目のやつ。
https://m.youtube.com/watch?v=rNqlDIXUsAs

・ブルクさん:タランテラ

天使に取っ付けなかった時に、現実逃避で手を出した。
出だしやメインっぽい部分は、派手な割には弾きやすい。
2声になるとこが苦手。むず( ;´Д`)
レッスンでやるのは来月だろうから、忘れない程度の練習に留めて、なるべく天使に集中してる。

こいつを覚えたら、似たような技術の曲として、カバレフさんのこどものためのピアノ小曲集の3番のエチュードもやりたい。

↓こいつ
https://m.youtube.com/watch?list=PLCnutQ1UGF0ilIUxVv3SAEj5hwjzdxk7-&v=02DYnIfwfoU

・ベートーベン大王:エリーゼたん

一時ほったらかして、タランテラやってた。
そしたら、指の動かし方が似てるとこがあって、ごちゃ混ぜになった。
エリーゼの中盤の部分の出だしの和音4連発と、タランテラの冒頭の和音3連発するとこ。
こんな進行はセオリーだと思うんだけど、指の雰囲気で暗譜してる弊害が出てる気がする。
鍵盤見ながら弾いて暗譜する人は、新しい曲を上書き保存する、なのでレパートリーに乏しい、って言われてる理由がちょっと分かった気がする。

練習を再開して混乱は整理されたけど、でも中盤のスピードがのろくなった。
下手クソなせいか、ちょっと練習しないでいると、すぐ劣化するね。
まぁこの曲は、俺にはちょっと難しめの部類だから、まだしょうがないかな。
スポンサーサイト