エリーゼたんの後釜 

2015, 09. 14 (Mon) 16:16


マズルカのリズムに戸惑いを隠せないモル作さん


前回のレッスンで、エリーゼたんがそろそろ仕上がりそうなので、次にやる曲を決めよう、って事になった。

最近アクセスしてくれる人が結構増えたので、補足。
レッスンは↓の3本立てで進めてる。

①弾き方改善用の曲
鍵盤を凝視して弾く癖が染みついちゃったので、暗譜した後は、楽譜を全然読まない。
しかも、スーパーハイフィンガー奏法。
それだと今後かなりキツくなるので、楽譜を読みながら、鍵盤に指を置いた状態で弾けるように練習する、って用途で、ル・クーペさんのピアノの練習ABC、通称アベシ(ごめん嘘)、って曲集を使ってる。
ブルクさんの25の練習曲シリーズの前半くらいの難易度。

②メインの練習曲
ブルクさんの25の練習曲シリーズ。
たまにギロックさんを挟んでる。
これも今後は楽譜を読みながら、鍵盤チラ見程度で弾けるように変えてこう、と弾き方を移行中。
全曲じゃなくて、その時の習熟度に応じて抜粋して使ってて、あと数曲でおしまいの予定。
ブルクさんの髪型に敬意を表して、18の練習曲と12の練習曲もやるつもり。

③お目当て曲
上達観点は無視して、無理くり頑張れば数ヶ月以内に何とか弾けそう、って感じで、純粋に好きな曲だけをやってる。
ソパンさんとカバレフさんのワルツの曲を3曲やって、今はエリーゼたん。

で、③のエリーゼの次の曲を選んでる。

幾つか候補を考えたけど、かなりマズルカ気分だったので、↓の2曲が残った。

・ソパンさん:マズルカ11番 (Op.17-2)
・ソパンさん:マズルカ19番 (Op.30-2)

11番は染みったれ具合が好きな曲。
運指的には、ワルツ10番と似たような難易度に思えたので、候補にした。

ルービン何とかおじさんのマズルカ11番
https://m.youtube.com/watch?v=rTT5NZZqsCw

森で自給自足してる森さん一家のピアニストのマズルカ11番
https://m.youtube.com/watch?v=JcshfyJdMZg

19番は、テンポ速くダカダカ押すとこあるっぽいけど、弾けなかったら先生に泣きついて何とかしてもらおうじゃないか、と判断した。

ぴちな協会のマズルカ19番 (Op.30-2)
https://m.youtube.com/watch?v=FOS4ZTgaNSo

で、先生に伝えてみたら、19番のが構成や音形的に容易に思える、でも、せっかくエリーゼをやったんだから、どうせなら古典系をもうちょぃぶちこまないか、との事。
あと、②のブルクさんもペース上げて、遅くとも年度内には終わるようにしましょう、と( ;´Д`)

古典系の楽譜はエリーゼたんしか持ってないで、また山野楽器へGOGO

ベト様のヘンレ版ピアノ作品集を買ってみた。


円安な今日この頃の輸入物なせいなのか、5500円。
高っ!( ;´Д`)

でも、超分厚くて、曲が大量に入ってる( ´∀`)


比較的、何とかなりそうな曲を見繕ってみると、お宝の山だった。

も~、ベーソーベンさんったら( ´ ∀`)=σ) Д`; )

↓曲名クリックかタップで音源に飛びマンモス

ソナチネ ト長調 (Anh.5)
曰く付きで、実はベトさんの作品ではないのでは、って言われてる模様。
でも、陶酔度がめちゃ高そうだし、誰が作ったんでも良いや、と思った。

11の新しいバガテル1番 (Op.119-1)
面白い曲。
2声のとこが多めで難そうだけど、やるならやったるぜ!と思った。

6つのバガテル5番 (Op.126-5)
何て綺麗な曲なんだろう、と感嘆した。
そんな簡単ではないんだろうけど、これでご飯100杯くらい逝けるでしょ。

…なので、候補として残ってるのは↓だけど、何となく、ソナチネからやるのが良いかな、って気分。

・ベトさん?:ソナチネ ト長調 (Anh.5)
・ベトさん:11の新しいバガテル1番 (Op.119-1)
・ベトさん:6つのバガテル5番 (Op.126-5)
・ソパンさん:マズルカ11番 (Op.17-2)
・ソパンさん:マズルカ19番 (Op.30-2)

次のレッスンまでまだ時間あるから、ゆっくり考えよっと。
スポンサーサイト