映画 映画 

2015, 10. 15 (Thu) 20:49

半年に1回くらい、黒澤明さんの蜘蛛巣城を観る。
マクベスの解釈版みたいな内容で、シェイクスピアのマクベスを映画化した中で、1番有名なやつ。

マクベスは「洗っても洗っても血が落ちないねぇ」ってシーンが有名なやつ。
あと「綺麗は汚い、汚いは綺麗」とか。
別に、うんこが綺麗とか汚いとか言いたいわけじゃない。
うんこって汚いし。

怖い系の映画は、怖い。
なので基本、ひとりじゃ絶対観ない。

昔、キューブリックさんの幽霊屋敷映画を1人で観て、こりた。
その映画では、主人公の男の子が幽霊の女の子の2人組に出会して、失神する。
同時に俺も失神した。
怖すぎてタイトルも覚えてない。

蜘蛛巣城はホラーの類じゃないし、ホラー観点からは、別に大して怖くないと思う。
人間の欲望や心理が怖い、みたいな感性も持ってない。
でも、俺的には結構怖い。
怖いけど、面白怖いみたいな感じなので、半年に1回くらい観る。

蜘蛛巣城では、森で迷った侍の2人組の前に妖怪みたいなばーさんが現れて、預言を与える。
登場する時に、糸巻き巻きしながら変な唄をぶつぶつ唱えてるんだけど、真っ白でボサボサの髪が白黒の画面によく映える。

ばーさんが綺麗かつ不気味。


初めて観た時、ビビリすぎて半泣きになって、ちょっと失禁した上に、半泣きしながら爆笑した。
この体験が病みつきになった。

主人公の奥さんも、超不気味。


終盤、主人公にあり得ない位の矢が飛んで来て磔になって死ぬんだけど、そのシーンは、弓矢の達人に全部本物の矢を使わせて、顔面スレスレに射させて撮ったらしいww


そのシーンは、↓こんな感じで流れる。

矢「ヒュンヒュンヒュン!!」
主「ぐあああああ!!(;゚Д゚)」
矢「ドカドカドカ!!」
主「うぎゃあああ!!( ;´Д`)」

~ 巻き戻し ~

矢「ヒュンヒュンヒュン!!」
主「ぐあああああ!!(;゚Д゚)」
矢「ドカドカドカ!!」
主「うぎゃあああ!!( ;´Д`)」

~ 巻き戻し ~

矢「ヒュンヒュンヒュン!!」
主「ぐあああああ!!(;゚Д゚)」
矢「ドカドカドカ!!」
主「うぎゃあああ!!( ;´Д`)」

~ 巻き戻し ~

矢「ヒュンヒュンヒュン!!」
主「ぐあああああ!!(;゚Д゚)」
矢「ドカドカドカ!!」
主「うぎゃあああ!!( ;´Д`)」

…って感じで、延々と矢が刺さりまくる。
急にあからさまに同じ映像を使い回す。
多分、主人公のパニックっぷりを映像的に追体験させる、みたいな趣旨があるのかと。

何度も流れるのを観てるうちに段々、主人公が喜んでるように見えてくるwww


映画の冒頭から、主人公にトドメの一発が刺さるとこまで、どのシーンもめっちゃ綺麗。

とてもコミカルな映画。面白いよ。

でも、蜘蛛巣城の話を書きたかったわけじゃないんだ。

ミーアキャット (ナレーション:ポール・ニューマンさん)
http://movie.walkerplus.com/mv37705/

南アフリカのカラハリ砂漠に生息するミーアキャットの映画。


ミーアキャットは猫じゃなくてマングース系。

ミーアキャットの赤ん坊が主人公で、初めて巣穴から出るとこから、大人になるとこまでの話。


その過程を、本当は全然関係ないような映像や、本当に関係ありそうな映像等々、ストーリーに都合良さそうなものを無理やり切り貼りして、ドキュメンタリー風にしてる。

猛毒持ちのケープコブラと闘うシーンは結構面白い。


この映画の中盤、主人公のミーアキャット一家が、別のミーアキャット一家と縄張り争いをする。
闘いが始まって、若い主人公は、敵のグループに狙い目と見られて追い回されて逃走する。
必死で逃げた結果、縄張りから大幅に離れて迷子になる。
何日か掛けて、家族の元に帰ろうとしてる道中、木に登って、周囲を見回す。
この時に主人公の顔がアップになって、主人公は小さい声で「キュイ~ン」って鳴く。
これが超可愛い。
めっちゃ可愛い( ;´Д`)

以上
スポンサーサイト