レッスン25回目 

2015, 10. 24 (Sat) 21:47

★レッスン日
2015/10/23

★宿題だった曲
・クーペさん:ピアノの練習ABCのE
・ブルクさん:タランテラ(やり直し)
・ベートーベンさん:6つのバガテル集5番(やり直し)

前回のレッスンから10日くらいあったけど、だれ気味で、全然弾き込んでなかった。

この日は、俺の前の生徒のレッスンが長引いてた。
小学生の男の子で、体験レッスン中らしい。
同伴してた母親がピアノ経験者らしく、かなり本格的な指導を希望してるっぽい。
で、当面は親子連弾で練習してくよう指示してた。

レッスン開始。

・クーペさん:ピアノの練習ABCのE

何にも練習してなかった。
予備練習曲のスケールの時点で覚束なくて、指番号通りにならない。
何かズレちゃうんだよね。
本ちゃんの曲も、メロディすら覚えてなかったので、初見演奏みたいになった。
弾けなくても良いけど、音符の長さくらい意識しなさいよ、との事( ;´Д`)

まぁ次回までに頑張っとこう。

・ブルクさん:タランテラ(やり直し)

他の曲よりは練習してたので、ゆっくりなら弾けるようにはなった。
でも、2声の部分でちょっと遅くなる。
特に間違えた覚え方はしてないっぽかったので、次で行けそう。
2箇所、転調するとこがあるので、タッチの変え方を具体的に変えるように、との事。

・ベートーベンさん:6つのバガテル集5番(やり直し)

後半部の、左のアルペジオの距離を開きながら繰り返してくとこ。


アルペジオの距離が微妙に大きくて、全部スタッカートになっちゃって、まともに弾けなかったので、どういう弾き方が良いかを聞いてみた。

3音の塊中、1番目と2番目の音は鍵盤の距離があるので、無理やり繋がなくても良い。
どうしても繋ぎたかったらペダルだけど、1番目の音にほんのりアクセントをつけて打鍵すれば、レガートに拘らなくても大丈夫。
2番目と3番目は意外と近いので、普通にレガートで弾けるはず、と。

右手の重音メロディと左のアルペジオは、片手ずつでしか弾けないので、次までに両手合わせて弾けるように。

この日は俺のレッスンが1番最後だったみたい。
練習不足のせいで、いつもより密度が薄くてかなり時間が余ったので、歓談タイムみたいになった。
楽典の予習を始めたと伝えると、ABCが終わるまでに↓を頭に入れとけばOK、との事。

・音符と休符の長さ
・拍とテンポ
・指示記号で頻出するやつ
・全調スケール

そしたら、和声と対位法の仕組みや聴音をレッスンでやるみたい。
趣旨は、ちゃんと自分で楽曲分析しながら曲を仕上げられるようにしようね、と。

先が楽しみでしょうがない。

★OKもらった曲
なし

★次までの宿題
・クーペさん:ピアノの練習ABCのE
・ブルクさん:タランテラ(やり直し)
・ベートーベンさん:6つのバガテル集5番(やり直し)
スポンサーサイト