レッスン31回目 

2016, 01. 16 (Sat) 02:42

★レッスン日
2016/1/15

前回、起きてすぐにみかん食ったら、酷く腹を壊した。
さすがに学習したので、今回は封切って1週間以内の豆乳にしといた。
豆乳は、訓読みした方が良いと思う。

★宿題だった曲
・クーペさん:ピアノの練習ABCのF
・ブルクさん:つばめ
・ブルクさん:貴婦人の乗馬


・クーペさん:ピアノの練習ABCのF

前菜曲をおさらいしてからメイン曲。

フレーズの繋ぎのタイミングがざっくり過ぎて酷い、との指摘があって、弾き直した。

OK出た。
出たんだけど、何の変哲もないスケールで指が跳ね過ぎたので、助走を省くようにしながら、ゆっくり最後まで弾き直した。
で、そのままの弾き方でテンポを上げた。
またちょっと跳ね上がったけど、とりあえず完了。

手の甲を柔らかくする意識をキープしといて、との事。


・クーペさん:ピアノの練習ABCのG

おれ「( ;´Д`)え、これ1回も練習してな…」

先生「いいから弾いてよ。初見練習やってるんでしょ?」

おれ「( ;´Д`)まだちょっとしかやってまs」

先生「さんはい!!」

おれ「( ;´Д`)ぁぁあわわわわ~🎶」

下手くそだったから、やり直し。

しかしこれまた、綺麗な曲だ。
クーペさん、よくこんな綺麗な曲ばっかりたくさん作ったね。

けどこれ、俺にはABCの今までの曲よりもだいぶ難しく感じた。


・ブルクさん:つばめ

結構、自信あった。
弾いた。
俺、上手くない?と思った。

以下、指摘。

全体的にうるさい。
単なるアルペジオの練習に聴こえます。
あと、ペダル入れない方が良い箇所がある。
あと、遅い。

( ;´Д`)( ;´Д`)

以下、説明。

この曲は結構繊細な作りなんです。
なるべく静かに、なるべく速く。
ドビュッシー分かる?あの人の曲をイメージして!

(=´∀`)(´∀`=)

俺達のブルクさんが、ドビュッシー様に喩えられて、大変光栄な気持ちになった。

で、弾き直した。
確かに、静かに弾くと、めっちゃ綺麗だわこれ( ;´Д`)

最後に少しテンポを上げて弾き直した。
指定テンポまでは無理だった。
ミスもちょっと出たけど、天使とかこういう類の曲はやりやすそうだ、スティリアの何とかをやってた時より全然良いわ、との事でOKになった。

え、俺、スティリアの何とか、結構好きなんだけど( ;´Д`)


・ブルクさん:馬

まだ全然仕上がってないので、暗譜を間違えてないかチェックする、みたいな趣旨になった。
そしたら、中盤の音域を大胆に間違えてた( ;´Д`)
で、覚え直した。

最後に、曲のリズムとか、和音の連打のとこはスタッカートしつつクレッシェンド掛ける、とか、ラストはゴージャスフォルテとか、そういう説明を受けながら模範演奏を聴いた。
この曲の生演奏に大変、感激した。
音楽鑑賞モードでもう1回聴きたいと思った。


先生「どう?曲想分かった?」

おれ「すいません、ちょっと把握しきれなかったんで、もう1回、通して弾いてみて下さい」

先生「はい、ちゃっちゃっちゃっちゃ、ちゃんちゃちゃっちゃ、ちゃーんら~」


生徒の親が座る用の席に座って、お茶飲みながらゆったり聴いた。
笑われた。笑


★OKもらった曲
・クーペさん:ピアノの練習ABCのF
・ブルクさん:つばめ

★次までの宿題
・クーペさん:ピアノの練習ABCのG
・ブルクさん:馬
スポンサーサイト