ABC監修した人 

2016, 02. 12 (Fri) 00:07

前回弾いた練習曲の日本語版は、全音と音友ってとこから出てる。

実は最初、全音版を買った。

全音版は、よくあるあの青い表紙のやつで、ピアノのアルファベットってタイトル。


音友版のピアノの練習ABCのが、デザインが幼稚園児的。


幼稚園児なら良いけど、小学生とかだと恥ずかしがって、ABCを嫌がるらしい。
逆に言うと、大人だったら、恥ずかしい方を選ぶよね。
ごめん、当たり前の事を聞いちゃった( ;´Д`)

なので、この曲集のレッスンを始めるに当たり、音友版のピアノの練習ABCを買い直してた。

ABCはレッスンの最初にやるので、俺の前の生徒と入れ替わるタイミングで、前の生徒の目にABCの表紙が映る事だろう。
そいつが児童の場合、ちょっと勝ち誇ったニヤけ面を隠し切れない事だろう。
俺は「ぐぬぬ…( ;´Д`)」と胸糞悪い思いを味わう事だろう。

ああ楽しみだ…
極力、目立つようにABCを出そう…




だが!!




しかし!!!!!




ABC、でかすぎてカバンに入らなかった( ;´Д`)




なので、レッスンでは全音版を持ってってるんだ。
でも、家では音友版を使ってて、先生も音友版を持ってきてる。
なので、音友版の運指を正として、指導してもらってるの。
やっぱりちょこちょこ違うとこがあるんだ。
まぁ、どっちを使っても特に支障はないだろうけど、ABCのが表紙が恥ずかしい。
タイトルもちょっと恥ずかしい。
解説も、俺でも読めるような文字数と語り口になってる。
つまり、どう考えてもABCを主体にするのが音楽的に正しいはずだ。
まぁ全音版も、ちゃんと花丸帳として使ってる。

ABCの監修者として、運指を検討したり解説をしてるのは、安川加寿子さんという人です。

この人は、国内の女性ピアニストの開拓者的な人だったみたい。
ドピュッシーさんのベルガマスク組曲の日本語版の楽譜も、この人が俺の為に監修してる。

安川加寿子さんは、こんな人だったらしい
概要的なやつ
エピソード的なやつ

安川さんの演奏。
モツさんのピアノソナタ
シューマイさんのトロイメライ

昔の人の演奏って、何か良いね。
めっちゃ綺麗に感じる。
スポンサーサイト