復活のおピアノ 

2016, 07. 29 (Fri) 20:14

うちの守り神とも言えるモル作じぃさんが完全に復調したので、また通常運転に戻った。
暫く気が気じゃなかったんだけど、また心置きなくおピアノに没頭できるようになった。

小さい身体で、しかも御老体なのに良く持ち直してくれたよ( ;´Д`)


☆レッスン曲

・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(ハ長調、イ短調)

和音の展開形とアルペジオがマシになってきた。
これ続けてると、単音だけじゃなくて和音の読みも早くなる気がするので、今の自分には打ってつけな練習かも。


・ギロックさん:クラシックカーニバル 1.宮廷のコンサート

レッスンで残りの2曲が仕上がったら、最後に3曲通しての仕上げるので、キープ中。
バロックっぽい曲だけど、もっと滑らかに曲線的に弾けるようにしたい。


・ギロックさん:クラシックカーニバル 2.聖体行列

最初、曲を把握するのにちょっと戸惑った。
動き的には、かなり弾きやすい曲だ。
どの和音も、伸びがかなり綺麗だ。
受け狙いで、最後は直下型クソフォルテで締める曲想にしてる。


・ギロックさん:クラシックカーニバル 3.カーニバルの舞踏会

まだ始めたばっかだけど、聴いてた時の印象よりは弾きやすいのかも、と思った。
とは言え、ある程度のテンポでと、べちょべちょしないよう弾いた方が良さそうなので、手慣れた感じになるには、結構な時間が掛かりそう。


・ギロックさん:エチュード

超少しずつだけど、一応進歩してる。
指の成長を感じる。
もうちょぃで、レッスンでOKもらえそうな出来にはなってきた。


・カバレフさん:エチュード

曲想もついてきたし、テンポも上がった。
そろそろ仕上がるかな。
こいつをしつこく弾いてる過程で、久しぶりに、ピアノの弾き方自体で、大きめの進歩を感じた。


・カバレフさん:ンナ千ネ

全体的に弾きやすい造りなんだけど、難所が1箇所だけある。
和音にドリルっぽい記号がついてる。
タイミングのせいかもだけど、ちょっとムズい。。
まぁでも、仕上がりは近い。


・ビバルヂさん:四季 1.春 (ピアノ伴奏譜)

多重録音する話をもろて、練習スタート。
伴奏は結構、うろ覚えみたいな状態が続きがちなので、しっくり来るまで弾き込まねば。


・ソパンさん:Op.74-2 春

これは、知らない人もいるかも。
17のポーランドの歌とか言うやつの1つ。
歌曲のピアノアレンジ版みたいな。
全音の遺作集に載ってた。
たぶん太田胃散より少し簡単。

技術的にはブルクさんの小川とそっくりだけど、左手の保持音を押しながら弾く音域がちょっと広いので、力が抜けないまま何度も弾いてると、手が痛くなる( ;´Д`)
ちょっとややこしさはあるけど、特に難所もなく、すんなり仕上がりそう。

この曲の和訳の歌詞に「一羽のヒバリが呼びかける」ってフレーズが出て来る。
曲自体では、転調部分の終盤で、左手の伴奏が一瞬、メロディに干渉する箇所があるので、そこがそのひばりが呼び掛けてると解釈した。
ここが1番綺麗で、ちょっと格好良いと思った。
でも、曲全体のラストの1音で、ひばりが飛び去るのを表してるっぽくて、高音で終わる。
そこは‥ちょっくらださいと思った( ;´Д`)


・バッハ様:BWV814 フランス組曲3番のメヌエット1

人生に置いて記念すべき初バッハさん。
1発目は、平均律に入ってるプレリュード(グノーアヴェマリアで使われてるやつ)にしようか迷ったけど、でもこっちのが断然好きだ。

これは、大昔のゲームボーイ版テトリスで使われた曲。
http://youtu.be/XgHnCLEb9ZY

ピアノだと、こんな感じ。
https://youtu.be/KRrpxqlKVjQ

インベンションシリーズよりは、ちょこっと簡単そう。
しかし、親切設計なギロックバロックと比べると、クソムズだわこれ( ;´Д`)
前半部分は暗譜した。
後半はかなり時間掛かりそう。
ショパンさんのワルツ10番以来の根性暗譜になりそう。
今思うと、よくあんなの覚えたと思う。
あっちは、下手クソなりにそこそこ満足に弾けるようになったので、この曲も何とかなると信じてる( ;´Д`)

でも、無理クソ暗譜&鍵盤ガン見の糞コンボが通用するのは、大体この辺りまでだろうなきっと。
難易度ってよりも、曲の複雑さ的に。
スポンサーサイト

今月のおブ活 (パイプオルガン鑑賞) 

2016, 07. 26 (Tue) 19:03

今月頭に、大竹ちんとオケ鑑賞に行ってきた。
奏者は、上野浅草フィルハーモニー管弦楽団って人たち。

場所は、すみだトリホニ。
ここの壁には、パイプオルガンがぶっ刺さってる。
パイプオルガンなんて普段全く縁がない楽器だけど、大学がミッション系のとこだったので、チャペルで生演奏を聴く機会があった。
この時の印象が強烈だった。
音色はもちろん超綺麗なんだけど、とんでもない楽器だね。
楽器っていうか、建物だよね。
建物って弾けるんだ、みたいな。

春頃に、すみだトリホニでパイプオルガンが建ってるのを見て、その頃の事を思い出した。
で、また、パイプオルガンの生演奏を聴きたいと思うようになった。
で、大竹ちんにパイプオルガンの話をしたら、後日、サンサンスさんのオルガン付き交響曲が演奏される日を調べてくれたので、そのままチケット取ってもらっちた。ありがとです。

この会場は、2階と3階の前方に、めちゃめちゃ良い席がある。
その中で、1番快適そうな席に座った。
オケの挙動がよく見えて、面白い。


・ショタコンビッチさん:祝典序曲

この日のメイン曲ではなかったけど、余りの演奏の綺麗さに、のっけから感動した( ;´Д`)


・レスピーギさん:ローマの祭り

全然好きな曲じゃないけど、オケの人達がやりやすそうに見えた。
会場の空気も1番良かった気がする。


・サンサンスサン:交響曲3番オルガン付き

これ目当てで来た。。
目の前で超でかいパイプオルガンの演奏を名曲で聴く、みたいな。
この曲、生で聴くとすんごいね。笑


演奏的には、オルガン付き交響曲が1番お見事だった。
曲的には、ショスタコさん綺麗だ、と思った。
あっという間だったけど、また聴きたいわ( ;´Д`)

そういえば、フルコンサート仕様のグランドピアノって、結構いびつな背景や設計理念を感じなくもないけど、パイプオルガンは、だいぶ真っ当な楽器って印象が強まった。
建物だけど。


- 完 -

最近のねずみのモル作さん 

2016, 07. 24 (Sun) 20:55


仙人の領域に足を踏み入れたモル作さん


クソ絞りの術を覚えて以降も、モル作君の体調が下向いた時が何度かあった。
睡眠時間がやけに多くて食欲は少な目、うんこもしてるんだかしてないんだか分からん。

結局、うんこを絞り出し切れてない時があって、また詰まりかけてた事が分かった。
ようは、絞り方が下手クソで、何度か失敗してたみたい( ;´Д`)
モルモットは、便秘になると速攻で体調が悪くなる。

その後、段々と絞り方に慣れてきた。
モル作君も、掘られ慣れてきたみたいで、怖がらなくなった。
ただ、感触自体にはまだ慣れてないらしく、肛門を摘まれてうんこを絞り出される瞬間、目を見開いて「およよ?」みたいな顔をする。

クソ絞り術の上達に伴って、モル作の体調も安定してきた。ほっ( ;´Д`)



尚、モル作が患ってる病名は「直腸便秘」と言うらしい。
高齢のオスがなりやすいみたい。

という事で、↓に情報を追加しますた。(「消化器系の疾患」の欄です)

病めるモル
http://morusaku.blog.fc2.com/blog-entry-32.html

レッスン41回目 

2016, 07. 18 (Mon) 03:32

★レッスン日
2016/7/15

★宿題だった曲
・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(ハ長調、イ短調)
・ギロックさん:エチュード
・ギロックさん:クラシックカーニバル 1.宮廷のコンサート
・カバレフさん:エチュード

★押し込んだ曲
・カバレフさん:ソナツネ


昼からだったんだけど、先生が超寝坊したので、後ろに1時間ズレてスタート。


・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(ハ長調、イ短調)

和音の転回系とアルペジオに、指が全然慣れてないね、と。
暫くハ長調とイ短調だけ弾き込んで、高速化してから、次に行きましょう、という事で、暫く続く。


・ギロックさん:エチュード

右手で13→24→13→24→35→24→35→24、って弾くとこ、曲に聴こえるようになってきた。

5を押したまま13~24でスラーを弾く箇所は、成功率が低いので、テヌートペダルで誤魔化す技を編み出そうとした。

5を押す→テヌートペダルを踏む→5を離して13~24でスラー

…みたいな。
でもそれは、普通に弾くより難しかったので、結局ダンパーで全部濁らせた。
結果、急にボリュームが上がって響きまくるようになった。
誤魔化してる事を主張する、みたいなよく分からない仕上がりになった。

やり直し( ;´Д`)


・ギロックさん:クラシックカーニバル 1.宮廷のコンサート

まだ強弱が足りない、という事で、2回くらい弾き直した。
我ながら良い出来で、先生からは、貴婦人の何とかより全然良いわ、とのお言葉を頂戴した。

え、貴婦人も最後は良い仕上がりになったと思ってたんだけど( ;´Д`)

…ま、いいや。次は2楽章。


・カバレフさん:エチュード

言われたテンポでギリギリ弾けるようになって、後は、ほんのちょっとだけ直せばOK、との事。

~ ほんのちょっとだけ直すとこ ~
◎左手のフレーズは、繋げないで区切る
◎転調箇所で右手の力が抜けてないから、もっと大量に弾き込んで、身体に刻みつける
◎後半、転調して1番高い音に到達する箇所、フォルテにしてペダルも入れる
◎後半、長々と下ってく箇所、左は途中から、1音1音スタッカートで
◎カデンツに移るタイミングがワンテンポ遅いんですけど(^_^)
◎最後はフォルテで締めましょう

やり直し( ;´Д`)


今日はこれで終わりなのか、他に練習した曲はないのか、と聞かれた。

前回のレッスンで、ブルクさんの25の練習曲(抜粋)を終えた。
って事は、次にやるのは当然、ソナチネうんたらかんたらどうのこうのスペシャルだろう。

と言う事で、1曲ぶち込んでみた。


・カバレフさん:ソナチネ (Op.27-18のやつ)

先生「( ;´Д`)は?これ!?よりによって、カバレフスキーのソナチネ?なんでどうして?」

おれ「( ;´Д`)え、超格好良いなぁ、と思いまして…」

先生「あっそう…」


と言う事でスタート。
まだ譜読みを始めたばっかなので、ゆっくり弾きつつ、リズムをチェックしてもらった。
次のレッスンまでに暗譜してきましょう、と。


★OKもらった曲
・ギロックさん:クラシックカーニバル 1.宮廷のコンサート

★次までの宿題
・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(ハ長調、イ短調)
・ギロックさん:エチュード
・ギロックさん:クラシックカーニバル 2.聖体行列
・カバレフさん:エチュード
・カバレフさん:ソナツネ

レッスン40回目 

2016, 07. 08 (Fri) 17:22

★レッスン日
2016/7/5

★宿題だった曲
・根津さん:リスさんグループ、ウサギさんグループ
・クーペさん:ピアノの練習ABCのK
・ブルクさん:アベマリヤ
・ギロックさん:エチュード

★ゴリ押し込んだ曲
・ギロックさん:クラシックカーニバル 1.宮廷のコンサート
・カバレフさん:エチュード


1ヶ月振りのレッスンだった。
家でピアノ弾ける時間がだいぶ減っちゃってたせいかな、中断してたピアノを再開したような気分だった。
でも、よくよく思い出すと、前日や前々日はそれぞれ3、4時間弾いてたので、気のせいだ。


・根津さん:リスさんグループ

ハ長調、ト長調、ニ長調、イ長調、ホ長調、イ短調、ホ短調、ニ短調、ト短調、ハ短調。
短調は、和声的うんたらと旋律的どうのこうの、の2パターン。

長調は全全半全全全半、短調(自然短音階)は全半全全半全全、と距離の規則を覚えとけば応用利くだろう、と思ってた。
でも、こんなの使わなくても、ハ長調とイ短調(自然短音階)は全部白鍵なんだし、他の調はこの音の配置を横にずらせば済むじゃん、と今更気づいた( ;´Д`)
平行調の仕組みも何となく理解した。

という事で、それぞれ覚えたので完了。

↓も、答え合わせ的に、楽譜無しで1回ずつ弾いて完了になった。

・根津さん:ウサギさんグループ(ヘ長調、ヘ短調、ロ長調、ロ短調)
・根津さん:パンダさんグループ(変ニ長調、変ト長調、変ホ短調)
・根津さん:キリンさんグループ(変イ長調、変ホ長調、変ロ長調、変ロ短調)
・根津さん:ゾウさんグループ(嬰へ短調、嬰ハ短調、嬰ト長調)

次回からは後半の章で、2オクターブのスケールとカデンツと和音の転回形とアルペジオがセットになってる。
こっちは、色んな事に使いたいので、長くなるだろな。


・ブルクさん:アベマリヤ

既に飽きてたので、あんま弾いてなかった。
やけに汚いマリヤさんになっちゃったので、何回か弾き直しながら修正した。

最後にいつも通り、2台ピアノ用の楽譜で先生と弾いて完了。
この曲集は、これでおしまい。

ブルクさん、ありがとう。
遠慮なく受け取って下さいね。



また来年のどこかで、18の練習曲で召喚させて頂きます。

その時は、もっと真面目にやるかも!!という可能性もなきにしもあらずと言えなくもなくないよ!!


・ギロックさん:エチュード

ギリギリ弾けなくもない、くらいにはなった。
でも、スピード上げると、右手で13→24→13→24→35→24→35→24、って弾く箇所で、やっぱり破綻する( ;´Д`)
ここは、力が抜けるまで片手だけでしつこくしつこく反復練習しましょう、との事。

あと、小指で保持音押しながら13→24で重音スラーを弾く箇所、保持音だって事を忘れてたので、覚え直し。

音の長さを間違えてる箇所も見つかったので、そこも直した。


・ギロックさん:クラシックカーニバル 1.宮廷のコンサート

バロックとか古典ぽい造りに、ギロックさん成分を振りかけて耳触りを良くしました的な曲。
3曲編成でどれも綺麗なので、手持ちにしたくて始めた。
先生もこれ大好きなので、快諾を得てスタート。

こういう類の曲は、相当簡素に作られてる曲でも難しく感じる。
左に脳みそが持ってかれるのと、上下にジグザグしながら進む時に、パッと法則性を俯瞰できなくて、覚えるのに難儀する。

こいつに関しては、もう概ね弾けてるかな、と思ってたけど、均等に弾く事に意識が向き過ぎて、メリハリに気を配る余裕がない、と。
暫く弾き込むように、と。


・カバレフさん:エチュード

スピードに乗せると、音が分厚くて超格好良い。
って事は、それなりに難い( ;´Д`)


先生「おっそいわね…エチュードなんだからもっと走らせて、せめて110で弾きましょう」

おれ「110ってどのくらいですか?( ;´Д`)」

先生「このくらい。ダカダカ、ダカダカ、ドロロロロロロロ…」

おれ「む、むりです。90で…」

先生「じゃぁ100にしましょう💢このくらい。ドゴドゴ、ブリブリ、ドロロロロロロロ…」

おれ「分かりました…ドゴド…ガツッ、ボゴッ!…あわわわわ( ;´Д`)」


・クーペさん:ピアノの練習ABCのK

おれ「( ;´Д`)あ、ビタ一文、やってません」

先生「( ;´Д`)…何曲か片付いたら再開しましょ」


★OKもらった曲
・根津さん:リスさんグループ、ウサギさんグループ、パンダさんグループ、キリンさんグループ、ゾウさんグループ
・ブルクさん:アベマリヤ

★次までの宿題
・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(ハ長調、イ短調)
・ギロックさん:エチュード
・ギロックさん:クラシックカーニバル 1.宮廷のコンサート
・カバレフさん:エチュード

★一時停止
・クーペさん:ピアノの練習ABCのK

モル作どんと俺氏、全然望んでない領域まで関係を深める 

2016, 07. 02 (Sat) 18:45


複雑すぎる関係に頭を悩ませるモル作さん


獣医さんのとこに行った2日後、俺はモル作どんに恥ずかしい格好をさせるべく、ジリジリと近づいた。
モル作、何かを察知して小屋に逃げ込んで、まるで変質者でも見るような目で俺を凝視する。


モル作「あの人、またこっちをじ~っと見てる( ;´Д`)」
モル作「最近、変なとこに連れ込まれたばっかりだし、油断ならない。すぐ身体触ってくるし…」
モル作「あら、良い香り。明日葉かしらん(=´∀`)くんくん…ぐぇっ( ;´Д`)」


取っ捕まえて雑巾で巻き込んだ。

ケツ毛を捲って、肛門と金玉を丸出しにした。
そのまま、肛門を摘みに入る。
超暴れるモル作。

…肛門を上手く摘めない。
間違えて金玉を潰してしまいそうだ( ;´Д`)


数分間、格闘しても、うんこを絞り出せなかった。
これ以上は、色んな意味でモル作の精神が持たないと判断して、クソ絞りを中断した。

獣医さんにやり方を習い直す事にした。
ついでに、もう1回、健康チェックもしてもらおう。


翌日、俺はモル作どんをカゴに入れるべく、ジリジリと近づいた。
モル作、何かを察知して小屋に逃げ込んで、まるで通り魔でも見るような目で俺を凝視する。


モル作「あの人、またこっちをじ~っと見てる( ;´Д`)」
モル作「昨日、恥ずかしい事を強要されたばっかりだし、油断ならない…」
モル作「あら、良い香り。タンポポかしらん(=´∀`)くんくん…ぐぇっ( ;´Д`)」


取っ捕まえて籠に押し込んだ。


モル作どんは、取っ捕まる瞬間はいつも暴れるものの、外出自体には完全に慣れたようで、外の音や匂いには全く無反応になった。
ひたすら、エサを食い続ける。

動物病院に着いても、落ち着いた物腰のモル作どん。
しかし、またしても診察台に乗せられて、ちょっとパニクる。ごめんよ( ;´Д`)

体重の戻り具合は…

880g
↓(3日後)
900g
↓(3日後)
940g

順調に肥えてきた。

そして、再度、クソ絞りを習う。

今度はより確実に、写真と動画を撮った。
さすがに閲覧注意すぎるので、ここには載せられないけど( ;´Д`)


再診料 →1000円

合計 →1000円 →)´∀`=)


後日、俺はモル作どんに恥ずかしい格好をさせるべく、ジリジリと近づいた。
モル作、何かを察知して小屋に逃げ込んで、まるで人殺しでも見るような目で俺を凝視する。


モル作「またこっちをじと~っと見t…ぐぇっ( ;´Д`)」


取っ捕まえて雑巾で巻き込んだ。

右腕と胴体で、モル作をぐるっと囲い込む。
左手の平で、モル作のお腹を持ち上げて、後ろ足を浮かせる。
右手で肛門の上の方をつまんだ。
近未来への扉が開かれた( ;´Д`)

うんこを押し出して、ティッシュに落とす。


ボトボトボトボトッ… ぷ ~ ん

( ;´Д`)
( ;´Д`)( ;´Д`)
( ;´Д`)( ;´Д`)( ;´Д`)


ふぅ~、とりあえず、ちゃんと出た。

クソ絞りの術を会得した。


- 完 -

2016年6月のFX 

2016, 07. 02 (Sat) 09:09

5月も低調だった。

6月の結果は…

538293円

+57220円

595513円
↓退避
-20000円

575513円

イギリスのEU離脱問題があったので、ひとまず直前に手仕舞った。
事が起きて、テクニカル通りの動きな上に、意外と大した値幅じゃないのが判明したので、リバウンドを何度か頂戴した。
今年初めて、月の利益率を10%を超えて、少しホッとした。


☆2016年の利益
★01月:31080円
★02月:26105円
★03月:37004円
★04月:14404円
★05月:27700円
★06月:57220円

☆2016年の退避分
★01月:11000円
★02月:10000円
★03月:12000円
★04月:05000円
★05月:10000円
★06月:20000円

☆2016年の最終的な元手
★01月:450000円 → 470080円
★02月:470080円 → 486185円
★03月:486185円 → 511189円
★04月:511189円 → 520593円
★05月:520593円 → 538293円
★06月:538293円 → 575513円