Romman:Apple Cinnamon (アップルシナモン) 

2016, 11. 29 (Tue) 20:20



最高品質と名高いRommanのアップルシナモン味。

Rommanは、ヨルダンのメーカー。
いつものHydro Herbalのサトウキビ製フレーバーと違って、こっちは煙草の葉っぱ原料。

uptailで買った。
http://www.shisha.jp/shopdetail/001005000001/ct64/page1/brandname/

・お値段
1600円 / 50g

・1回の使用量
7~10g

・扱い易さ
サトウキビのフレーバーより、塊をほぐし易い。
ロータスやイグニスよりも、ターキッシュボウルの方が味が安定し易かった。
パッケージは固いビニールで、中にもビニールのシートが入ってるんだけど、超扱いづらい( ;´Д`)
手がベトベトになりそうだったので、ジップロックに入れ替えた。

・味と香り
かなり濃厚な味と香り。
自分にはちょっと濃すぎて、まとわり付くように感じる位だった。
味自体は美味い。
ロータス&ココナラ2個でセッティングしたら、りんごの甘さよりもシナモンの香ばしさが全面に出た。
ターキッシュボウル&ココナラ2個でセッティングしたら、りんごの甘みも少し強くなった。

・後味
後味も結構濃くて、かなり持続する。

・のど越し
滑らかなのど越し。
Al Fakherよりも喉越しが良い。

・持続性
2時間くらい。

・満足度
★★★☆☆


- 完 -
スポンサーサイト

その後のモル作君 

2016, 11. 27 (Sun) 00:54


ちょっと老けてきたモル作さん


諸事情によりここ数ヶ月、モル作君の介護(クソ搾り)を続けてる。

諸事情
http://morusaku.blog.fc2.com/blog-entry-298.html
http://morusaku.blog.fc2.com/blog-entry-299.html

クソ搾りの術
http://morusaku.blog.fc2.com/blog-entry-302.html

大体、2日置きくらいのペースでやってる。
当初は、適切なやり方が出来てるのか不安だったけど、数ヶ月間、元気な状態が続いてるので、まぁこれで問題ないんだろう。

介護は、こういう雑巾に乗っけて行う。


モル作自身も慣れてきて暴れなくなったので、雑巾にくるみ込まなくても大丈夫。

ただし屈辱は屈辱らしく、毎回、結構怒ってる。


そこで、大好物の麦ビスケット。


うまうま。


和解。



- 完 -

Hydro Herbal:Citrus Twist (ライムレモン) 

2016, 11. 26 (Sat) 17:05



Hydro Herbalのニコチンフリーシリーズのライムレモン味。

uptailで買った。
http://www.shisha.jp/shopdetail/000000000867/ct49/page1/brandname/

・お値段
1500円 / 50g

・1回の使用量
6~8g

・扱い易さ
煙草入りフレーバーより、ちょっとだけ塊をほぐし難い。
高温が続いても焦げづらく、ロータスやイグニスと相性が良いと思う。
パッケージは透明な固いビニールで、ジップロック式になってるので、取り出しや保管がしやすい。

・味と香り
ライムの香りがよく再現されてる。
レモンの味はほんのり。
酸味が強めで、甘さは殆どないので、甘党の自分には、単体だと美味しくなかった。
で、他の甘いフレーバーに酸味を加える目的で、ブレンド用として使うようになった。
甘いフレーバーと混ぜると、めちゃめちゃ美味くなる。

・後味
程良いライムの酸味。
少し人工っぽいかな。。

・のど越し
超滑らか。

・持続性
2時間くらい。

・満足度
★★★★☆


- 完 -

三ツ星:シルバーチャコール 

2016, 11. 24 (Thu) 17:15



uptailでフレーバーを買った時に、試供品として4個付いてきた。
http://www.shisha.jp/shopdetail/004001000001/004/001/X/page1/recommend/

日本製の炭で、銀色の膜みたいな着火剤で覆われてる。

ココナラ炭よりも着火が早い。
これが唯一のメリットなのかな。。
でも、着火剤が超ボロボロ剥がれ落ちるので、コンロ周りの掃除が大変( ;´Д`)
しかも、1時間も持たずに消滅する。

ココナラ炭の方がコスパも使い勝手も良いと思う。


- 完 -

レッスン48回目 

2016, 11. 21 (Mon) 02:23

★レッスン日
2016/11/20

★宿題だった曲
・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(イ長調)
・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(嬰ヘ短調)
・ギロックさん:クラシックカーニバル 全楽章
・バッハ大王:インベンちん8番
・ショパちん:ワルツ9番


ほんとは4日にレッスン予定だったんだけど、熱出したので、この日に振り替えてもらった。


・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(イ長調)

特に指摘なく完了。
長調はだいぶ慣れた気がする。


・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(嬰ヘ短調)

全然覚束なかったので、もっと練習しましょうね、と( ;´Д`)


・ギロックさん:クラシックカーニバル 全楽章

1、2楽章は単体では特に指摘なし。

3楽章もまだ劣化してないのでOK…と思いきや、一部修正が入った。
締め括りの装飾音は、ほぼ同じタイミングでスタッカートで打鍵しましょう、と。

全楽章を弾く時の流れとしては、2楽章は緩急の[緩]の章、3楽章は[急]の章なので、それがはっきり分かるようにしましょう。
2楽章の終わりも3楽章もどっちもフォルテだけど、2楽章はちゃんと減速しながらフォルテにする事で重みを出して、3楽章はなるべく速いテンポでノンレガートのフォルテにする事で明るさを出しましょう。

最後に全楽章を通して弾いて完了。

今後はバッハさんショパンさんに重点を置いてきましょう、という事で、この曲集は↓の3つを弾いたらおしまいの予定になった。

◎フランス人形
◎雨の日のふんすい
◎ワルツエチュード


・バッハ大王:インベンちん8番

対位法で出来てる曲は、主題がどっちに行ってどう変わったのかを把握しながら練習するのが1番手っ取り早い、との事。

まず、右手でひと通り弾きながら、説明を聞いた。
次に、左手でひと通り弾きながら、説明を聞いた。

で、両手演奏。
左右で主題が入れ替わるタイミングで、強弱の対比もくるっと入れ替えて弾きましょう。
トリルっぽいのを繰り返しながら音程を徐々に下降してく箇所は、デクレッシェンドを掛けましょう。
テンポ遅くなっても良いから、片手スタッカートで片手レガート、って指示は守りましょう。

おれ「ぐぬぉぉぉおおおおお( ;´Д`)」

次回までに全部暗譜しといて、との事。


・ショパちん:ワルツ9番

全然やってない旨を伝えた。
ひとまず、前半の2ページ分を次のレッスンまでに暗譜しとくように、との事。


レッスンが終わると、来月上旬の日の予定を聞かれた。


おれ「あぁ、その日は夕方以降は暇です」

先生「まぁ!つまり、来れるって事ね!!」

おれ「はい。次のレッスンですか?」

先生「いいえ、ミニ発表会の日よ!!」

おれ「えっ!!( ;´Д`)」

先生「今、来れるって言ったよね?言いました!はい決まり!!!」

おれ「ぁあわわわわ…( ;´Д`)」


そのプチ発表会の話は前から聞いてたんだけど、嫌な予感しかしないので断ってた。

まぁ、良い経験になるし、腹を括ろう( ;´Д`)

殆ど練習会みたいなもので、時間別で何部かに分けてあって、そのどれかひとつに出るみたい。


先生「じゃぁ…××時のにしましょう。ここは、大人の生徒さんの部だけど、物凄く上手な人ばっかりだから、沢山刺激を受けて下さい」

おれ「…大人から始めてブルグミュラー、みたいな人は?( ;´Д`)」

先生「いません!そろそろ荒波に揉まれましょうね!!」


10人前後、来るみたい( ;´Д`)

で、弾く曲の話になった。
ギロックさんのクラシックカーニバルは、ちょっとでも緊張したら崩壊するので、他が良い、と伝えた。
これまでレッスンした曲の中で、まだ覚えてるのはあるか、と聞かれた。


おれ「カバレv…」

先生「却下!他は!?」

おれ「ル・クーペのL…」

先生「守りに入るのは駄目です!他は!?」

おれ「( ;´Д`)じゃぁ、ギロックの小組曲とか。ちゃららら、らららら…」

先生「あら良いわね!じゃぁまず、その組曲を全曲!!」

おれ「ま、まず?( ;´Д`)」

先生「他は?」

おれ「ブルグミュラーの素直なk…」

先生「却下却下却下!!もっと攻撃的なのないの!?」

おれ「ひ~( ;´Д`)」


結局、小組曲ト短調は確定、もうひとつは、何か攻撃的な曲を弾く事になった。

次のレッスンで仕上げの微調整するので、候補曲を弾き込んどく事になった。
候補曲は、次のレッスンか、それまでに決めて連絡して了承を得る事に。

↓のどれかにする予定

◎第1希望 → ギロックさん:サラバンド
◎第2希望 → ベトさん:6バガテル5番
◎第3希望 → カバレフさん:ソナチネ
◎第4希望 → ショパンさん:ワルツ19番
◎第5希望 → ギロックさん:クラシックカーニバル

…できれば、サラバンドにしときたい。
というか、サラバンドで良いじゃん、と思ってきた。

サラバンドが攻撃的な曲だという論法と、交渉の仕方を考えねば( ;´Д`)


★OKもらった曲
・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(イ長調)
・ギロックさん:クラシックカーニバル 全楽章

★次までの宿題
・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(嬰ヘ短調)
・バッハ大王:インベンちん8番
・ギロックさん:小組曲ト短調 (発表用)
・誰かさん:攻撃的な曲 (発表用)

★次の次までの宿題
・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(ホ長調)
・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(嬰ハ短調)
・ギロックさん:フランス人形
・バッハ大王:インベンちん8番
・ショパちん:ワルツ9番

Kaloud:ロータス 

2016, 11. 20 (Sun) 17:36



フレーバーを入れたボウルをアルミホイルで塞いで穴を開ける、っていう伝統的な方法は、結構手間が掛かるし、温度調節も少し難しい。

そういう手間と技術の問題を吸収してくれる物として、代表的なのが、Kaloud社のロータスってやつ。


Kaloudは、アメリカのメーカー。

類似品に、Odumanのイグニスがあるけど、オリジナルはこっち。

uptailで6000円くらいで買った。
http://www.shisha.jp/shopdetail/000000001226/pc_detail/

イグニスと同様、ボウルにアルミホイルを被せて穴を開けなくて済む上に、炭の周りを金属で囲むので、高温をキープしやすいし、炭も長持ちする。


使い方はイグニスと全く一緒。
ココナラ炭を2個置いて、上蓋の窓の開き具合で温度を調節する。


超簡単。


実際に、ロータスとイグニスの両方を使ってみた感想だけど、炭の置きやすさと洗いやすさはロータスのが良い。

イグニスは、エアフローを設ける為に、接地面にギザギザがついてるんだけど、そのせいでフラットタイプの炭を縦置きすると、倒れやすい。
あと、ギザギザを洗う時に気をつけないと、スポンジがボロボロになる。
ちなみに、このギザギザはなくても、燃焼や味には全く支障がない。

あと、ロータスの方が内部が狭いので、高熱をキープしやすい。
ただ、その分、ロータスの方が少し焦げやすい。

ロータスの唯一の欠点としては、ロットによっては取っ手のラバーがすっぽ抜ける事があるらしい。
詳細と対策は、ダビデさんのページを見た方が早いかな。

詳細
http://hookah-reviews.com/2500/

対策
http://hookah-reviews.com/2482/

イグニスの取っ手は上蓋と一体なので、取れる事はない。
その代わり、結構熱くなるので、どっちもどっちかな。

なお、ロータスもバージョン2からマット加工になったので、スポンジで洗い難い。

全体的には、やっぱりロータスのが優ってると思う。


- 完 -

Hydro Herbal:Aurora (パイナップル) 

2016, 11. 19 (Sat) 22:37



Hydro Herbalのニコチンフリーシリーズのパイナップル味。

uptailで買った。
http://www.shisha.jp/shopdetail/000000000872/ct49/page1/brandname/

・お値段
1500円 / 50g

・1回の使用量
6~8g

・扱い易さ
煙草入りフレーバーより、ちょっとだけ塊をほぐし難い。
高温が続いても焦げづらく、ロータスやイグニスと相性が良いと思う。
パッケージは透明な固いビニールで、ジップロック式になってるので、取り出しや保管がしやすい。

・味と香り
めっちゃ良い香り。
パイナップルの甘さと香ばしさがよく再現されてる。
酸味はやや少なめ。

・後味
酸味が少ないからか、少し飴っぽさがある。

・のど越し
超滑らか。

・持続性
2時間くらい。

・満足度
★★★★☆


- 完 -

レッスン47回目 

2016, 11. 18 (Fri) 00:41

★レッスン日
2016/11/15

★宿題だった曲
・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(ニ長調)
・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(ロ短調)
・ギロックさん:クラシックカーニバル 3.カーニバルの舞踏会
・ギロックさん:エツード
・バッハ大王:インベンちん8番
・ショパちん:ワルツ9番


レッスン10分前に教室に着いちゃったら、先生は部下の講師の人と連弾の練習をしてた。

先生「あと少しで終わるから、ちょっとその辺で遊んでてね」

おれ「わ、わ~い( ;´∀`)」


・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(ニ長調)

特に指摘なし。


・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(ロ短調)

指番号を間違えたり、やや覚束なかったので、5回くらい弾き直して完了。
短音階の方がバリエーションがあって面白いね。


・ギロックさん:クラシックカーニバル 3.カーニバルの舞踏会

いつの間にかテンポが変わってる箇所があって、修正した。
ややスピード感に乏しいけど、演奏としては悪くない、と合格になった。
よっしゃ完成!!


‥と思った( ;´Д`)


・ギロックさん:クラシックカーニバル 全楽章

おれ「え、全部弾くんですか?( ;´Д`)」

先生「当たり前でしょ!さんはい!!」

おれ「ぐぅぁぁあああ( ;´Д`)」


3~4回通して弾いたけど、1、2楽章が劣化してて、イマイチな出来。
練習ひ直してセットで綺麗に弾けるようにしましょうね、と。

まぁでも、これは全楽章をレパートリー化したいので、ちょうど良い機会だね。


・ギロックさん:エッチュウド

頑張った。
ミスがほぼなくなって、テンポも得手不得手に影響されるような揺れは解消された。
強弱で少し修正が入って、何度か弾き直した。


・バッハ大王:インベンちん8番

時間切れ( ;´Д`)


・ショパちん:ワルツ9番

時間切れ( ;´Д`)


★OKもらった曲
・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(ニ長調)
・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(ロ短調)
・ギロックさん:クラシックカーニバル 3.カーニバルの舞踏会
・ギロックさん:エニュード

★次までの宿題
・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(イ長調)
・根津さん:スケールと和音とアルペジオ(嬰ヘ短調)
・ギロックさん:クラシックカーニバル 全楽章
・バッハ大王:インベンちん8番
・ショパちん:ワルツ9番

Can Do:キラキラお箸 

2016, 11. 17 (Thu) 17:03



フレーバーをセットする際、手で直接ほぐしながら盛り付ける人も結構いるっぽい。

なんだけど、手がべちょべちょになる( ;´Д`)
それに、中盤に熱くなったフレーバーをひっくり返すのは、手じゃ無理でしょ。

なので、お箸を使うのが良いと思うんだけど、普段使ってるお箸で食品以外の湿った物をグリグリするのも抵抗がある( ;´Д`)

なので、シーシャ用のお箸をキャンドゥで買った。

プラスチックなので、木みたいにシロップが染み込まなくて綺麗に使える。
そして、洗いやすい。

しかも、キラキラかわいー!!!( ;´Д`)


- 完 -

今月のおブ活 (ぶんごろさんを囲み囲まれ会) 

2016, 11. 14 (Mon) 13:47

ぶんごろさんがこちらへ遊びに来てくれたので、女子会(40%のおっさんを含む)を開いた。


☆メンバー★

ぶん子ちゃんねみ子ちゃんやぢ子ちゃん真子たんモルサ子にゃん

び子ちんは、お仕事の都合で今回は不参加に。

真子たんはレディースデイにつき、一次会のみ参加する事になった。
‥と思いきや、当日のお通じが良かったので、二次会にも来てもろた。


☆ピアノスタジオ★

何度か行った事があるスタジオ。
今回は8畳のお部屋で、たっぷり3時間。

最初はみんな緊張してたけど、1時間も経った頃には、かなりリラックスした空気になった。


☆弾いた曲 (順番は忘れた)

・クーペさん:ピアノの練習L
1発目なのに意外と無難に弾けてる‥と思いきや、ラストになって和音を忘れる( ;´Д`)

・カバレフさん:ワルツのように
やっぱ緊張しちょる( ;´Д`)

・ギロックさん:小組曲ト短調
1.レハーサル:おれ上手いじゃん!!( # ´Д`)
2.踊りの先生:一部、グシャった( ;´Д`)
3.皇女様:弾けない予感に従ってスキップ( ´Д`)
4.仮面舞踏会:ド初心者臭い演奏( ;´Д`)

・ハチャトリさん:小さな歌
途中までは調子良かったけど、終わりで急に我に返って崩壊( ;´Д`)

・ハチャトリさん:スケルツォ
忘れかけちょる( ;´Д`)
まぁでも、そんなに悪くはなかったかも。

・ブルグさん:ヅラベスク
劣化しすぎ( ;´Д`)
弾けてるところも、編曲者の深遠なる意図を無視した独りよがりな演奏。
この曲を弾くには人生経験(ハゲなど)が足らん。

・ギロックさん:サラバンド
俺にしては上出来(=´∀`)

・ギロックさん:ジプシー キャンプ
うんこ

・バッ君:フランス組曲3番のメヌエット
最悪。うんこ。うんこ組曲。
こいつは練習し直しだ。

・ギロックさん:まぼろしの騎士
ちょっとグシャったけど、まぁまぁ。

・ソパンさん:ワルツ19番
おれ頑張った( ;´Д`)
もちろん上手くはないけど、ここ1年で地力が上がってきた気がする。

・ラヴェルさん:眠りの森の美女のパヴァーヌ
ちょっと散漫( ;´Д`)

・ソパンさん:ワルツ10番

おれ「弾けるとこまで弾くので、弾けなくなったら、ぶんごろさん交替してください!!( ;´Д`)」←ピアハラ

ぶん「ぇ‥?は、はぁ‥( ;´Д`)」

‥結局、完走した。
覚え直したばっかりだったので、自分で意外だった。
力づく演奏にも程があるけど( ;´Д`)

そして、この直後に、ぶんごろさんにお手本演奏を強要した。←ピアハラ

ぶん「は、はぁ‥じゃぁ弾きま~す( ;´Д`)」

予定外の無茶振りだったのに、素晴らしい演奏をありがとです。
レッスン以外でこの曲の他人の演奏を間近で聴いた事がなかったので、弾き方をかなり観察した。
上手い人は、ここをこう弾くんだな、と凄く参考になった。


☆ぶんごろさんの演奏

弾き始めて10秒くらいで、圧倒的な演奏力に、大竹ちんと顔を見合わせた。笑
とても華のある演奏をする人だと思った。
ショパンちんのレパートリーが多くて、ノクターン2やワルツ7、10、黒鍵エチュードまで、どれも完成度が高くて、聴き応えがあった。
あと、ギロックさんの雨の日のふんすいとかアラベスク(本物の方)みたいなアルペジオ主体の曲の仕上げがゴージャス。
さすがですな( ;´Д`)


☆ね~みさんの演奏

とても落ち着いてて丁寧な演奏をする人だと思った。
バッハさんのレパートリーが、鍵盤曲からピアノアレンジまで超充実してた。
バッハさんの曲があんなに似合うってのは、凄い感性だと思う。
あと、ショパンさんのノクターン1で、アマチュアでこんなに完成度高く綺麗に弾けるものなのかと驚いた。
上手いのはもちろんなんだけど、何か潜在能力も高い人なんだろな、と思った。
曲の好みがそこそこ被るので、目標としてかなり意識してます。


☆やぢまさんの演奏

柔らかく澄んだ音色で、アベマリア(本物の方)やグリーグさんの曲が似合ってた。
ドボルさんのユーモレスクは、前半の明るい箇所も良かったけど、転調した箇所の演奏も格好良かった。
自分のベースの音色があった上で、曲調に応じて(しかも人前の演奏で!!)変化させられるというのは、凄いですな( ;´Д`)
あと、ぶんごろさんが持ってきた、サザエさん曲集のタラちゃんのテーマを初見で美しく弾いてた。笑


☆大竹っちの演奏

一緒に弾くのはもう3回目なんだけど、更に上手くなってて驚いた。
端正な演奏に磨きが掛かってますな。
コンクールや演奏会にたくさん出たり、鍛えられてるのがよく分かる。
そして、レパートリー1番多い。笑
しかも、バロックやソナチネからドラクエまで、幅広い。
ピアノ始めた時期が似たようなもんなのに、追いつける気が全くしない( ;´Д`)


★感想

グランドピアノと部屋の広さがマッチしてたのか、ピアノの音がめっちゃ良かった。
ナイスおれ( # ´Д`)

今までは、ピアノ歴が近い人複数+上級者1人、みたいな感じが多かった。
今回は女性陣が根こそぎ上級者だったので、そういう人達の演奏を連続で聴いてたら気づいた事が。
上手い人はちょっと緊張してる位なら殆ど崩れないで、テンポや強弱をかなり制御できてる。
ミスタッチも少なくて、そのミス自体も目立たない。

自分自身については、今年何度も弾き合い会をやったり、人前で弾く機会があって、緊張しつつも普段の家での演奏に少しは近づいてきた。
それでも大して弾けないのは、そもそも下手くそなので仕方ない( ;´Д`)
人前演奏への慣れも必要だし、あとそれ以前の問題として、実力自体の向上ももうちょぃ意識しよう、と改めて思った。
そして帰宅後、寝る前に1時間くらい反省ピアノした( ;´Д`)

なお、女性率が高かったからか、場の雰囲気が薄ピンク色で、癒された( # ´Д`)


☆二次会★

ちょっと落ち着いた感じの居酒屋に。
お肉は美味しかったけど、コースにデザートが入ってない事に後で気づいた。すまんです( ;´Д`)

普段、ブログでやり取りしてる人達なので、あんまり初対面な気がせず、かなり打ち解けた感じで盛り上がった。
楽しすぎて、あっという間に時間が過ぎた。

ぶんごろさんがみんなにお土産をくれた。うまうま( ;´Д`)
ありがとです。



みなさん、おつでした。
そしてぶんごろさん、来てくれてありがとです。


- 完 -