COCOBRICO (ココナツ炭) 

2016, 11. 06 (Sun) 23:41

これも、ココナツの皮を加工した炭。
ココナツの炭は持ちが良くて使いやすい。

uptailで1800円くらいで買った。

まず、フラットタイプの108個入り。
http://www.shisha.jp/shopdetail/000000001220/004/X/page1/recommend/

文字通り、ちょっと平べったい。


燃やすと、こんな感じ。


キューブタイプの112個入りも買った。
http://www.shisha.jp/shopdetail/000000001250/004/X/page1/recommend/

立方体。


こんな感じ。


う~ん、自分的には、フラットの方が使いやすいかな。。

ASLAJで買ったココナラ炭と比べると、COCOBRICOは大きさや形のバラつきがやや少なくて、綺麗に揃ってるかな。
とは言え、多少バラついてても支障ないし、気にせずにその時に安い方を買えば良いと思う。


- 完 -
スポンサーサイト



先月のおブ活 (ヴァイオリン・ヴィオラ教室のハロウィン練習会) 

2016, 11. 06 (Sun) 01:00

吉瀬さんの教室で、ハロウィンパンティ兼練習会があった。

場所は、3月の発表会と同じ会場。
ちょっと舞浜ちっくな建物。


今回も中の写真を何枚か撮ったけど、全部生徒さん達が写ってるやつなので、吉瀬さんに全部お渡しして、全削除しますた。

今回も、20人くらいの人が来た。
そして、吉瀬さんの生徒の人で、このブログ読んでる人が少しいる事が判明。
結果、俺は対面でも「モル作さん」と呼ばれるのが普通になってきた( # ´Д`)

会場のグランドピアノは、糞高いおドイツ物。
http://www.pianofactory.co.jp/piano/sauter/

生徒さんがまだ10人くらいしか来てない時に、適当に数分弾かせてもらった。
う~ん、相変わらず、ピアノと場所が変わった途端に緊張感が走るおれ( ;´Д`)
ピアノの弾き合い会にはちょっと慣れてきたけど、今日は、普段ピアノ弾かない人達が聴くんだな、とか余計な事を考えてしまった。

とはいえ、この日は、弾きたい人は弾いて、弾きたくなかったら適当に歓談してよう、みたいな緩い雰囲気だった。

バイオリンを演奏したのは、出席者の1/3くらいだったけど、どの人も偉いレベル高かった。
ピアノで聴くような小品は全然なくて、コンチェルト系のがっつりな曲を、すらすらすらすら弾いてた。

時々このブログにもコメントをくれるクレモナ親父さんは、プロジェクタを使って、練習に使ってるソフトを説明しつつ、実演してた。
生で初めて聴いたけど、長年弾いてるだけあって、めっちゃ綺麗な演奏だった。

ピアノを弾く人もいて、ショパさんのノクターン20番を弾いてた。
丁寧でメリハリのある弾き方で、緊張しつつここまで見事に弾けるものなのかと驚いた。
その人とは帰りの電車が一緒になったので、色々聞いてみた。
まだ再開して何年もやってないと言ってたけど、仕上げ方に妥協がない感じがした。
そして、やっぱりインベンション大変だったと言ってた。笑

で、その人の演奏の後に、話の流れで俺も弾く事になり、2曲弾いた。
緊張はしたけど、前よりは気分がマシだった。
演奏もグダったけど、予想通りくらいの範囲で済んだ。
いい加減、もうちょぃマシに弾けるようになりたいんだけど、まぁ焦らず経験値を稼いでこう( ;´Д`)

最後にパッヘルカノンの合奏タイムがあり、簡単な楽譜で伴奏をした。
が、1回目、ミスタッチして、それを境に伴奏がズレてしまい、みんなに弾き直しさせてしまった。
すまんです( ;´Д`)

なお、ハロウィンなので、殆どの人が仮装してた。
俺は、無難にドラキュラマントを着けた。

本当は、ちくわの仮装をして「こんちくわ」って言いたかったんだけど、ちくわの衣装なんてどこにも売ってなかった( ;´Д`)


- 完 -