Oduman:N2 

2016, 12. 16 (Fri) 00:46



MYAのリッチティアラのボトルが欠けてしまい、少し水漏れするようになった。


なので、ASLAJで新しいパイプを買った。
http://aslaj.com/?pid=100981114

新しいパイプは、以下の条件で検討した。

・ボトルがでかくて、水が沢山入る
・背が低くて、カウンターの上に置けて、台所で洗える
・パーツの数が少なくて、管理が楽

結果、OdumanのN2に決めた。




Odumanはトルコのメーカーだけど、たぶん欧米系のユーザーを念頭にデザインしてるんだろうね。
本当は、ShikaとかKhalil Mamoonの中東チックなパイプの方が好きなんだけど、でかすぎてメンテが大変そう。
あと、どうせガラスパイプにするんだったら、Fumoの方が断然格好良い。
でも、実用性を考えると、Odumanのガラスパイプがベストだと思った。

実際使ってみた感想。

まず、水が1ℓくらい入るので、どのフレーバーでも煙がまろやかになる。
MYAのリッチティアラは、500㎖弱だった。

リッチティアラとN2を並べてみると、こんなに違う。


しかも、ステムの先、煙が水中に出る箇所にディフューザーが付いてる。
ディフューザーってのはシャワーの口みたいな感じで、煙の出口を複数に分ける物。
これがあると、煙が細かく枝分かれして水に解放されるので、水に触れる表面積が大きくなる。
結果、冷却効果やフィルター効果が上がって、煙が超マイルドになる。
反面、煙草的な手応えが無くなるので、それが嫌な人はこのディフューザーを外した方が良いかも(取り外し可能)。

このパイプで水の容量不足でゲホゲホ言う、みたいな事はなくなった。

ボトルの口がでかくて、氷やフルーツ等を入れ易い。
シーシャでやりたい事の大半は、この水パイプでできると思う。

付属のホースはシリコン製で、取っ手と吸口部分がステンレス製。
本体にネジ式で取り付けるようになってる。
吸口は取り外して洗えるので、マウスピースを買う必要がない。
あと、ホースを引っ掛けるフックも付いてる。

付属ホースは欠点もあって、プラスチックホースよりも結構重い( ;´Д`)
あと、白いせいか、何回も使ってるうちに段々着色してくる。

付属以外のホースを使いたい場合は、1000円の専用アダプタを買う必要がある。

LEDも付いてて、ライトアップもできる。


でも、これは速攻で飽きる。笑

尚、どのパーツもネジ式で組み立てられるようになってるので、使い勝手も良いし、洗い易い。
アラビアンなデザインの水パイプは、ゴムパッキンで隙間を埋めるのが多くて、あれは扱いが結構面倒なんだよね。

という事で、この水パイプ、めっちゃ良い。
買って良かった。


- 完 -
スポンサーサイト