数日、音沙汰ないかもですのお知らせ 

2017, 04. 05 (Wed) 14:28

モル作君、筋力が少しずつ落ちていって、ついに立てなくなってもうた。
で、倒れて、立とうとしてもがいた結果、痙攣を起こした。
俺が帰宅した時、虫の息だった( ;´Д`)

で、去年診てもらった獣医さんのとこに連れてった。
自力でうんこ出来なくなってから1年近く経ってるし、完全に寿命の限界を超えちゃってるみたい。
ようするに、全身の色んな機能が衰えまくってる、と( ;´Д`)
で、特に後ろ脚と、レントゲン写真から判断するに、腸が老化し過ぎてまずい。腫瘍もあるかも、と。
手術とか本格的な処置もできそうな状態じゃない。

なので、応急処置の注射を打ってブドウ糖点滴を飲ませて帰ってきた。

モル作君、ついに寝たきり生活に( ;´Д`)

本能的に歩こうとするので、手で支えて歩行させてみたけど、支えられるのも痛いみたい。
後ろ脚は、殆ど動かない。
なので、寝たまんま、手渡しでメシと水を与えてる。

幸い、まだ食欲はあるけど、動物は歩けなくなると、終わりが近い。
まぁ、いつかこういう時が来る。

応急処置の注射で使った薬を処方された。

もしまた痙攣を起こして苦しそうになったら、それを飲ませれば、頭がぼ~っとして、暫く落ち着くみたい。
但し、身体全体の生命活動が低下するので、そのまま死んじゃう可能性も高い( ;´Д`)
でも、余りにも辛そうなら、覚悟を決めて少しずつ与えてみる事になる。

判断が難しい。
ひとまず、エサ食べさせたりブドウ糖や水を飲ませたりしつつ、様子を見るしかない。
体力が落ちるのが先か、安楽死になるのか、意外と寝たきりのまま、もう暫くのほほんと生きるのか。

ベストを尽くしつつも、看取る事になる可能性が高いので、何日か音沙汰ないと思います。
スポンサーサイト