ハツモツ!!!( ;´Д`) 

2017, 05. 28 (Sun) 20:13

先日の弾き合い会で、エネルギーを注入されて、家でピアノ椅子に座るのに抵抗がなくなった。
完全に心機一転したかったので、新しい曲を始めた。


・ハチャトリアン:ピポピポ

「エチュード」とか「イワンは忙しい」という邦題がついてる。

1年くらい前にちょっとだけ練習しただけで自然消滅してたやつ。
その時は、結構難しく感じた。

今、楽譜を見てみると、あら、意外と頭に入りやすい。
この人の曲は3つめなんだけど、音の降り方がみんな一緒だ。
これならすぐ覚えられるし、ちょっとずつスピード上げてけば、まぁすぐに形になるだろう。

…結果的には、予想の3倍くらいの時間を費やした( ;´Д`)
ハチャさん、舐め腐っててすいませんでした。


ピポピポを覚えてる最中、モツさんのコンチェルトを聴いてた。
そしたら、モツさんのピアノ曲を何か弾いてみたくなった。

モツさんのオケ用の曲で、バイオリンとかクラリネットの音色を聴くと本当に綺麗だな、と思う。
だがしかし、この人の鍵盤用の曲は、何でこれピアノ用にしちゃったコロコロ?( ;´Д`)みたいな印象を持つ事が多かった。

聴き方も、先にベートーベンの超長い曲を聴いて、その後にモツさんの曲を聴いて、あぁモツさんアナログだなぁ細やかだなぁ、みたいな、比べて面白がる感じだった。

ピアノで弾きたいと思えて、なおかつ弾けそうな曲なんてあったっけ?
14番ソナタとか、そもそもアマチュアじゃ弾けなさそうなのしか浮かばない( ;´Д`)

で、探した。

あっさり見つかった。


・モーツァルトさん:マエストロ対位法氏の葬送行進曲 (K.453a)

初モツさん。
楽譜的にもアクション的にも、そんなに難しくはなかったので、ピポピポよりも先に暗譜が済んだ。

この曲、強弱を極端に振り分ける感じ。

でーんでーででーんでーんでっ ←強。いかにも葬送行進曲って感じ
ちゃーらーらーらーらーら ←弱。お花畑な感じ

この弱の、ちゃーらーらーらーらーら、ってとこは、楽譜の表記的には、右手の単純な重音メロディになってるんだけど、曲のタイトルから推測するに、両手で対位法っぽく弾く想定なんだろう。
実際、youtube上で、そういうふうに弾いてる動画が幾つもあった。

なので、両手で弾いてみた。
何か妙に可笑しさを感じた。
曲調としては、お葬式っぽい重厚さと、何か救済のような優しさが含まれてる、と言えるんだろうけど、実際に弾いてみると、何か辻褄を合わせて取り繕いつつ、こいつ絶対ふざけてるだろ、みたいな匂いがプンプンした。

邦題も訳もちゃんと訳し直すと、対位法の大先生殿の葬送行進曲、みたいな、ちよっと馬鹿にした感じだし。

で、もうちょぃ調べてみた。

やっぱりブラックジョークだった。笑
http://www.marimo.or.jp/~chezy/mozart/op4/k453a.html

確かに、youtube上でも、ちゃーらーらーらーらーらっていう弱のフレーズに入る前に、妙な休符を補完してるっぽいのと、本当に楽譜のまんまなのとで分かれてた。

変な間がない演奏
https://youtu.be/TNuHQ6KFLQI
https://youtu.be/vmgHI0q2BoY
https://youtu.be/biAbt9k6WjQ

↑の動画は、重音もそのまま右手だけで弾いてたりするのもある。

妙な間がある演奏
https://youtu.be/afLwheyBXVY
https://youtu.be/qreS-wdAAdg
https://youtu.be/s09SxhJPIrE

↑の動画は、重音もわざわざ両手1本指ずつに分けて弾いてる。

ようは、いかにも葬送行進曲って感じの曲調に、しょぼい対位法のメロディを差し込んで、片手で弾ける部分をわざわざ両手一本指ずつ使って縮こまって弾いて、ブプーッとか笑ってるんだろう。笑
なので多分、この変な間も入れてタイミングをずらすのが良いんだろう。
そして、もちろん極力pで柔らかく弾くのが良いんだろう。

そういえば、とあるクラシック演奏家の人が「モーツァルトは人を小馬鹿にしてる曲が多いからちょっと…」って言ってたのを思い出した。
確かに、実際に弾いてみると、俺みたいな楽典の知識に乏しい人間でも、音楽自体にその「人を小馬鹿にしてる」という要素を明確に感じる事が出来た。

モツさんって、良くも悪くも随分コミュ力が高い人だったんだな、と思った。

そんな成り立ちはさておき、曲自体はとても綺麗な上に、やけに色んな技を要求する。
しかも、演奏効果は特に感じられないのに、ちょっと雑になると悪目立ちする。
なので、練習メニューと捉えたとしても充実してる。
モツさん、この曲、俺は気に入りましたが、色々凄いですね( ;´Д`)

なお、この曲を暗譜した時、右腕の前腕の内側の筋が少し痛くなった。
張ってる。
親指の腱の延長線だ。
俺の右手はオクターブまでしか弾けないので、(ド)(#ミ)(ソ)(ド)の和音フォルテを何の脱力や角度の工夫もなく練習してたのがまずかったっぽい。
この曲、あんまり根詰めずに気長に練習した方が良さそうだ。

慌てて、丸一日ピアノを休んでから、ピポピポをメインに切り替えた。


- 完 -
スポンサーサイト

今月のおブ活 (南北再統一編) 

2017, 05. 24 (Wed) 20:24

けもさんが用事で上京したので、19日の夜と20日の昼に、共通のおブログ友だちとおピアノ会を開いた。
その20日分。
ぶんごろさんもタイミング合わせて上京してくれた。
ありがとです。


☆おピアノ会★

けもネコさんぶんごろさんね~みさんやぢまさん大竹さんごみさん


☆ピアノスタジオ★

1度使った事があるスタジオの18畳のお部屋。
ヤマハのグランド。


☆弾いた曲

・クーペさん:ピアノの練習L
みんな部屋に入って椅子を出したばっかりの時に、立って雑談しながら弾き始めた。
調子良かったので、途中から座って弾いた。
今までで1番まともな出来だった。
それはつまり、1番良い出来の演奏が終わり、早くも尻すぼみモードに突入した事を意味する( ;´Д`)

・ハチャトリさん:小さな歌
特別良い出来ではないけど、特に悔いもない感じ。
ちょっとは成長してるじゃん俺( ;´ Д((<=(´∀`=)

・ブルクさん:ボヘミアン
人に聴かせられないくらい悪化してしまい、切り上げ( ;´Д`)
やっぱ、ピアノは立って弾くのが1番良いのだろうか。

↓代打曲

・カバレフさん:ワルツのように
良くも悪くもない出来だった気がするけど、ボヘミアンの失敗により緊張がぶり返したので、覚えてない( ;´Д`)

・バッハさん:フランス組曲3番のメヌエット
うんこ

・ギロックさん:まぼろしの騎士
劣化が止まらない( ;´Д`)

・ギロックさん:ジプシーキャンプ
ちょっとうんこの匂いもしたけど、前日よりはマシか。
ペダルは気分で毎回変えてて、それは上手く行くようになった(=´∀`)
でも、ペダルに意識が向きすぎて、下らないミスが多めに( ;´Д`)

・ハチャトリさん:スケルツォ
何箇所か忘れかけてテンポが乱れたけど、そこは表現の振りをした。
ペダルのタイミングは思い出せたので、前日よりマシになったか。


・大竹ちんの演奏
ドラクエのワルツ曲を弾いた。
翌日のコンクールで弾くらしく、完璧に仕上がってた。
これだけ弾けて予選落っこちる事はないだろう、と思った。
なお、この日は、オカピを捕まえる旅に出る予定があるらしく、一曲弾いた瞬間に防音室のドアを突き破って走り去った。

・けもさんの演奏
ロリンさんのプレリュードや叙情詩、ジブリ曲など。
2回目だし、次の機会は当分先だと思うので、鼓膜に焼き付けた。
途中、リカルド・ロペスという名チャンピオンを思い出した。笑
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%9A%E3%82%B9

音量やテンポやリズムの制御、スケールの繋ぎ方、低音アルペジオの響かせ方、どれも非の打ち所がなく、弾き方にも雰囲気があるので、こういう人が幼少時にピアノ始めてたら、演奏家とかになってたかも、と思った。

・ぶんごろさんの演奏
グリーグ、ショパン、ドビュッシさん等、華のある曲を軽々と弾いてた。
ベトさんソナタやブルグさん18の曲も。
レパートリーの充実っぷりが素晴らしい。
発表会でも弾いたドビュッシさんのワルツは、プロっぽかった。笑
会う度に腕を上げてるなぁ。
いつも来て頂いてて、ありがたい事です( ;´Д`)

・ね~みさんの演奏
バッハさん中心の選曲で、特にパルチータには惹き込まれた。
リストのため息も何とかなりそうなのが凄い( ;´Д`)
緊張したって言ってたけど、表情もテンポも落ち着いてて、やっぱ場慣れしてるなぁ、と思った。
なお、ね~みさんとは、今後も割と頻繁にご一緒する機会がありそうなので、レパートリー増やしとかねば、と思った。笑

・やぢまさんの演奏
グリーグさんの曲を中心に、バロックも幾つか。
ヘンデルさんの曲がかなり綺麗だった。
柔らかい暖色系の音が得意な印象だったけど、グリーグさんの珍和音をズシッと響かせたり、多彩だなぁ、と思った。
選曲の守備範囲も広くて、テンポの設定はいつも絶妙。
キャリアを感じた。


…今回は割とゆったりペースで、ちょうど良く感じた。
自分的にも、意外とそこそこ弾けて、緊張もそこそこで済むようになったので、特に後悔もなく終われた。

あと、何と言っても、けもさんだ。
彼の取り組み方や集中の仕方から、かなり大きななヒントを得られた。
この2日間の経験は、後々大きく響いてくる事だろう。


☆二次会★

イタリアンの手頃なお店で。
店内が割と快適でメシ自体も良かったので、ホッとした。
色んな話をしつつ、まったりのんびりした。


☆三次会★

二次会が終わったのが中途半端な時間だったので、引き続き三次会に突入。
けもさんはここで帰路に発った。

で、たまたま見つけた中華屋さんに入った。
薬膳パフェとかドリンクとか、ちょっと変わったメニューがあるとこだった。
微妙に風邪引きそうな体調だったので、薬膳ドリンクを頼んでみた。
そしたら、泥水みたいなのが出てきて、唐辛子と生姜の他に、変な黒い塊が入ってた。
その黒い塊を曇りなき眼で見てると、もののけ姫で祟り神のイノシシから出てきた弾を思い出した。

まぁでも、たぶん効くんだろう、と飲んでみた。
飲食物っぽくない味で、ひと口ずつしか飲めない。
しかも、このドリンクは、俺の中の悪い物を退治するんじゃなくて、俺を仕留めようとしてる模様( ;´Д`)
そっか、俺の中から俺が出て行けば、綺麗になれんるだ(╹◡╹)

ぼ~っとする頭の中で、警報がピポピポ鳴り響いた。
このピポピポしたリズム、悪くないな。
そして、次はハチャトゥリアンのエチュードをやろうと思った。
https://youtu.be/ae-tlb3bsv4


みんなのお土産。うまうま。



- 完 -

今月のおブ活 (けもさんタワシさん編) 

2017, 05. 21 (Sun) 14:48

けもさんが用事で上京したので、19日の夜と20日の昼に、共通のおブログ友だちとおピアノ会を開いた。
その19日分。


☆おピアノ会★

タワシさんけもネコさんクソさん


☆ピアノスタジオ★

ちょくちょく使ってるスタジオで、ヤマハのとても弾きやすいグランドピアノ。


☆弾いた曲

・クーペさん:ピアノの練習L
まぁまぁの出来か。
そしてこの日、悔いなく弾けた最初で最後の曲となった( ;´Д`)

・カバレフさん:ワルツのように
微妙なミスタッチで一部、弾き直し( ;´Д`)

・ギロックさん:ジプシーキャンプ
う~ん…こ

・バッハさん:フランス組曲3番のメヌエット
失敗ループにはまって断念( ;´Д`)

↓代打曲

・ハチャトリさん:小さな歌
最初は散漫だったけど、弾き直したらまぁまぁになった。

・ギロックさん:まぼろしの騎士
出掛ける直前に弾いといたのが幸いして、意外と弾けた。
でも、短いのでミスタッチが悔やまれる( ;´Д`)

・ブルクさん:ボヘミアン
あんま良くないけど、まぁ実力通りなので、言い訳できない( ;´Д`)

・バッハさん:フランス組曲3番のメヌエット
2回目。相変わらずヘタクソだ( ;´Д`)

・ハチャトリさん:スケルツォ
今までどのタイミングでペダル使ってたか忘れて、途中からいきなりペダルなしに( ;´Д`)

・ショパさん:ワルツ19番
この辺で、現在のレパートリーが切れたので、思い出しながら弾いた。
出来は喩えるなら、うんこ。

・ブルグさん:アラベスク
手持ちが切れたので召喚した。
出だしをいきなり編曲してしまい、自分で失笑してしまった。
弾き直して、この日の演奏完了。
ラストの和音はpのスタッカートにしといた。


・けもさんの演奏
ロリンさんのプレリュードや叙情詩、ジブリ曲など。
音量のコントロールに長けてて、アルペジオの差し込み方も綺麗だ。
俺の1年くらい後にピアノ始めた人なんだけど、指の動きも、既に長年鍛えられてる人のような滑らかさ。
センスと思考力と集中力と持続力、色々備えてる人だなぁ、と思った。
あと、集中して弾いてる時の様子に、ピアニストっぽさを感じた。笑

・タワシさんの演奏
教会奏者をしてる人で、かなりの実力者。
賛美歌や民族音楽、歌曲、あと地元の民謡?などなど。
ジャンルもそうだけど、音色も幅広くて、さすがだなぁ、と思った。
リズム感やテンポのコントロールを含め、プロだな、と思った。
最後に、ベートーベンのモルモットを弾いてくれた。笑
ありがとです。


…と、あっという間の1時間強。
意外とハイペースだったなぁ。
練習不足とはいえ、まぁ実力通りではあるな、と思った。
いつも大体こんなもんだし( ;´Д`)


☆二次会★

ビュッフェ式の串揚げ屋さんに行った。
もうちょぃ落ち着いた所だった気がしたんだけど、ちょっとファミレスっぽかったね( ;´Д`)
とはいえ、メシはうまうま( # ´Д`)

みなさん、お忙しい中、調整ありがとでした。
また精力的にピアノ弾いてこうと思います。

あと、お土産ありがとです。



- 完 -

今月のおブ活 (ドラクエのおバレエ編) 

2017, 05. 20 (Sat) 00:42

13日、大竹ちんと、ドラクエのバレエを観に行った。
http://www.sdballet.com/performance/1705_draque.html





バレエは、一度くるみ割り人形とかジゼルとか観に行ってみたいなぁ、とは思ってたけど、そこまで興味なかった。
スポーツの解説で意外とバレエの話題(身体の正中線がどうとか)が出て来るので、それでちょろっと興味持った事があるって程度。

実際に観てみると、バレエはかなり自分の好みなジャンルだと思った。
完全に趣味の問題だけど、自分は日本語で演じられるドラマや映画やアニメや演劇があんまり好きくない。
もちろん例外は多々あるけど、大抵の場合は途中で台詞が耳障りに感じてしまう。
くだらない事喋らせるなよ、とか思ってしまう。
バレエだと基本、喋らないで演出するので、音楽や動きに没頭できると思った。

内容は、ドラクエの音楽を使ったオリジナルの話で、民話的な展開。
休憩を挟んで、2時間くらいだった。

演じてるのは、スター・ダンサーズ・バレエって人達。
http://www.sdballet.com/index.html

主演の人が靭帯断裂、ヒロイン役の人も体調崩して交替になってた。
まぁ、あれだけ全身で動き続けるんだし、例えプロだろうが無理せず交替しなきゃ、速攻で潰れちゃうだろうね。
靭帯断裂って、これから大変だろうな( ;´Д`)

メイン2人が交替したとは言え、素人目には特にぎこちなさを感じる訳でもなく、堪能できた。
バレエの人達って、身体能力も演出力も凄いね( ;´Д`)
みんな、動きが軽やかで柔らかい。

演奏は、昭和音大の学生。
曲目がめちゃめちゃ多いのに、どれもすんばらしいクォリティ( ;´Д`)


アマチュアとは言え、みんなさすが、長年鍛えられたベテランですな。
バレエの演技と一体感があって、惹き込まれた。

ああいうのって、舞台の下で演奏するんだね。
こういうのも新鮮だった。

全部終わって最後にひたすら拍手し続けるのは、たぶん伝統的なマナーなんだろね。
この辺は、クラシック音楽の演奏会も似たような感じで、どっちも様式に慣れてないと、多少の白々しらも感じる。
でも、パフォーマンスが良かったらそれを演じ手に伝えるのは当然の礼儀だし、こういう空気にちゃんと慣れたいもんだな、と思った。

大竹ちん、ありがとう。
めっちゃ面白かったです。


- 完 -

おピアノ再開してみたよ 

2017, 05. 10 (Wed) 17:19

1ヶ月くらい何も弾かず、レッスンも、先生に事情を話して休会させてもらった。
こんなにピアノ弾かなかったのは、始めてだ。
今までは、ストレス最高潮だったり気分が悪い時でも、特にピアノから離れる事はなかった。
特にモチベーションを意識するタイプでもないし。

何かバロックとか賛美歌ちっくな曲を聴きたくなって、じゃぁ自分で弾くか、と思って、ル・クーペさんのLを弾いてみた。
これ弾いたら、次はバッハさんのフランス組曲行ってみましょうか。

酷い有様だった( ;´Д`)
暗譜は飛んでるし、覚え直して弾いてみても、曲に全然集中できない。。
超簡単な曲なのに、何弾いてるのか分からなくなった。
ムカついてる時や落ち込んでる時でもピアノは弾けるけど、酷く悲しい時には弾けないものなんだな、と思った。
弾いてて余計悲しくなった。

で、また一旦ピアノから離れた。

とは言え、日を追う毎に精神状態も通常に戻って来た。
頃合いかな、と思い、リフレッシュを兼ねて、新しい曲を練習してみた。


・グリーグさん:アルバムのページ (Op.12-7のやつ)

抒情小曲集に入ってるやつ。
譜読みは簡単で、すぐに暗譜できた。
装飾音が多めのとこは、ちょっと片手練習が必要だったけど、ゆっくりなら通して弾けるようになった。

中盤、左手で2声を弾くようなとこがあって、保持音を押しながらメロディを弾くようになってる。
ここは、手が大きくないとちょっとキツいかも。
自分は、8度以上9度未満、って感じなんだけど、結構ギリギリ感があった。
グリーグさん、手がでかいのね( ;´Д`)
まぁでも、弾けなくはないかな。。

しかし、この曲、ゆっくり弾いても微妙だね( ;´Д`)
もうちょぃスピード上げたいところ。


・バッハさん:G線上のアリア
全音ピースで、 ピアノ用に編曲してあるやつ。
前にね~みさんが弾いてたのを聴いて感化された。

しかし、まだ俺にはムズ過ぎたみたいで、1分で挫折した( ;´Д`)
これは、来年だな。。


そして、過去のレパートリーが殆ど全滅してて、ぺんぺん草しか生えてない事が判明したので、再発掘してみた。


・クーペさん:ピアノの練習B

微妙にややこしく感じる箇所があって、意外と時間掛かった( ;´Д`)
何箇所かペダル入れて練習中。


・クーペさん:ピアノの練習C

あら、ムズい( ;´Д`)
ペダルの入れどころを思案中。


・クーペさん:ピアノの練習L

初心者用のエチュードの癖に、音が多くて複雑( ;´Д`)
まぁでも、弾くのは簡単なので、暗譜さえしちゃえば大丈夫だった。


・ブルクさん:ボヘミアン

意外と覚えてた。
しかし、指が覚束ない( ;´Д`)


・ショパンさん:ワルツ15番

間奏みたいなとこの暗譜が飛んでる( ;´Д`)
指も覚束ない。
これは、やり直しだな。。


・作者不明:曲名不明

有名な曲だけど、誰の何て曲かは分からない( ;´Д`)
吉瀬さんが楽譜に起こしてくれた。
ありがとです。。
これはまぁ、暗譜さえしちゃえば弾けるな。
そのうち金払って、ちんこ音頭ピアノバージョンの耳コピも依頼しようと思ってる。


・バッハさん:フランス組曲3番のメヌエット

何度か弾いてるうちに思い出した。
現状、これが1番マシかな。


・ギロックさん:ジプシーキャンプ

さすがに覚えてたけど、やっぱ指がなまっちょる( ;´Д`)


ギロックさん:東洋の市場

アメリカ人がアラブっぽい曲を東洋の音楽と勘違いして作った、色々と問題がありそうな曲。笑
ブルクさんを始める直前くらいにレッスンで弾いた。
改めて弾き直してみたら、弾きづらくて挫折( ;´Д`)


・カバレフさん:ワルツのように

え、これも忘れちょる( ;´Д`)
暗譜し直し中。


・カバレフさん:ソナチネ

好きな曲なのに、レッスン終わってから全く弾いてなかった。
暗譜し直したとこ。
読譜力や楽譜を見ながら弾くスピードは一応成長してるんだな、と思った。
これは、何とかなるだろう。


…という事で、ひとまず11曲を弾き散らかしてる。
弾き合い会とか考えると、20曲くらいを常時稼働にしといて、その日に調子良く弾けそうなのを選べるようにしとくと、快適なんだよね。
でも、さすがに短期間では無理があるので、ひとまず、15曲くらいをキープしてる状態に戻そうとしてるとこ。

う~ん、再開前と比べて、あんまり長時間弾けず、しかも集中力を欠いてる( ;´Д`)
レッスンも行く気が起きん。。

まぁでも、ピアノに向かえる程度には、気分も上向いてきたかな。
他の人のブログも、ぼちぼち訪問させてもらいます。

モル作君のお葬式後 

2017, 05. 06 (Sat) 00:22


喪服を表現する故モル作さん


みなさん、何だかご心配お掛けしました。
まだ気分は晴れないものの、まずまず落ち着いた暮らしです。
ピアノもブログもぼちぼち復活です。


お葬式後、餌や備品やケージ等は全部処分した。
そして、どさくさに紛れて、初代電子ピアノのプリ作君もさようなら。

結果、旧モル作君領が空いたわけだけど、何となく場所を開けたままにしてる。
で、とりあえず、そこにモル作君とハム作君を祀ってる。


平成何年か書き忘れてたので、強引に追記した( ;´Д`)

この骨壷にセットする写真を現像した際、オプションでマグカップも作れたので、お香典返しとして発注した。


写真は、1番変な顔のやつを選んだ。


思い起こせば、様々な苦難を、ひたすら耐える事で乗り切り、未来を掴み取ってきたモル作君。
彼の強い心と切り替えの早さには何度も心を打たれた。

今まで色んな動物を飼って、それぞれ愛情は分け隔てなく注いでたとは思うけど、その中でもモル作君はかなり特別な存在だ。
最初は単に同情して助けるつもりで飼ってただけだったけど、あっという間に家族同然の存在になった。
逆に与えられた物も多い。
そもそも、こいつを飼わなかったら、FC2でブログ始める事もなかったし。

モル作君が俺の人生に与えてくれた影響は、未来にも色濃く反映される事だろう。


未掲載だった写真を幾つか。

牧草ペレットと乳酸菌ペレットを食す


乾燥牧草に飽きて、生野菜を食いたがる


食い過ぎてぶよぶよ


チモシー投入後、大喜びで身体をうずめる


明日葉を要求する


ご満悦


何か食い物落ちてないかな


好きな食べ物は、住宅です


ねずみっぽい



そして、モル作君のラスト動画。
https://youtu.be/nhH1KBB9z0c

ブログ村のモルモットカテの方達には、今後はもう完全に無関係なブログになってしまいますが、私の方はまた時々お邪魔すると思うので、その際は宜しくです。

みなさんとモルちゃん達との幸福な日々を祈ってます。