モル作君のお葬式後 

2017, 05. 06 (Sat) 00:22


喪服を表現する故モル作さん


みなさん、何だかご心配お掛けしました。
まだ気分は晴れないものの、まずまず落ち着いた暮らしです。
ピアノもブログもぼちぼち復活です。


お葬式後、餌や備品やケージ等は全部処分した。
そして、どさくさに紛れて、初代電子ピアノのプリ作君もさようなら。

結果、旧モル作君領が空いたわけだけど、何となく場所を開けたままにしてる。
で、とりあえず、そこにモル作君とハム作君を祀ってる。


平成何年か書き忘れてたので、強引に追記した( ;´Д`)

この骨壷にセットする写真を現像した際、オプションでマグカップも作れたので、お香典返しとして発注した。


写真は、1番変な顔のやつを選んだ。


思い起こせば、様々な苦難を、ひたすら耐える事で乗り切り、未来を掴み取ってきたモル作君。
彼の強い心と切り替えの早さには何度も心を打たれた。

今まで色んな動物を飼って、それぞれ愛情は分け隔てなく注いでたとは思うけど、その中でもモル作君はかなり特別な存在だ。
最初は単に同情して助けるつもりで飼ってただけだったけど、あっという間に家族同然の存在になった。
逆に与えられた物も多い。
そもそも、こいつを飼わなかったら、FC2でブログ始める事もなかったし。

モル作君が俺の人生に与えてくれた影響は、未来にも色濃く反映される事だろう。


未掲載だった写真を幾つか。

牧草ペレットと乳酸菌ペレットを食す


乾燥牧草に飽きて、生野菜を食いたがる


食い過ぎてぶよぶよ


チモシー投入後、大喜びで身体をうずめる


明日葉を要求する


ご満悦


何か食い物落ちてないかな


好きな食べ物は、住宅です


ねずみっぽい



そして、モル作君のラスト動画。
https://youtu.be/nhH1KBB9z0c

ブログ村のモルモットカテの方達には、今後はもう完全に無関係なブログになってしまいますが、私の方はまた時々お邪魔すると思うので、その際は宜しくです。

みなさんとモルちゃん達との幸福な日々を祈ってます。
スポンサーサイト