をんてゐ!!( ;´Д`) 

2018, 01. 04 (Thu) 18:54

楽典も和声もコード進行も、この音程は何とか何度だから~、って話が出ると、途端に何言ってるんだか分からなくなる。

で、色んなサイトの説明を読むんだけど、どれも増とか減とか出たあたりで、前提を全く理解できない。

むぅ…一体、どこから増やしたり減らしたりしてるんだ?( ;´Д`)


で、嫁さんにヘルプしてもらって、やっと理解できた。
読み返せばすぐに思い出せるよう、さっさとメモっとかねば( ;´Д`)


★☆★ 2つの音程の度数の数え方 ★☆★

☆★☆ 前提 ☆★☆
・長調の開始音(ハ長調ならド)を起点に数える
・長調のスケールの音程の距離と一致したら「長×度」
・でも長1、4、5、8度は「完全×度」
・「長×度」や「完全×度」の半音上は「増×度」
・「長×度」の半音下は「短×度」
・「短×度」の半音下は「減×度」
・「完全×度」の半音下も「減×度」

☆1度
・ド:ド →完全1度
・ド:♯ド →増1度

★2度
・ド:レ →長2度
・ド:♯レ →増2度
・ド:♭レ →短2度

☆3度
・ド:ミ →長3度
・ド:♯ミ →増3度
・ド:♭ミ →短3度

★4度
・ド:ファ →完全4度
・ド:♯ファ →増4度
・ド:♭ファ →減4度

☆5度
・ド:ソ →完全5度
・ド:♯ソ →増5度
・ド:♭ソ →減5度

★6度
・ド:ラ →長6度
・ド:♯ラ →増6度
・ド:♭ラ →短6度

☆7度
・ド:シ →長7度
・ド:♯シ →増7度
・ド:♭シ →短7度

★8度
・ド:ド →完全8度
・ド:♯ド →増8度
・ド:♭ド →減8度

網羅はしてないけど、↑の答えが迷わずに出れば、理解に齟齬はないと思われる。
重増と重減も同じ発想で、単に拡張しただけなので、割愛。

…なるへそ( ;´Д`)


前は↓の違いが分からなくて混乱してた。

・ド:♯レ →増2度
・ド:♭ミ →短3度

でも、音程の距離は基本、楽譜と調性ありきで考えるので、そもそも♯か♭の片方しか付かない。
混乱してる時点で前提を理解してないんだ、と分かった。

やっとスタート地点かいな( ;´Д`)


- 完 -
スポンサーサイト