アプピ!!( ;´Д`) 

2018, 02. 04 (Sun) 21:31

嫁さんの実家のリビングには、アップライトピアノがある。
ヤマハの、フロッピーディスクがついてるやつ。
元々は、おじいさんのすんごいピアノがあったらしいけど、メカ大好きな義父が、フロッピーディスクに釣られて買い換えたらしい。
超もったいない。笑

で、以前、あちらの両親と話してる時に、そのピアノを持ってけば、と言われた。
今はもう誰も弾かないので持ち腐れなんだそうな。

え、まじで!?( ;´Д`)

前に記事に書いた事があるけど、アップライトの音がめっちゃ好きなんだ。
あの、シャンシャンびよ~んシャン、とした音がたまらん( # ´Д`)
古楽器の残り香も仄かに。

…しかし、うちは生ピアノの音なんか想定外の造りをしたマリリンマンソンだ。
今時、楽器の音漏れなんか許容されないだろう。

まぁ、そのうちまた引っ越す時にまだ誰の手にも渡ってなかったら、ちょうだいって言ってみよっかな、と思った。
次に引っ越すとしたら多分、弾きたい放題の環境を選ぶし、こういうのは、巡り合わせだもんね。


でも、嫁さんがバイヨリンにミュートってのをつけて弾いてるのを見てるうちに、考えが変わってきた。
バイヨリンは、そのミュートをつけて弾いても、結構音がでかい。
なので、ベランダ越しとドア越しに聴いてみた。
おぉ、全然聴こえないじゃん( ;´Д`)
結構しっかりした建物だなここ。

…そういえば、アップライトって、弱音ペダルとかいうのがあったな。。
あれなら、振動対策さえすれば大丈夫なんじゃないの?

でも、弱音ペダル経由の音色って、どうなんだろ。
篭ってあんまり良くない音なのかな。
弾きたくなるような音色なら、電子ピアノと併用できるな。
タッチは別にいっか。
重かったら軽くすれば良いし、そもそもピアノだろうが鍵盤ハーモニカだろうが光るキーボードだろうが、鍵盤の上に画鋲が巻かれてたり毒が塗られたりしてなければ、何だって良いんだ。

よし、お正月の三が日に、嫁さんの実家に行く事になってたので、その時にちょっと弾かせてもらうか。


おしょうがつ。
嫁さんの実家にお邪魔した。

玄関に入ると、美味そうな匂いが漂ってきた( # ´Д`)
そういえば、お正月はめっちゃ豪華だって言ってたな。。
むっひょ~(=´∀`)

おれ、いくらでも食えますよ~(=´∀`)


…あ、そうだ。ピアノ、ピアノ、ピアノだよ( ;´Д`)
弾かせてくらはい。


2曲くらい弱音ペダル付きで弾いてみた。

おおおおお、何だこれめっちゃ澄んだ音がするじゃないか。こりゃ、ええわ~( # ´Д`)

その後、弱音ペダルを戻して普通に弾いてみた。


アプ「ドゴーン!!!!」

おれ「ぐぁぁああああ!!( ;´Д`)」


そうだ、生ピアノは爆音マシーンだったな。。
ちょっと音量を下げてみた。


アプ「ピコーン」

おれ「ぬぅぅぉおおお!!( ;´Д`)」


瑞々しい音が響いた。。
随分とまぁ、落ち着いた音がするじゃないか。
寒暖のバランスが理想的だわ( # ´Д`)

むぅ、、このピアノ、めっちゃ良いなぁ。。
しかしこんな高級品、本当にもらって良いのか( ;´Д`)


…義兄一家の到着。

義兄さんも昔、バイオリンも習ってたみたい。
今は金融のとんでもないエリートさんで、しかもいけめんのスポーツマンで、性格も優しく話もしやすい、という高スペックなお方。
奥さんも人当たりの良い美人さんで、お子さん達も明るく礼儀正しい、という、凄まじい一家だ。

で、一緒にメシ食った。うまうま(=´∀`)

甥っ子姪っ子が次々とゲームを出す。

人生ゲーム→大富豪→テトリスのバーみたいなの使ったやつ、を順番にやった。
久しぶりにこういうのをやると、結構楽しいな(=´∀`)

その後、オウムのペカ君を愛でた。
何と、もうじき34歳だ!!( ;´Д`)


で、帰路についた。


…帰宅。




…あ!!ピヤノ!!( ;´Д`)


おれ「ぐぁぁあああップライト!!( ;´Д`)」

よめ「え、な、な、なに?あのピアノが気に入ったの?」

おれ「いえす!!アイキャン!!( ;´Д`)」

よめ「あ、そ、そう…じゃぁ、こっちに持ってこようか」

おれ「ぐぉおおおおお!!!!( ;´Д`)」

よめ「音はどうだった?」

おれ「( ;´Д`)むがぁぁあああ!!(訳:とても綺麗な音でした)」

よめ「あ、そう。良かった」

おれ「( ;´Д`)ぐぇぇええげぼぁぁああ!!(訳:なぜか新品みたいな音がしました)」

よめ「殆ど弾いてないからね~。あと、一応ずっと調律してるみたい」

おれ「ぐんんぬぁぁああああああ!!!!( ;´Д`)」

よめ「…えーと」


義母さんも、昔オケで演奏してたらしく、楽器は使わない時期でもちゃんと大事にしよう、って考えで、ずっとメンテしてたみたい。
そういえば、外観も綺麗だったなぁ。
電子ピアノにも速攻でシールを貼る俺とはえらい違いだ( ;´Д`)


…そして、嫁さんが実家にお電話した。

持ってって良いぞよ、と。


うっひょ~(=´∀`)


あ、そうだ、先に書いとこう。

「電子ピアノはピアノじゃない」
「いやいや、最近の電子ピアノはアコースティックと遜色ない」

…この、延々と垂れ流され続ける稚拙な二元論。

前者は、残念な人生経験と精神状態の持ち主だと言わざるを得ない。
後者は、人の評価に惑わされ過ぎと言わざるを得ない。

持ってる楽器や環境を間接的にでも攻撃する展開になるような記事を書かないようにしたいな、と思うわけです。


- つづく -
スポンサーサイト