びよよん!!( ;´Д`) 

2018, 02. 22 (Thu) 12:12

3年近く前の事。

グランドピアノを弾きたくなった。
レッスンの日まで待てば弾けるけど、ピアノ欲は人間の三大欲求のひとつなので、そんな何日も待ってられない。
スタジオに連絡して空き部屋を確認した。

目当てのピアノ部屋は全部、閉店時刻まで予約で埋まってた。
空いてたのは、超タコ部屋のグランドとややタコ部屋のアップライト。
超タコ部屋でグランドピアノの音を延々と弾いてのたうち回るとか、自給自足の拷問としか思えない。
ややタコアップの部屋にした。


アップライトピアノを弾くのは2度目だ。
確か、ちょっと明るい音だったような。


アプ「ぴろんしゃら~ん」

おれ「は!?( ;´Д`)」

アプ「しゃらんびよ~ん」

おれ「えっ!?( ;´Д`)」

アプ「びよんぴろ~ん」

おれ「あら??( ;´Д`)」

アプ「しゃらんぴろんびよ~ん」

おれ「えっ?あら??は!?( ;´Д`)」


びっくらこいた。
軽くて明るい音に細かい金属音が混ざって、不思議な残響だった。

その時は、ピアノの音への固定観念が強くて、グランドの澄み切った音との距離に驚いたからか、あんまり良い音とは思わなかった。
やっぱ、セルフ拷問部屋にしとけば良かったぜ、と思った。

ただ、印象自体はかなり強かったので、それ以降、頻繁にその音を思い出すようになった。


ある日、何かの曲を弾こうとした時に、またその音を思い出した。
で、この曲をあのピアノで弾いたら、どんな感じだろ、みたいな想像をなるべく具体的にしてみた。





ホロビッツ「おぉ、何と表現力豊かな素敵ピアニストぉぉおおお!!( ;´Д`)」

おれ「ぐはははは!!!そうかねそうかね」

スクリュー便「貴方に敬意を表する曲を大体24個くらい作ります」

おれ「わはは!!苦しゅうない、調はある程度定まったものにしてくれたまえよ!!」

ジョンケーヂ「私も43年3ヶ月という曲を…」

おれ「いいです( ;´Д`)」




…あり?何か方向性が違う気がする( ;´Д`)


想像し直した。









おお!!


良いじゃん。


…え、でも、何かアップライトの記憶が美化されてきてるような( ;´Д`)

やだ、好きになっちゃったのかしら( # ´Д`)


で、YouTubeでアップライトピアノの演奏を色々と漁ってみた。

お、良いじゃん(=´∀`)
しかもあの、しゃらんびよよん、はメーカー依存じゃなく、アップライト共通なんだな。
いつの間にか、かなり好きになってた。

そういえば、こんな記事も書いた。
http://morusaku.blog.fc2.com/blog-entry-195.html


その後も、ぴあの屋どっとこむの動画とか観まくってたけど、あんまり観てると社長さんが夢に出てきそうな気がしたので、少しセーブした( ;´Д`)

当時通ってた教室も、1台くらいアップライト入れてくれないかな、とか思ったりもした。
さすがに図々しすぎる上に方向性も間違えてる気がしたので、口には出さなかったけど。


買っちゃおうかな、という思いがよぎったけど、当時健在だったモル作君は、生のピアノの音を聴いた事がない。
いきなりジャランドゴンビシャーン!!とか響いたら、そのままお迎えが来てしまいそうだ( ;´Д`)
当時は本気で10歳超えを狙ってたので、って事は、アップライトは暫くの間、淡い願望に留めて静かに暮らそう、と思った。
それに、電子ピアノはとにかく柔軟性が高い。
音源も音量も自在で、軽くて場所も取らない。
生活環境への影響が殆どない。


…そんなこんなで去年。
目まぐるしい1年だった。

かつてかなりお世話になった恩人が、闘病の末に他界。
そして、親会社同士の確執が激化して社内がカオスに。
そんな中、モル作君、危篤。
一命を取り留めたと思ったら、所属部署が木っ端微塵に( ´Д`)
尻拭いと脱出準備と看病の疲労で背骨に激痛が走る( ;´Д`)
挙げ句の果てに、モル作君、ご臨終。。
消沈してピアノ教室さようなら。
追い打ちで、父親が消息不明に。
毎日ガリガリ君買ってるのに1本しか当たらず。
そして、新しい部署でジョブチェンジ。
結婚。

結婚を境に環境も心身も上向いたし、今はもう平和なもんだ。
碌でもない事が重なった時期も、まぁこの歳で今更メンタルがどうにかなるわけではなかったけど、去年は全体的に、あんまりピアノピアノって感じではなかった。

ブログを読み返すと、その割にはしょっちゅう弾いてるじゃねーか、って思わなくもないけど( # ´Д`)


そんな去年の年末の事。

次の正月、嫁さんの実家に新年の挨拶に行こっか、という話になった。
で、話の前後は忘れちゃったけど、学生の頃に買ったピアノが置いてあるから、とりあえずこっちに持って来ちゃえば?と勧められた。
そういえば、そんな話が何度かあったな。。
当初は現実味を感じてなかったけど、嫁さんがバイオリンやビオラにミュートを付けて弾いてるのを聴いてるうちに、アップライトの弱音ペダルが気になり始めてた。
よし、ちょっと確かめてみるかな。


で、ここ最近の連続アップライト話が始まったわけでござんす。


こうしてはっきり文章にしてみると、俺は相当感謝しないとだな( # ´Д`)


なお、ピアノの名前は、熟考の末、アプりん(おかま)で確定した。


他、候補だった名前

・アプ作(アップライトだから)
・チョモランマ(でかいから)
・アプ子(メスだったら)


- 完 -
スポンサーサイト