2曲目スタート!!( ;´Д`) 

2018, 04. 09 (Mon) 18:58

サチーさんのジムノペチー、略してサチーに慣れてきたので、次の曲の暗譜を始める事にした。
こういう選曲の時期は、かなり楽しいね(=´∀`)


・ショパさん:マズルカ1番

メロディ自体は結構ピシッとしてるけど、クラシックにしては目線が低いというか土埃が舞ってて面白いねこれ。

前にも書いたけど、マズルカシリーズは、ピアノ始めるまで聴いた事なかったんだ。
で、初めて聴いた時、最初から最後まで再生してみたんだけど、この1番の響きが、いかにも民族音楽って感じで印象に残って、そのせいか他の曲も全部1番の変奏に聴こえた。
さすがに今は違いくらいは分かるけど、1番の強い印象が、いつまでも頭に残ってる。
こういう、耳にこびりつく曲は結構好きなんだ。

録音された音源を聴いてみて微妙な印象の曲でも、自分で弾いてみると和音とか音のセットが綺麗で驚く、って事は他の人もよくあるんじゃなかろうか。
この曲は、結構印象には残ってたものの、弾きたい程じゃないし、何か難しそうだったから覚えるつもりはなくて、試しにちょっと弾いてみただけだったんだけど、冒頭でそういう和音に当たって、おぉ~と思ったので、そのまま続ける事にした。

半分くらい暗譜したとこ。
初期のマズルカだからなのか、伴奏の造りも、ショパさんにしては単純というか規則性がはっきりしてる。
中盤あたりのヘタクソ撲滅フィルターも、ちょっと緩めな感じ。


他、過去挫折したり、試しにチョロ弾きしてみたりしたマズルカたち。


・2番 (Op.6-2)

メロディがかなり前面に出てるように感じるので、だいぶ好き嫌いが出そうだなこれ。
聴いた時の印象よりだいぶムズそうなので、パス( ;´Д`)


・4番 (Op.6-4)

1ページだし、暗譜しやすい。
左手が届かない和音があったので、右手で補った。
結構速く軽く弾かないと、ださくなる。
そこそこ弾き込んだけど、全然良く聴こえないので諦めた( ;´Д`)


・11番 (Op.17-2)

ムズい事はムズいけど、マズルカシリーズの中ではかなりとっつきやすい方だと思う。
マズルカは大抵、装飾音でリズムを見失って諦めるんだよね( ;´Д`)
あと、中盤あたりでいつの間にか3拍子に聴こえなくなったり。
この曲は、装飾音の差し込み方が比較的親切で、音の響きも他のマズルカよりノーマルなせいか、あれこれ粘ってれば何とかなりそうだった。
これは仕上がりそうだったんだけど、レパートリー組み直す事にしたから一旦捨てた。
まぁでも、曲調(特に「ピーポポッポッポ」ってとこ)もかなり好きだし、多分またやるなこれは。


・14番 (Op.24-1)

これも、右手で補った和音があった。
譜読みはしやすい方。
1番程じゃないけど、民族っぽさが強くて好き。
弾いてる最中にショパさんの声が聴こえてくるような曲だ。
「ヘタクソ~、お前ほんとセンスねぇなぁ~ヘタクソ~、ヘタクソ~( ´Д`)」って。
自分の演奏にげんなりして終了。


・19番 (Op.30-2)

意外と音符ビッシリ( ;´Д`)
技術もセンスも努力も全部問われてそうな曲。
こんなの無理( ;´Д`)


・43番 (Op.67-2)

装飾音に幻惑されて速攻で諦めた( ;´Д`)


・45番 (Op.67-4)

見てくれが良くてなおかつ簡単に何とかなりそうだと思って手を出してみて、馬鹿にしないでよ的なしっぺ返しを喰らうという、非常にチャラい出会いと結末でした。
だいぶ感傷的な曲の印象だけど、音量抑えめに弾ければかなり綺麗に響きそう。
もう1年くらいしたらリトライするかも。
スポンサーサイト