オルゴル館 

2018, 10. 01 (Mon) 02:45

アンチークジュエリ博物館を出たら、更に雨が強くなったので、観光は諦めて、オルゴール館に行った。


事前にホームページを見て、地雷臭がしたので、当初はパスしようと思ってた。笑


…でも、とても面白そうだったので、やっぱり行く事にした( # ´Д`)


…行って良かった( # ´Д`)


到着早々に、コンサートが始まった。

そう、オルゴール館では、定期的にオルゴールのデモをやってる。
それを、コンサートと呼んでる模様。
https://ynbs.jp/izu/concert.htm

敢えてコンサートと呼ぶところにオルゴール愛を感じた。
そして、それ以上に、ここのオーナーは面倒臭い性格してるんだろな、と思った。笑

ホームページでもやたら「高級」を多用したり、何かこう選民思想がとても強そうだ。


とはいえ、展示もコンサートも、めっちゃ良かった。








特にコンサート。







30分くらい色んな巨大オルゴールを実演してくれるんだけど、バロック曲とかもあって、ちゃんと多声になってて奥行きも迫力もあるんだ。

オルゴールマニアみたいな人は、絶対行った方が良いよ。
オルゴールっていうか、演奏装置だね。
腕時計好きな人には、機械式演奏装置って言えば分かるかな?

これは、ちんどん屋みたいで面白かった。



ピアノ勢にとっても、早々お目にかかれないような興味深い代物が幾つかあった。






ロールピアノ


ブゾーニさんってピアニストの演奏を再生してくれた。
ショパンバラードの1番だった。

自動演奏面白いね。
昔の汎用機みたいな感じでピアノロールを読み取って鍵盤がカタカタ動いて、確かにオルゴールだな、と思った。
うちのピアノの自動演奏もたまには活用しようと思った。

演奏自体も面白かった。
この人、かなりパラっとした弾き方するんだね。
主にピアノ以外の楽器を頭で鳴らしながら弾いてるような。
そういえば、コルトーとかいうおっさんの演奏もそんな印象だったなぁ。
今の演奏基準からすると、レッスンで「ショパンはうんたらかんたら」とか怒られたりコンクールで落とされかねないな、と思った。
こういう記録が残ってて、鍵盤の動きを見ながら聴けたのは、本当に貴重な体験だ。


手回しピアノ


こんなの初めて見たよ。笑

とりあえず、回してみた。
https://youtu.be/qRNhqfx_QAA

おもちろぃ( # ´Д`)


スタインウェイ様のアンチークピヤノ


一般客でも弾いて良い、という事だったので、遠慮なく遠慮がちに弾いた。
https://youtu.be/CmpSlj_vBSA

ホームページに記載されてる体験条件↓


・ピアノを習ったことがある方限定でお願いしております
・大変貴重なピアノなので、1曲まででお願いいたします
・他の来館者様もいらっしゃいますので、習いはじめの方はご遠慮ください


「他の来館者様もいらっしゃいますので、習いはじめの方はご遠慮ください」がじわじわ来る。笑

まぁ、言いたい事や目的は、そりゃぁ分かるよ。
ピアノに特に思い入れのないような来館者が、ド初心者且つ赤の他人のピアノ演奏なんか聴かされたら、たまったもんじゃないだろう。
ここは拷問博物館ですかって言われちゃうもんね。
いつの時代の拷問ですか?って言われちゃうもんね。

とはいえ、文章稚拙すぎでしょ。笑
ネジが飛んでるのはオルゴールだけにしてくれよ、と。
まともに世の中で揉まれてない人なんだろな、と思った。

まぁでも、ここはオーナーの敷地で、展示品もオーナーの資産なんだろう。
何の義理もない客に気を使ったからって、それが売上に繋がる保証なんてないんだから、持主の人の勝手だよね、とも思ったり。
こうして一般に開放してくれて、しかもあんな貴重で良質なピアノを、たとえ1曲でも弾かせてくれるなんて、大変ありがたい事だ。

あのピアノは、本当に良かった。
良すぎて3曲弾いた。
スポンサーサイト