おラベル状況 

2018, 10. 03 (Wed) 23:16

やっとラベル熱が落ち着いてきたぞ。


・ラベルさん:前奏曲

大分しっくり来るようになった。
これは暫く弾き続けるだろう。

難しい曲ではないものの、指がパラパラ動くので、人前で緊張して弾くと滑りやすいだろうから、普段家で弾いてる時も、なるべく手がフラフラしない弾き方を念頭に置くようにしてる。

あと、弾き続けてく過程で、ペダルを入れる箇所をちょっとずつ減らしたい。

レパートリー化の一歩手前くらいの仕上がり。


・ラベルさん:メヌエット

何とかなりそうなとこまできた( ;´∀`)

後半はだいぶ複雑に感じてたけど、慣れるとそうでもなかった。
ラベルさんのピアノ曲でも、下々に優しい曲はあるのね。

左手の分散和音の練習になるなこれ。
3和音までなら9度ギリギリ届くようになってきた。
あと、手の広さ以上の範囲の分散和音でも、指を歩かせないで手をコンパスみたいにスライドさせた方が、速く弾けて音が整いやすくてミスしづらい場合もあると知った。

そういえば、この曲、音の範囲もバロック時代の鍵盤数に合わせてあるみたい。
ラベルさんの曲はメヌエットって名がつくものが結構あるけど、他のメヌエットはみんな音の範囲が広いのに、この曲だけわざと限定して作ったように見える。
そういうテーマなのか練習曲なのかは知らんけど。

そういえば近代フランスの曲って、何か中華料理屋みたいなメロディ多くない?
でも、時代のお陰か、メロディがある程度、後ろに隠れてて、和音が綺麗なのが救いだ。


・ラベルさん:眠りのババーヌ

4手連弾曲だけど、音が少なくて乖離も少ないので、以前に弾いた時ほど音を削がなくても済んだ。

これはかなり綺麗な上に、重宝しそう。
指とアレンジの練習にもなるし、良いレパートリーにもなるだろう。


・ラベルさん:ハイドンどうのこうの

無理無理と思いつつも、ちょぼちょぼ弾いてるうちに半分まで暗譜できたので、続行する事にした。

けど、終盤がむずすぎて、結局は挫折した( ;´Д`)

そういえば、俺は暗譜期間中、口癖のように使う言葉がある。


おれ「う~ん、どうしよっかなぁ~、挫折しよっかなぁ~」

よめ「( ;´Д`)軽っ!」

おれ「え、な、なにが?( ;´Д`)」

よめ「『挫折』って、そんなふうに使う言葉だったっけ!?」

おれ「( ;´∀`)も、もちろん苦渋の決断だよ。難しいから、とりあえず挫折しとこっかなー、みたいな」

よめ「軽っ!!『おやつ食べよっかなー、映画観ようかなー、挫折しよっかなー』みたいな」


- 完 -
スポンサーサイト