混声四部合唱曲作ったよ(=´∀`) 

2019, 03. 09 (Sat) 17:01

去年の秋ごろから、ずっと激務( ;´Д`)
大量の尻拭いと出張で、へろへろ。
毎月誰かが入院したり休職したり失踪したり、ほんと、ろくでもない会社だ。
まぁでも、自分で選んだ道だ、それはしょうがない。
金はむしり取るけどね!!( ;´Д`)

問題は、おピアノタイムが激減した( ;´Д`)
特に出張中は、1秒も弾けない。
これは、物凄いストレスだ。

何とかならないか考えた。


・ロールピアノ
ボツ( ;´Д`)
センサーがクソ過ぎる。
子供騙しにもならんぞあれ。

・ミニキーボード
ボツ( ;´Д`)
小さくても移動の邪魔だし、音域的にも使い物にならん。

・MIDIキーボード
ボツ( ;´Д`)
手軽さが意外とない。

・iPhoneアプリ(擬似ピアノ系)
弾きづらい。ボツ( ;´Д`)

・iPhoneアプリ(DTM系)
打ち込み→再生、のサイクルが意外と楽しい事が判明。
しかも、どこでも遊べる。
採用(=´∀`)


で、1番簡素で感覚に合ってたのが、medlyっていうアプリだった。


色々鳴らしてみるうちに、フレーズが3つできた。
それを組み合わせて、4声になるように音を足して、変奏させながらリピートさせてったら、意外と綺麗な曲ができた。
音源の楽器を変えて、一丁上がり。
https://youtu.be/EUg_NOp_y2c

3/12:打ち込み直しますた( ;´Д`)


これ、めっちゃ面白いわ。
しかも、音楽理論は曲作った方が理解しやすいね。

今後の課題。
素人は、音域が狭くなりやすい。
何も仕掛けを作らずに転調させると、フレーズが劣化しやすい。
コード進行を覚えないと、雰囲気を変えづらい。
対位法を覚えないと、どこかで散々聴いて食傷気味な音しか作れない。


出張中は作曲編曲、家にいる時はおピアノでクラチック。
これで、生活状況に左右されない音楽環境が確立した(=´∀`)


- 完 -
スポンサーサイト