暗譜しないで弾く練習 

2019, 12. 30 (Mon) 00:15

レイトスターターが暗譜に頼ると碌な事にならん、というのをよく目にする。

こないだ始めたヘンデルさんのオンブラは、多声と言ってもそんなに複雑じゃないし、リズムも単純だ。
あと、手の移動範囲が狭いので、鍵盤を見ないでも弾きやすい。
なので、暗譜しないで楽譜を見ながら弾く、ってのに最適だ。

なるべく記憶に残さないように気をつけながら、1週間くらい練習を続けてみた。

慣れの問題なんだろうけど、普段やらない事をやると、気分が落ち着かないね( ;´Д`)
耳が散漫で、曲の流れを掴みきれない。
常に全体がぼやけたまんま細部を弾く、って状態が続いた。
まぁでも、こういうやり方を続けてれば、そのうち頭の使い方も変わってくるんだろう。


…とかやってるうちに、段々、目の意識が弱まってきて、少しずつ曲の全体が見えるようになり始めた。
お、適応してきたぞ!!

…と一瞬喜んだら、単に暗譜が完了しちゃって、目に集中しないで済むようになっただけだった。笑
この曲は、バイエル1番と大体同じくらいの難易度だ。
さすがに、暗譜した曲を毎回、楽譜見ながら弾くとか、やってられないし、他のもうちょぃ複雑な曲を使った方が良いんだろう。

んじゃ、次は、バッハさんの601の続きから試してみるかな。
あれは、ちょっと辛そうだけど。。


一個気づいた事。

常に楽譜を見ながら弾き続けて、そのまま暗譜に至った曲を、今度は楽譜を取っ払って弾いてみると、所々で混乱してあんまり弾けなくなる。
思い出しながら、何度も弾いてるうちに解消されるけど、最初から暗譜するつもりで仕込んだ曲とは、暗譜した後の感覚が暫く違うんだね。
どっちのが弾きやすいかは、普段の習慣次第か。

まぁ、どっちも出来るようになるに越した事はないだろう。
スポンサーサイト