発表会で弾く曲選び 

2020, 01. 26 (Sun) 22:29

3月に、嫁さんの教室の発表会がある。

教室の方針として、いつもカフェの延長みたいな会場を使ってる。
弾く順番も任意、弾く曲も任意で、みんな弾く直前に告げてる。

会場の貸切時間も多めに取ってあるので、生徒さん以外の人、付き添いの家族とか伴奏で来た友人も演奏おっけー。
なので、俺もいつもちょっと弾かせてもらってる。
次回も、2~3曲を持参予定。


・ヘンデルさん:オンブラマイプ

1発目として仕込み中。
新たな安全運転曲として暫くお世話になろうかと。
本当はピアノで演奏するにはちょっとメロディが表に出すぎな気もするんだけど、でも、いい加減クーペさんのL依存癖をやめたいんだ( ;´Д`)


・おフォレさん:8つの小曲5番

2発目として仕込み中。
でも多分、間に合わないから、他の曲も仕込む事になりそう。
それも駄目だったら、ベトさんの6バガテルの1番かラベルさんの前奏曲にしとこう。
まぁ、発表会で弾かないとしても、そのうちレパートリーにしたいので、ちょぼちょぼだらだら継続する予定。

そういえば、この曲、即興曲っていうタイトルがついてる。
こんな綿密な曲を即興で作ったのか?
手直ししないで?
歴史に残る作曲家ってほんと凄い頭してるな、と驚いて調べたら、出版サイドが後付けしたタイトルだった。笑

ひとまず暗譜は完了。
平日は、譜読み速度アップの練習として、なるべく暗譜しないようにした。
で、土日に暗譜した。

譜読みの力はじわじわ向上してる感触はあるけど、初見で何かすらすら弾ける、みたいなのには程遠いなぁ。
暗譜しないでも人前で弾ける、みたいには当分なれないだろな( ;´Д`)

今更気づいたんだけど、どうもこの辺りの時代と言語圏の曲が1番ストライクっぽい。
よく考えたら、美術も小説も批評も、1番面白いと思えるのは大半がこの周辺だから、だったら音楽だって同じになるに決まってるか。
ラベルさんの曲で何とかなりそうなのが尽きたので、次はドビュッシさんの曲を追いかけようかな、と思ってたんだけど、今の自分的にはフォレさんのが面白そうだ。
暫くはフォレさんの曲を色々漁ってこう。


そういえば、前にドビュッシさんの事を調べてみたら、音楽以外の逸話が酷すぎて笑った。
本当に名前通りの男だな。笑
でも時々思うんだけど、音楽家とかの伝記って、何であんな週刊誌レベルの話まで歴史扱いして残してるんだろね。
特にショパンとかシューマンとかブラームスとか、勝手に尾ひれ付けて世界中に広めてんじゃねー!放っといてくれ!ってブチ切れてると思うよ。笑
まぁ、外野がそんな事言ってもしょうがないんだけど、とはいえ、しょうもなきにしもあらずんば、ですよ。
スポンサーサイト