パパん捜索7 

2015, 02. 17 (Tue) 00:22

2012年1月26日

起きたら、不安な気分は晴れてた。
でもちょっと寝坊して、急いで支度をして待ち合わせ場所に向かった。

待ち合わせ時間の30分前に電話が掛かってきた。
もう着いたらしい。
今向かってるから、適当に時間潰してて、って言って切った。
後々分かったんだけど、おっ父は物凄い古い携帯の機種を使い続けてた。
メール機能なし、通話品質も大分劣化してて、人混みだと俺の声は殆ど聞こえないらしい。

駅に着くと、また着信があった。
改札前にいる、との事。

むすこ「今そっちに向かって歩いてる」

パパん「…改札前にいるよ」

むすこ「うん、今行くからちょっと待ってて」

パパん「…改札前だよー」

むすこ「うんうん、もうすぐ着くよ」

パパん「…あ~、改札前にいる」

むすこ「…もしもーし」

じじい「…だから聞こえねーんだよ!」

おれ「…いいからそこで待ってろよ!ぷつっ、プー、プー」

いきなり険悪ww

生まれて初めておっ父と喧嘩www

そんなの憧れてないしww

wwwww

改札に着くと、おっ父がうんこ座りで下を向いてた。

待ち合わせの時にお互い顔がわかんないかな、とか心配だった。
確かに記憶してた風貌とはだいぶ違ったけど、ひと目で分かった。
おっ父は、身長180cmくらいの細っこい老人だった。

お待たせ、と言うと、おっ父も笑顔を返して来た。
2、3言、交わしたけど、何話したか全然覚えてない。

おっ父が火の点いたタバコを持ってる事に気づいた。
今時、改札前で当たり前のようにタバコを吸ってる。まじかよ。
慌てて、喫煙所に連れてった。
喫煙所で話してるうちに、お互いの顔と会話に慣れてきた。
それから、昼食に向かった。

昼を食べてると、おっ父の歯がだいぶなくなってることに気づいた。
もしや、蛇のようにメシ丸飲み…?( ;´Д`)
と思ったら、奥歯で噛んでて、ホッとした。
入れ歯作らないの?と言うべきか放置すべきか判断つきづらかったので、スルーした。

話題には全然困らなかった。
よく考えたら、俺よく喋るし。
おっ父は最初、俺の顔を見ても息子だって分からなかったみたい。
俺は一瞬で分かったぞこのヤロー。

お互いの現在の暮らしや健康面、親戚の話、あとはここ30年間の出来事を話した。
それから、やっぱり俺がその後にどう教育されてどう育ったとか、成長の過程を知りたいだろうな、という押し付けがましい予測を基に、時系列で色々と話して、たまにおっ父が何か質問して、って流れが続いた。
超絶糞ダイジェスト、みたいな。
前年の秋に食中毒になって、血塗られたうんこを漏らした事は伏せた。
中1の夏休みに、のりピーが夢に出てきて無精してめでたく精通、そのパンツを履いたまま翌日からキャンプに行って、2泊3日、パンツを替えずに過ごしたという事も、もちろん話さなかった。
乾燥して枯れ葉のようにパリパリになってたから、臭くはなかった、と思いたい。
そういう事は話さなかったけど、おっ父が頻繁に涙ぐむから、気恥ずかしかった。

時折、ちょっとした癖や気質的な部分で、ああ親子なんだな、と思った。
顔とかあんまり似てないけど、気質や感受性の一部で、なるほど、元はこの人か、ってかんじた部分が幾つかあった。
良くも悪くも。
ずっと一緒に暮らしてたら、結構な影響を受けただろうな。
おっ母が離婚したのは、俺の育成の為でもあったって言ってた事に納得した。

おっ父が大阪に引っ越した経緯や現在の生活環境は、殆ど予想通りだった。
でも、予想よりも少しゆとりのある生活をしてて、俺はかつてない位、世の中に感謝した。
自治体の健康診断も定期的に受けているとの事で、特に持病なし。
過去には胃潰瘍で胃を摘出したり、腸閉塞で死にかけたりもしたみたい。
「死に損ねた」という言い方をしてた。
歯は抜けまくってるし、ひょろひょろだし、まだ歩けるけど、足腰はだいふ弱い感じ。
何て言うか、まだ60代の癖に、何でこんなに生気がないんだろう、と思って切なくなった。
でも毎日、それなりに楽しく暮らしてるっぽいし、今後は今よりは孤独じゃなくなる、ようにはしたいと思った。
とりあえず、せっかく会えるようになったんだから、長生きしてくれって言っといた。

おっ父は、誕生日にいきなりお前から手紙が来て、むちゃくちゃ驚いたよ、って言ってた。

何年か前に、おっ父がおっ母の実家に電話した時に、おっ母の弟嫁さんが応対して、そしたら2度と掛けて来なかったって話について。
おっ父に会う前に、その弟嫁さんに当時の話を聞いてみてた。
そしたら、実はちょっと違ったらしくて、おっ父は再度、電話を掛けて来てた。
で、おっ母の弟が「あんたなぁ、どれだけうちらに迷惑掛けたと思ってるんだ。もう2度と掛けて来るなよ」と言ってガチャ切りした。
実際、おっ父は母方の親戚にもこっそり金の無心に行った挙句に踏み倒してた。
おっ母は離婚後、何年か経ってからそれを知って、慌てて全部返した。
なので、叔父がガチャ切りしたのは当然だった。
この事に対して、おっ父に肩入れする気はないし、逆におっ父を責めるつもりもなかった。
ただ、おっ父に会う前に、叔母さんにその旨の報告と、母方の誰をも裏切るような事はしないって説明はしといた。

おっ父は、そのガチャ切りで、もう一生会えないな、と思って完全に諦めたらしい。
そしたら、何年か経ってから俺から手紙が届いたから、心底驚いたらしい。

手紙を出した時、おっ父の誕生日なんか知らなかった。
おっ母も、俺に教えた覚えはないと言ってた。
何かの書類で見た、って記憶もない。
世の中、こういう類の偶然って意外と沢山あるんだろうな。
でも、この偶然が、彼にとって少しでも救いになってるって願いたい。

で、知ったからには何かプレゼントあげなきゃな、と思ったので、前日に買っといた。

むすこ「こないだ67歳になったでしょ」

パパん「いや、64歳だよ」

むすこ「あれ、そうだっけ。1945年生まれだよね」

パパん「うん、1945年」

むすこ「で、今は2012年だから…」

じじい「そうそう、だからこないだで64歳」

おれ「…そっか。。だよね。はいプレゼント」

67にもなると、引き算もできなくなるのかよ、と思った。

だがしかし、後に俺も自分の歳を本気で間違える事になる。
http://morusaku.blog.fc2.com/blog-entry-53.html?sp

おっ母の教育は、ちょっと失敗した模様。

男同士のサシで、ラッピングされた誕生日プレゼントを上げる、っていうのは本当に気色悪かった。
プレゼントはカルバンクラインの腕時計で、安物だったけど、デザインがかなり好きで、本当は俺自身が欲しかったやつ。
おっ父は喜んでくれた。

結局、昼過ぎに会って、夕方には解散した。
最後に改札で握手した。

それから、ちょろっと買い物してから、おっ母の家に寄ってひと通り報告した。

おっ母は、離婚して重圧から開放されれば奴も生活を立て直せる事だろうと思ってた、何て情けない奴だ、ってちょっと切れかけてた。
でも、何とか生きて行けてるって事にはホッとした、と言ってた。

自分の部屋に着いたら、身体がずっしりして、暫く動けなかった。

もう少しつづく
スポンサーサイト

コメント

ilovebiri

No title

会えて良かったですね。
なんか他人事ながらホッとしました。

劇的な再会、、、なんかを期待しがちですが、案外そうでもないものですよね。事実は小説より奇なり。

親子って不思議です。
ちなみに私も実母との待ち合わせは駅の改札で、私が分かるかなぁ~と心配だったんですが、あっちは全く心配していなかったそうで。我が子だから分かると言って、あらかじめ写真を送るのを拒否したんだそうです。

2015/02/17 (Tue) 07:05 | ilovebiri | 編集 | 返信

ゆにくあ

No title

年齢はだんだんと、どーでもよくなりますよね。基本的に生物学上の数値でしかないですしね。

せっかくの感動秘話なのに・・・キャンプがらみの話がよもや全てを上塗りしそうなのインパクトで、本来いろいろ突っ込みたいところですが、頑張ってそこはスルーしたいと思います。っていうか、日本は改札でタバコ吸えないんですか? あれ、改札って外ですか? まさか建物の中?

本題に戻って、おとうさんとたくさん話せてよかったですね。誕生日に手紙が届いたってこと、お父さんからしてみたら運命的と感じたでしょうね。しかも、なにげにたった3年前のことなんですよね。感慨深いです。






2015/02/17 (Tue) 08:10 | ゆにくあ | 編集 | 返信

モル作

> びりさん

ありがとうです。
探し始めてから、割と短期間で再会まで済ませる事ができたので、精神的に楽な部類だったかな、と思います。
特に入り組んだ問題もなかったし。

のっけから微妙に喧嘩になるとは思いませんでしたw
顔が分からない的な心配はそこまでしてなかったんですが、父は私の顔が全然分からんかったw

びりさんのお母さんの話も、感慨深く楽しく読ませてもらいました。

2015/02/17 (Tue) 22:55 | モル作 | 編集 | 返信

モル作

> ゆにくあさん

駅構内で、ようは建物の中でした。
焦って外に引っ張ってきました。じーさん。。

キャンプの話は、どうにもならない事情(親にばれずに洗うのが難しかった)で、ああなりました。

ちょうど3年過ぎた位ですね。結構最近の話なんです。
自分で言うのも何ですが、この再会で父に少しは救いを提供できたと思ってます。
自分としても、長年のもやもやが解消されました。

2015/02/17 (Tue) 22:56 | モル作 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント