麗しの青坊主 

2015, 02. 24 (Tue) 16:01

保育園年長の時に、家計と家庭が崩壊して、東京の西から東に引っ越した。

近所の幼稚園に編入して、新しい環境に馴染んできた頃の話。

女の子はよく分からないんだけど、男の子は何かしら、好きなヒーローとかいた。
ウルトラマンだか何だかの。
俺はゴレンジャーシリーズのひとつ、デンジマンの中のデンジピンクにドキがムネムネして「何だこの気持ちは」とか思ってたけど、それは誰にも言えなかったし、ヒーローともちょっとだいぶ違った。

俺のヒーローは、一休さんだった。
彼は輝いてた。
ハゲだから、とかじゃなくて、彼のとんちが輝いてた。
特に「はしを わたらないで まんなかを」わたった時は、驚愕した。
こいつ、そのうち絶対痛い目見るぞ、と思った。

誰も一休さんには叶わなかった。
彼のとんちで、みんなぎゃふんあべし!
しかも、冒頭の歌を聴く限り、彼は異性に狂おしい程もてる男だった。
一休さんは輝いてた。

一休さんに少しでも近付きたかった。
でも、知能で追いつくのは絶対無理。
それは早々に諦めた。
ならば、形から入ろう。

おれ「青坊主にして下さい」

床屋「あい分かった(じょりじょりじょり…」

目を開けて、鏡を見ると、そこに映るは一休さん。

「おおおおお!おれ、超かっこいい!!」

帰宅後に早速、正座して目を瞑ってみると、何かちょっと賢くなった感じ。
早く次の日になって欲しい、と思った。
園児共に、この美しい青坊主姿を見せてやりたい。
きっとみんな手を合わせて、なんまんだぶ…とか言うに違いない。
あいわかった、俺がまとめて仏の道へ案内してやるぜ!!



幼稚園の廊下を歩いてる時点で、みんな俺に釘付けだった。
これが、注目の的ってやつか。
でも、俺は泣きそうだった。
何かが違うと思った。
何かの間違いに決まってる、と思った。
とにかく教室に入ろう。

「あかね組」の教室のドアの前で精神統一。
…ぽくぽくぽくぽく…ちーん。

ドアを開けた。

すぐにこっち向いた奴が数人。
みんな俺を見た瞬間に顔が歪んだ。

「ぐはははは!!」

みんな爆笑した。
新たに俺を見た奴もみんな爆笑。

「変だよ!変!!うはははは!」

そう、俺は坊主が全然似合わなかった。

「じょりじょり…」

「頭さわんなちくしょー!!(号泣」

みんなまとめて無間地獄に送り込んでやりたくなった。



将来ハゲたら、出来ることなら1度バーコードにして、記念にプリクラを撮りたい。
現実には難しいだろうかもだけど。

問題はその後。
本当はハゲ坊主にするのが1番なんだろうけど、
どうせ似合わない(今だに思い出すと腹が立つ)から、良い代替案がないか、悩み中。

俺の母方じいちゃんは、90歳超えてるのに、まだ結構髪があって、髪型が成立してる。
父方の祖父はハゲだったから、俺はハゲを心配してる。
で、前に母方のじいちゃんに、ハゲたくないみたいな話をした事がある。

じい「ハゲたって良いじゃないか」

おれ「やだよ、影で、あのハゲとか言われるんだよ」

じい「俺はハゲが羨ましいよ」

おれ「…え?は?うら?」

じい「ハゲは賢そうだ!」

おれ「…じいちゃん、それ、ハゲに絶対言うなよ」

ハゲは羨ましくないけど↓ハゲが似合う人は羨ましい。

https://m.youtube.com/watch?v=j1Kl_ROm-DY

https://m.youtube.com/watch?v=YxDAHM5Gyh0

https://m.youtube.com/watch?v=53G6PnVjs_I
スポンサーサイト

コメント

ゆにくあ

No title

ハゲネタで3つもリンクがあるから、何かと思って、さらにYouTubeだから、(ど、動画?)と一瞬ビビりましたが、この二人でしたか。

私の中でのスキンヘッド似合う人は、スタートレックの人です。あれは、ちょっとセクシーです。

バーコードの人、というか右の髪を伸ばして左に向かってかぶせている男性を駅で目撃したことがあります。風の強い夜で、後ろに並んでいた当時高校生の私は、強風に煽られてパタパタ泳いでいる長髪に釘付けでしたが、辛うじて平静を保っていました。

が、電車がホームに入ってきて、風が収まった途端暴れん坊だった髪はそっと右側に落ち着き、その方のてっぺんの秘密の花園が露わな状態に。

これにはさすがに心配になりました。暗いホームに停車した電車の窓に、おじさんが映っています。…とおもむろに、おじさんはあたかも何事もなかったかのように、スローモーションで髪を直して電車に乗り込みました。これは、無理でした。

慌てて走ってその場を離れて、涙が出るほど一人で笑いましたが、つまりこういうやつのことを、ここではムカつくとおっしゃっているんでしょーか。

2015/02/24 (Tue) 22:55 | ゆにくあ | 編集 | 返信

ilovebiri

門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし

ネタは一休さんなのかハゲなのか定かではありませんが、、、

私も一休さんは好きです。
あのアニメは作り話というか、ほとんど脚色。
常識に囚われるのが嫌いで、皮肉屋だった一休さん。

形から入ることを何よりも嫌う一休さんだから、きっと坊主にすることを止めたと思いますよ、、、な~んてね。

肉を食らい女を抱けと、坊さんに勧めるのが一休さんだから。笑





2015/02/25 (Wed) 07:21 | ilovebiri | 編集 | 返信

モル作

> ゆにくあさん

グロ動画とかじゃないから大丈夫ですw
こないだの危険な2人でした。

スタートレックの人、見てみました。
なかなか渋いですね。
俺の青坊主とは偉い違いww

バーコードを本気でやってる人は、何であんな事やってるんだと思うけど、やっぱハゲの気持ちはハゲないと分からないかもですね。
俺もハゲたら、ああやって隠したくなるのかも。
でも、鎧兜着てあの髪を振り乱したら格好良いかも、って思います。

> 慌てて走ってその場を離れて、涙が出るほど一人で笑いましたが、つまりこういうやつのことを、ここではムカつくとおっしゃっているんでしょーか。

いや、俺そこまで酷い事になってないからww
単に坊主にしただけだからww

2015/02/25 (Wed) 20:41 | モル作 | 編集 | 返信

モル作

> びりさん

一休さん、なかなか男前な人だったんですね。
俺は青坊主にしておびただしい嘲笑を受けたと言うのにww
あれは、一休さんが全力で止めてくれたんだと解釈する事にしました。今からw

いま思ったけど、俺の記憶の中で多分、アニメの一休さん、絵本の一休さん、それからきっちょむさん?がごちゃ混ぜになってる気がします。
輝いてました。

2015/02/25 (Wed) 20:45 | モル作 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント