レッスン12回目

2015年02月28日04:17  ☆糞ピアニストのお稽古

★レッスン日
2015/2/27

★宿題だった曲
・ブルクミュラーさん:清らかな小川
・ソパンさん:ワルツ19番
・ソパンさん:ワルツ10番

前回のレッスンから一週間しか経ってないし、大した進歩はなかった。

・ブルクミュラーさん:清らかな小川

先生「じゃ、まずこの曲から行きましょか」

おれ「あ、すいません、これ、忘れてました」

先生「…可哀想なブルクミュラーさん、と。次は…」

おれ「…」

・ソパンさん:ワルツ19番

家の電子ピアノだと余裕だったのに、グランドピアノの鍵盤だと、結構ミスった。
最近、電子ピアノとアコースティックの鍵盤の重さの違いがかなり気になる。

2周目でやっと感触に慣れて、弾けるようになったけど、↓の3点を指摘された。

1.右手薬指の打鍵がちょっと強めで、音量がバラついてる

2.、装飾音府の弾き方が重い

3.、アルペジオのとこが、あんまりクレッシェンドになってない

で、ひと通り修正して弾き直して、OKもらった。
気に入ってる曲だから、これからもちょくちょく弾く事にしよう。

・ソパンさん:ワルツ10番

そこそこ手に馴染んだけど、音がまだ結構バラつく。
特に、和音で旋律を弾く箇所は、音の繋がりに乏しくてブツ切れになりがち。
引き続き、修正箇所とか細かいコツについて指導を受けた。

★OKもらった曲
・ソパンさん:ワルツ19番

★次までの宿題
・ブルクミュラーさん:清らかな小川
・ソパンさん:ワルツ10番

レッスン時間がちょっと余った。
ワルツ10番が終わったら、次は何番やりたいか、って話になった。

先生「7番はどう?」

おれ「やー、7番かなり難しくないですか?」

先生「そうね、難しいね。後にしましょう」

おれ「…はい。」

先生「何かこれそろそろ行けるんじゃないの、っていうのはある?」

おれ「楽譜見た感じ、何とかなりそうなのは、18番と12番かな…」

先生「ふむふむ、両方とも弾きやすそうね。どっちが好き?」

おれ「12番です」

先生「うん、これ良い曲ね。あなた本当に短調好きね。でも、確かに12番はうってつけな感じね…うん。よし。次は9番にしましょう」

おれ「はい…はい?」

先生「うん、9番。変イ長調」

おれ「…はい」
トラックバックURL

http://morusaku.blog.fc2.com/tb.php/121-051c69cd

前の記事 次の記事