おピアノが趣味になるまで 

2015, 08. 08 (Sat) 06:20

小学生低学年の頃、CDがメディアとして定着するちょっと前の時期、クラシック名曲集みたいな古いレコードが家に何枚かあった。
ベートーベンのトルコ行進曲とか交響曲シリーズ、シューベルトの未完成が入ってた。
レコードプレイヤーもまだあって、風呂上がりにその曲集を聴くのが好きだった。
しょっ中聴いてたら、プレイヤーがぶっ壊れたので、小学生用の雑誌の付録のプレイヤーの針を手で回して聴いてた。
手で回して聴くと、緩急が歪んで指揮が台無しになった。
腕も攣った。

ポップス系の歌は、学校で話題を理解できて生返事できればいいや、みたいな感じで、テレビで週1回チェックしておしまい、だったけど、1年に1曲くらいは好きな曲もできた。

クラシックは殆どオーケストラ曲で、ピアノの独奏曲はあんまり知らなかったけど、グランドピアノかっこえぇ、と思って憧れてた。
パイプオルガン、バイオリン、クラリネット、あと鉄琴の音色も好きだった。

ピアノを習ってみたかったんだけど、当時は、剣道サボったら張っ倒すぞ、みたいな空気だったので、とても言えなかった。
剣道はサボらなくても道場で週2回、叩きのめされてたけど( ;´Д`)
まぁ剣道は剣道で、得る物がかなりあった。
他の武道や格闘技でも戦術の組み合わせや間合いやリズム、あと相手の呼吸の崩し方が何となく分かるようになったので、泥試合でも観てて面白い。

で、子供当時、ばーちゃんがオルガンとエレクトーンを持ってた。
オルガンは常に埃を被ってて、足で踏むところ(ペダル?)の隙間の空洞に絶対ゴキがいるだろ、と思って近寄らなかった。
エレクトーンは結構高価だったみたいで、接触禁止だった。
なので、鍵盤ハーモニカとか縦笛をあほみたいに、ぶぉーぶぉー吹いてた。
鍵盤ハーモニカは片手演奏しかやり方を知らなかったし、何の工夫もしてなかったので、全然上手くならなかった。

子供の頃の願望を拗らせて、おっさんになった。
クラシックで使う楽器は、物凄く専門性が高いっていう先入観があったので、大人になればなる程、自分でやってみるって発想がなくなった。

去年、電気屋をうろちょろしてた。
ビックカメラのポイントが1万円以上貯まってたので、フードプロセッサでも買おうと思ってた。
そしたら、電子キーボードが目についた。

これ↓
http://casio.jp/emi/products/key_lighting/lk118/

鍵盤が光ってナビゲートしてくれるので、楽譜を読めない初心者でも無理なく上達します的な事が書いてあった。
んまぁ、大変だわ( ;´Д`)
騙されて、即買った。

で、走れトロイカ(テトリスの曲)を練習してみた。
数ヶ所の鍵盤が同時に光って、凄い勢いで入れ替わる。
ド素人がそんなのついてけるわけがない。
音ゲー得意な人ならできるかも知れない。
でも普通、無理だろwと思った。

正攻法で練習した方が良いと思った。
ト音記号しか読めなかったから、走れトロイカの右手だけ練習してみた。
超つまんなかった。
本格的に覚えないと楽しくならないと思った。

今はネットで有用な情報が大量にある。
ヘ音記号の読み方とか楽譜を速く読むコツを↓のサイトで勉強してみた。

ピアノ初心者のための音符の読み方
http://www.happypianist.jp/

で、バイエルの50曲を抜粋した教材とトンプソン1を買って練習してみた。
バイエルは1時間足らずで挫折した。

トンプソン1の最初の2曲は弾けた。
一応、曲になってる物を両手で弾けた事に感動して、おっしゃピアノ始めるぞ、と思ってAmazonでプリ作を注文した。

プリ作が届いた頃、トンプソン1の3番「さらさら小川」と4番「町かどのおまわりさん」が難解すぎて理解できず、挫折した。

その頃はまだ近所に楽譜屋があったので、続きそうな楽譜を物色してみた。
「はじめてのギロック」は俺でもできそうだと思って買った。
そして、その店は、俺がピアノを始めた事を祝福するかのように、潰れた。

「はじめてのギロック」の最初の数曲はサクサク進んだ。
めちゃ楽しかった。
そうすると、もうちょぃ長めの曲を弾きたくなった。
で、後半に「ミュゼット」と「ガボット」という2曲でセットになってるのがあって、曲調もそこそこ気に入ったので、無理くり覚えて練習した。
暗譜して弾いてみると、何かがおかしかった。
臨時記号の有効範囲を知らなかったり、保持音をバラして弾いてたりしたからなんだけど、当時はそもそもどの箇所がおかしいのかも分からなかった。

で、体験レッスンに行ってみる事にした。

大手の音楽教室は、講師の給料が激安で昇格試験とか講習会は天引き、イベントは交通費自腹で無給、みたいな碌でもないイメージがあった。
もしかしたら、職業倫理みたいな心意気で、親身にレッスンしてくれるかも知れない。
でも、まともな対価が講師の手に渡らないんだったら利害関係が成立しないじゃん、って気がした。
なので、実情は知らないけど除外しといた。

近場に、幾つか個人教室があった。
あと、数人の講師で色んな楽器と言語でレッスンをしてる教室があった。
で、数人の講師で回してる教室の講師兼経営者の人が、何となく合いそうな気がした。
で、体験レッスンを申し込んだ。

その先生はかなりベテランな感じの人で、結構な細かい内容を、分かりやすい言葉でサクサク教えてくれた。
随分、頭の回転が速い人だな、と驚いた。
楽譜を閉じると、相当にマイペースで、周りが合わせるタイプの人だと思った。
この人、素晴らしい、と思った。

今もその人に習ってる。
月1回、クラシックを殆ど聴かない人向けのピアノ演奏会みたいなのをやってる人で、ネタ切れしたっぽい時に、何か良い曲ある?早く早く!みたいな相談がLINEで飛んで来た。
こういうのを相談されるのは、ちょっと嬉しい。

俺と先生は、思考回路が相容れなさすぎて、会話があんまり噛み合わない。
お互い、は??( ;´Д`)って思いながら喋ってる感じ。
なのに、演奏方法や楽譜の楽譜の分析に関する説明は、本当によく頭に入る。
俺の下手クソな部分の指摘も、なんでその下手クソメカニズムになってるのか、みたいに掘り下げた説明をしてくれて、解決への筋道もセットで提示してくれる。
先生的にもレッスンが楽だ、と言ってくれてるので、教える - 教わるの関係的に良い相性なのかも。
とは言え、実際は先生側の努力や配慮で成り立ってる面をかなり感じるので、こっちはこっちで練習の成果を毎回見せられるようにして、お互いにやり甲斐を感じられる状態をキープしたいな、みたいな。

- 完 -
スポンサーサイト

コメント

aya4ojisan

No title

こんばんは.

子供の頃から,楽器好きだったんですね!

さっき気づいたんですが,
プロフィールのところ変わりました?
(彼女さんについての言及.)

彼女さんは,このブログ見てます?
いや,見ていてもいいや.

彼女さん,kyonyuですか!?
(いつも下品ですみません.)

2015/08/08 (Sat) 20:25 | aya4ojisan | 編集 | 返信

モル作

> aya4おじはん

ギターとかは、ちょっと触ってすぐやめちゃったけど、やっぱ鍵盤楽器への願望がかなり強かったです。

彼女を超気になってますねw
一方はいえす、一方はのーだよw
それ以上は勘弁( ;´Д`)

2015/08/08 (Sat) 23:47 | モル作 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント