次が今年最後のレッスン  

2015, 12. 08 (Tue) 03:02

最近、レッスンの進捗が悪いので、レッスンでやる曲の比重を上げた。


・ギロックさん:まぼろしの騎士

スローモーションで手の動きを観察しながら、ちょっとずつスピードを上げてる。
ちまちま弾いてると、とてもしょぼい響きになるので、綺麗かつダイナミック、ダイナマンな感じで弾けるようにしたい。


・エリーゼ君

中盤が下手になってきたので、1日1回ペースで練習して、レッスンしてた時の水準に戻し中。


・ベートーベンさん:6バガテルの5番

中盤の左のアルペジオは、手の甲に余計な力が入らないように、右の重音は、手首に変な反動をつけずに、横にスッとずらして、指替えを淀みなく。

テンポ崩れなくなったし、ミスタッチ率はかなり減ってるのに、前よりも音楽に聴こえなくなってる。
けど、次のレッスンまでにはかなり仕上がりそう。


・クーペさん:ABCのF

やっとFになった。
この曲集は、能動的な暗譜を禁止にしてるので、譜読みの力と鍵盤感覚が伸びない限り、ペースは上がらない。
難易度は、最初の曲も最後の曲も大して変わらないように見える。
なので、力の伸びを測りやすい。
ブルクさんとかなり違った趣の曲調で、地味な新鮮味があるので、上達を焦らないでのんびり構えてる。
実力が伸びれば、自動的にペースも上がって来る事でしょう。

Fは、予備練習のスケールも本ちゃん曲も、フレーズがとても綺麗。

予備練習曲は大抵、その調のスケールになってるんだけど、よくこんなにパターンや運指を思いつくな、と思う位に毎回、趣向が変わる。
単純なスケールなのに凝った曲だな、と思う。
技術的にそんなに難しくはないけど、歌わせ方を重視してるんだろね。
ブルクさんみたい。
ブルクさんのアラベスクなんて、スケールと伴奏の組み合わせだけで、よくもまぁ、あんな厳かで綺麗な曲を作れるもんだなぁ、と今更ながら驚く。
ああいうのが作曲家の倫理と溢れる才能なのかな。

Fの本ちゃん曲は、メロディは綺麗、リズムはちょっとよく分かんない。
民族的なものなのかどうか知らないけど、全然把握できない。
なので、理解するのは放棄して、とりあえず楽譜通りに弾いてれば何か判明するでしょう、って考えで繰り返し中。


・ブルクさん:つばめ

ついにボスキャラ。
腕の移動の初動が遅い癖を改善するのに打ってつけの曲。
天使よりは覚えやすそうだし、聴くと面白い曲なんだけど、似たようなパターンがひたすら並んでて、楽譜を見ると、ちょっとゲンナリする( ;´Д`)

なので、切り口を見出すべく、ブルクさんのお顔をじっと見つめた。


この人は、髪の毛が生える箇所がちょっとおかしくて、頭じゃなくて口の下に大量に生えてる。

疑問が生じた。
この人の輪郭ってどうなってるの?( ;´Д`)

こう?


それともこう?


昔、地元にジェイブ美術館というのがあって、トリックアートばっかり展示してた。
ブルクさんの肖像画を見てたら、そのトリックアート(だまし絵)を思い出した。
ブルクさんはアーチストなんだな、と思った。
ジェイブ美術館は潰れた。


・ソパンさん:7番ワルツ

まだ10小節。
初っ端から、使う指の多いこと多いこと。

最初の装飾音混じりの箇所。
右手の運指は…

(23の和音) → (5→24の装飾音) → (23の和音) → (15の和音)

…って順序。
ここに試行錯誤を費やした。
手自体の軌道や力の抜き方が上手い事、はまった時は、楽譜通りに鍵盤を押せる。
ブルクさんのやさしい花の装飾音符が、似たような要求をしてた。
普段、練習するような指回りに慣れる練習ってより、手の移動コースとか手の角度、浮かせ方のタイミング、浮かせる時の力の抜き方、みたいなのをあれこれ変えながら、たまたま上手く行くのを待つ感じ、かな。。
綺麗な装飾音を出せて前後の音の流れも良く弾けた、って時は、手の感覚が何かこそばゆい。
この、こそばゆい感覚の再現率を上げてるとこ。

完全に想像だけど、バッハさんのシンフォニアは、こんな類のフレーズが埋め込まれてるのかな、と思った。

当面、期限を全く考えずにちょっとずつ練習して、弾けたら次の小節、って感じで、気長にやってれば良いかな。
こいつの練習は本当に面白い。
ピアノの練習順序として、こんな経験値の時にこの曲を始めるのは間違えてる気がするし、そういう道理は理解するけど、面白すぎてやめられない。
スポンサーサイト

コメント

ね~み♪

面白くて止められない、わかりますよ~♪ 
私も今シンフォニアもそうだけど、
他の曲にもドはまり中です。
一通り弾けるようになったらレッスンに持っていこうかなと考え中。
ワルツ面白いと感じながら弾くってすごく大事な事のような気がします(*^^*)
ワクワクする気持ちを持ち続けたいですよね♪

2015/12/08 (Tue) 05:45 | ね~み♪ | 編集 | 返信

ぶんごろ

http://bungoron.blog.fc2.com/

こんな経験値の時にこの曲を始めるのは間違えてる気がする・・・ての、私も考えたことあるけど、
大人のピアノにこれは当てはまらない気がしてます。だって大人は時間が限られてるし、手だって年によってどんどん動かなくなるわけだし・・・・好きな曲があったらどんどん手出すべき!しかも、難しくてもモル作さんみたいに「面白くてやめられない」ほど楽しんでるなら尚更^^
ちなみに私の例で言うと、インヴェンション1曲もやったことないのにイタリア協奏曲に手を出したのが当てはまると思います。
お互い好きな曲をわくわくしながら練習しましょう!

2015/12/08 (Tue) 10:49 | ぶんごろ | 編集 | 返信

ラプコーリニコプ!

ブルグさんの輪郭・・

それが27個目の不思議ですか!

僕は上のシャープな輪郭であってほしいな。笑。


しかし、何度見ても目が絶対泳いでる。笑。

2015/12/08 (Tue) 16:17 | ラプコーリニコプ! | 編集 | 返信

びこ

ブルグさんネタにされ率が半端じゃないないですね笑
小学校の音楽室にもしブルグミュラーさん飾ってあったら相当あそばれたんでしょうね/(^o^)\

個人的には耳あたりのもっこり部分も輪郭に含まれている説を推します

2015/12/08 (Tue) 16:33 | びこ | 編集 | 返信

真由子

レッスンお疲れさまでした(*^。^*)。
>楽譜を見ると、ちょっとゲンナリする( ;´Д`)

わかるわ~(笑)。
私も嫌いですもん(笑)。
特に腕太いから交差は苦手←そっちかい(笑)。

>バッハさんのシンフォニア
は、保持音保持しながらメロディも重音もトリルも・・・全部!!w。
指が短い私は、保持音弾いたらほかの指が届かなくて、試行錯誤(;^ω^)。
ショパンもバッハ先生をもとに作曲して
いますもんね。

2015/12/08 (Tue) 18:07 | 真由子 | 編集 | 返信

aya4ojisan

そろそろ,ブルグさんの顔が夢に出てきそう!
あまり,見つめないようにしたいと思います(笑)
きれいな,おでこだなぁ・・・.

2015/12/08 (Tue) 18:16 | aya4ojisan | 編集 | 返信

モル作

> ね〜みさん

ちょうど、はまってる曲があるんですね。
バッハさんですかね。
そのうち記事に上がるのを楽しみにしてますよ。
こういう何かにはまってる時って本当に楽しいですね。

7番は、今の調子だとレッスンに持って行けるのは半年後くらいかな。。
その期間中に、今よりある程度、実力が進歩してれば何とかなるかな、という目論見があります。

コメントと関係ないですが、ね〜みさんの演奏の動作がかなり勉強になってます。

2015/12/08 (Tue) 20:30 | モル作 | 編集 | 返信

モル作

> ぶんごろさん

そういえば、確かにインベンションやられてないですね。
イタリア協奏曲は数回聴かせてもらいましたが、本当お見事でしたね。

手さえ痛めなければ、後は自分の負荷と相談しつつ、貪欲に行っちゃって良いかな、って感じに思ってます。
ピアノ学習の王道コースみたいに言われてるものと闘うような気はないものの、狭い世界で複数の生徒を教える側の能率を最優先にした箇条書き、という印象がどうしてもあるので、ちら見しつつも、練習が成り立ちそうなら、適当に色々ぶち込んでカオスカオスにしちゃえ、みたいな方針にしてます。
結果、弾けない曲があったとしても、リスクでも何でもないな、みたいな。
わくわく優先ですね!

2015/12/08 (Tue) 20:31 | モル作 | 編集 | 返信

モル作

> らぷこーさん

ブルクさんの27個目のミステリーです。
騙し絵みたいで、悩んでしまいました。

上の輪郭派なんですね。
ブルクさんが結構ないけめんさんになりますね!
ちょっとオドオドしてるブルグミュラー少年。

なお、ブルクさんの弟さんは、本当にハンサムさんです。笑

2015/12/08 (Tue) 20:32 | モル作 | 編集 | 返信

モル作

> びこすけさん

ブルクさんの事、本当はとても尊敬してるんです( ;´Д`)
それこそもう、偉人級に。
しかし、あの風貌から目を離せない。。

耳当ても身体の一部説ですね!
寒い地域で進化したと考えると、納得です。
頭蓋骨が物凄い事になりますね。笑

2015/12/08 (Tue) 20:32 | モル作 | 編集 | 返信

モル作

> 真由子さん

クロスって結構苦手な人も多そうですね。
私はまだ触り程度しか経験がないので、ビビりつつ、どうなるか試してみます。
つばめは2ページ、ひたすら似たような形のフレーズが並び、偉く譜読みが面倒そうな空気を醸し出してますが、実際はどうなんでしょうかね。

シンフォニアは、ホジホジしつつ色々押す感じなんですね( ;´Д`)
ショパンエチュードとかにも、そんなイメージを持ってます。
そういえば先生が、シンフォニアまで辿り着いたけど弾けないって場合はピシュナだ、って言ってました。納得しました。

2015/12/08 (Tue) 20:33 | モル作 | 編集 | 返信

モル作

> おじさん

おじさんがそんな事を言うから、何だかブルクさんの目が曇ってきた気がする( ;´Д`)
時を超えて。

頭の形が見事な楕円を描いてますね。
正確さが、卵を超えてる気がします。
それこそもう、黄金比率とかそんなのが隠されてそうな。

2015/12/08 (Tue) 20:34 | モル作 | 編集 | 返信

けもネコ

スクロールさせて、ブルクさんの髭部分を隠すと、このお歳でもなかなか精悍なお顔立ちな気がするのですが…

髭が多過ぎますよねw

もし教科書に載ってたら、落書きして逆さ絵を作っていたと思います!

あ、自分は来年にはブルクさんに取り組みたいと思ってます。

2015/12/09 (Wed) 09:50 | けもネコ | 編集 | 返信

モル作

> けもネコさん

めっちゃ整ってますね。笑
この位、ピアノを正確に弾こう、という意識を表現してるんだと思います。

昔の中国とかの武将のようなお髭ですね。
武将髭( ;´Д`)


逆さ絵。笑笑笑
成り立ちますねきっと。

けもネコさんも来年、25をやるんですね。
演奏を聴いてる印象、無理なく始められそうな気がします。

2015/12/09 (Wed) 11:44 | モル作 | 編集 | 返信

えびフライ

こんばんは♪

わからない時に、作曲家の顔見るの
素晴らしいアイデアですね〜‼︎

新鮮です(*^^*)

輪郭は、下の方の楕円形のが
近いと思います(笑)

ブログがまた、かわいくなってますね(´◡`๑)

2015/12/09 (Wed) 19:32 | えびフライ | 編集 | 返信

モル作

> えびフライさん

ブルクさんのうつろな表情に何か曲の秘密が隠されてるかも!という計算にもとづきました。
更に、どんな曲でも、分からない時はブルクさんの顔を見る、というのもありかもしれません。
ぜひ取り入れてみて下さい!!


…お仕事と関係ない曲の時に。


下の屈強そうな輪郭派ですか!
今のところ、見事に意見が割れてます!笑

2015/12/09 (Wed) 22:42 | モル作 | 編集 | 返信

大竹真人

私は下の輪郭に1票だなぁ。
上は痩せこけてる頬になぞってるイメージ。
まぁでも輪郭ってそんなもんですおね(-ω-)/

12月にもう利上げしちゃってよバーナンキさん・・・!
バーナンキさんじゃない古いね誰だっけ女性の人、まぁいいか、
というお願いをここでしておいてピアノですが、(笑)
好きこそものの上手なれというか、
モル作さんはホント凄いと思います。
FXもきっとお好きだから成績も上がってるんだろうと思います!(^◇^)

2015/12/10 (Thu) 17:15 | 大竹真人 | 編集 | 返信

モル作

> 大竹さん

FXは、やってて自分に才能を感じなかったので、半年くらい掛けてガチガチのハメ技を捻くり出した感じです。
ピアノは、性格や生活環境的には向いてると思う事にしてます。笑
純粋に音楽的な才能が問われるような物に関しては、クラシックピアノの場合、作曲家がある程度、楽譜に書いといてくれるから楽だな、と解釈してます。笑

下のブルグさんですか!
ブルグさんは結構、裕福だったっぽいんで下が正しいんでしょうねきっと。

ちなみに、ブルグさんに関して、いま歴史的な発見をしました。
ブルグさんをいじりすぎたので、暫く時間を置いてから記事に書きます!

2015/12/11 (Fri) 07:06 | モル作 | 編集 | 返信

ゆにくあ

ご無沙汰~ 引越し乙。

>前よりも音楽に聴こえなくなってる。

そういう感覚わかるかも。。 私の場合、だけど、曲を超至近距離で追うとそうなる。逆にフレーズなるべく大きく、ゆったりと取るように、全体像第一で弾くように心がけると、また違って感じるかもしれないよ~☆ 

ところでブルグさん、会社に似てる人がいるんだよね・・

2015/12/12 (Sat) 22:36 | ゆにくあ | 編集 | 返信

モル作

> ゆにくあさん

ブルグさんに似てるって事は、サザエさんにもちょっと似てるって事だね!
ちょっと話しかけてみて、18の練習曲についてコメントをもらって下さい。

ベトベンの曲の話は、正にその森を見ない感じで、部分練習ばっかりやってたら全体を見失った、みたいな。

2015/12/13 (Sun) 14:54 | モル作 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント