病めるモル 

2012, 11. 21 (Wed) 01:12


「チモシーハウスは俺の身体の一部さ」と精神的な部分が心配されるモル作さん


モルは基本的には数年生きる。
長く生きてると、病気にも掛かる。
高齢になると代謝や免疫力も落ちてくるので、病気に掛かりやすくなる。
患うと、あっという間に消耗するので、変化に気付けるよう普段からモルの外見や食事や排泄の様子をよく観察する必要がある。

モルが掛かる病気は色々あるけど、どの病気の時もビタミンCの要求量が増えるので、欠乏症が併発しないように気をつける。

★主に偏食が原因の疾患

☆ビタミンC欠乏症
モルの代表的な病気。
モルは、L-グロノラクトンという酸化酵素がなくて、アスコルビン酸(ビタミンC)を生成できないので、食事で摂取する必要がある。
ビタミンCが足りないと、骨や皮膚、被毛に異常が出る。
食欲も落ちて、睡眠障害も起きる。
ビタミンC欠乏症が悪化すると、全身に痛みが出て、足を引きずるようになる。
1日に必要なビタミンCは、生後1ヶ月あたりまでは、0.5mg/100gで、大人になってからは5~20mg/kg、病気の時や妊娠中は30~50mg/kg程度。
ビタミンCは水溶性なので、ある程度は摂りすぎても体外に出るから、過剰摂取にならない程度に多めに与えて予防する。

☆転移性石灰化
カルシウムが多くてリンが少ない食事を摂り続けてると発症して、胃が石灰化して正常に働かなくなる。

☆不正咬合
遺伝の場合もあるけど、繊維質の少ない餌で歯が伸びすぎたり、ビタミンC不足で歯が成長不良になって発症する。
モルには臼歯と切歯があって、まず臼歯が不正咬合になってから、切歯で併発する。
上顎の臼歯が伸びると、頬側の粘膜を傷つけて潰瘍になる。
下顎の臼歯が伸びると、舌を傷つけて潰瘍になる。
その結果、餌が食べにくくなって、食欲が落ちる。
命に関わるので、早めの発見治療が必要。

☆毛球症
長毛種が毛づくろいで毛を大量に飲み込んで消化管で毛玉になる。
餌の繊維質が少なかったり、普段からブラッシングしてないせいで毛玉を大量に飲み込んでると、排泄し切れなくなって、食欲不振や便秘になって段々衰弱する。
最終的には腸閉塞になって死に至る。

★皮膚の疾患と細菌感染

☆潰瘍性肢端皮膚炎
モルの脚はとても華奢で繊細にできてる。
足の裏に肉球がないので、怪我をしやすい。
爪の伸びすぎを放置してたり、不衛生な飼育スペースや固い床、金属製のすのこで飼ってたりすると、怪我した箇所が細菌感染して、潰瘍や腫瘍になる。
酷いと骨髄炎になる。
基本は抗生物質で治すけど、外科的な処置が必要な場合もある。

☆抜毛狂
餌の繊維質が足りなかったり、狭いケージで飼ってたりすると、ストレスで自分の毛を咬んだり、抜いたりするようになる。
その場合は、飼育環境を改善する。

☆ホルモン性脱毛症
妊娠末期や卵巣嚢腫で脱毛症になる事があって、主に脇腹が脱ける。
妊娠末期に発症した場合は、分娩後に治る事が多い。
場合に寄っては、卵巣子宮摘出手術が必要になる。

☆皮膚糸状菌症
顔や背中、脚が螺旋状に発疹して、毛が抜ける。
痒くて引っ掻くので、傷やかさぶたができる。

☆皮下膿瘍
固い餌を食べて口に傷ができると細菌に感染して、首のリンパから膿が出る。

☆リンパ節炎
細菌が原因で発症して、首や腹部のリンパが腫れる。
初期に発見できた場合は、抗生物質で治すけど、発見が遅いと外科的な処置が必要になる。

★皮膚以外の細菌感染

☆サルモネラ感染症
下痢や結膜炎になって、目脂が増える。
妊娠中に発症すると流産になる。
治療が遅れると、敗血症で急死する場合もある。

☆ティザー病
下痢になって食欲が落ちて死亡する場合が多い。

★寄生虫による感染症

☆モルモット蟯虫
盲腸にいる寄生虫で増えすぎると体重が減って栄養失調になる。

☆毛皮ダニ
膣と肛門の会陰部というとこにいる寄生虫で、いてもあんまり問題にならないっぽいけど、発見した場合は殺ダニ治療をする。

☆ヒゼンダニ
モルの身体の外側に寄生してて、増えると毛が抜けたり痒くて引っ掻くようになる。
酷い場合は食欲が落ちて栄養失調になる。

☆コクシジウム
消化器に寄生してて、若い時期にストレスが契機になって発症する。
発症すると下痢になったり身体の成長が遅れたりする。

☆モルモットハジラミ
耳の周囲に寄生して、発症すると毛に白い物が見えて、痒くて引っ掻くようになる。

★呼吸器の疾患

☆鼻炎、気管支炎、肺炎
細菌が原因で、アレルギーやストレスが契機になって発症する。

☆気管支敗血症
細菌が原因で、ストレスや、ビタミンCが不足した時に発症する。
鼻腔の周りが汚れて呼吸困難になって、食欲も落ちる。
悪化すると、内耳炎や中耳炎になる。
伝染するので、発症したら他のモルと別居させる。

☆肺炎球菌症
細菌が原因で発症する。
鼻腔の周りが汚れて呼吸困難になって、食欲も落ちる。
症状が末期になるまで表面化しなくて急死する場合もある。

☆連鎖球菌症
細菌が原因で発症する。
体重が減って、結膜炎になって、リンパ節が膨らんでコブみたいになる。
あと、目脂や鼻水が出て、敗血症で急死する場合もある。
基本は抗生物質で治すけど、外科的な処置が必要な場合もある。

★泌尿器、生殖器の疾患

☆膀胱炎・膀胱結石
高齢のオスが掛かりやすい疾患で、血尿や血便が出たり、膣から出血する。

☆卵巣嚢腫
お腹の中に膿ができて瘤みたいになる。
発症した場合は卵巣子宮摘出手術が必要になる。

☆妊娠中毒、ケトン症
妊娠後期に肥満や餌の変化、遺伝等が原因で発症する。
ケトン症になると、食欲不振や呼吸困難が起きたりおしっこから悪臭が発生して、数日で死に至る。

☆異常分娩
最初の出産が生後7~8ヶ月を超えると、恥骨分離が起きにくくなって難産になる。
あと、肥満や胎児の身体が大き過ぎた場合、胎位異常、陣痛微弱が原因の時もある。
陣痛微弱の場合はオニシトシンで治療して、それ以外の場合は帝王切開する。

★消化器の疾患

☆直腸便秘
肛門括約筋が緩んで袋状になって、そこにうんこが溜まる。
加齢による筋力の衰えが原因と考えられてるけど、高齢のオスが発症しやすい傾向があるらしく、精巣に関係があるのでは、とも言われてる。(未判明)
発症以降、袋は段々大きくなって、蓄積されるうんこの量も増える。
弛緩した部分が大きくなり過ぎると、内部でちんこを巻き込んで悪影響を及ぼす事がある。
そうすると、膀胱炎になったりする。
現実的な治療方法がない(身体が小さすぎて手術が困難)ので、定期的に袋の中のうんこを絞り出す必要がある。
その際、お尻は傷つきやすいので、絞り出せない場合は、綿棒などで丁寧に取り去る。

★腫瘍

☆乳腺腫瘍
良性の繊維腺種と悪性腺癌がある。
リンパ節や消化管、肺に転移する場合があるので、病巣部の組織と局所転移を確認する為に、周辺の腺組織とリンパ節の切開が必要になる。

☆皮膚の腫瘍
モルが掛かる皮膚の腫瘍は、毛包腫、繊維肉腫、皮脂腺種、脂肪腫等で、中でも毛包腫が多いらしい。
毛包腫は身体の外面の脇腹や腿に発症する。
発症した場合は切除が必要。

★対薬物
モルはステロイドには多少、抵抗性があるけど、ヒスタミン系の薬を投与されると、アナフィラキシーでショック死する。
あと、↓の抗生物質を投与すると、腸内細菌のバランスに異常が起きて、体内の毒素が増えて死亡するので、獣医に診せる時は要注意。

リンコマイシン、クリンダマイシン、エリスロマイシン、ペニシリン、アンピシリン、アモキシリン、セファレキシン、テトラサイクリン系
スポンサーサイト

コメント

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/12 (Sat) 23:35 | | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント