レシピ:町かどのおまわりさんの場合 

2016, 10. 16 (Sun) 17:26

再現できなくなる前に、工程をメモっとく事にした( ;´Д`)

自分の思考回路丸出しで、不親切な文章になっちゃったけど、勘弁。


まずは、去年やった町かどのおまわりさん。

原曲
http://youtu.be/ItYbB6FoJ0E

アレンジ(?)後
http://youtu.be/Y9xvd9jrTUs

編曲とか作曲のやり方は知らなかったけど、どの分野でも人間のアウトプット方式なんて似通ってるし、どうせ言語や数式と似たような構造だろうと思ってたので、規則性さえ持たせられれば出来上がると推測した。

その規則性も、原曲の音を起点に音を足す方法にすれば、原曲の規則性がキープされるので、音楽的に大きく外れたような物にはならないだろう、と見積もった。


★前半の右手。

まず、元のフレーズを1オクターヴ上げてから、1音毎にバラした。

(ミ)
(ミ)
(ド~)

で、バラしたそれぞれの音を起点に、3和音の下りアルペジオを作って、元の1音と置き換えた。
アルペジオは、コード調べるの面倒臭かったから、白鍵の等間隔で作ってみた。
黒鍵は見なかった事にした。

(ミ) → (ミ、ド、ラ) × 2
(ミ) → (ミ、ド、ラ) × 2
(ド~) → (ド、ラ、ファ) × 4

原曲のドが伸びる箇所は、アルペジオを倍弾いて時間を稼がせた。

アルペジオの響きが微妙な箇所は、2音目以降もしくは3音目を白鍵1個分下げた。

(ソ、ミ、ド) → (ソ、ミ、シ)


★前半の左手

右手側の3音から、ケツの2音を抜き出して和音にして、1オクターヴ下げる。

右手:(ミ、ド、ラ) (ミ、ド、ラ)
左手:(ドラ) ~

‥とか、

右手:(ド、ラ、ファ) (ド、ラ、ファ)
左手:(ラファ) ~

‥みたいな。


★後半の右手

まず、前半よりも1オクターヴ下げる。

で、下り進行だったアルペジオを上り進行に変えて、反復回数を減らした。

(ミ) → (ミ、ソ、シ) × 1
(ミ) → (ミ、ソ、シ) × 1
(ド~) → (ド、ミ、ソ) × 2

そしたら、何か冴えなかったので、2音目以降は白鍵1個分上げた。

(ミ、ソ、シ) → (ミ、ラ、ド)
(ド、ミ、ソ) → (ド、ファ、ラ)


★後半の左手

前半と同じ作り方。
右手側の3音から、ケツの2音を抜き出して和音にして、1オクターヴ下げる。

右手:(ミ、ラ、ド) (ミ、ラ、ド)
左手:(ラド) ~

‥とか、

右手:(ド、ファ、ラ) (ド、ファ、ラ)
左手:(ファラ) ~

‥みたいな。


★前半と後半の繋ぎ

前半の右手のアルペジオは、高音の(ソ、ミ、シ)で終わる。
後半の右手のアルペジオは、低音の(ミ、ラ、ド)で始まる。

なので、前半の最後の音(シ)と後半の最初の音(ミ)へのパイプとして、下りのアルペジオ(シ、ソ、ミ)を挟んだ。

(ソ、ミ、シ) (シ、ソ、ミ) (ミ、ラ、ド)

この右手の時点でちょっと難しかったので、左手は音無し( ;´Д`)


★ラスト

原曲の最後の3音(ド、ミ、ド)のうち、頭の2音(ド、ミ)。

前半の右手と同じく、元のメロディを1オクターヴ上げてから、1音毎に下りのアルペジオに変換する。

(ド) → (ド、ラ、ファ)
(ミ) → (ミ、ド、ラ)

‥なんだけど、調子を変えて終わりが近い感を出したかったので、2音目だけ音程を下げた。

(ド、ラ、ファ)
(ミ、ド、ラ) → (レ、シ、ソ)

で、反復させた。

(ド、ラ、ファ) (レ、シ、ソ) × 3

左手の和音の作り方は、これまでと一緒。

(ド、ラ、ファ) → (ラファ)
(レ、シ、ソ) → (シソ)

最後の1音は、ピアノのABCのAとか素直な心の締め括りの和音をパクった。

(ド~) → 左手:(ドソ)、右手:(ミド)

ハ長調の終止って言うのかな?
この曲が何調になるのかは分かんなかったけど、しっくり来た。


★前奏

前半は、高音域から下りのアルペジオだった。
後半は、低音域から上りのアルペジオだった。
終盤は、高音域から下りのアルペジオに戻った。

なので、高いとこから低いとこに降りてから、また上に向かう、って動きをアルペジオに持たせれば、前奏に予告の役割を与えられるだろう、と思った。

なので、アルペジオの進行を、(高、低、中)に変えて、適当にくっつけてみた。

(ド、ミ、ラ) × 4回
(シ、レ、ソ) × 4回
(ラ、ド、ファ) × 4回
(ソ、シ、ミ) × 4回

左手の和音は、右の(高と中)を使った。
その方が、弾くのが楽だから( ;´Д`)

(ド、ミ、ラ) → (ドラ)
(シ、レ、ソ) → (シソ)
(ラ、ド、ファ) → (ラファ)
(ソ、シ、ミ) → (ソミ)


‥以上( ;´Д`)


原曲の右手の変換結果をまとめると、↓こんな感じ。(ただし原曲は前奏と間奏無し)

★前奏 (アルペジオ:高→低→中)
(ド、ミ、ラ) × 4
(シ、レ、ソ) × 4
(ラ、ド、ファ) × 4
(ソ、シ、ミ) × 4

★前半 (アルペジオ:高→中→低)
(ミ) → (ミ、ド、ラ) × 2
(ミ) → (ミ、ド、ラ) × 2
(ド~) → (ド、ラ、ファ) × 4

(ミ) → (ミ、ド、ラ) × 2
(ミ) → (ミ、ド、ラ) × 2
(ド~) → (ド、ラ、ファ) × 4

(レ) → (レ、シ、ソ)
(レ) → (レ、シ、ソ)
(ミ) → (ミ、ド、ラ)
(レ) → (レ、シ、ソ)

(ド) → (ド、ラ、ファ)
(ミ) → (ミ、シ、ソ)
(ソ) → (ソ、ミ、シ)

★間奏 (アルペジオ:高→中→低)
(シ、ソ、ミ)

★後半 (アルペジオ:低→中→高)
(ミ) → (ミ、ラ、ド)
(ミ) → (ミ、ラ、ド)
(ド~) → (ド、ファ、ラ) × 2

(ミ) → (ミ、ラ、ド)
(ミ) → (ミ、ラ、ド)
(ド~) → (ド、ファ、ラ) × 2

(レ) → (レ、ソ、シ)
(レ) → (レ、シ、ソ)
(ミ) → (ミ、ラ、ド)
(レ) → (レ、シ、ソ)

★ラスト (アルペジオ:高→中→低)
(ド) → (ド、ラ、ファ)
(ミ) → (レ、シ、ソ)

(無) → (ド、ラ、ファ) (レ、シ、ソ) × 2

(ド~) → 左手:(ドソ)、右手:(ミド)


- 完 -
スポンサーサイト

コメント

きみき

突然のコメント、失礼いたします。
私はこちら
http://blju.net/S7uGcrxR/r6CSiP9h/kC5s74Snnet/c4CDe5f2net/a2SK8GWFnet/http://blju.net/qW7B4kbu.net/qW7B4kbuet/qS3UexJg.net/qS3UexJget/aP9VAZRC.net/Jq5GraFk
でオンラインゲームサイトをやっているkimikiといいます。
色々なサイトをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はメールを送ってくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

2016/10/16 (Sun) 17:32 | きみき | 編集 | 返信

モル作

きみきさん

こんちくわ!!!!!( ;´Д`)


( ;´Д`)め
( ;´Д`)( ;´Д`)ん
( ;´Д`)( ;´Д`)( ;´Д`)ご
( ;´Д`)( ;´Д`)( ;´Д`)( ;´Д`)!!!!!

2016/10/16 (Sun) 18:33 | モル作 | 編集 | 返信

びこ

おおぅ。。かなり複雑に作られてたんですね~

あれだけ複雑なアルペジオ弾いてるのはどうやったんだろうと思ってましたが
想像以上に複雑でした笑

そしてまたモル作さんがきみきさんと会話してる笑

2016/10/17 (Mon) 18:55 | びこ | 編集 | 返信

くろみ

wow!

すごいですね、なぜこんなことができるのか!
次元の違う才能を感じましたー、ううっ( ;∀;)

2016/10/17 (Mon) 20:01 | くろみ | 編集 | 返信

あやしいおじさん

ふたたび,きみきさん登場して笑いました.
きみきさんはモルさんの自作自演・・・ではないですよね(笑)

なんとなく分かったと思います.たぶん.
一言で言うと,
「1音を別のコードに変換」でいいでしょうか?

ひさしぶりに「町かどのおまわりさん」を聞きましたが,
歌詞もうまくできてますね(笑)

ラプコーさん復活しないかなぁ・・・.

2016/10/17 (Mon) 21:49 | あやしいおじさん | 編集 | 返信

モル作

びこさん

全部文字にしちゃうとあれですが、例えば楽譜起こして見比べてみると、もっとシンプルかもです( ;´Д`)

本文をちょっと修正したのと、最後に右手の通しを追記したんで、良かったら見てみて下さいな。

ひたすらアルペジオに置き換えてった感じなので、作るのはそんなに困らなかったんですが、弾くのが大変でした( ;´Д`)

2016/10/18 (Tue) 01:15 | モル作 | 編集 | 返信

モル作

くろみさん

機械的な変換に近かったので、実は音楽と無関係な職業スキルだけで作った感じなんですよこれ。
しかも、演奏は無理やり弾いてる感があって、ちょっと恥ずかしいです( ;´Д`)

くろみさんも、そのうち何か切っ掛けができたら是非やってみてください。
モルダウ変奏曲とか。笑

2016/10/18 (Tue) 01:20 | モル作 | 編集 | 返信

モル作

おじさん

きみきさん、超他人だよ!!( ;´Д`)

コード変換とはちょっと違うかも。
「1音を、同一音でスタートするアルペジオに変換」って感じです。
良かったら追記文を見てみて下さいな。

ラプコーさん、暫く見かけないですね( ;´Д`)
元気かな。。

2016/10/18 (Tue) 01:20 | モル作 | 編集 | 返信

けもネコ

おお!
編曲の手順ですか

このレシピで、ネコふんじゃった変奏曲を作れるかな?w

その前に転調してフラットを減らすのが先かも。。。

2016/10/19 (Wed) 09:32 | けもネコ | 編集 | 返信

モル作

けもネコさん

この記事とYouTubeの演奏で、ひと通り思い出せるような感じに書いときました。
まぁこれらを弾く事は殆どないとは思いますが。笑

この変換方式、他の曲でも一応、使える気はします。
アルペジオを和音や重音に変えたりすれば、幅も広くなるし。

もしかしたら、ねこふんじゃったは、左右ともほぼ黒鍵だけで弾くような方針のが編曲しやすいかも。

2016/10/19 (Wed) 13:39 | モル作 | 編集 | 返信

ゆきなぎ

このように制作過程が書けて、しかも、1つ1つ考えてつくられているということ驚きでした。こういうパターンがあれば応用が効きますね。

2016/10/19 (Wed) 22:07 | ゆきなぎ | 編集 | 返信

モル作

ゆきなぎさん

本当は楽譜に起こすのが1番なんですけどね( ;´Д`)
ひとまず考え方さえ書いとけば、「何でこんな音使ったんだっけ?( ;´Д`)」とかならないで済むかな、と。

とはいえ、これを普通の曲のように弾き合い会とかで弾くのは微妙に頭おかしい気がするので、再現する機会は殆どないかも( ;´Д`)

2016/10/20 (Thu) 08:35 | モル作 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント