発情するモルと繁殖するモル 

2012, 12. 06 (Thu) 08:26


「メスっ子はどこじゃー!」と周囲を隈なく嗅ぎ回る、がっつき過ぎなモル作さん


ハムスターとか超小型動物程じゃないけど、モルは繁殖力が高い。
多頭飼いでオスとメスを飼う時は、増えても大丈夫な時以外は、別々のケージで飼育する。
モルの繁殖を検討する時は、モルの年齢や体調、出産間隔、シーズン(真夏や真冬の出産はなるべく避ける)、飼い主の経済状況、モルに割ける時間、などなど、全部問題ないか検討する。

オスは生後2~3ヶ月、メスは生後3~4ヶ月で発情し始める。
メスの発情間隔は15~19日位で、4~17時間位、発情する。
オスはいつでも「やったるで~」な感じだけど、メス自身が発情してない時に誘われると、後足で蹴り飛ばす。
メスが発情期になると、飼い主が背中に手を置いたりオスが乗っかった時に、背中を弓なりにして「ばっちこーい!」状態になる。

メスの身体的に、妊娠に問題ない時期は、体重が500gを超える頃からで、最初は生後半年位で交配して、生後7~8ヶ月位までに最初の出産すると、身体への負担が少なくなる。
最初の出産が生後7~8ヶ月を超えると、恥骨分離が起きにくくなって難産になる。

交尾すると、受胎効果を高める為に、メスの膣がオスの分泌物で数時間、栓をされる。
その後、60~80日位で出産する。
出産間近になると、恥骨結合が開き始めて、15㎜まで開いたら48時間以内に出産して、1~6匹(平均3~4匹)産まれる。
抗体は胎盤を経由して移行する。

モルの赤ん坊は60~110g位で、産まれた時から目が開いてて、生後1時間以内に歩き始める。
生後14~28日位までは授乳期だけど、永久歯も生えてて、柔らかい牧草なら食べられる。

メスは分娩後、約10時間で発情するけど、分娩後の発情期は排卵数が多くて出産数が多くなるので、妊娠中毒になりやすい。

メスは妊娠すると栄養価の高い餌を食べる必要があるので、牧草はチモシーからアルファルファに変える。
出産後は、母乳をたくさん出す必要があるので、水もたくさん飲む。

モルの赤ん坊は、最初は母乳で育って、生後4週目位(体重150~200g)から離乳し始めるので、アルファルファを上げる。
で、1歳位になったら、チモシーに移行させる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント