泉鏡花さん:夜叉ヶ池 

2017, 03. 20 (Mon) 00:22

20年近く前にはまった鏡花さん。

代表作の高野聖も面白いけど、自分的にはこの夜叉ヶ池のが好き。
シェイクスピアみたいな、戯曲形式になってる。

どんなお話か。

主人公は旅の坊さんで、人探しの旅をしてる。
探し人は、民話収集の旅に出たまま消息不明になった。

主人公は、立ち寄った村で、村人の女性に事情を話す。
そしたら、その女性の旦那さんが探し人だと判明する。
探し人と再会して、いきさつを聞く。

この土地にある夜叉ヶ池に、龍の神様が住んでる。
この龍の神様が夜叉ヶ池から離れると、池の水が溢れて洪水になる。
昔はよく洪水が起きてた。
で、ある坊さんが龍の神様に、毎日鐘を突く事を約束して、その代わりに夜叉ヶ池から離れないようお願いした。
以降、この村では、毎日鐘を突く伝統がある。
なんだけど、最近、鐘を突いてる坊さんが亡くなった。
誰も鐘を突かなくなりそうだったので、この探し人が後を継いで鐘を突く事にした。
で、村人の女性と結婚した、と。

その頃、村では日照りが続いてた。
で、村人や神主が打ち合わせして、夜叉ヶ池の龍の神様に生贄を出す事に決まった。
この生贄として、探し人の嫁さんが選ばれる。
主人公と探し人が家を空けた隙に、嫁さんが村人に連れてかれる。
嫁さんは、生贄にされる前に自殺する。
その後、探し人も、二度と鐘を突けないよう細工してから自殺する。
鐘を突く約束が無効になったと悟った龍の神様(メス)は、夜叉ヶ池から出て彼氏に会いに行く。笑
夜叉ヶ池の水が溢れて村を飲み込んでおしまい。

ちょっと今の日本だと結末がタブーな気はするけど、まぁでも民話とかってこんなの沢山あるもんね。

泉鏡花さんの文章は、現代人からすると、かなり取っ付き辛い。
とはいえ、古文とかじゃないし、特に何か勉強し直したりしなくても、ある程度読んでるうちに文体に慣れてくる。
慣れてくると、文体と話の進行がピタッと一致する感覚を得られるようになって、むしろこの文体じゃないと読みたくないと思うようになる。
絵や音楽と同様、小説も情景に応じた書法がはっきりと存在するんだな、と思った。

鏡花さんの小説や戯曲は、どれも墨で描いた絵みたいなモノクロの世界を浮かべやすいんだけど、この戯曲に限っては、シャガールさんの青い絵が浮かぶ。

これとか。


あと、これとか。エッフェル塔みたいなの立ってるけど。笑



- 完 -
スポンサーサイト

コメント

大竹真人

読書の欄に弾き合い会乙でしたとか書いていいものか迷いましたが、
今日は本当にお疲れさまでした!
相変わらずの幹事力の高さに漏れそうでした。

私も頑張って練習してるつもりなんですけどね、
一番下手なんですよね、基礎がなってないんですよね( ;∀;)
バッハの小プレリュードが飛んだことが情けなくて。
やっぱ日頃から弾いてないとダメですね。

でも、ひと通りドラクエが弾けて楽しいひとときでした。
レポート楽しみにしています。
ありがとうございました(^^♪

2017/03/21 (Tue) 21:06 | 大竹真人 | 編集 | 返信

モル作

大竹さん

なぜここに( ;´Д`)

昨日は、おつでした。
バッハは暗譜が飛びやすいですね。
俺もバッハ1曲、すっ飛びました。

大竹さんは、いつも堂々とした良い演奏しますな。
また、色んな曲を聴かせて下さいな。

私は夕べは、帰ってから反省ピアノしました( ;´Д`)

2017/03/22 (Wed) 08:36 | モル作 | 編集 | 返信

吉瀬 弥恵子

こんにちは♪

私も同じ頃に鏡花さんとか、その周りの人達の本を
すんごい読んでました!

独特の世界にハマるお年頃って
似てるのかしら(笑)

水のある風景、とっても素敵です(*´∇`*)

2017/03/23 (Thu) 11:16 | 吉瀬 弥恵子 | 編集 | 返信

モル作

吉瀬さん

こういうのは、文章も音楽的で面白いですよね。
夏目漱石とか内田百間も好きでした。

鏡花さんの本を読む人は、澁澤龍彦とかも好きなイメージです。
私は結構、ハマりました。

2017/03/23 (Thu) 15:33 | モル作 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント