モル作君のお葬式 

2017, 04. 23 (Sun) 16:46


文字通り、完全燃焼したモル作さん


心臓マッサージでもしたらまだ生き返れるんじゃないか、とか思ったけど、既にかなり冷たくなってしまったモル作君。
あぁ、もうどうにもならないんだな、と改めて思った。

嘆いてばかりもいられない。
モル作君を埋葬せねば。

獣医さんに連れて行く時に使ってたキャリーにタオルを敷いて、モル作君を寝かせた。
腐敗したら切ないので、保冷剤をキャリーの上に置いた。

あんまり非科学的な事は信じてないけど、かといって、生物の死後の命はどうなるかとか、人間の知能レベルじゃ早々分からないだろう。
生命科学で扱ってるのもあくまで生命現象で、命そのものの秘密にはいつまで経っても辿り着かない。
動物が理解できる事にはその種の限界があるように、人間だって理解できて尚且つ共通知識として残せる事には上限がある。
死後は完全に無になるかどうか分からない以上は、何らかの状態が存在し続ける場合の事も考慮して、どう転んでも問題ないようレールを準備しとこうじゃないか。
ようするに、必要とされる儀式はちゃんとやっとかねば、と思った。

昔飼ってたジャンガリアンハムスターのハム作君は、下町のお寺で火葬して骨壷に入れてもらった。
あれから10年以上経ってるので、今はもっとシステム化されてる事だろう。

夜、ペットの火葬について調べてみた。
今は、移動式火葬車というのがあるらしい。
しかも、大半の業者が24時間365日、受付をしてる。
モバイル火葬、スマート火葬ですか。笑
日本すげぇな( ;´Д`)

更に調べてくと、過去には悪徳業者がかなりエグいトラブルを起こしたりもしてるので、良心的な業者を選ぶ事が大事だと分かった。

で、以下の条件で業者を選定した。

・うちの地域の近くに事業所がある
・下請けに現場を丸投げしない(自社で火葬車を持ってる)
・合同火葬じゃなくて、個別火葬だけをしてる
・飼い主がお骨上げをして、その日に骨壷をゲットできる

こんなの殆ど当たり前と思うかもだけど、驚く事に、上記の条件をひとつも満たしてなかったり曖昧な書き方をしている業者も結構あった。

色々と吟味した結果、この業者に火葬をお願いする事になった。
http://pet-sousai.jp/smp/


翌日、火葬業者が来る前に、モル作君の身なりを整えた。
具体的には、毛並みを整えて、目ヤニや鼻くそを拭いた。笑

目ヤニはかなり頑固で、あんまりゴシゴシ拭くと、チョコボールみたいな目ん玉が取れちゃいそうなので、落ちない汚れはある程度で諦めた。

この時の気分は本当に最悪だった。
前日の、モル作君の身体から力が抜けてく感触と光景が頭に焼き付いてて、思い出す度に絶望的な気分になった。
自分の対処への疑問や後悔もあった。
幸い、看取る事は出来たけど、最期に寝かせた時の姿勢は、もしかしたら不快なものだったかも知れない。
事切れる寸前、気分が悪く不安な心境になってたかも知れない。
最期の瞬間の気分や感情があまり優れないものだとしたら、何て可哀想な思いをさせてしまったんだろう。

そんな事を思いつつ、他に毛並みを整えられる場所はないかと探しながら、モル作君の頭を撫でてた。
いきなり「カチッ」という乾いた音が頭に響いた。
しかも、モル作君の口から聴こえた。
この音は、寝転がってるモル作君を撫でる時にモル作君が前歯をぶつけて発してた音だ。
モルモットのチャッティングノイズのひとつで、モル作君がうっとりした表情で「苦しゅうない」的な事を俺に伝える際に、この音を出す事があった。

この動画の0:12の時の音。
https://youtu.be/1IV18EMAetg

頭を撫でた拍子に、上下の前歯がぶつかって鳴ったのかな( ;´Д`)
でも、モル作君は、お腹は脂肪でたぷたぷしてるけど、筋肉はもう死後硬直してる。
口周りは完全に固まってて、突いても引っ張っても全く動かなかった。

なので、客観的には何かの偶然か俺の精神状態が生んだ錯覚なんだろう。
なんだけど、どんな要因だとしても、このタイミングでこの音が俺の頭にクリアに響いた、という事を、モル作君のメッセージと捉える事にした。
目一杯の世話をして、ここ2週間は特に、モル作君とかなり細かい部分まで意思の疎通ができるようになった。
ふとした動きや間で、モル作君の要望を瞬間的に理解できるようになってた。
その位の親密さになって、最期も安心感を与えられたからこそ、偶然が重なって、このタイミングで俺の頭にモル作君の声がクリアな音で響いたんだろう、と。
そしたら、俺の気分も急速に落ち着いた。


火葬業者が来た。
小さいワゴン車で、後ろに火葬用の器具がある。
この器具は、ダイオキシンや臭気が全く出ないらしい。
更に、暖簾みたいな目隠しツールまで備え付けてあって、火葬中も通行人からは何か内装業者か何かの車で何か道具の準備や打ち合わせでもしてるような、あんまり目立たない外観になってる。
そこそこ、怪しいけど。笑

うちのマンションの駐車場は結構広くて、よく引っ越し屋のでかいトラックが1時間くらい停まってるけど、通行も駐車も問題ない。
この火葬車のサイズなら問題なさそうだ。
モル作君的にも、俺の部屋に近い場所で昇天したいだろう。
他の住民に文句言われたら、口八丁で言い包めれば良いや。

お葬式開始。

モル作君の遺体の周りに、お花やエサを飾った。
担当の人に、モル作君用の御守りは大晦日まで家にいてもらった方が良いのかを聞いてみた。
モル作君の枕になるように置いて、連れ添ってもらうのが良いみたい。
なるへそ( ;´Д`)

これで、いよいよ火葬だ。


非常に神聖な空気を感じた。
燃やし始めた瞬間は、さすがに何とも言えない切迫した感情が込み上げたけど、すぐに落ち着いて、モル作君が昇天する様子を想像したりした。

1時間程で焼き上がった。
焼き上がったお骨は、とても清潔な感じがした。
しかも、モル作君の骨格がよく分かる形でしっかり残ってる。
歳だから、もっと粉々になっちゃうかと思った。

業者に聞いたところ、モル作君はモルモットの中でもかなり小柄な方らしい。
小さな身体で、生まれ持った寿命を目一杯使い切れたんだろうな、と思った。

お骨をひとつひとつ、丁寧に骨壷に納めた。
前歯の一部と指は、分骨カプセル(サービス品)に入れた。笑


後日、骨壷カバーに享年と名前を記入して、遺影をセット。


なむなむ。

モル作君、なかなか楽しい一生だっただろう。
俺も楽しかったぞ。
成仏するんだぞ。

ハム作君、モル作君、仲良く過ごしてくり。



こうしてモル作君は、うちの守り神の仲間に加わりました。



みなさん、長い間、暖かい目で見守って頂き、ありがとうございました。



- 完 -
スポンサーサイト

コメント

H.T

モル作くん こんなに可愛がってもらって幸せだったね。

モル作さん ありがとね。私、気持ちいっぱいだわ♪♡

2017/04/23 (Sun) 22:27 | H.T | 編集 | 返信

モル作

H.Tさん

こちらこそ、いつも明るくなれるコメントをありがとです。

亡くなった直後は後悔やら自責やら悲しみやらで、さすがに心が乱れましたが、今は穏やかな気持ちで過ごしてます。

なお、供養の一環として、モル作君マグカップを発注しました。笑

2017/04/23 (Sun) 23:27 | モル作 | 編集 | 返信

ここまふぃん

モル作さん元気出してね

ずっとコメントできませんでしたが、モル作君の様態が急変した時から
気になってました。
一時は回復したかと思いましたが、とうとう天国にいってしまったのですね。
私も子供の頃から小動物を可愛がっていて、何度も別れで悲しい思いを
しているのでモル作さんの気持ちはすごくわかります。
モル作さん 今は辛いとは思いますが、モルモットのモルくんは
こんなにやさしく看取られて 幸せな気持ちで天国に行ったと思いますよ。
だからモルモットのモルくんのことは心配しないで、
モル作さんが早く元気になるように自分のケアをして下さいね。
きっとモルくんもそれを願ってるはず。
モル作さんのブログを通じて、今まで私に可愛い姿をみせてくれた
モル君、私も 「ありがとう 今までよくがんばったね』
と言いたいです。

2017/04/24 (Mon) 07:26 | ここまふぃん | 編集 | 返信

私はタワシ

モル作さん心中お察しします。今はだいぶ落ち着きましたか?
モル作くん 一時は驚異の回復振りで、もしかして本当にギネスの長寿記録更新しちゃうんでは?と思いましたが、モル作さんの愛情にこたえるために最後の力を振り絞っていたのかもしれないですね。
すでに皆さん言ってますが、こんなに愛されてこんなに幸せだったモルモットはそうそういないですよ。愛され度では疑うことなくギネス級です。

2017/04/24 (Mon) 07:29 | 私はタワシ | 編集 | 返信

モル作

ここまふぃんさん

お気遣いありがとうございました。
いつかこういう日が来ると覚悟はしていましたが、やはり辛いものですねぇ( ;´Д`)

とは言え、最期に付き添えた事、綺麗に埋葬できた事で、ほっとした気持ちや満足感もあります。
もしあの世があるなら、確実に天国へ送り込めただろう、みたいな。笑
そして、振り返るとモル作君も彼なりに、私に色々与えてくれてたんだなぁ、と感謝の気持ちも大きくなってきました。

短い間でしたが、モル作君の色んな様子を愛でてくれてありがとうございました。

2017/04/24 (Mon) 21:09 | モル作 | 編集 | 返信

モル作

タワシさん

ありがとうございます。そこそこ落ち着いてきました。

元気な頃は、本当にギネス超えを意識するくらいのフレッシュさを感じてて、危篤から回復後も、案外まだ暫く元気なんじゃないか、と思ってました。
その後の急速な衰弱振りを見ると、最後の力を振り絞ってたんでしょうね。。

最後の頑張りのお陰で、とても良い時間を過ごせたので、本当に飼い主孝行で健気な奴だな、と思いました。
あと、若い頃から、耐え忍ぶ事で運を勝ち取るような一生で、何というか、尊敬の念すら覚えました。笑

私としても、良い5年間を過ごす事ができました。
この思い出を糧に、これからも明るく生きてこうと思います。

2017/04/24 (Mon) 21:09 | モル作 | 編集 | 返信

吉瀬 弥恵子

こんばんは♪

モル作さんから、たくさんのあったかい気持ちを
もらったこと、感謝ですm(__)m

神様が、虹の橋まで連れてってくれますね(*゚ー゚*)

2017/04/25 (Tue) 00:06 | 吉瀬 弥恵子 | 編集 | 返信

モル作

吉瀬さん

最初、お守りを一緒に火葬しちゃって良いのかよく分からなかったのですが、火葬業者はさすがプロで、明快でした。笑
モル作君は良い夢かあの世で良い暮らしをしてるんだろな、思います。

応援ありがとうございました。
もう暫くしたら、ピアノも再開です。

2017/04/25 (Tue) 11:18 | モル作 | 編集 | 返信

くだダヰナ

コメ欄上ではありますが、自分もモル作君の葬儀に時間差参列させてください!
この度はまことに・・・っとつぶやきながら読んでたら、かなり具体的なノウハウ出てきてびっくりしました!ほぇぇ・・・ほんと日本すげぇですね!!

モル作さんの後悔のシーンを読んでて、いやいやそんなことはないですよ!!って思ってたら「カチッ」でおおっ!!ってなりました。やっぱり人知を超えた何かってあるのかもしれませんね。
語り得ぬものについては沈黙~じゃないですけど、でもなんかあったらあったで楽しそうでいいですよね!

そうでしたか。先代のハム作君もいらっしゃいましたか。きっと強力なガーディアンになってくれますよ!南無~

読んでて最後はなんかホッとしました。なんか、両モル作さんに申し上げたいです ありがとうございます。

2017/04/27 (Thu) 00:20 | くだダヰナ | 編集 | 返信

モル作

くださん

ご参列ありがとです。
くださんのお気持ちを伝えさせて頂きました。笑

先代のハム作君は、めっちゃ凶暴で、私の指の皮を食い千切って「美味っ!!」みたいな顔をしてやがりました。笑
それ以外は、かなりエサを厳選して空調も気をつけてたので、ハムスターの寿命の限界を超えるくらい長生きさせる事が出来て、齧歯類の飼い方に自信が持てました。
奴も満足行く一生だったと思うので、きっとモル作君と仲良くやってくれてると思います。

最近のペット葬儀システムは、本当に凄いと思いました。
多分ここまでやってるのは、日本くらいでしょうね。
24/365のコールセンターとか、ちょっと働き過ぎだと思いますけど、私のような者にとっては本当にありがたい事です。
従事してる人達には頭が下がります( ;´Д`)

飼い主の心理としては、どうしても後悔してしまう時もありますが、同時に、現実的にはこれ以上出来ないくらい手を尽くしたり愛情を掛けれただろうな、という納得感もあります。
恵まれない境遇で無力ながらも強く生きてた小動物に、生きる楽しさを味あわせて上げられただろうな、と思うので、こういう立場にしては穏やかな気持ちで過ごせてます。

あの「カチッ」という不思議な偶然は、事実として恐らく錯覚なんでしょうけど、その錯覚は、起こるべくして起きた、一種のご褒美だろう、と受け止めてます。
過剰な意味づけは避けますが、良い思い出ですね。

長文失礼しました。
くださんはとても優しい人ですね。
ありがとです。

2017/04/27 (Thu) 13:29 | モル作 | 編集 | 返信

ちゃき

遅くなってしまいすみません。モル作さんが出てくる記事大好きでした!さみしいです(>_<)
とってもかわいいお顔のモル作さん♡忘れません!
お空でうちのギリスくんと仲良くしてね(*´-`)

2017/04/27 (Thu) 15:40 | ちゃき | 編集 | 返信

モル作

ちゃきさん

いえいえ、コメントなんて全然気にしないで下さいな。
お気遣いありがとでした。

モル飼い同士の縁は、こういう時に寂しくなりますねぇ( ;´Д`)
私の今後の記事は、ピアノとか水タバコとかばっかりになっちゃいますが、はげまる君の様子を見られるのはこれからも楽しみにしてますよ。
愛情に包まれてとてもリラックスして幸せに暮らしてる様子は、読んでいるこちらも癒されます。
当初は華奢だったはげまる君も、気づけばもうすっかり大きくなりましたね。
優しいキャベ兄さんと、みんなでこれからも幸せな日々を応援してます。

モル作君にギリスくんの事も伝えておきますね。笑

2017/04/28 (Fri) 00:41 | モル作 | 編集 | 返信

大竹真人

私の家も以前ハムスターを飼っていたことがありますが、
お葬式はしませんでした・・・バチが当たるかしら( ;∀;)
いまは、お庭の土の中で眠っています。
やっぱりお葬式、ちゃんとした方がよかったかしら、
と、モル作さんの一連の記事を読んで思いました。

モル作くんは幸せ者ですね。
私も、いま飼っているワンちゃんが亡くなった日は、
心優しく送り出してあげたいなって思いました!

2017/04/29 (Sat) 13:22 | 大竹真人 | 編集 | 返信

ゆきなぎ

どれだけ可愛がっても、後悔って絶対にあるものですね。
どれだけ可愛がっても、亡くなったら悲しいものですね。
つくづく思います。

また、僕は基本的に目に見えないものは信じないほうだけれども、身近に不思議な話が2つあります。
1つは、先代犬が亡くなった日の朝、父の枕元に来て「わん」と言ったという話。父が起きてきて、「犬がわん・・・と」と呆然として言っていました。
もう1つは、里子に出した捨て犬(出した当時は子犬だった)が、亡くなったという報告を、亡くなった数日後に受けたのですが、丁度その犬が亡くなったという日頃に、母が「知らない大きな黒い犬が枕元に来た」と言っていたことです。
二人とも、超合理的な性格の人なので、なおさら真に迫るものがありました。

それで、きっとモル作くんも、モル作さんに「ありがとう」を言いに来たのだろうと思いました。

2017/04/30 (Sun) 01:17 | ゆきなぎ | 編集 | 返信

モル作

大竹さん

お葬式はまぁ現実的には、生きている人間の精神衛生の為の催しでしかないと思います。
埋葬方法も、火葬だろうが土葬だろうが、きちんと弔ったのであれば罪悪感とか持つ必要はないんじゃないですかね。
私も小中学の時に実家で飼ってた犬は、どっちも土葬でした。

今はかなりシステムが確立されてて、選択肢が広がってる感じでした。
なかなか凄い世の中だなぁ、と思いました。

ちなみに、わんこの火葬は、サイズの問題で結構高いです( ;´Д`)

2017/04/30 (Sun) 21:34 | モル作 | 編集 | 返信

モル作

ゆきなぎさん

後悔は、やっぱりしてしまうものですね( ;´Д`)
どこでミスしたんだ、とか、そもそも、もう1~2年は長生きさせられたんじゃないか、みたいな疑問が次々と出てしまいました。
反面、最期までオペミス的な変な事故を起こさなかった、というホッとした気持ちも大きいです。

ゆきなぎさんのご両親は、それぞれのわんこにとって大事な方だったんでしょうね。
私も今回のちょっと不思議な出来事は、モル作君からの親愛の呼び掛けだろう、と思う事にしてます。
些細な幻聴かもですが、多分ずっと忘れないだろうなぁ。。

虫の知らせ的な話は、結構ありますよねぇ。
しかも、どれも割と本当っぽくて驚きます。

私自身も、ペットとの分かれとは違った類の話ですが、不思議な経験があります。
5歳の時に生き別れた父親を、35歳の時に住所を探し出して手紙を出した事があるんです。
で、その手紙が偶然父の誕生日に届きました。
手紙を出した時は、私は父の誕生日を知らなかったので、結構驚きました。

2017/04/30 (Sun) 21:34 | モル作 | 編集 | 返信

ゆきなぎ

>5歳の時に生き別れた父親を、35歳の時に住所を探し出して手紙を出した事があるんです。

ちょwそんなヘヴィな話をさらっと!
まあ、モル作さんの中で整理・完結されていることだからだろうけれど、複雑な環境でも心優しく育たれたモル作さんなのだな~と、モル作くんの記事と合わせてつくづく思いました。

2017/04/30 (Sun) 22:51 | ゆきなぎ | 編集 | 返信

モル作

ゆきなぎさん

だいぶ以前にもブログに書いた事があって、当人的には、過去の穏やかな話なんですよ。

お暇な時にでも、お楽しみ下さい。笑
http://morusaku.blog.fc2.com/?cat=17

ちょっと変則思考な人間にはなったものの、そこそこ真っ当に生きていられるのは、周囲のお陰ですな( ;´Д`)
あと、少年期に常に動物と過ごせる環境だった事も大きいかもです。
私見では、子供の頃に、言葉や暗黙の了解や甘えが通じない動物とコミュニケーションを取った経験の多寡は、その後の人間性、損得や実用を超えた考え方を理解できるかどうかに大きく影響すると思います。

それが人生を円滑にしてくれる訳ではないので、生きる為に必須という観点からは外れますが、、でも、野生の勘も少し身につく気がするので、ちょっとは得する面もあるかな( ;´Д`)

2017/05/01 (Mon) 10:55 | モル作 | 編集 | 返信

うん子

どうも。
モル作くん、こんなに手厚くされて幸せですね。
ペットとはいえ家族との別れは本当に辛いものです。
前にうんこ絞りしている記事を見て、クソ作さん偉いなぁと思っていました。

私もこのペット火葬、お願いしたことあります。
25キロ超えのぽっちゃり犬で炉ギリギリで入っていき粉々になってしまいました。
みっちみちで存在していたのに最後は粉になるって
随分落胆した記憶があります。
でもこういったサービスがあるので、ペットも家族としてきちんと送ることが出来るのですよね。

クソ作さん、お疲れ様でした。

2017/05/01 (Mon) 13:24 | うん子 | 編集 | 返信

クソ作

うん子さん

おぉ、ああいう火葬をされた事あるんですね。
骨になった姿を見ると、埋葬して安心した気持ちはもちろん湧くんですが、反面、非常に可哀想な気持ちになりますね( ;´Д`)

時間は絶対戻らないんだな、覆らないんだな、みたいな、当たり前な事に絶望を感じました。笑
まぁでも、ああいった業者の存在は、本当にありがたいですねぇ。

すっかりご無沙汰しちゃってますね( ;´Д`)
おピアノ生活は、もう暫く先になりそうです。
何か集中して弾けないんですよね。。
とはいえ、気分自体は特に滅入る事もなく、のんびり暮らしてます。

ありがとうございました。
また暫くしたら、そちらにもお邪魔します。
ノヴァカさんの硬質化能力も復活するようお祈りしときます。

2017/05/01 (Mon) 22:51 | クソ作 | 編集 | 返信

くろみ

お疲れ様です。
世界で一番幸せなモルモットの1人ですよ、間違いなく。
虹の橋を渡って、ガールフレンドたくさんつくってますよ、きっと。

2017/05/01 (Mon) 23:28 | くろみ | 編集 | 返信

モル作

くろみさん

ぅぉおおおあいつ、そんな羨ましい事を…( ;´Д`)
童貞魔法使いから大出世ですね!!

そういえば以前、童貞で可哀想だったので、メスっ子替わりのぬいぐるみを与えたんですが、ビビって近寄らなかったので撤去した事があります。笑

2017/05/03 (Wed) 00:01 | モル作 | 編集 | 返信

kusu

えぇぇ~(ノД`)・゜・。

最近、なかなかブログどころではなかったこともあって、
久しぶりにお邪魔してみると……

モル作くん、天国に行っちゃったんですか?(号泣)
可愛がっていたペットがいなくなってしまうのは
とってもつらいですよね。
ちゃんと、お葬式してあげて、モル作さん偉いな~。
我が家の場合は、家族のお墓の片隅に土葬です。
(ワンコとにゃんことチンチラのお墓があります)
家族のお墓に、動物を埋葬してはいけない、
というようなことを、昔聞いたような気がしますが、
「ペットだって、大事な家族だよっ!」と思うんですよね。

モル作さんにかわいがってもらって、
モル作くんホントに幸せだったね。
(なんだかややこしい…。クソ作さんじゃ失礼な感じがするし…)

2017/05/04 (Thu) 21:29 | kusu | 編集 | 返信

クソ作

kusuさん

こちらこそ、長らくご無沙汰してます。

モル作君、ついに大往生です。
飼い方も死に方もベストではあったと思うので、精神状態はそこまで悪くないものの、生活習慣が結構変わったので、それに慣れる過程はちょっとキツいものがありますね( ;´Д`)

埋葬方法は、宗教観の違いでしかないと思うので、何らかの形できちんと葬ってれば、特にマズい事はないと思いますよ。
仏教やキリスト教も時代を経て、やり方や考え方すらもだいぶ変わったように見えます。

チンチラも飼われてたんですね。
そういえば、モル作君を購入した時、そのペットショップにチンチラのつがいもいて、結局私はモル作君を選んだんですが、そのつがいのチンチラの片方は、その数ヶ月後に亡くなっちゃったみたいです。
もちろん全てを助ける事なんてできないし、モル作君を連れ帰った事にも後悔はないですが、何か残酷な選択をしちゃったな、って思いもありました。

2017/05/05 (Fri) 16:52 | クソ作 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント