モルの種類 

2012, 10. 20 (Sat) 20:14


私達イングリッシュが1番メジャーなんですよ」としたり顔のモル作さん


犬や猫と同じく、モルは欧米で家畜化されて以降、色んな種類が作られた。
実験の過程で毛のない品種が誕生したり、愛玩目的で長毛種が作られたり、少しずつ姿を変えて今に至る。

★English/American
イギリスで作り込まれた短毛種で、毛は3~4cmくらいで柔らかいストレート。
イギリス産だからイングリッシュなんだけど、アメリカのブリーダーの間では、アメリカンって呼ばれてる。
ペットとしても実験動物としても一番メジャーな品種で、色が豊富。
日本で売ってるのは大概これ。

★Abyssinian
イギリス産の巻毛種。
愛玩用として作られた。
イングリッシュより少し毛が長くて(4~5cm)硬い。
全身につむじがあって、うねうねしてる。
色が豊富で、白、黒、茶が入り混じってる。

★Peruvian
Abyssinianをモップみたいにしたやつ。
フランス産の長毛種。
愛玩用としてパリで作られた。
光沢のあるストレートで、頭と背中がとても長くて柔らかい。
毛が30cm以上伸びるのでマメに手入れする必要がある。

★Sheltie/Silky
イギリス産の長毛種で、Peruvianから枝分かれしたモップみたいなやつ。
背中や頭よりも胸やお腹の毛が長い。
イギリスではSheltie、アメリカではSilkyって呼ばれてる。
毛質は柔らかく、また密に生えています。
毛が長いのでこまめな手入れが必要になります。

★Teddy
アメリカ産のウェーブ掛かった短毛種で、毛は弾力がある。

★Rex
イギリス産のウェーブ掛かった短毛種で、Teddyより少し毛が長い。

★Texel
イギリス産のウェーブ掛かった長毛種。
RexとSheltieを掛け合わせてモップみたいになった。
頭の毛が短くて胴体の毛が長い。

★Crested
毛が短くてストレート。
頭にだけつむじがある。

★Skiney
文字通り、ほとんど毛がない。
実験動物のモルが突然変異して生まれた。
なかなか可愛い。
毛がないので寒さに注意。

日本にいるモルの大半は雑種で、ペットショップ等で売られる時は、一番近いと思われる品種名が割り当てられてる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント