たくさんの練習曲集たち 

2018, 03. 17 (Sat) 19:47

結局、Simply Pianoをやる事にしたんだけど、既存の練習曲集も調べてた。
ほんと、色んなのがあるね。

シリーズ物になってても、自分は単体でしか見れないしできないんだけど、たまには完走もしてみたい。
なので、最後まで続けられそうかを重点を置いて検討してた。
とにかく何でも良いから、完走した達成感が欲しい。
達成感さえ得られれば、むしろ物凄い勢いでヘタクソになるとしても、一向に構わない。

うそです!!( ;´Д`)


以下、調べたり見つけたり検討したりした練習曲集たち。


☆挫折済みのやつ

・バイえりん
4年くらい前に速攻で投げ出した。
俺には難しすぎた。
ドソミソドミソミドソド~、みたいな。

・トソプソソ
バイエルの次にやって、やっぱり難しすぎて投げ出した。
挿絵も大変、不気味だ。
ピアノの国、は初めて両手でまともに弾いた曲で、思い出に残ってる。
ありがとう、トンプソさん。
そして、さようなら。

・ピシュナ
ピティナ的な何かかと思った。
そして、凄まじい音響。
病院の廃墟の写真とか見ながら弾くのに向いてるかな( ;´Д`)
これが、印象派ってやつに違いない。


☆挫折すると思ったやつ

・わたしはピアニスト
タイトルが素晴らしい(=´∀`)
中身は、普通の曲集。

・ABC
教室に通ってた頃に使ってた。
良い曲はかなり多い。
でも、完走するのはちょっと無理そうだな( ;´Д`)

・ミクロコスモス
でも、構想はマクロコスモスみたいな。笑
程良い不気味さに癒される。
でも、こればっかり弾いてたら飽きそう( ;´Д`)

・ハノン
名前が良いよね(=´∀`)
最初は、作者の名前じゃなくて何か音楽の言葉かと思ってた。
中身は一見よく整理されてて親切っぽいけど、実際はむしろハードル高く感じる。
音楽も言葉も圧縮されたものは、棒読みになりやすい。
圧縮したら空気が抜けるんだから、使う時に自分で空気を入れる必要がある。
西洋音楽の外の世界からピアノの世界に乱入して、そういう前提を踏まえて、独学でオープンスキルになるように取り込めるのは、相応のキャリアを経た人か、探究心とセンスの塊みたいな人だろう。
俺には絶対無理だこれ( ;´Д`)

・チェルニー1億
チェルニー論争みたいなやつ、何なのあれ。笑
コピペして遊んでるようにしか見えない。笑

100には弾いてみたい曲が散在してる。
30の中にある唯一の短調曲は、目標曲のひとつだ。

…といいつつ、どのシリーズも、完走とか絶対に無理( ;´Д`)


★残ってた候補

・メトドロ
低い負荷で量と質を確保できそう。
初見練習にもなりそう。
落ち着いてメロディと伴奏の妙を考えながら弾くのに良さげ。

・ビーニー動物園
犬が前足を鍵盤に乗せてる写真が表紙になってて、しかもサブタイトルが「ピアノがひけたワン」なんだよね。
何度、買いそうになったか分からない( ;´Д`)

難易度表サイトの田所さんも、このサブタイトルに反応して「ピアノがひけたワン、という副題が付いている」と真面目な文章に添えてる。笑

・バスちん
挿絵と説明文の芸術性の高さに定評がある。笑
構成は、子供の頃に通ってた公文式の英語塾のカリキュラムを思い出す。
こういうやり方は、自分的には即効性が高くて理解も深まったから、信用できるんだよね。
バスちんは、過去に初見練習本を2冊やった事ある。
そっちは超つまんなかったけど、本ちゃんのシリーズからは、別次元の妖気を感じる。

・三善さん
バロックと近代成分が高めかな。
心をクールダウンさせるような曲調が多い。
人の心がどうとか、ってよりも自然を感じる。
花とかじゃなくて、生体の内外の循環とか水の流れみたいなの。


- 完 -
スポンサーサイト

コメント

大竹真人

公文式いいですよね。
私は公文式というよりは進研ゼミの出身?ですが、
その効果は似たようなものだと思っています。

私がピアノを始めるとき、
公文式(進研ゼミ)みたいな曲集が良いなぁと思って辿り着いた先が、
バスティンでした。
私の場合は「大人のバスティン」教本で、
挿絵は全くない硬派なものなのですが、
挿絵がない分、じっくり楽譜に集中することができました。

上達したかどうかは自信がありませんが、
集中力はついたのではないかなぁと思います(^^♪

2018/03/17 (Sat) 20:48 | 大竹真人 | 編集 | 返信

H.T

そうだな~ この中で“やりきった感♪“があるのは「ツェルニー30」だけ。
ハノンは終わるもんじゃない、って言われたりした。終わり頃になってホッとしてたら、違う教本になったし。

ツェルニー30は自信あり(^^)d‐‐‐‐ました。

2018/03/17 (Sat) 21:21 | H.T | 編集 | 返信

モル作

大竹ちん

進研ゼミ、そういえば、あったねそんなのが。笑
懐かしい。笑

バスちんとバーナム、あともう1個くらい似たのがありますね。
アメリカ産の教本は、ジャンルの壁みたいなのも感じなくて、バランス良いなぁ、と思います。

2018/03/17 (Sat) 23:30 | モル作 | 編集 | 返信

モル作

H.Tさん

チェル30ですかぁ。
あれを完走して自信も持てるってのは、凄い事ですね。
中身も、かなり難しい印象です。

チェル30の26番が好きなんですよ(=´∀`)
あと2年くらいして上達してたら、26番弾いてみたいと思ってます。

2018/03/17 (Sat) 23:30 | モル作 | 編集 | 返信

やぢま

個人的にはABCがおすすめです。イヤな曲無かったです。
ただ、タイトルがついていないので、そこは想像力を働かせにくいかもですね。

ピシュナの音が変なのには同意します。
リトルピシュナを試しに弾いてみましたが、ダメェエエエ……。orz
耐えられませんでした。

メトドロは抜粋で弾いてもいいかもです。
「マリちゃんパンをおあがりなさい」とか、不思議な主題の曲もあります。
マリちゃん誰w

ミクロコスモスは先生について教わった方が良いイメージです。
あの独特な世界を一人で旅するのは心細いような…。

候補にブルグミュラーが挙がっていないのが謎です。
あれは別扱いなのかしらん。

2018/03/17 (Sat) 23:50 | やぢま | 編集 | 返信

モル作

やぢまさん

おぉ、貴重な情報をありがとです。
ブルクさんシリーズは、25以外は練習曲って印象が薄くて、普通の作品集って感じですねぇ。
同じくバッハさんのインベンションとかも、練習っぽい造りだけど作品集な印象です。

ABCはレッスンでも楽しかったですねぇ。
ルクーペさんは本当に良いですね。
自分的には、タイトルはあんまり気にならない感じです。
時には邪魔に感じちゃう時もあったり。
でも、メトドロのタイトルとか、面白そうですね。笑

バルトークさんは本当に特異で難解そうですね。
あれは確かに、独学で追い掛けるのは難しいのかな。。

…と、ここまで書いてて、ブルクさんの練習曲を作品集扱いしてるならミクロコスモスも作品集だろ、と今更思いました( ;´Д`)

2018/03/18 (Sun) 08:30 | モル作 | 編集 | 返信

かつ

こんにちは。

挫折の軌跡…ほどんど私と一緒です。
トンプソンは子どものころ使っていましたが良い曲多いですよ?
挿絵が不気味なのは否定できないですけど(笑

私は三善さんを弾いてみたいけど、カバさんと現代曲で被っちゃうので悩み中です。
ちなみに来月でABC挫折する予定(前向きな挫折!)

2018/03/18 (Sun) 20:47 | かつ | 編集 | 返信

こと

こんばんは♪

懐かしい本がいっぱい。
子どもの頃一番恐かった先生のレッスンは、教本が「バイエル」「トンプソン」「ABC」だったんですよ。
「基礎がなってない」と仰ってこのような本になったらしいのですが、それにしても「教本並べれば基礎は身につくのかいヽ(`Д´#)ノ」と、今だったら言えるけど、小学3年生の当時はピアノってつまらないと思うしかなかったです。

「メトードローズ」はやってないと思っていたのですが、やぢまさんのコメントの「マリちゃんパンをおあがりなさい」には覚えがあるので、これもどこかでやっているのかな。
すごいタイトルですね。笑って弾けないよう。

2018/03/18 (Sun) 23:37 | こと | 編集 | 返信

モル作

かつさん

かつさんもトンプソン経験者なんですね。
なるほど、中身は良いんですね。そりゃ、そうか。笑

カバさんのエチュードと比べると、三善さんの教本の方が少し幅があるかも、と思いました。
ABCは、かつさんなら初見練習用にできますな。

2018/03/19 (Mon) 08:45 | モル作 | 編集 | 返信

モル作

ことさん

トンプソンさん、結構顔が広いですね。
メトドロも段々気になってきました。笑

ピアノの世界の基礎って、何か微妙な使われ方してる事も多々ありますね( ;´Д`)
無駄に多様というか。
もしかしたら、素振りとかやらされた子もいるかもですよ。笑

2018/03/19 (Mon) 08:46 | モル作 | 編集 | 返信

びこ

この中だと私が子供なら弾きたいのはビーニーですね笑
もし子供の時にピアノやって、ハノンとかバイエル詰め込まれたら今ピアノ弾いてなかったと思います/(^o^)\

我々が今からビーニー弾いてもシュールさしかありませんが、子供とかにやらせるならちょうど良さそうです笑
あぁでも弾き合い会とかのネタにはなりそう・・・!

2018/03/19 (Mon) 09:33 | びこ | 編集 | 返信

ゆきなぎ

「ピアノがひけたワン」そりゃ買いそうになります!!笑
犬好きとしてはたまらんです!

ツェル30は26だけは好きというの同感です。

>人の心がどうとか、ってよりも自然を感じる。
>花とかじゃなくて、生体の内外の循環とか水の流れみたいなの。

ああ、だから三善さんの曲は、精神的に落ち着くんだと思いました。
つくづく。世の中のどろどろに疲れると三善さんの曲。これだけは弾き続けられてます。

2018/03/19 (Mon) 10:53 | ゆきなぎ | 編集 | 返信

モル作

びこさん

私の周りで、子供の頃にピアノ習わされてて、クラシックがかなり嫌いだって言ってる人が、過去4人もいるんですよ。
そのうち3人は高校生まで習ってたらしいんですが、今はもう誰もピアノ弾いてないです。笑

もしビーニー買ったら、弾き合い会で弾きます。笑

2018/03/19 (Mon) 19:37 | モル作 | 編集 | 返信

モル作

ゆきなぎさん

魅惑的なタイトルですよね。
だいぶ前に、けもさんも記事で取り上げてた気がします。

30の26番、かなり良い曲ですよね。笑
普通に、レパートリーに加えたい曲です。

三善さんの曲は、感情に直接介入する感じではないですが、何か身体まで癒してくれるような曲が多いですね。
合唱も綺麗です。

2018/03/19 (Mon) 19:37 | モル作 | 編集 | 返信

あやしいおじさん

モルさん!!!

この記事を読んで楽譜を買いたくなり,ただいまピアノが弾けたワン!とバイエルを注文しました(笑)

ABCの次はこの2つを完走したいと思います.

2018/03/19 (Mon) 22:58 | あやしいおじさん | 編集 | 返信

モル作

おじさん

マジっすか!!
ビーニー行きましたか。
しかも、バイエルも!!
英断ですね。笑

おじさんがビーニーを選ぶのは予想できませんでしたが、よく考えたらキャサリンロリン繋がりになりますかね。

2018/03/20 (Tue) 01:06 | モル作 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント